Hatena::ブログ(Diary)

愛犬生活

2011-12-04

ご無沙汰しておりました。お陰様でセム.ボク.お嬢も元気です。

早いもので、ついこの前まで半袖で過ごせていたと思いきや、あと3週間ほどで正月がおとづれます。何か季節感があまりなくなってきたと思いませんか?特に秋・春がなくなりつつありますね!なぜなら今地球自体がパンク起こしてる。地球上において最大のウィルスでもある人間が犯してきた文明の傷により苦しんでる

2011-10-09

犬の寿命ってなんでなん!またあの世へ先立ちました。ありがとう。

f:id:ssclub:20111010030836j:imagef:id:ssclub:20111010031006j:image
ドッグカフェという店は、利益は薄いが、何より愛犬家たちが集まることで、単に店のスタッフ/お客様という立場を超えた関係が築かれ、いつしか家族的な関係になっている。
もちろんワンちゃん中心の・・・。
そしてそういう関係(家族)のメンバーの中のワンちゃんが、あの世へ行った。
小さい体なのに長期に渡り糖尿と戦いつつ一生懸命生き抜いたそんな生き様をおいて、なによりよかったことは最後まで大好きなお父さんお母さんに見守られながらあの世へ旅立てたこと。そして私にはわかる。その際彼女が言ってた内容・・「口は悪いけど実はとっても優しいし、体の悪かった私をいろんな所へ連れてってくれた、そんな大好きなパパ。また私の体の調子悪いときには、寝たふりはしてるものの全く寝れていなかったってこと知ってた。嬉しかったよママ。そんな二人へ・・いっぱいいっぱい迷惑かけたけど許してね。そして言える「この世の中であなたたちお二人の子供で過ごせたことに心から感謝してます。本当に本当にありがとうお父さん、お母さん。一足先にあの世へ行くけど「・約束・必ず場所あけてMお兄ちゃんと待っとくから、だからゆっくりしてから来てください。それと最後まで見守ってくれた、お母さん・お父さん・・ありがとう・・。そして、これからもずっと二人仲良くね!」そう言いながら、またひとつの命がこの世を去りて神のもとへと旅立って行った。

いつまでも悲しんでたらあの世へ行きにくいってことはわかってはいるもののやっぱり悲しすぎる。

眉毛と共に風になった子やグーグー寝ながらトンでった子さらにこの度は几帳面にエリをただしていった子・・。なんでワンコの寿命がこんなに短いのだろう。

みんなゆっくりとおやすみ・・。そして私がいつかあの世へ行った時には皆んな必ず
会いにきてくれることと確信もってます。

だから・・・その時までバイバイ・・・ありがとう。

2011-09-24

愛犬家オヤジのつぶやき。

天の声・・・
『「心して聞けーぃ!人間ども!!」
まさか犬に対してこんなことを思ったことはないよねー!

飼ってやってる!世話してる?面倒見てる?餌を与えてる?散歩へ連れていったげてる?うちの子バカだから言うこときかないの?邪魔だからあっちいっといて! 

そこまで!!
「おいおい飼い主さん」そんなことを誰にたいして思ってるのでしょうか? 
何を隠そう恐れ多くも相手は お犬様ですよ!

頭か高い!惹かえー!
そこで皆に問うがあの世で神様との付き合いが深い生き物(動物)はなに?!
f:id:ssclub:20110925011849j:imagef:id:ssclub:20110925011848j:imagef:id:ssclub:20110803143100j:image
 神様=蛇(巳さん)・狐(お稲荷さん)・犬(狛犬

これでおわかりかな人間諸君!!』   オヤジのつぶやきでした。ありがとう。

2011-09-19

セムくんもおかげさまで元気です。ぼくちゃんはすくすくと成長してます。お嬢はハッピー?政治家には渇っ!!


f:id:ssclub:20110919104402j:image
f:id:ssclub:20110825215418j:image
f:id:ssclub:20110919142423j:image

はやいものでもう秋ですね!
朝晩は少し気温が下がりクーラーをかけなくてもよくなりました。
うちの子達はおかげさまで日々元気に過ごしています。
セムは長生きをすることが仕事!ぼくちゃんは大きくなることが仕事!現在生後半年で体重は18キロぐらいまでなってます。お嬢は店でいらっしゃいませ!みんながんばって。

それから東日本大震災被災した土地のかたがた(東北)とも連絡をとらせていただいているのですが、現在は、「おかげさまで警戒区域以外は少しづつですが復興しております。」とのこと。本当によかった。でも遅すぎます。阪神淡路大震災のときで半年経ったときには仮設住宅が少しずつ撤去されつつあったのに。東北はまだ避難所生活の人達が大勢おられるとは政府はどう思っているのでしょうか?おえらい方々は、東京でお過ごしですから赤坂の料亭や何不自由ない日々の生活で忘れられているのでしょうか?「議員さんたちは現地へもっと行かないとだめですよ。真剣に取り組まれてるとは思いますが、遅すぎる。情けないやつばかりや。深いことはわかりませんので。それ一言。

被災地の皆様、まだまだこれからでしょうから頑張ってください。こんなことしか言えなくてすみません。

2011-07-10

悲しいです。殺処分が日々行われています。皆さんどうか力をかしてください。必ず助けられる命があるから。

家族を失い、家も、行くあても、何もかもなくしたことなどで・・気がおかしくなったのだろう。死ぬまでなき続ける子、人が信じれなくなり凶暴化してしまった子達たち。

思えば、毎日ほぼ決まった時間に食事が与えられ、散歩では、はしゃぎ、大好きな家族から、もてないほどの愛情を・・・そんな幸せいっぱいですごせている子達。もいる。

同じように命はあるのに、上の子達は日が経過すると基準により・・
どうすればいいのだろうか・・。せっかくの命・何とかできないでしょうか!