Hatena::ブログ(Diary)

猫のタロットで楽しくセラピー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-07

タロットは意味を憶えてはいけない。タロットの絵から連想して読む。

今回は「連想」について解説します。

「連想」という言葉に似た単語では「感想」という単語があります。

f:id:sshigenai:20150807105526j:image:w360:left

「感想」は端的に五感で認識した物・人・出来事・概念に対して、感情として発せられる言葉です。

例えば・・・

マリンブルーの穏やかな海に沈む真っ赤に染まった夕日を観れば、「美しい」「素晴らしい」「感動的だ!」「生きた意味を感じる」・・

と誰もが、観た咄嗟に出てくる言葉です。

「感想」は思考を伴いません。まさに反射的に出てくる「単語」と謂えます。


「連想」はやはり五感で認識した物・人・出来事・概念に対して、個々の経験や知識が加味されて、まったく新たな「言葉」に変換されます。

例えば、先ほどの「マリンブルーの穏やかな海に沈む真っ赤に染まった夕日」を観た(五感で言う視覚)場合、

「学生時代ラグビーに掛けた青春の1ページ」

「真っ赤な夕日が染まる青い海のコントラスト」

「昔観た懐かしのドラマ水谷豊主演の”熱中時代”」

「牧原敬之の”君は誰とあくびをしますか”という曲」

「夕日に向かって俺は男だ!と叫ぶ高校生」

・・・・。

という具合に、幾らでも浮かんできます。

つまり「連想」は直感的な感情と異なり、頭の中(正確には右脳)で、映像のある特定のシーンを描くものなのです。

f:id:sshigenai:20150807105525j:image:w360:right

もう一つ。

「犬」という単語を観た時、どのような連想をするでしょうか?

「動揺”犬のおまわりさん”の困った犬の表情」

「昔飼っていたマルチーズのコロ」

日本一強い闘犬の代表である土佐犬」

渋谷のハチ公」

「また足を噛まれるのではないか、という恐怖心」

犬猿の仲。」

「犬と同じように変われている猫」


このように「認識」は出来事・人物・物だけで無く、「ことば」「単語」でも連想は浮かびます。

その連想言語には、明らかに個人差があります。

経験・知識・固定観念によって、様々に変化するわけです。

f:id:sshigenai:20150807105524j:image:w360:left

そこで皆さんは「連想法タロットリーディング法」で、ドローカードを連想した場合、個々によって、

全く違う連想言語が出てくるのだから、タロットリーディングは不可能では?と思う事でしょう。


その回答は次章に廻すとして・・・

少しだけヒントを説明します。

例えば・・「犬」という「単語」から、「動揺”犬のおまわりさん”の困った犬の表情」と連想した。

この段階ではタロットリーディングは不可能です。

なぜなら「一次連想」に過ぎないからです。

一次連想とは、最初に思いついた言葉ですね。

連想ゲームをやったことがあるでしょう。

最初の人の連想と、10人目の人の連想は、全く異なる言葉になりませんか?


私なら・・・

「犬のおまわりさん」から、次の連想言語が生まれてきます。

このとき重要なのは、質問思考です。

「犬のおまわりさん」とは「どういう状態のことを謂うのか?」と自問自答します。


確か・・・

「政府の犬」

「警察」

「犯罪を取り締まり起訴に持ち込む証拠を集める職業」

と謂えますよね。

これが第二次連想です。


「犬」という最初の単語から「警察」に変化したのです。

どう考えても、「犬」と「警察」は違う「単語」です。

その警察が困った表情をしている。それは迷子の子猫が居て、名前も住所もわからないからだ。

このときに、私の頭の中では、リアルな映像が浮かんでいます。

「道ばたで出逢った迷子の素性も名前も住所もわからない。これでは親御さんを探せない。さあ、どうしたものか?と思案に繰れて呆然と突っ立て居る巡査が、顔を横にして腕を組んで困っている」

これは、私の頭に浮かんだ映像をそのまま「文章」に変えただけです。

f:id:sshigenai:20150807105818j:image:w360:right

その「文章」をさらに発展してみます。人生の生き方というテーマがあって、それに対しての文面です。

「いつでも、どこでも、困っている人が大勢居る。特に幼い子供が両親と離れて泣いている姿は可哀想なものだ。それでもおまわりさんは、何とかして両親を探し出して幼い子供も両親も安心させてあげたい。否、おもわりさんに限らず、成熟した正しい心を持つ者ならば、誰しもこのように思うだろう。困っている人を助ける心。なんとかしてあげたいという想い。この想いこそが、人間が人間として生きる上で最も美しい愛に近いのでは無いだろうか?愛は他人のことを、まさに自分のことのように想い、自分の事のように行動してあげることだ。ある人は親切とも語るだろう。ある人は仁と呼ぶだろう。もっと謂えば、困っている人を助けてあげることを、自ら進んで行うことが人間関係を素晴らしいものにし、自分の人生をより幸せに高めることではないだろうか!皆も会社で困っている人が居たら助けてあげること。誰かが間違ったならば、それを追い詰めるのでは無く、自分も相手と同じように考えて赦し、助けてあげること。この行いが自分を豊かにするのだ。」


如何でしょうか?

まるでタロットリーディングではありませんか?

最初は「犬」から始まったんですよ。

つまり「犬の絵のタロット」(仮に犬のタロットがあったとしてです)を読んだことになるわけです。


連想にはもう一つ重大な心理学根拠があります。

ユングが提唱した「元型」「集団的無意識」と呼ばれる概念ですね。

それは中世の絵画の図像学(アトリビュート)にも関係します。


「元型」を解説します。「元型」は有名な心理学者ユングが提唱した概念です。

例えば・・ここに「骸骨」の写真があったとします。それを観たとき、どのような感じ方をするでしょう?

「先が無い」「将来は無い」「ひからびている」「堅い」「死」「過去の遺物」「滅びる」・・・

というような概念が浮かぶはずです。

またここに「笑っている赤ちゃん」の写真があったとします。

「可愛い」「将来は有望」「やわらかい」「抱きしめたい」「命の息吹」「誕生」・・・

というような概念が浮かぶはずです。

f:id:sshigenai:20150807105920j:image:w360:left

そしてこの概念は、過去から現在に至る世界中の人間が同様に感じるのです。

つまり、「赤ちゃん」の写真から、誰も皆が、同じ連想をするということです。


これは人間の本能に相関関係があります。

「元型」は意識できないものです。むしろ潜在意識・無意識の領域です。

しかし、世界中の誰もが同じ「ことば」を発するのです。

「連想」には二通りあり、特定の絵・単語から、個々の経験・知識から導き出させる「独自のことば」と、

世界中の誰もが無意識の領域で出される「共通認識のことば」があるということです。


これを応用したのが、図像学(アトリビュート)ですね。

中世では、作家・画家独自の美を追究することよりも、世間的な公の概念を描くことのほうが重要だったからです。

当然ですが、キリスト教の影響は絶大です。

仮にイエス・キリストを描くときに、逆五芒星を一緒に描いたなら、その画家は異端とされ、中世社会から断絶されます。

最悪は火あぶりとなるでしょう。

f:id:sshigenai:20150807105523g:image:w360:right

アトリビュートでは「白い犬」は「忠誠」「誠実」を顕します。

タロットにも「愚者」「ペンタクル10」で出てきますね。

これは原始時代からの人類の記憶に関係します。

犬は原始時代から飼われていたことは、歴史的事実です。

犬は主人を裏切らず、危険を察知し、主人の手伝いもします。(羊飼いでは犬を手伝わせているでしょ)

その深層記憶が、アトリビュートとして顕れてきただけのことです。


魔術師など、「白百合」が描かれています。

他にも「ペンタクル3」「法王」「死神」「ペンタクルエース」など多くのタロットに描かれています。

これはマルセイユ版ではあり得ません。

「白百合」はアトリビュートでは、「聖母マリア」を顕します。

そのことから同時に「母」「女(淑女)」も顕します。

これも太古の記憶から出てきた連想です。

百合は、「純粋さ」「罪の無さ」「純潔」「処女性」の象徴として昔から謳われてきました。

祖国を救った聖女ジャンヌ・ダルクが身につけることを許されたブルボン王朝の紋章も同じ白百合ですね。

余談ですが、百合(ゆり)とは、女性の同性愛、またはそれに近い友愛のことも指します。

逆に赤い薔薇はゲイですね。薔薇族と謂います。

このような歴史的背景から、先人達の深層記憶に白百合聖母マリアと刻み込まれたわけです。

D

結論として「連想法タロットリーディング法」は、個々の経験・知識に左右されようと何ら問題は無いということです。

逆に「絵」そのものに集中して、その絵の語る啓示を考えるのですから、まさにタロットリーディングと謂えるでしょう。

2015-08-05

タロットは何のために存在するのか?

まずタロットの歴史は、マルセイユ版から始まります。

フランスの港街マルセイユで、中世14世紀〜16世紀にかけて盛んに印刷されました。

その理由は遊びのカードのためです。

当時は遊戯が少なかったのは周知の事実です。映画はもちろん、芝居すらお粗末でした。まだシェイクスピアは生まれていません。

遊園地もありません。

書籍も手書で写経のように写し書きしたものです。よって非常に高価ですから大衆には買えません。

そこで「タロットカード」で大衆〜貴族まで遊んだのです。

事実、大衆の中ではギャンブルタロットカードを使う者達も多かったという史実があります。


「遊び」のカードに「意味」は無い。

「遊び」のカードに「逆位置」も無い。



やがてマルセイユ版タロットカードは「トランプ」へと変化します。

ジプシーが占いをしていた史実はありますが、彼らの占いは直感に寄るもので、

タロットを読んでいたわけではありません。

ただ彼らが、フランスからヨーロッパ各地にタロットを広めたという功績はあります。


タロットを発明したのは、テンプル騎士団という説が最も有力です。

テンプル騎士団はフランスで生まれました。

法王の特権で巡礼者の保護のために結成された宗教的軍事教団です。

テンプル騎士団から、十字軍が生まれます。十字軍はイギリスです。


このテンプル騎士団が、最初の「秘密結社」です。

秘密結社も多く在ります。薔薇十字団・黄金の夜明け団フリーメーソン・・・

彼らの本当の目的は、「カバラの研究と解釈、カバラの実践」です。


さて「カバラ」とは何でしょう?

「カバラ」とはユダヤ教神秘主義思想と翻訳されているために誤解を生じますが、

「人間が如何に幸せに、神に近づく生き方をするのか」という手引き書です。

世界には多くの宗教神話があります。

最初の宗教(まだ宗教というカタチにもなっていませんが)は、世界各地に各々点在しています。

f:id:sshigenai:20150805110133j:image:w340

ギリシャ・ローマは「ギリシャ神話」からキリスト教へ移行しました。

北欧ではケルト神話からキリスト教へ移行しました。

当時はまだ仏教は存在しません。また仏陀自身は教典を書いていません。弟子が書いたのです。

ユダヤ教教典は、旧約聖書・トーラーですが、ユダヤ教からキリスト教イスラム教に別れたのです。

中国では「儒教」「道教」が主流です。儒教も孔子が直接書いたものでは無く弟子が書いたものです。

道教」のみが老子自身が書きました。そのご荘子によって完成します。

日本では・・・お粗末ですが宗教というものは存在していません。

日本神道明治初めにできた宗教です。日本神話を信じていたわけですね。その後聖徳太子が仏教を中国から輸入します。

これは政治のためですね。


ここで謂いたいのは、「カバラ」こそが最も太古の宗教書である、ということです。

一説では大天使ラジエルの書の一部とも謂われています。

「カバラ」は難解な哲学です。それを集約したものがセフィロトの樹です。

f:id:sshigenai:20150805110134j:image:w340:right


さてタロットの発祥ですが、マルセイユ版の後に1910年黄金の夜明け団の幹部アーサー・エドワード・ウェイトが、

カバラの思想を、マルセイタロットに盛り込んで、全く新しいタロットを創ります。

これが「ウェイト・スミス」版です。

つまり、タロットは遊びのカードから、20世紀初頭にやっとカバラの思想を描いたタロットになるのです。


ウエィト・スミス版は大ブレイクします。

多くのオカルティスト、カバリスト達が、独自にタロットとカバラの相関関係を研究し、

「意味という概念」を書きました。

有名なのは、クローリーやエリファス・レヴィ2世ですね。

そして現代でも、その「意味なる概念」を、タロットの意味だ!と謂って教えています。

書籍も同様です。

簡単に言えば、先人のカバリスト達の真似です。

D

そこで「カバラ」に戻ります。

「カバラ」は難解です。暗号的な言葉が多数あり、まさに哲学書となんら変わりはありません。

イマニエル・カントの『純粋理性批判』を読んだ人はいらっしゃいますか?

私は哲学を専攻していましたから、カントもヘーゲルも一応は読んでいます。

おそらく、書店で立ち読みした場合、「何を書いているのか、さっぱり分からない」と思います。

哲学は思考を文章で表現するため、一つ一つの単語を明確に定義していく必用があります。

「カバラ」もまさに同じなのですね。

f:id:sshigenai:20150805110135g:image:w340

カバラの目的は、「人間がエデンを追われ原罪を背負い生きていく上で、如何に幸せに人生を歩むか?如何に神に近づく生き方をするか」を、

まさに哲学書の如くに書いた書物です。

そしてウェイト・スミスタロットには、その思想体系が愚者からペンタクルキングにまで、何かしら描かれています。


つまり・・・・・



タロットは「人生の幸せな生き方、正しい生き方」を絵で表現したものなのです。


それにも関わらず、「意味を憶えて」プロのタロット占い師になった方は大勢います。

そしてドローされたカードに「意味を当てはめていく」作業をします。

工場でのラインと同じですね。

※別に職業蔑視ではありません。分かり易い例えとして挙げています。

ラインでは商品が流れてきます。そして各々の担当者が部品を組み付けます。

実は「意味を当てはめる」タロットリーディングは、この作業とまったく同じです。


結論です。

タロットの目的は、相談者の救済にあります。

相談者の人生を正しいものに、幸せなものにすることです。

タロット鑑定師は、導師(グル)ですね。

ただし、タロッティストはことばを使って、導きます。

導くのは相談者の人生の扉の前までです。

扉を開けるのは相談者自身です。なぜなら相談者の人生だからです。


タロット鑑定師になる」ということは、導く者になると同義です。

それができず「意味」を当てはめて、お金を取るのは、冒涜です。

タロットの目的は崇高で且つ責任が伴うということを忘れてはなりませ

2013-07-15

プロタロット占い師になるのは簡単。問題は・・・

占い業界全体が、不況下では伸びます。

またインターネット環境の整備により顧客の鑑定形態が大きく変化しました。

ネット環境整備以前は、対面鑑定中心でしたね。

デパートの踊り場、地下街の脇、路上も占い師がいました。

しかし、現在は違います。

90%以上は「電話による占い(鑑定)」です。

わざわざ対面でなくても、気軽に「聴きたいときに聴ける」わけです。

元来、占い師に国家試験はありません。

占いスキルさえあれば、誰にでも成れます。

ただし誰にでも成れることは、市場参入障壁が低いわけですから、競合は蟻の如く増え続けます。

競合とのUPS(差別化)が明確で無ければ、勝てないでしょう。

ただ勝つ方法はあります。


彼らの多くはインターネット知識が乏しく、マーケティングも知りません。

自分でサイト(ホームページ)も作れませんし、それを検索エンジンの上位に表示するノウハウもありません。

同時にインターネットマーケッティングの知識は皆無です。

そこに勝つチャンスがあります。

私の本業はインターネットマーケティングコンサルタントです。

タロットを実占しているのは、ある意味、「人を救う」ことだからですね。


最初のステップはタロットリーディングの習得です。

現実的に考えるならば・・

○独学:これは非常に時間が掛かります。私は35年独学でタロットリーディングを習得していきました。いまではオリジナルなリーディングノウハウも編み出しています。しかし、素人さんが最初から独学は最低でも3年以上は掛かるでしょう。

タロット講座

タロットスクール

一番手近なのは、タロット講座やタロットスクールに通うことですね。

ただし問題はあります。

1.意味しか教えません。

「意味を覚えさせる」ことが彼らの授業法です。

しかし意味を覚えてもタロットリーディングはできません。

意味をカードに当てはめているだけです。

2.高額な授業料

一般的にタロット講座・タロットスクールは300,000円平均です。

3.彼らはインターネット知識も無ければ、インターネットマーケティング知識もありません。

要は学んだら、さっさと独立しな!あとは知りません。ということです。

だって知らないんですから。

ご興味があれば、

下記の講座をご覧下さい。

http://www.tarot-komachi.com/fullset.html

ほとんど資金なしで、本気で不労所得を得て経済的自由を手に入れたいならば、こちらのURLをクリックしてください。

http://www.tarot-komachi.com/bizinessstudy.html

2013-06-24

タロット「ワンド6」は偽の勝利

wands6.jpg「ワンド6」は誇らしげなカードですね。
勝利の余韻に酔っています。
オリーブと月桂樹の冠がそれを象徴しています。
でも白馬は偽物です。



「ワンド6」は一般に、油断大敵が教えです。
勝利を得ても、部下達はワンドを持っています。
白馬の中にも部下がいるでしょう。
本当に勝利を祝うならば、ワンドは持ちません。
ワンドを持っているならば、いつでも馬から落とすことができます。
本物の勝利者は、部下が自然に忠誠心を持つでしょう。
ワンドは持ちません。

今回は分かり易い教えでは無く、隠された教えを述べましょう。

■ワンド6の教え■
wands-6-2.jpg1.勝ったと思っても、まだ勝ったと確信してはいけない
一次的な「競争」「スポーツ」「ゲーム」「闘い」で勝ったケースもあることでしょう。
1度しか勝っていないかもしれませんし、
1000度闘い、1000回勝ったかもしれません。


勝利の回数は関係ありません。
問題は心の在り方です。


本物の勝者は、謙虚なものです。
自分の勝利を自慢することはしません。
なぜならば、勝ったどの時点から、またスタートだからです。
つまり真の勝者は、自分と闘うのです。
wands6.jpg

「俺は勝利した。俺は偉大だ!」と思ったとしたら、
その者は次回は負けるでしょう。
奢り・高慢は、自らの心を蝕みます。

一期一会
これは「ワンド6」の隠された教えです。

2.偽物は観る人が本物ならばすぐ見破られる
カタチだけ勝利を誇っても、観る人が観れば、偽物だとすぐわかります。

本物の勝利者は、身体から光りのようなものが出ているはずです。
高尚なプライド。勇気。正義などの光です。


どんなに表面的に繕っても、本物の者が観れば、すぐわかります。
wands6.jpg
このことは、現実の我々の世界でも同じでしょう。
カタチだけの者は大勢います。

例えば、本物の金持ちは無駄な金は使いません。
使わない時はコンセントからも抜きます。
買い物は「必用なもの」しか買いません。
自動車だって中古車です。
生活は至って質素です。
ただし、使うべき時は大胆に使います。


成金はポルシェを乗り回し、
アルマーニのスーツに身を固め、
ロレックスの金無垢時計を填め、
毎日、パーティーずくしです。
この姿勢が偽物だとわかります。

wands6.jpg
カタチも最初のきっかけには必用ですが、
捕らわれるならば、偽物の道をまっしぐらです。

勝って兜の緒を締めよ」ですね。

■小町のリアルタロット講座も限定特別価格は6月末までですが・・■

小町のタロット講座の特徴.jpg小町のタロット講座が、他のタロットスクール・タロット講座とどこが違うかを説明しています。

また6月末まで、価格は大幅値下げしています。もちろん分割支払いも可能です。

動画で見る「小町のタロット講座」の他のスクール・講座と違う!をご覧下さい。
http://www.screencast.com/t/TTa2ST1hYeL

下記は全て税込みです。

期間:2013年6月30日まで

初級大アルカナ講座:通常100,000円→60,000円
フルセット講座:通常140,000円→90,000円
コンビネーションリーディング講座:通常80,000円→50,000円

カリキュラムなど詳細は下記のサイトをご覧下さい。
http://www.tarot-komachi.com/tarotschool.html

タロット鑑定を依頼するには小町がお奨め■

fd61d1d7af6ffbf68ff4f87d07a8974d.jpg小町のタロット占いは、単に抜き出されたカードに「意味を当てはめる」ような占術ではありません。もちろん、インスピレーションタロットのような霊感的な怪しげなものでもありませんし、イメージタロットのような直感に頼るものでもありません。

タロットには、78枚のカード1枚1枚に、カバラの思想体系が盛り込まれています。一般には「セフィロトの樹」の思想ですね。

その思想は「人生をいかに幸福に生きてくか」という導き・教えが描かれています。
私は独自に「連想法タロットリーディング」によって、そのセフィロトの樹の導きをお伝えしています。
imagessefiroto1.jpg
タロット歴は35年ですが、最初はカバラとタロットの研究に明け暮れていました。
「意味を当てはめない」のは、タロットは元々が「遊びのカード」であったために「意味が存在していない」からです。

1910年に「ウェイト・スミスタロット」が生まれ、それ以降、多くのカバリスト(カバラ研究家)やオカルティストによって、タロットに意味付けをされてきた経緯があります。
現代のタロット占い師も、その作られた「意味」を覚えているだけに過ぎません。
そのような占法で、貴方様の悩みが解決できるのでしょうか?

私は単に未来を予測するタロットリーディングよりも、現状を確認し、それを好転させるためのタロットリーディングをします。

詳しくは、下記の動画でお確かめ下さい。
http://youtu.be/4LOUNTBZlzE

2013-06-23

動画を見ればわかる小町のタロット講座。6月まで40%OFF

小町のタロット講座URL


■小町のリアルタロット講座も限定特別価格は6月末までですが・・■

小町のタロット講座が、他のタロットスクール・タロット講座とどこが違うかを説明しています。

また6月末まで、価格は大幅値下げしています。もちろん分割支払いも可能です。

動画で見る「小町のタロット講座」の他のスクール・講座と違う!をご覧下さい。

下記は全て税込みです。

初級大アルカナ講座:通常100,000円→60,000円
フルセット講座:通常140,000円→90,000円
コンビネーションリーディング講座:通常80,000円→50,000円

カリキュラムなど詳細は下記のサイトをご覧下さい。

============================
人数は限定しないつもりでしたが、既に6人のお申し込みがあり、
私個人の工数労働時間)の限界に近いために、
残り2名様のみの募集とさせて頂きます。
早い者勝ちとなります。
=============================

PC用お申し込みフォーム
モバイル用お申し込みフォーム

Connection: close