Hatena::ブログ(Diary)

社会政策学会 研究会情報

2018-09-25

2018年10月15日(月) 首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター主催 子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会のお知らせ

19:40

首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター主催

子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会のお知らせ

<第6回 定例学術研究会>

2018年10月15日(月) 18:00〜19:30

場所:首都大学東京オープンユニバーシティ飯田橋キャンパス

報告: 「住宅費の負担と子どものウェルビーイング

報告者: 小田川華子(首都大学東京人文社会学部客員教授

※事前申し込み制:申し込みURL

https://ssl.form-mailer.jp/fms/0920d123589181

※詳しい内容は下記をご覧ください。

https://www.tmu-beyond.tokyo/child-and-adolescent-poverty/

※お問い合わせ先:

首都大学東京 人文社会学科  阿部彩研究室 abeken@tmu.ac.jp 

       子ども・若者貧困研究センター kodomo@tmu.ac.jp

                  TEL: 042−677−2065

2018年10月20日(土)  研究会「職場の人権」

16:12

日時:2018年10月20日(土)) 13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)5F研修室1

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

テーマ:危惧される外国人労働者の「労働と人権」

     −日本の外国人労働者政策を検証する

報告者:早崎 直美さん RINK(すべての外国人労働者とその家    族の人権を守る関西ネットワーク)事務局長)

コメンテーター:真嶋 潤子さん(大阪大学大学院言語文化研究科教授)

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先: 研究会「職場の人権」

office@syokuba-no-jinken.org

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

2018-09-19

2018年11月3日(土)第81回社会運動ユニオニズム研究会:レイバー・ノーツ大会2018 参加報告会

16:50

第81回社会運動ユニオニズム研究会

レイバー・ノーツ大会2018 参加報告会

■『レイバー・ノーツ』とは

■ 参加者による大会参加報告

■ ワークショップ体験

■爛▲献版瓮譽ぅ弌次Ε痢璽弔旅霖痢 弔覆

日 時:2018年11月3日(土)13:30-16:45

場 所:明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント 2階4021教室

地 図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

参加費:無料(ただし資料代としてカンパを要請します)

主 催:レイバー・ノーツ大会2018 日本参加団

    明治大学労働教育メディア研究センター

    法政大学大学院フェアレイバー研究所

    Labor Now

※資料準備やグループ分けのため、事前に参加連絡をいただけましたら助かります。

 連絡先:清岡 Mail: cwu_kiyooka(at)yahoo.co.jp (at)を@に置き換えて送信下さい。

詳しくは社会運動ユニオニズム研究会のサイトをご覧下さい。

https://socialmovementunionism.blogspot.com/2018/09/2018_19.html

2018-09-15

2018年10月24日(水)第80回社会運動ユニオニズム研究会「雪崩れをうつ外国人労働者受入れ〜 「骨太の方針2018」がもたらすものは? 〜」

21:46

日時:2018年10月24日(水)18:30−21:00

場所:連合会館2階201会議室

(最寄駅:御茶ノ水、新御茶ノ水、小川町、淡路町)

地図 http://rengokaikan.jp/access/

テーマ:雪崩れをうつ外国人労働者受入れ〜「骨太の方針2018」がもたらすものは? 〜

報告:旗手明(移住者と連帯する全国ネットワーク)

主催:法政大学大学院フェアレイバー研究所、明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

参加費:無料 参加申込み: 10月23日までに以下のメールアドレスまでにお申し込み下さい。

      labornow(at)jca.apc.org (at)を@に置き換えて送信下さい。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

https://socialmovementunionism.blogspot.com/2018/09/2018.html

2018年10月13日(土)公開講座 「サプライチェーンの労働問題を考えるーユニクロの下請労働者がインドネシアから補償を求めて来日ー」

21:45

日時:2018年10月13日(土)14:00〜17:00(13:30開場)

場所:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン8階308F

地図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

テーマ:サプライチェーンの労働問題を考えるーユニクロの下請労働者がインドネシアから補償を求めて来日ー

報告(通訳つき) 

・ソ・ション(CCCEA−クリーン・クローズ・キャンペーン東アジアコーディネーター)

・テディ・プトラ(ジャバ・ガーミンド労組委員長):JG労働者に何がおきたか

・ワーミ(JG女性労働者):女性労働者からの声

・ムチャマド・ダリズマン(WRCインドネシアスタッフ)

 インドネシアにおけるサプライチェーン労働者の現実

・イロナ・ケリー(クリーン・クローズ・キャンペーン・CCC国際事務局)

 世界のサプライチェーンとCCCの活動

・遠野はるひ(CCC東アジア運営委員):日本で何ができるか

共催:明治大学労働教育メディア研究センター

   サプライチェーンを考えるネットワーク

参加費:無料

参加申込み:資料準備の都合で、参加を希望される方は、10月11日までに下記連絡先までご一報下さい。

連絡先:明治大学労働教育メディア研究センター

    メール:labored(at)meiji.ac.jp  (at)を半角の@に置き換えて下さい。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

https://socialmovementunionism.blogspot.com/2018/09/1013.html

2018-09-13

2018年10月27日(土)社会政策学会九州部会第103回研究会

20:15

社会政策学会九州部会第103回研究会

日時:2018年10月27日(土)14時から17時30分

場所:九州産業大学経済学部中会議室(1号館9FのS棟)

    福岡市東区松香台2−3−1

アクセス:天神から都市高速経由のバスで九州産業大学南口にて下車

      JRの場合は九産大前駅(普通のみ停車)

      https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/access.html

学内マップ:https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/campus.html

報告

†久本貴志(福岡教育大学)「ニューヨーク市の就労支援:就労困難層への支援を中心に(仮)」

†石井まこと(大分大学)「地方圏における創業者の役割と課題―地方圏での創業者インタビューからみえてくること―(仮)」

参加希望の方は,資料準備の都合上,下記アドレスまでご一報ください。

問い合わせ先:久本貴志(福岡教育大学) hisamo(at)fukuoka-edu.ac.jp (at)を半角の@に置き換えて送信下さい。

2018-09-11

2018年11月17日(土) 社会政策学会中四国部会の開催案内

07:56

社会政策学会中四国部会の開催案内

【テーマ】 多様化する介護サービス供給者の行方

【日時】 2018年11月17日(土)13:00〜16:30

【会場】 県立広島大学(三原キャンパス)4号館 4602室

【プログラム】

<第1部> 13:00〜15:50

報告1)金谷信子(広島市立大学教授):介護保険サービス市場化のジレンマー効率性と質・公平性の観点から

報告2)史邁(同志社大学大学院生):福祉市場化の展開経路に関する日中比較研究―高齢者福祉分野を中心に

報告3)崔銀珠(福山平成大学専任講師):韓国における老人長期療養保険制度の現状と課題

報告4)山中康平(社会福祉法人新生福祉会理事長):人口減少が加速する地方における介護人材の確保の問題ー技能実習制度との関係

<第2部>総合討論 16:00〜16:30

司会・コーディネーター:田中聡子(県立広島大学教授)

【問い合わせ】 李宣英(県立広島大学)sylee@pu-hiroshima.ac.jp


なお、参加費は無料です。会場準備の都合上、ご出席の方は事前にご連絡ください。

2018-09-10

2018年10月8日第79回社会運動ユニオニズム研究会:韓国非正規労働センターとの交流会

17:21

韓国非正規労働センターとの交流会

◆日時:2018年10月8日(月・休日)13時00分〜15時30分

◆場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階4021教室

◆テーマ:韓国の非正規労働の実態と解決のための取り組み

◆報告:韓国非正規労働センター所長 イ・ナムシンさん (通訳あり)

地図 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

◆参加費無料

◆主催 法政大学大学院フェアレイバー研究所、明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

※資料準備の関係で、ご参加いただける方は、お名前、ご所属(任意)を、10月7日(日)までに、labornow(アット)jca.apc.org(アットを@に置き換えて送信下さい)にお知らせください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

https://socialmovementunionism.blogspot.com/2018/09/blog-post_10.html

2018-09-06

2018年9月24日 首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター主催 子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会のお知らせ

12:33

【オーストラリアと香港における子どもの貧困】

<第5回(国際)>

2018年9月24日(月・祝) 13:00~15:00

場所:秋葉原キャンパス

(鷙霄  : Dr. Yuvisthi Naidoo (University of New South Wales,

Australia)

報告タイトル:“Child Poverty in Australia: Examining the Impact of

Different Approaches and Measures(仮題)”

∧鷙霄圈  Dr. Maggie Lau (Lingnan University(嶺南大学), Hong Kong)

報告タイトル:” Material well-being, quality of relationships and

problem behaviours of Hong Kong children(仮題)”

※事前申し込み制:申し込みURL

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d669a53d582148

※詳しい内容は下記をご覧ください。

https://www.tmu-beyond.tokyo/child-and-adolescent-poverty/

※お問い合わせ先:

首都大学東京 人文社会学部 阿部彩研究室  abeken@tmu.ac.jp 

       子ども・若者貧困研究センター kodomo@tmu.ac.jp

2018-08-24

同志社大学社会福祉教育・研究支援センター主催 2018年度連続公開セミナー「貧困問題と就労自立支援サービス再考(パート2)」

17:56

【1回目】

日 時 9月29日(土)午後2時〜4時20分

会 場 同志社大学今出川キャンパス 良心館413号室

講 師 田中弘美(同志社大学研究開発推進機構及び社会学部特任助教)

テーマ 「ライフチャンスと社会的投資論ーイギリスの議論を中心に」

【2回目】

日 時 10月13日(土)午後2時〜4時20分

会 場 同志社大学今出川キャンパス 良心館410号室

講 師 山村りつ(日本大学法学部専任講師)

テーマ 「貧困のなかの障害者、障害者のなかの貧困−社会構造の壁と就労支援の意味」

【3回目】

日 時 10月27日(土)午後2時〜4時20分

会 場 同志社大学今出川キャンパス 良心館413号室

講 師 中野謙作(一般社団法人 栃木県若年者支援機構(通称しごとや)代表理事)

テーマ 「若年者支援と就労」

【4回目】

日 時 12月8日(土)午後2時〜4時20分

会 場 同志社大学今出川キャンパス 良心館410号室

講 師 高橋尚子(京都自立就労サポートセンター主任相談支援員)・畑本裕介(同志社大学政策学部教授)

テーマ 「京都での就労訓練事業(中間的就労)の試み−その効果と測定をめぐって」


問い合わせ先:同志社大学社会福祉教育・研究支援センター事務局

derc-sw@mail.doshisha.ac.jp

なお、事前申込は不要、参加費無料です。直接会場にお越し下さい。

詳しくはhttp://gpsw.doshisha.ac.jp/index.htmlをごらん下さい。

2018-08-09

2018年9月16日 第77回社会運動ユニオニズム研究会「知ろう!考えよう! 公務非正規労働のこれから 地方公務員法及び地方自治法の改正を踏まえて&女性労働問題の視点から」

21:54

日時:2018年9月16日(日)13:30〜17:00

場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階 4021教室

主催 法政大学大学院フェアレイバー研究所、明治大学労働教育メディア研究

センター、Labor Now

1)趣旨説明

2)地方公務員法及び地方自治法の改正に伴う制度改正と条例化に向けた課題

 森本正宏さん(自治労総合労働局長)

3)各地での取組みについての報告 

 野角裕美子さん(自治労組織拡大局長)

4)非正規公務の現場から 

 瀬山紀子さん(女性関連施設非常勤職員/Labor Now会員)

5)女性労働問題としての非常勤公務員問題(調整中)

6)フリーディスカッション

※資料準備の関係で、ご参加いただける方は、お名前、ご所属(任意)を、9月

15日(土)までに、labornow(アット)jca.apc.orgにお知らせください。

詳しくは社会運動ユニオニズム研究会のサイトをご覧下さい。

https://socialmovementunionism.blogspot.com/

2018-08-08

2018年9月22日 研究会「職場の人権」

17:32

日時:2018年9月22日(土) 13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)5F研修室2

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

テーマ:進化する韓国の労働行政と労働運動

報告者:金 光男さん(在日韓国研究所)

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先: 研究会「職場の人権」

office@syokuba-no-jinken.org

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

詳しくは、http://syokuba-no-jinken.orgをごらんください