Hatena::ブログ(Diary)

社会政策学会 研究会情報

2018-11-19

2018年12月19日(水) <第8回>子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会

19:54

報告:「ひとり親家庭の子どものウェルビーイング:母子世帯と父子世帯、離別、死別の比較」

日時: 2018年12月19日(水)18:00-19:30

会場: 首都大学東京オープンユニバーシティ飯田橋キャンパス

    (https://www.ou.tmu.ac.jp/web/menu/map/)

報告者:藤原 翔(東京大学社会科学研究所附属社会調査・

         データアーカイブ研究センター准教授」

主催: 首都大学東京子ども・若者貧困研究センター 

共催: 首都大学東京オープンユニバーシティ    

問い合わせ先:

首都大学東京 子ども・若者貧困研究

E-mail: kodomo@tmu.ac.jp

TEL: 042-677-2065

※事前申し込み制:申込みフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cdaf25b5594759

2018-11-18

2018年12月8日(土)同志社大学社会福祉教育・研究支援センター主催・2018年度連続公開セミナー「貧困問題と就労自立支援サービス再考」(Part2 最終回)

23:11

日 時 12月8日(土)午後2時〜4時20分

会 場 同志社大学今出川キャンパス 良心館410号室

講 師 高橋尚子(京都自立就労サポートセンター主任相談支援員)・畑本裕介(同志社大学政策学部教授)

テーマ 「京都での就労訓練事業(中間的就労)の試み−その効果と測定をめぐって」

問い合わせ先:同志社大学社会福祉教育・研究支援センター事務局

derc-sw@mail.doshisha.ac.jp

なお、事前申込は不要、参加費無料です。直接会場にお越し下さい。

詳しくはhttp://gpsw.doshisha.ac.jp/index.htmlをごらん下さい。

2018-11-12

2018年11月17日(土)社会政策学会中国四国部会:多様化する介護サービス供給者の行方

19:41

社会政策学会中四国部会の開催案内

【テーマ】 多様化する介護サービス供給者の行方

【日時】 2018年11月17日(土)13:00〜16:30

【会場】 県立広島大学(三原キャンパス)4号館 4204号室

【プログラム】

<第1部> 13:00〜15:50

報告1)金谷信子(広島市立大学教授):介護保険サービス市場化のジレンマー効率性と質・公平性の観点から

報告2)史邁(同志社大学大学院生):福祉市場化の展開経路に関する日中比較研究―高齢者福祉分野を中心に

報告3)崔銀珠(福山平成大学専任講師):韓国における老人長期療養保険制度の現状と課題

報告4)山中康平(社会福祉法人新生福祉会理事長):人口減少が加速する地方における介護人材の確保の問題ー技能実習制度との関係

<第2部>総合討論 16:00〜16:30

司会・コーディネーター:田中聡子(県立広島大学教授)

【問い合わせ】 李宣英(県立広島大学)sylee@pu-hiroshima.ac.jp


なお、参加費は無料です。会場準備の都合上、ご出席の方は事前にご連絡ください。

2018年12月15日 社会政策学会東海部会

18:55

日時 2018年12月15日(土) 14:00〜17:00

会場 名古屋経済大学名駅サテライトキャンパス 54教室(http://www.nagoya-ku.ac.jp/access/#meieki

藤岡光夫氏(静岡大学名誉教授)「社会問題としての被爆者の長期的健康障害と社会的課題ー全数調査による統計分析ー」

玉井金五氏(愛知学院大学)大城亜水氏(神戸常盤大学)「日雇労働者と社会保険適用問題−大阪の調査から−」

水野勝康氏(社会保険労務士(愛知県社会保険労務士会常任理事))「公契約条例における労働条件確保措置の比較考察」

問い合わせ先:渡邊幸良(同朋大学)yukiyosi@doho.ac.jp

なお、事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

※終了後、会場周辺で懇親会を開催する予定です。

追伸 同日・同会場 午前11:00〜13:00 非定型労働部会&ジェンダー部会例会

水野有香氏(名古屋経済大学)「派遣労働者と出産・育児」

伊藤ゆかり氏(大阪大学)「妊娠・出産の高年齢化と仕事の継続」

田中洋子氏(筑波大学)「出産による就業継続ー断絶をめぐる日独比較」

2018年12月22日(土)第5回労働教育実践交流集会 ―学校のウチとソトを結ぶ労働教育を考える―

15:29

第一部 学校のウチとソトを結ぶ労働教育実践とワークルール教育推進法案

(1)都立高校での準教科書『人間と社会』を使用した労働教育の取り組み:斎藤克彦さん(都立町田高校定時制

(2)「人間らしく働きたい〜高校生と労働者の権利について考える」教育実践:日達綾さん(神奈川県立綾瀬西高校)

(3)小学校や中学校での労働教育の試み:三澤律子さん(NPO法人教育支援グループEd.ベンチャー)

(4)地域から労働教育の取り組み〜ワークルールと若者支援を結ぶ会の実践から:岸田則子さん(ワークルールと若者支援を結ぶ会代表、社会保険労務士)

(5)日本労働弁護団ワークルールPTの取り組みとワークルール教育推進法案:市橋耕太さん(日本労働弁護団本部事務局次長)

第二部 ワークショップ「労働契約と交渉」 出前授業プログラムの検討

日 時:2018年12月22日(土)14:00(開場13:30)〜17:45

場 所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階4021教室

地 図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

参加費:無料

共 催:

労働教育研究会

法政大学大学院フェアレイバー研究所

明治大学労働教育メディア研究センター

問合せ・参加申込み:labored(at)meiji.ac.jp

(at)を@に置き換えて送信ください。参加希望者は資料印刷のため、できるだけご一報下さい。

詳しくは以下をご覧下さい。

https://labor-education.blogspot.com/2018/09/blog-post.html

2018年12月8日(土)出版記念講演会『ストする中国 非正規労働者の闘いと証言』

15:26

日 時:2018年12月8日(土)14:00〜17:00(13:30開場)

会 場:明治大学駿河台キャンパス・リバティータワー 6階 1063教室

地 図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

報 告:『ストする中国』翻訳の背景と経緯 

    翻訳者・レイバーネット日本国際部 

講 演:中国における最近の労働事情 

    石井知章さん(明治大学商学部教授・明治大学現代中国研究所)

共 催:明治大学現代中国研究所

    明治大学労働教育メディア研究センター

    レイバーネット日本国際部 

事前予約不要・入場無料

問合先:apjpyama(at)blue.ocn.ne.jp (at)を@に置き換えて送信下さい。

郝仁 編、レイバーネット日本国際部 訳編、石井 知章 解説

『ストする中国:非正規労働者の闘いと証言』彩流社、2018年     

http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2400-6.html

詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~labored/activities/china_on_strike.html

2018-11-08

2018年11月17日(土)社会政策学会中国四国部会:多様化する介護サービス供給者の行方

20:55

社会政策学会中四国部会の開催案内

【テーマ】 多様化する介護サービス供給者の行方

【日時】 2018年11月17日(土)13:00〜16:30

【会場】 県立広島大学(三原キャンパス)4号館 4204号室

【プログラム】

<第1部> 13:00〜15:50

報告1)金谷信子(広島市立大学教授):介護保険サービス市場化のジレンマー効率性と質・公平性の観点から

報告2)史邁(同志社大学大学院生):福祉市場化の展開経路に関する日中比較研究―高齢者福祉分野を中心に

報告3)崔銀珠(福山平成大学専任講師):韓国における老人長期療養保険制度の現状と課題

報告4)山中康平(社会福祉法人新生福祉会理事長):人口減少が加速する地方における介護人材の確保の問題ー技能実習制度との関係

<第2部>総合討論 16:00〜16:30

司会・コーディネーター:田中聡子(県立広島大学教授)

【問い合わせ】 李宣英(県立広島大学)sylee@pu-hiroshima.ac.jp


なお、参加費は無料です。会場準備の都合上、ご出席の方は事前にご連絡ください

2018-11-06

2018年12月1日(土) 研究会「職場の人権」

15:18

日時:2018年12月1日(土)13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)504号室

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

テーマ:大学教員の労働問題

報告者:橋場 俊展さん (名城大学教授)

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先: 研究会「職場の人権」

office@syokuba-no-jinken.org

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

2018-11-05

2018年11月28日(水) <第7回>子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会

23:13

報告:「少年院からみる非行少年・少女の家庭的背景」

日時: 2018年11月28日(水)18:00-19:30

会場: 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス

http://www.comp.tmu.ac.jp/manycore/images/TMU_AKIBA.pdf)

報告者:小山浩紀(法務省法務総合研究所)

主催: 首都大学東京子ども・若者貧困研究センター     

問い合わせ先:

首都大学東京 子ども・若者貧困研究

E-mail: kodomo@tmu.ac.jp

TEL: 042-677-2065

※事前申し込み制:申込みフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/690694cd591912

2018-11-02

2018年12月1日 日本医療福祉政策学会第2回研究大会

23:16

日時 2018年12月1日(土)9:30〜17:30

会場 立教大学新座キャンパス メイン会場:N121(1号館の2階)

http://www.rikkyo.ac.jp/access/niiza/qo9edr00000047ff-att/img-map_niiza.pdf)

<教育講演>私の医療経済・政策学研究の軌跡―『医療経済・政策学の探究』をもとに

二木 立(日本福祉大学相談役・名誉教授)

<シンポジウム>社会的な居場所づくりと福祉政策

社会的な居場所づくりと福祉政策―理論的枠組み構築のための試論

村上 慎司(金沢大学)

医療生協さいたまの居場所づくりの取り組み

久保田 直生(医療生協さいたま生活協同組合けんこう文化統括部長)

貧者をめぐる「承認」と「再分配」の現代的諸相―「社会的な居場所」と「自立支援」を通して考える

堅田 香緒里(法政大学)

<一般演題>

日本における福祉意識研究の現状と展望

金 絣澄蔑教大学・院生)

居住支援の確保に配慮を要する高齢者世帯の量的把握

鶴田 禎人(同朋大学

刑務所医療改革―国際的動向と日本の課題

松田 亮三(立命館大学

アメリカにおける公共職業訓練と福祉

早川 佐知子(広島国際大学

問い合わせ先:日本医療福祉政策学会事務局 office<@>jshwp.org (<@>は、@に置き換えてください)

参加申し込み方法:開催1週間前までに,ウェブページまたはFAXにて参加申し込みをお願いします。

  日本医療福祉政策学会第2回研究大会参加申し込み用ウエブページ

     https://goo.gl/forms/8p5GWyzFNMaInDch1

  日本医療福祉政策学会第2回研究大会参加申し込み用FAX

     022-301-1166(東北福祉大学・佐藤英仁宛)

詳しくは日本医療福祉政策学会ウェブサイトをご覧下さい。

http://jshwp.org/files/jshwp2018rc_2.pdf

2018-10-18

2018年12月8日 第110回SPSN研究会

00:21

日時 2018年12月8日(土)13:00〜17:00

会場 津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス3階SA313号室

http://cps.tsuda.ac.jp/access.html

白瀬由美香(一橋大学)「イギリスにおける医療専門職の労働規制とタスクシフティング」(仮)

コメンテーター:平岡公一(お茶の水女子大学)

佐草智久(立命館大学大学院・日本学術振興会特別研究員)「日本における在宅の「身の回りの世話」労働職の歴史的展開――社会福祉サービスと有料職業紹介事業を中心に」(仮)

コメンテーター:森川美絵(津田塾大学)

http://blog.livedoor.jp/spsnhp/

2018-10-16

2018年11月30日 第20回社会政治研究会

14:57

日時 2018年11月30日(金)18:00〜20:10

会場 名古屋大学全学教育棟北棟(情報学部棟)4階406(多目的講義室)

(www.i.nagoya-u.ac.jp/access左下の「情報学部・全学教育棟」北側玄関から4階に上がり、エレベーターを降りて左手へお進み下さい)

上村泰裕(名古屋大学)「福祉国家のワークライフバランス効果――日本と台湾の比較から考える」

木田勇輔(椙山女学園大学)「なぜ名古屋でポピュリスト政治が生じたのか?――グローバルな動向とローカルな文脈」

飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村(kamimura@nagoya-u.jp)まで御一報いただければ幸いです。なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。

【運営委員】大岡頼光(中京大学)上村泰裕(名古屋大学)田村哲樹(名古屋大学)山岸敬和(南山大学

2018年11月9日 第2回経済社会研究フォーラム

14:56

日時 2018年11月9日(金)17:00〜19:00

会場 名古屋大学全学教育棟北棟(情報学部棟)4階406(多目的講義室)

(www.i.nagoya-u.ac.jp/access左下の「情報学部・全学教育棟」北側玄関から4階に上がり、エレベーターを降りて左手へお進み下さい)

辻竜平(近畿大学)「社会調査における社会ネットワーク測定法」

飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村(kamimura@nagoya-u.jp)まで御一報いただければ幸いです。なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。

【運営委員】福井康貴・上村泰裕(名古屋大学)

2018-10-12

2018年11月10日(土) 社会労働研究会

18:02

日時 : 2018年11月10日(土) 14:00〜17:00

場所 : 大阪ガーデンパレス406号室

テーマ 合評会「久本憲夫『新・正社員論―共稼ぎ正社員モデルの提言』中央経済社、2018年。」

本書を語る 久本憲夫(京都大学

評者 金子良事(阪南大学

問い合わせ先:松山東雲女子大学宮地克典(kmiyachi[at]shinonome.ac.jp)まで。

[at]を@に置き換えて送信して下さい。

なお、参加費、事前申し込みは不要です。直接会場までお越し下さい。