Hatena::ブログ(Diary)

社会政策学会 研究会情報

2016-07-04

7月30日 同志社大学社会福祉教育・研究支援センター事務局主催   公開セミナー「子どもの貧困問題――解決策を考える」

17:28

日時:7月30日(土)午後13:00〜16:30

会場:同志社大学(烏丸キャンパス)志高館112教室

テーマ 「自治体における子どもの貧困対策の動向」

 講師 湯澤直美 教授(立教大学)

テーマ 「乳幼児期子どもの貧困と保育」

 講師 小西祐馬 准教授(長崎大学)

なお、参加費無料、事前申し込み不要です。

12時30分に受付開始です。直接会場にお越し下さい。

問い合わせ:同志社大学社会福祉教育・研究支援センター事務局

E-mail derc-sw@mail.doshisha.ac.jp

Tel 075-251-4902 Fax 075-251-3028

2016-07-01

2016年7月16日 社会政策関連学会協議会「研究倫理に関する第2回学習会」

23:30

日時: 2016年7月16日(土)16:00〜18:00

会場: 東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟センター会議室526号室

    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html

講師: 田代 志門

    (国立がん研究センター社会と健康研究センター生命倫理研究室)

    「最近の研究倫理の動向:社会政策研究への含意を考える」

主催  社会政策関連学会協議会

なお、事前申込は不要です。直接会場にお越し下さい。

問い合せ先 阿部 誠(大分大学経済学部)

      mabe@oita-u.ac.jp

      097-554-7682

2016-06-27

2016年7月23日(土)研究会 「職場の人権」

14:16

日時 2016年7月23日(土) 13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)701号室

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

アメリカ自動車産業の労使関係の変容

          ――1980年代以降から現在――

報告者:内田 雄介さん(大阪市立大学大学院)

コメンテーター:橋場 俊展さん(名城大学経営学部教授)  

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先 研究会「職場の人権」jinken@jp.bigplanet.com 

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

詳しくは、http://homepage2.nifty.com/jinkenをごらんください。

2016-06-26

2016年7月12日 社会運動ユニオニズム研究会「米軍基地と辺野古の新基地建設反対運動の現状と今後の闘い」

09:41

日 時:2016年7月12日(火)18:30 - 21:00

会 場:連合会館201会議室

  (千代田区神田駿河台3-2-11、最寄り駅:新御茶ノ水、小川町、淡路町、御茶ノ水)

地 図 http://rengokaikan.jp/access/

テーマ:米軍基地と辺野古の新基地建設反対運動の現状と今後の闘い

報告者:大城紀夫さん(連合沖縄会長、自治労沖縄県本部前委員長)

参加申込み・問合せ先:資料印刷の都合上、2016年7月8日(金)午前までに下記アドレスまでご一報下さい。  

      会場定員の関係で、先着で80名まで受け付けます。   

      b071429k(a)r.hit-u.ac.jp  (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

主 催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

    明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

詳しくは社会運動ユニオニズム研究会の下記サイトをご覧下さい。

http://socialmovementunionism.blogspot.jp/

2016-06-10

2016年6月18日 シンポジウム「少子社会対策と医療・ジェンダー ― 「卵子の老化」が問題になる社会を考える」

14:42

日時 2016年6月18日(土)13:00〜17:00

会場 日本学術会議講堂 (http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html)

総合司会: 河野銀子(山形大学

企画主旨説明・ファシリテーター: 柘植あづみ(明治学院大学

田中慶子(家計経済研究所)「妊娠・出産をめぐる女性の意識 ― インターネット調査から」

白井千晶(静岡大学)「卵子提供で子どもをもった高齢妊娠女性への調査から」

菅野摂子(電気通信大学)「出生前検査と高齢妊娠の不安と選択」

田中重人(東北大学)「高校副教材『妊娠しやすさグラフ』をめぐり可視化されたこと」

問題提起・提言: 阿藤誠(元国立社会保障・人口問題研究所・所長)/早乙女智子(産婦人科医、京都大学・客員研究員)

コメンテーター: 江原由美子首都大学東京)/小浜正子(日本大学)

問い合わせ先:柘植あづみ (明治学院大学) http://www.meijigakuin.ac.jp/~atsuge/

ポスター: http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/223-s-1-4.pdf

参加費無料、参加申し込みの必要はありません、直接会場にお越しください。(先着300名まで)

詳しくは http://d.hatena.ne.jp/remcat/20160406/sympo をごらんください。

2016-06-08

2016年6月18日(土) 研究会 「職場の人権」

10:04

日時 2016年6月18日(土) 13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)604号室

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

賃金差別・格差社会に風穴を

  −国連の女性差別撤廃委員会に訴え続けて−

報告者:越堂 静子 さん

(WWN:NGOワーキング・ウィメンズ・ネットワーク代表)

   

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先 研究会「職場の人権」jinken@jp.bigplanet.com 

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

詳しくは、http://homepage2.nifty.com/jinkenをごらんください。

2016-05-31

日本大学法学部政経研究所研究会

18:47

日時:2016年7月2日(土)13時00分〜17時20分

場所:日本大学法学部 本館2階 124講堂

   http://www.law.nihon-u.ac.jp/access.html

プログラム:

13:00〜14:30 

田村哲樹先生(名古屋大学大学院法学研究科・教授)

ソーシャル・キャピタルと熟議民主主義』

14:40〜16:10  

岡田順太先生(白鴎大学法科大学院副院長・教授)

『関係性の憲法理論―結社の自由と社会関係資本

16:20〜17:20  

須田光郎先生(東京都庁)

『社会関係資本の計測―時間を代理変数とした検証』

参加費:無料

事前登録:inaba.yoji[at]nihon-u.ac.jp

(送信時には,[at]を@に変更してください)まで

お名前,ご所属をご連絡ください。

本研究会は,日本大学法学部政経研究所の助成を得て実施いたします。

2016-05-25 2016年7月30日 第104回SPSN研究会

日時:2016年7月30日(土)13:00〜17:00

会場:日本女子大学目白キャンパス百年館5階504会議室

https://www.jwu.ac.jp/content/files/grp/access/access_map_mejiro.pdf

https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html#anchor_01

第1報告(書評セッション)

森川美絵『介護はいかにして「労働」となったのか――制度としての承認と評価のメカニズム』2015年、ミネルヴァ書房.

評者:山根純佳(実践女子大学

    深田耕一郎(女子栄養大学

リプライ:森川美絵(国立保健医療科学院)

第2報告

「『配慮の合理性』とテクノロジー――障害者の字幕とメディアの利用から」

報告者:柴田邦臣(津田塾大学

討論者:圷洋一(日本女子大学)

2016-05-17

2016日6月18日  社会労働研究会

11:09

日時:2016年6月18日(土)14:00〜17:00

会場:大阪ガーデンパレス 4階(06-6396-6211)

報告者:

(1)陸光杰(大阪市立大学院生)

「求職者向け公的職業訓練の訓練の質による効果

  ―賃金の向上および中長期効果に注目して」

(2)深見佳代(京都大学

「スウェーデンの医療制度に含まれる人的範囲」

問い合わせ先:松山東雲女子大学宮地克典(kmiyachi@shinonome.ac.jp)まで。

なお、参加費、事前申し込みは不要です。直接会場までお越し下さい。

2016-05-16

2016年6月10日第62回社会運動ユニオニズム研究会「労働の『プレカリ化』をくいとめる:米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動の事例から」

20:11

日 時:2016年6月10日(金)18:30 — 21:00

場 所:連合会館402会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)

地 図 http://rengokaikan.jp/access/

テーマ:労働の「プレカリ化」をくいとめる:米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動の事例から

報 告:

(1)米国の社会運動ユニオニズムと最低賃金引き上げ運動:高須裕彦さん(一橋大学)、青野恵美子さん(明治大学

(2)米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動〜コミュニティとの連携:小谷幸さん(日本大学)

主 催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

    明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

参加申込み・問い合わせ先:参加希望者は資料準備の都合上、2016年6月9日(木)までに下記アドレスまでご一報下さい。  

    b071429k(a)r.hit-u.ac.jp  (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

当日の報告部分を中継し、YouTubeに録画をアップする予定です。

https://www.youtube.com/user/labornowvideo/

社会運動ユニオニズム研究会のサイト

http://socialmovementunionism.blogspot.jp/