Hatena::ブログ(Diary)

社会政策学会 研究会情報

2016-05-31

日本大学法学部政経研究所研究会

18:47

日時:2016年7月2日(土)13時00分〜17時20分

場所:日本大学法学部 本館2階 124講堂

   http://www.law.nihon-u.ac.jp/access.html

プログラム:

13:00〜14:30 

田村哲樹先生(名古屋大学大学院法学研究科・教授)

ソーシャル・キャピタルと熟議民主主義』

14:40〜16:10  

岡田順太先生(白鴎大学法科大学院副院長・教授)

『関係性の憲法理論―結社の自由と社会関係資本

16:20〜17:20  

須田光郎先生(東京都庁)

『社会関係資本の計測―時間を代理変数とした検証』

参加費:無料

事前登録:inaba.yoji[at]nihon-u.ac.jp

(送信時には,[at]を@に変更してください)まで

お名前,ご所属をご連絡ください。

本研究会は,日本大学法学部政経研究所の助成を得て実施いたします。

2016-05-25 2016年7月30日 第104回SPSN研究会

日時:2016年7月30日(土)13:00〜17:00

会場:日本女子大学目白キャンパス百年館5階504会議室

https://www.jwu.ac.jp/content/files/grp/access/access_map_mejiro.pdf

https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html#anchor_01

第1報告(書評セッション)

森川美絵『介護はいかにして「労働」となったのか――制度としての承認と評価のメカニズム』2015年、ミネルヴァ書房.

評者:山根純佳(実践女子大学

    深田耕一郎(女子栄養大学

リプライ:森川美絵(国立保健医療科学院)

第2報告

「『配慮の合理性』とテクノロジー――障害者の字幕とメディアの利用から」

報告者:柴田邦臣(津田塾大学

討論者:圷洋一(日本女子大学)

2016-05-17

2016日6月18日  社会労働研究会

11:09

日時:2016年6月18日(土)14:00〜17:00

会場:大阪ガーデンパレス 4階(06-6396-6211)

報告者:

(1)陸光杰(大阪市立大学院生)

「求職者向け公的職業訓練の訓練の質による効果

  ―賃金の向上および中長期効果に注目して」

(2)深見佳代(京都大学

「スウェーデンの医療制度に含まれる人的範囲」

問い合わせ先:松山東雲女子大学宮地克典(kmiyachi@shinonome.ac.jp)まで。

なお、参加費、事前申し込みは不要です。直接会場までお越し下さい。

2016-05-16

2016年6月10日第62回社会運動ユニオニズム研究会「労働の『プレカリ化』をくいとめる:米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動の事例から」

20:11

日 時:2016年6月10日(金)18:30 — 21:00

場 所:連合会館402会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)

地 図 http://rengokaikan.jp/access/

テーマ:労働の「プレカリ化」をくいとめる:米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動の事例から

報 告:

(1)米国の社会運動ユニオニズムと最低賃金引き上げ運動:高須裕彦さん(一橋大学)、青野恵美子さん(明治大学

(2)米国ベイエリアの最低賃金引き上げ運動〜コミュニティとの連携:小谷幸さん(日本大学)

主 催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

    明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

参加申込み・問い合わせ先:参加希望者は資料準備の都合上、2016年6月9日(木)までに下記アドレスまでご一報下さい。  

    b071429k(a)r.hit-u.ac.jp  (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

当日の報告部分を中継し、YouTubeに録画をアップする予定です。

https://www.youtube.com/user/labornowvideo/

社会運動ユニオニズム研究会のサイト

http://socialmovementunionism.blogspot.jp/

2016-05-06

2016年6月5日労働教育研究会「厚生労働省の進める学生アルバイト対策と高校・大学における労働教育」

08:42

第20回労働教育研究会

日時:2016年6月5日(日)14:00-17:00

場所:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン9階309F教室

地図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

主報告:厚生労働省の進める学生アルバイト対策と高校・大学における労働教育

 水畑順作さん(厚生労働省労働基準局労働条件政策課労働条件確保改善対策室長、ライフデザイン教育研究会代表、未来市場創造会教育分科会お世話役、兵庫県丹波市地域教育フォーラム・サポーター)

サブ報告:ワークルール教育と推進法制定運動

 小島周一さん(弁護士・日本労働弁護団幹事、ワークルール教育推進法プロジェクトチーム)

共催:明治大学労働教育メディア研究センター

 一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

参加受付・問い合わせ先:参加希望者は6月2日までに下記事務局アドレスまでご一報下さい。

     b071429k(at)r.hit-u.ac.jp (at)を@に置き換えて送信下さい。

労働教育研究会のウェブサイト

http://labor-education.blogspot.jp/

2016年5月14日社会運動ユニオニズム研究会「連合運動の10年」

08:40

第61回社会運動ユニオニズム研究会:戦後70周年企画の第7弾

日 時:2016年5月14日(土)13:30 — 17:00

場 所:明治大学駿河台キャンパス・リバティータワー8階1085室

地 図 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

テーマ:連合運動の10年

報 告:古賀伸明さん[連合(日本労働組合総連合会)前会長]

主 催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

    明治大学労働教育メディア研究センター、Labor Now

参加申込み・問合せ:資料準備の都合上、2016年5月12日(木)までに下記アドレスまでご一報下さい。  

    b071429k(a)r.hit-u.ac.jp  (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

社会運動ユニオニズム研究会のサイト

http://socialmovementunionism.blogspot.jp/

2016-05-04

2016年5月28日(土) シンポジウム『日本資本主義の大転換』

14:44

日時 2016年5月28日(土) 15:00-17:00

会場 立教大学 池袋キャンパス 16号館第1会議室

※会場はポールラッシュアスレティックセンター(体育施設)脇の建物です。

正門側とは道を挟んだ反対側の校地ですのでご注意ください。

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/


講演 セバスチャン・ルシュヴァリエ

EHESS(フランス国立社会科学高等研究院)教授(日本経済学)

EHESS Paris日仏財団(http://ffj.ehess.fr/)創設

モデレーター 新川敏光京都大学

討論     岡本英男(東京経済大学

(使用言語、主に英語)

資料準備等のため、御参加希望の方は事前に以下に御連絡下さい。

<info@seikatsuken.or.jp>

共催

(一社)生活経済政策研究所

科学研究費基盤研究B「民主主義活性化のための政治理論と実証研究の共生成的政治学の研究」(研究代表者・小川有美)

立教大学平和・コミュニティ研究機構

2016-04-26

2016年5月28日(土) 研究会 「職場の人権」

10:48

日時 2016年5月28日(土) 13:30〜16:30

会場 エルおおさか(大阪府立労働センター)701号室

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

「学校から職場への移行」の何が問題か :

<ハマータウン>からの40年

報告者:山田 潤さん(元定時制高校教員) 

コメンテーター:熊沢 誠 さん(研究会「職場の人権」顧問) 

   

会費:500円(会員は無料です)

問い合わせ先 研究会「職場の人権」jinken@jp.bigplanet.com 

なお、事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

詳しくは、http://homepage2.nifty.com/jinkenをごらんください。

2016-04-13

2016年5月14日社会政策関連学会協議会シンポジウム 「地域の魅力を考えるーー仕事と暮らしを支える社会政策とはーー」

17:51

日 時:2016年5月14日(土曜日)午後2時〜6時

会 場:コラッセ福島5階研修室(福島駅西口そば)

        http://www.corasse.com/access

座 長: 野口定久(日本福祉大学

報告者:

1)井手英策(慶應義塾大学

  「人口縮減時代の地方財政〜オリンピック後の日本社会を念頭に〜」

2)丹波史紀(福島大学

  「原子力災害における地域再生と社会政策の課題」

3)福原宏幸(大阪市立大学

  「生活支援、社会的居場所、就労支援による多元的なまちづくり―大阪・箕面市での取り組みから―」

4)朝倉美江(金城学院大学

  「求められる『一億総活躍』と地域福祉の課題」

チラシ

http://jasps.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/fukushima.pdf

主 催:社会政策関連学会協議会

お問い合わせ先:大分大学経済学部阿部誠研究室

        097-554-7682  mabe@oita-u.ac.jp

2016-04-11

2016年5月〜12月社会福祉セミナー 「輪読−小山進次郎『生活保護法の解釈と運用』を読む」

10:42

日時:2016年5月〜12月の第1土曜日 (5/7, 6/4, 7/2, 8/6, 10/1, 11/5, 12/3)  

   14:00〜17:00

会場:立教大学池袋キャンパス 本館(1号館)1103教室(6月4日のみ1204教室)

URLはこちら→ http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

講師:菅沼隆(立教大学社会福祉研究所所長、立教大学経済学部教授)

対象:社会福祉専門職、民間支援団体関係者、研究者、大学院生、教職員

   定員15名

申込締切:2016年4月22日(金)17時まで

申込方法に関しては問合せのURLをご覧ください。

受講料:10,000円(全7回分、テキスト代を含む)

問合わせ・申込先:立教大学 社会福祉研究所

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

Tel:03-3985-2663 Fax:03-3985-0279 E-mail : r-fukushi@rikkyo.ac.jp

URL : http://www.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/ISW/index.html

2016-04-01

2016年4月25日 大原社会政策研究会(第21回)

09:15

【日時】 2016年4月25日(月)15:20〜17:20

【場所】 法政大学多摩キャンパス EGG DOME 5階  研修室1・2

【報告者】 原田 玄機 (一橋大学院 社会学研究科 博士後期課程 )

【報告テーマ】 知的障害者処遇の特徴として就労指向――入所施設と作業の検討を通して


【交通アクセス・チラシ】 http://oisr-org.ws.hosei.ac.jp/wp/wp-content/uploads/shakaiseisaku20160425.pdf

※準備の都合上、ご参加いただける方は、チラシ記載の事務局までご一報ください。