Hatena::ブログ(Diary)

社会政策学会 研究会情報

2018-08-06

2018年9月 首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター主催   子どもの貧困研究のフロンティア定例学術研究会のお知らせ

18:09

<第4回>2018年9月19日(水) 18:00~20:00 飯田橋キャンパス

1)報告者:可知悠子(北里大学医学部公衆衛生学 講師)

報告タイトル:「親の社会経済状況が乳幼児の1歳半までの体重増加不良に及ぼす影響」

2)報告者:加藤承彦(国立成育医療研究センター社会医学研究部 室長)

報告タイトル:「3歳以上で保育園・幼稚園に入園していない子どもの社会・身体的背景要因の分析」

 

<第5回(国際)>2018年9月24日(月・祝) 13:00~15:00 秋葉原キャンパス

1)報告者: Dr. Yuvisthi Naidoo (University of New South Wales, Australia)

報告タイトル:“Child Poverty in Australia: Examining the Impact of Different Approaches and Measures(仮題)”

2)報告者:Dr. Maggie Lau (Lingnan University(嶺南大学), Hong Kong)

報告タイトル:” Material well-being, quality of relationships and problem behaviours of Hong Kong children(仮題)”

※事前申し込み制

詳しくは

https://www.tmu-beyond.tokyo/child-and-adolescent-poverty/

をご覧ください。

※お問い合わせ先:

首都大学東京 人文社会学部 阿部彩研究室  abeken@tmu.ac.jp

       子ども・若者貧困研究センター kodomo@tmu.ac.jp