Hatena::ブログ(Diary)

stacked tip that high

2018-04-21

ER図の記法3選

ER図(実体関連図:Entity-relationship Diagram)は、主にデータベースを扱う際に、データモデルを表現するのに使用します。
ER図の記法はいくつかあるのですが、ここでは、メジャーな3つを紹介します。

後で述べますが、同じER図を描くのに、それぞれの分野で別々の記法を使用しているため、実はこの2つの記法は同じことを示していた(描き方が違うだけ)ということに気付かないことがあります(私がそうでした)。

バックマン線図

1969年にバックマン(C. W. Bachman)が発表した記法*1
線・矢印を使ったシンプルな記法であり、情報処理技術者試験応用情報技術者試験等)ではこの記法が使われています。
f:id:stacked-tip:20180421162130p:image
シンプルであることは欠点でもあり、他の2つの比較して、ぱっと見た時の意味が分からないのが、バックマン線図の欠点です。原著では下図に対して、
f:id:stacked-tip:20180421162825p:image:w500

The direction of the arrow is read to mean that each employee is a member of a set of employees that belong to a particular department, and further, that each department has such a set of employees.

とあるだけで、ここに矢印を導入した理由や妥当性には触れていません。
基本的には「そういうものだ」と覚えるしかないのです。

Crow's Foot (カラスの足)記法

1980年代に、コンサルティングファームCACIにてバーカー(R. Barker)が考案した記法(バーカーはのちにオラクル入社し、RDBMSソフトを開発)。
見た目が分かりやすいので、ER図の実践的教育の場面で良く使用されますが、表現できる内容が少ないので、複雑な関係性を表記する際には、この記法はあまり使われません。
f:id:stacked-tip:20180421170358p:image

クラス図(UML

UML(統一モデリング言語:Unified Modeling Language)は、オブジェクト指向分析・設計の際に使用される記法群です。UMLの中に色々な記法が含まれており、クラス図はその中のひとつです。
f:id:stacked-tip:20180421172231p:image
多重度が数字で表記されるのでわかりやすく、また、それ以外の様々な情報を表現することができます。しかし、ER図としては機能が過剰であるので、ER図として用いられることはあまりありません。

図の転載元

  1. 平成30年度 春期 応用情報技術者試験 午後 問題
  2. Data structure diagrams
  3. The Details of Conceptual Modelling Notations are Important - A Comparison of Relationship Normative Language
  4. UML Class Diagram - explanation & concepts

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stacked-tip/20180421/1524293900