Hatena::ブログ(Diary)

ブロンズブログ

2018-05-18

【あべ弘士さんのサイン入り色紙をプレゼント!】『クマと少年』感想募集キャンペーン

15:32

f:id:staffroom:20180514182806j:image

あべ弘士さんの最新絵本『クマと少年』が5月17日に発売となりました。

今回発売を記念して、『クマと少年』の感想をTwitterで募集します。

感想を書いてくださったかたの中から、

抽選で5名様にあべ弘士さん直筆のサイン色紙をプレゼント!

ご応募お待ちしております!




◎応募方法

(1) ブロンズ新社のTwitterアカウント

@BronzeShinsha)をフォローして下さい。

(2)「 #クマと少年 」のタグをつけて、ご自身のアカウントから感想をご投稿ください。

*タグをつけるときは、タグの前後の半角空きを入力をお忘れなく!


◎応募締切

2018年8月31日(金)


・ご応募いただいた感想は、ブロンズ新社のTwitterアカウントでご紹介(リツイート)させていただく場合がございます。

また、当落の有無にかかわらず、弊社の宣伝物、イベントなどで掲載・展示する場合がございます。

あらかじめご了承のうえ、ご応募ください。

・当選の発表は、色紙の発送(9月上旬予定)をもってかえさせていただきます。

・当選については、Twitterからダイレクトメールでご連絡いたします。

応募されたかたは、応募締切後しばらくはフォローを外されないようご注意ください。

2018-05-01

手づくりツリーハウス「おちゃのじかん」(山梨県韮崎市)

11:05

素敵なツリーハウス完成!


山梨県韮崎市穴山町に素敵なツリーハウスが完成しました。

作られたのは、カフェ「おちゃのじかん」を経営する清水俊弘さん。

昨年末から少しずつ作業を進めて、3月はじめにツリーハウスが完成しました。

基になっている欅には一本も釘を打たずに作られています。

広さ1畳ほどのツリーハウスですが、風通しが良く、

南アルプスを眺めながらお茶飲んだり、本読んだりなどなど

いろいろに楽しめる夢のツリーハウスです。

カフェの庭にはツリーハウスの他にも地元産の木材で作られたガゼボなど

面白い仕掛けがいっぱい。

子ども達もたくさん訪れて、ツリーハウスに登ったり、

降りたりして楽しそうに遊んでいます。

でも、風の強い日は船酔いになってしまうこともあるのだとか。

気持ちの良い季節になってきました。ツリーハウスへ遊びに行ってみませんか。


「おちゃのじかん」 山梨県韮崎市穴山町7063-1


f:id:staffroom:20180425164715j:image 

f:id:staffroom:20180425164712j:image

f:id:staffroom:20180425164751j:image 

f:id:staffroom:20180425164747j:image


f:id:staffroom:20180418130219j:image

本の購入を検討する方はこちら


(国際部 高野)

2018-04-24

ツリーハウスカフェ「レ・グラン・ザルブル」(広尾)

10:10

桜も散り、若い緑にあふれる季節です。

ブロンズ新社の4月刊『ツリーハウスがほしいなら』が発売になりました。

楽しんでいただけたでしょうか?


絵本を読んだあとに自分だけのツリーハウスを想像するのも楽しいですが、

やはり一度は実物を見てみたい! と思うもの。

でも、どこに行ったら見られるのでしょうか……?

そんな希望を叶えてくれるカフェがあるとのことで、

営業のSさんとのんびり探検に出かけてきました。


カフェの名前は「レ・グラン・ザルブル」。

フランス語で「おおきな木」という意味です。すてきなお名前ですね。


場所は、東京メトロ日比谷線の広尾駅から徒歩1分という好立地。

そんな都会の真ん中に、本当にツリーハウスがあるのかな? と

半信半疑で地下鉄の階段をのぼり、大通りの角をひとつ曲がると……


まるで絵本の中から出てきたような、

緑あふれるうつくしい外観の建物がありました!

f:id:staffroom:20180418145947j:image

ツリーハウスカフェ「レ・グラン・ザルブル」外観。


建物の前に立つおおきな木と、

とんがり屋根のかわいらしいツリーハウスが目を惹きます。

f:id:staffroom:20180418150046j:image

近づいてみると、ツリーハウスに続く階段がありました。


こちらのツリーハウスは、なんと実際にのぼってみることができるのです。

写真にある階段は急で危ないかな? と心配な方もだいじょうぶ。

奥の建物の2階からツリーハウスの入り口に行くことができます。


f:id:staffroom:20180418150201j:image

奥の建物の階段からたどりついた、ツリーハウスの入り口がこちら。

絵本『ツリーハウスがほしいなら』と記念撮影させていただきました。

とてもしっくりきますね。


気になるツリーハウスからの眺めは、行ってからのおたのしみ。

実際にツリーハウスに入ってみると、

まさに子どもの頃に憧れた秘密基地にいる気分!

こもれびの眩しさや、葉っぱをゆらす風も、いつもよりもぐっと

身に迫るようです。



カフェ「レ・グラン・ザルブル」は、建物の3階部分。

お食事もおやつもメニューが充実しています。

大きな窓からは太陽の光と木々の緑が溢れて、とても和やかな雰囲気です。


1〜2階は、「フルール・ユニヴェセール」というお花屋さん。

色々な種類のお花を取り揃えていて、お部屋に飾りたくなりました。


実際のツリーハウスを見たあとに、

自分だったらどんなツリーハウスにしよう、と想像をさらにふくらませるのも楽しいはず。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。



Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)

住所 東京都港区南麻布5-15-11 3階・屋上

営業 【月〜土曜】10:00~20:00

   【日曜・祝日】10:00〜18:00

TEL 03-5791-1212

アクセス 東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩1分

http://fleur-universelle.com/cafe/index.html



f:id:staffroom:20180418130219j:image

本の購入を検討する方はこちら



(編集部 三浦)