ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ブロンズブログ

2017-08-18

天女絵本第2弾『天女かあさん』がいよいよ発売です !  その1

15:19

『天女銭湯』が大人気

f:id:staffroom:20170815105937j:image

韓国で人気No.1の絵本作家といえば、ペク・ヒナさん。

ヤクルトを飲む裸の天女さまの表紙『天女銭湯』は、インパクト大です。

2016年8月発売と同時に、全国の書店員さんたちの間で話題になり、

各地の書店店頭で、ものすごくたくさんの特別ディスプレイが設けられました。

ここで、その愛にあふれた展示のいくつかをお目にかけましょう。


f:id:staffroom:20170815174510j:image

f:id:staffroom:20170815174624j:image

f:id:staffroom:20170815174231j:image

天女のイメージを大きくつがえす表紙人形に、

「なんじゃこれは?」と、書店で目が釘づけになった人も多いはず。

ノスタルジックな銭湯を舞台に、少女ドッチと羽衣をなくした天女さまのやりとりは、ほのぼのと心が温まります。

読後は、ほっこり湯上がり気分。

おかげさまで、1年で3刷の人気絵本になりました !




天女さまの手もかりたい

f:id:staffroom:20170815111706j:image


さて、ペク・ヒナさんの新刊『天女かあさん』は、

大雨の日に、息子ホホが熱を出して、学校から帰されたと

電話が入るところから、物語ははじまります。

f:id:staffroom:20170815174656j:image


すぐにも駆けつけて看病してやりたいのに、

仕事中のママは職場を離れるわけにはいきません。

助けをもとめてあちこちに電話するうち、

混線してつながった先は、なぜか天女さま。

f:id:staffroom:20170815174729j:image


母親のSOSを聞いて、

「こどもが びょうきでは しょうがない。

けったいやけど かあさんに なったげるしかないな」と 

天女さまは空からおりていくことにします。

f:id:staffroom:20170815174749j:image




すみずみに仕掛けられた人形の楽しみ

「いたずら人形作家」を自称するペク・ヒナさんは、

スカルピー粘土を焼いて着色し、何体もの人形の顔をつくりました。

ソウルの街を写真に撮って背景にしたり、

親子の住む部屋、家具、台所用品など、ミニチュアサイズのセットを

すべて手づくりし、人形をおいて撮影しました。

壁にはホホが描いた絵、赤ちゃんのときの額入り写真、

冷蔵庫にカレンダー、花柄の湯沸かしポットなど、

室内の隅々にまでに生活感がにじみ出て、

ペク・ヒナさんのディテールへのこだわりと、

親子の暮らしへのあたたかなまなざしが感じられます。

f:id:staffroom:20170815174953p:image

f:id:staffroom:20170815175235j:image

f:id:staffroom:20170815175025j:image

ホホママのぽっこりおなかもほほえましく、

おやおや、この空気感、どこかで感じたことがあるなと思うのは、

私だけではないでしょう。



ほっこりなごむ大阪言葉

そうです。長谷川義史さんの描く絵本にも、

ペク・ヒナさんと同様の、ゆるやかな暮らしがあたたかく描かれていて、

この2人は「魂の兄妹/ソウル・メイト」では、と思ってしまうのです。

ペク・ヒナさんの世界観を見事な大阪言葉に置きかえた長谷川さん。

日本語に堪能なペク・ヒナさんのお父さんが絶賛したという、

長谷川画伯による翻訳をお楽しみください。

f:id:staffroom:20170815114043j:image




天女さまはお天気を采配する空の神さま?

スミを落として、ソウルに大雨を降らせたかと思うと、

タマゴをスープに溶いて霧をたちこめさせたり、

目玉焼きでお日さまを出して気温を上げたり、

タマゴの白味を牛乳に溶いて雲をつくり雨を降らせる。

天女さまがお天気の左右する仕事をしていることがうかがえ、

見返しにずらりと並んだタマゴの意味が、

読後にわかるというにくい仕掛けです。

f:id:staffroom:20170815175129j:image


ディテールのつくり込みに迫力が増した新作、ペク・ヒナさんの人形絵本を

長谷川義史さんの名訳でお楽しみください。

2017-08-17

ヨシタケさん新刊絵本制作ブログ:その1 寄藤文平さんとヨシタケさん

| 17:21

ヨシタケさん新刊絵本制作ブログ:その1

毎日あつい日がつづきますね。

各々が好きな時期に夏休みをとるブロンズ新社では、

旅から帰ってきた人や、これから旅立つ人がちらほら。

ふだんと変わらず働いてはいるのですが、

どことなくバカンスムードが漂う社内は、悪くない感じです。

あつい時こそ、日常から離れて、

ぼんやりしなくてはいけませんね。


さて、今日は10月の新刊絵本の制作裏についてです。

10月の新刊は、子どもから大人まで、

絶大な人気を誇る、ヨシタケシンスケさん。


今回の本は、スキンシップをテーマにした幼年向け絵本です。

「ヨシタケ至上、いちばんシンプルで読みやすい」を合言葉に、

たのしくて気持ちのいい絵本を目指して、現在絶賛制作中です。


先日、この絵本の装丁・デザインを担当して下さる、

寄藤文平さんの事務所へ、

伺ってきました。

f:id:staffroom:20170817170548j:image

寄藤さんとヨシタケさん、同い年で、作家、

イラストレーターと、共通点の多いおふたり。


絵本の意図や、イメージなどをお伝えし、

デザインや色のイメージをふくらませていきます。

装丁やデザインは、絵本の顔を決める大事な大事な要素ですので、

名医に駆け込む患者のごとく、こちらの思いを切々と語ります。

千冊近い本の装丁を手がけ、ブックデザイナーとしても名高い

寄藤さんは、「うん、うん」と、穏やかに優しく、

患者(編集者)の訴えをきいて下さる方でした。


個人的な印象ですが、

エディトリアルデザイナーや、装丁家の方は、

どことなく、カウンセラー感、主治医っぽさがある方が

多いような気がします。


f:id:staffroom:20170817170853j:image

ヨシタケさんの絵本の最終ラフ。

鉛筆の下書きスケッチならではの、やわらかく、やさしいタッチ。


どうですか! かわいいでしょう!

(これだけじゃ、よくわかりませんかね)。

今回の絵本は、読者の触感に訴えかける、

生理的な気もちよさが満載の絵本。読むたびに癒されます。

編集者の役得で、本になる前の下書きを、

4才のわが子に読み聞かせて遊びましたが、

きゃっころ、きゃっころ、笑いころげる子どもとともに、

まあ、なんとも、至福のときが過ごせます。


f:id:staffroom:20170817171127j:image

子どもをこの生地に見立て、スキンシップしまくりで読み聞かせ。


打ち合わせが終わると、

寄藤さんの最近のお仕事の原画を見せて下さいました。

福島県の総合情報誌「ふくしままっぷ」

巨大な一枚絵の原画。


f:id:staffroom:20170817171203j:image

大きな紙にシャープペンシルで、直接描き込まれた原寸の緻密な原画。

・・・ため息。

f:id:staffroom:20170817171948j:image

下絵に色がついたもの。

完成版は、福島県のホームページでダウンロードできます。


眺めても眺めても見飽きないつくりは、

マニアックな集中力を誇る子どもたちには、たまらないでしょうね。

私もじいっと読み込んでしまいました。

英語バージョンもあり、ふたつ並べて対訳で見ていくのも愉快です。


ヨシタケさんと寄藤さんの会話は尽きず、

ふたりでとっても楽しそうに、おしゃべりをしつづけています。

耳をそばだてているだけで、

「ああ、これ、あと数時間は余裕でいける会話ね」と、いう感じ。

面白い雑談って、ほんとうに

永遠に話し続けていられるような気持ちになりますよね。


わたしがいちばん面白かったのは、 AIの話。

8割の正答率で小説がベストセラーになるかならないかがわかる

AIの話を書いて話題騒然だという

ベストセラーコード』の話などから端を発して。


「つまり、8割当たるってことは、

そこまでのメジャーなベストセラーをつくるのはそんなに難しくないわけだけど、

それを9割、10割まで上げていく時には、きっと波のゆらぎとか、

天候とかいろんな要素が必要になってくるってことですよ!」と、盛り上がるおふたり。

で、そこにアルゴリズムなどでは御しきれない、

人間の奇妙な行動が関わってくるんでしょうね、と。


わたしは未だに FAXのしくみとかがよくわからずに、

「すごいよねぇ」とか思っている古人間なので、

人智を超えた AIなどには、本能的な恐怖を感じるおびえ系なのですが、

寄藤さんの

「まあ、これからぼくたち人間は、 人工知能たちが理解しきれない不可解な行動をする、

謎の因子、になっていくんじゃないかな」という言葉に爆笑してしまって、

そうか! これからわたしは、謎因子として生きてゆけばいいのだ、と、

なんだか肩の力が抜けたのでした。のんきな感想ではありますが。


満足ゆくまで楽しいお話をした帰り道、ヨシタケさんが、

「すごい人や憧れの人と、こんな風におはなしできる時間が、

この仕事をしている人間にとってのいちばんのご褒美ですよね」と、

しみじみ話されていて、ほんとにそうだな、と、思いました。


面白い話をしたり、きいたりしている人の表情は、

わかりやすくきらめいて、目に光が宿りますね。

面白い雑談はすばらしい。

なんだかよくわからない内容になってしまいましたが、

これはこれ、それはそれで、

みなさま、寄藤文平さんがデザインを手がける、

ヨシタケシンスケさんの新刊絵本『こねてのばして』、

どうぞたのしみにお待ちください!


(編集部・沖本)

2017-07-28

くまのがっこうサイン会のお知らせ

| 16:24


今年誕生15周年をむかえ、原画展映画など、

なにかと話題に事欠かない「くまのがっこう」。

サイン会やイベントにも参加されたかたは多いのではないでしょうか?

それらイベントに行きそびれてしまったという皆さまに、朗報です!


f:id:staffroom:20170728161909j:image


今年8月27日(日)に、紀伊國屋書店玉川高島屋店さまにてサイン会を実施します。

詳細は以下になります。


◎日程 8/27(日)15:00〜

◎場所 紀伊國屋書店玉川高島屋店 CURIO FACTORY

◎サイン会対象書籍 ブロンズ新社刊『くまのがっこう』シリーズ全15点

※ファーストブックシリーズは除く

◎整理券受付開始 7/28(金)10:00〜 

TELまたは、レジカウンターにて先着80枚

◎受付TEL 03-3709-2091


また当日13:30より、同会場にジャッキーの着ぐるみがやってきます!


夏のおでかけに、ぜひお越しください!