Hatena::ブログ(Diary)

ブロンズブログ

2018-06-26

8月新刊『あめだま』試し読み&感想 大募集!

10:35


f:id:staffroom:20180626102327j:image

韓国人気NO.1作家であるペク・ヒナさんの新刊『あめだま』の

発売前のゲラを読んで、作品を応援してくださる書店員さまを大募集します!


天女銭湯』『天女かあさん』では、精緻でありながらインパクトのある人形を、

自ら製作・撮影して絵本にするという独特の技法と、心温まるストーリーで、

日本国内でも人気を博しているペク・ヒナさん。

『天女銭湯』『天女かあさん』メイキングムービー


韓国では、発売から1年で10万部を超えるヒットとなった『あめだま』が、

8月にいよいよ弊社より発売となります。

2018年には、国際児童図書評議会(IBBY)より、IBBY オナーリストを授与されました。

これは、自国に留まらず、世界に広めたい優れた作品に対し表彰されるものです。

人形たちの表情やセット、小道具、そして撮影ではライティングに至るまで、

こだわりぬいた圧巻の作品です。

葉っぱ1枚1枚まで作りこんだ美しい情景には鳥肌が立ちました。

f:id:staffroom:20180626102549j:image

ペク・ヒナさん


そして何より、『あめだま』最大の魅力は、絵本の王道ともいうべきストーリーにあります。

物語の冒頭では少し寂し気な様子の少年ドンドン。

しかし、その世界には優しさが溢れており、読み終わった後には、

子どもも大人も勇気が貰えるような、素晴らしい作品です。

『天女かあさん』出版後にアイディアが閃いたという本作では、ラフを書きながら、

著者自身、2度、3度大泣きしたそうです。


そこに、『天女銭湯』『天女かあさん』以来、

3度目のタッグとなる長谷川義史さんが、関西弁のあたたかい訳と、

味わいのある手描き文字で参加してくださいました。


さて、前置きが長くなりましたが、私はこの作品を、

1人でも多くの方に届けたいと思っています。

そのために書店の皆様のお力をお貸しいただきたく、発売前のゲラを読んで、

『あめだま』を応援してくださる書店員さまを大募集します!



【ゲラお申込み方法】

下記項目をご明記いただき、ブロンズ新社営業部までメール(webmaster@bronze.co.jp)にてご連絡くださいませ。

郵送にて、『あめだま』のゲラをお送りさせていただきます。

・書店名

・ご担当者様名

・電話番号

・書店ご住所

ぜひご一読の上、感想をお寄せ下さい!

お申込み締切:7月20日(金)


【お礼】

お申込みいただいた書店様には、優先的に拡材をご提供致します。

また、ブロンズ新社メッセージカードセットをプレゼント!販促にぜひご活用くださいませ。

f:id:staffroom:20180626103058j:image


【ご注意】

・お送りいただいた感想は、一部抜粋・編集し、web並びに書店店頭での拡材に使用させていただく場合がございます。

・お送りするゲラは、発売される書籍と一部内容に変更・修正が入る場合がございます。

また、無断複製(転用・転載)はご遠慮いただいております。

・今回の募集は、書店に限定させていただきます。一般の方はお申込みいただけませんので、ご了承くださいませ。


(営業部 橋本)

2018-06-21

みやこしあきこさんの絵本、進行中です。

12:30


しとしと雨の昨日、都内にある版画工房へ出かけてきました。

みやこしあきこさんが、新刊絵本のリトグラフを制作しているところを

見せてもらいに行ったのです。

リトグラフと銅版画を刷ることのできる、

ちいさな版画工房に満ちていたのは、穏やかで静謐な空気。


工房で制作中の各人がこつこつと、自分の世界を

1枚の作品におとこしんでいく集中力が独特の緊張感を生み、

見学者のわたしの背筋も自然と伸びます。


f:id:staffroom:20180621111801j:image


邪魔にならないよう、制作風景を見学させていただきましたが、

みやこしさんの真剣な表情のすてきなこと。


ものをつくる人の真剣な表情をみていると、

自分の心のなかにあるものを、形にうつしとること、

ただそれだけに全神経を凝らす時間の、密度の濃さと豊かさが窺えます。

そのときに立ち上ってくる気配は、

いい書物に出会い、ぐっと集中して読むときに、

からだをつつむ、あの空気にも少し似ています。



f:id:staffroom:20180621111814j:image


f:id:staffroom:20180621112013j:image


みやこしさんの絵は、やさしく、静かなのだけれど、吸引力の強い絵で、

絵の前に立つ人を、ここではない別のどこかに引き込んでくれる力に満ちています。

ほんものの小説や、まがいものでないファンタジーに出会ったときに

体感できる、あの感覚を呼び起こしてくれる絵。

そういうのって、そんなにたくさん見つからないと思います。


f:id:staffroom:20180621111957j:image



ナルニア国物語はてしない物語、春の窓、たのしい川べ、プラテーロ・・・

時間がたっぷりあった子ども時代、それこそからだごとおはなしの中に入りこみ、

現実と本の世界の境界が完全になくなる状態で物語に埋没したあの幸福な感覚と、

みやこしさんの絵はどこか地続きのようで、

わたしは見るたびに、「魔法がかった絵」と思ってしまいます。

宮越さんの絵が、日本だけでなく海外でも評価が高いのも、なるほどと頷けます。


f:id:staffroom:20180621111916j:image


11月刊行予定の新作絵本のテーマは「旅」。

旅好きで、世界のあちこちを訪れているみやこしさんが、

長年ずっとあたためてきたテーマが、

こちらの版画工房で、ゆっくり絵本になりはじめています。


直近の新刊ではないのですが、

制作中の雰囲気をお伝えしたくて、ブログにしました。


どうぞみなさま、本ができるのを楽しみにお待ちくださいね。


(編集部・沖本 写真・佐古)

2018-06-14

〈募集〉第7回 ブロンズ新社書店大賞

15:32


f:id:staffroom:20180614152526j:image



書店のみなさまへ

昨年は、ブロンズ新社書店大賞にたくさんご応募いただき、ありがとうございました。

今年も児童書を愛し、出版界を盛り上げている書店さんを応援します。

ふるってご応募ください!


◇ラブレター部門 【NEW】

今回新しく設けられた部門です。

小社から出版されている作品やその作家へラブレターを書いてみませんか?

初めて出会った時のときめきや、忘れられない絵や言葉。

心に秘めた思いを200〜300字以内でお書きください。

※複数応募可

※小社の絵本とその作家宛に限ります


◇ディスプレイ部門

2018年に店頭で展開されたディスプレイ写真をお送りください。

小社の絵本が1タイトルでも入っていれば、どんなフェアでもOK!

ご使用の拡材は、オリジナル作品・版元製作物を問いません。

※複数応募可


◇ベストPOP部門

限られた時間とスペースの中で、キラリと光るPOPがある!

2018年に作成、展開されたPOP写真をお送りください。

ひとひねりある、あなた自身の言葉をお待ちしております!

※複数応募可

※小社の絵本のPOPに限ります


◇パッション部門 大賞

児童書業界・出版業界で、情熱を持って独自の活動されている方を、

紹介&表彰させていただきます。

「こんな人いますよ」「こんな活動がありますよ」とお気軽にご応募ください。




◎賞 品◎

各部門、グランプリの方々を1泊2日の東京旅行にご招待!

ブロンズ新社での表彰式と、作家さんを交えての祝賀パーティ

絵本作家と行く! 本づくりの現場・製本所見学+賞品

グランプリ以外に、各部門入賞の方々にも賞品をご用意しています。

また、ご応募いただいたみなさまには参加賞をお送りいたします。




◎応募方法◎

メール、または郵送にてご応募ください。

【メール】award@bronze.co.jp

【郵 送】〒150-0001

東京都渋谷区神宮前6-31-15-3B

ブロンズ新社「書店大賞」応募係


件名を「書店大賞応募係」とし、下記をご明記ください。

1.応募部門 2.貴店名 3.ご担当者名 4.コメント 5.ご連絡先 

6.パッション部門のみ 活動グループ名などの詳細

※1メール1作品で、期間中何度でもご応募いただけます。

※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

※ご応募いただく写真は、二次使用する可能性がございますので、

可能な限り明るく大きなサイズでの撮影をお願いいたします。

メールでの画像送付について、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。




◎応募締切◎

2019年1月7日(月)午前中必着




◎発 表◎

2019年1月下旬

厳正なる審査の結果、ブロンズ新社のブログおよびfacebookで発表いたします




◎お問い合わせ◎

ブロンズ新社・営業部

TEL: 03-3498-3272(平日10:00〜18:00)