ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ブロンズブログ

2016-09-20

『天女銭湯』をつくった、ペク・ヒナってどんな人? (2)

10:50

f:id:staffroom:20160913110923j:image

▲絵本『天女銭湯


「韓国の絵本が熱い ! 」と世界的に評価が高まるなかでも、

もっとも注目を集めているのがペク・ヒナさん。

デビュー作『ふわふわくもパン』は、2005年ボローニア国際ブックフェアで受賞し、

8言語に翻訳され、40万部を記録しました。

f:id:staffroom:20160920104224j:image

※日本語版は、小学館さんより刊行されています → CLICK!!


しかし、出版社との著作権問題から、ペク・ヒナさんの作品が

海外で紹介される道は長らく閉ざされていました。

ボローニアのブックフェアで、ブースを構えるブロンズのお隣は、韓国ブース。

ペク・ヒナさんの本を出しているBaer Booksと何度もミーティングを重ね、

数年越しに著作権契約にこぎつけました。

f:id:staffroom:20160920104305j:image

ブックフェアがはじまる前の、設営風景。

通りをはさんで、左がブロンズブース。右が韓国ブースです。

f:id:staffroom:20160920104304j:image f:id:staffroom:20160920104311j:image


いよいよ翻訳出版できるとなって、訳すのは誰だろう?と考えました。

ペク・ヒナさんの、懐かしくて、心にぐっと迫るこのあたたかな世界を

表現する訳者を、当初は女性を候補に考えていました。

あるとき、「日本にいるよ ! ソウルメイトが ! 」とひらめいたのが、この方でした!

f:id:staffroom:20160920104703j:image

長谷川義史さん!


原書をお送りすると、画伯は二つ返事でOK。

「韓国にこんな絵本作家がいたなんて、びっくりやわ〜」


韓国のエージェントに連絡すると、驚喜のメール。

「ペク・ヒナさんも、出版社の編集長も、みんなみんな、長谷川ファンなんですよ ! 」

f:id:staffroom:20160920124855j:image

ペク・ヒナさんのお父さまは日本語を解す方で、

長谷川訳をお送りすると、ペク・ヒナさんから絶賛の感想が届きました。

「韓国オリジナルよりも、素晴らしいニュアンスの言葉になりました ! 」


こうして、夢のコラボが実現したのでした。


▼絵本『天女銭湯』特設サイトはコチラ!

http://www.bronze.co.jp/tennyo_sento/index.html

メイキングビデオのほかに、

ペク・ヒナさん、長谷川さんのコメントもあります!


(若月)

2016-09-16

『ぼくのにゃんた』ができるまで その2

| 13:24

鈴木さんが発表している数々の作品の中で、

まず私が心うばわれたのは、ご自身のtwitter上に

数年前から淡々と投稿されていた「猫描き」シリーズ。

なにはなくとも、まあ、まずはご覧ください。


こんなのや…

f:id:staffroom:20160916132030j:image

にゃわん



こんなの。

f:id:staffroom:20160916132029j:image

ニャイパー



こんなのも!

f:id:staffroom:20160916132028j:image

にゃきそば


どうです。この可愛らしさ!

Twitter 上でも話題になっていて、わたしもひとめで即座に悩殺。

発表されていた猫描きは、100猫以上。心拍数が上がりました。

f:id:staffroom:20160916132027j:image

どれも珠玉の猫ばかり…


この可愛い猫たちをなんとか絵本にできないか、と、

早速、台割(絵本のページ構成のメモのようなもの)を、したためました。

f:id:staffroom:20160916132026j:image

これが台割。絵本の設計図です。


興奮して、私の編集キャリア至上、

最速で書き上げた台割ではないでしょうか。

にゃんたの可愛さは一瞬で、編集長から営業部、

アルバイトさんまでみなに伝わり、企画も即座に通りました。


いいものができる時は、こんな風に、

素早くタッタカ物事が決まっていくことが多くないですか?

善は急げ、とはよく言ったもの。

こうして台割を叩き台に、『ぼくのにゃんた』絵本づくりがはじまりました。


(編集部・沖本)

2016-09-15

絵本『すきになったら』サイン本情報!

12:06

f:id:staffroom:20160912150818j:image

いよいよ発売になった、絵本『すきになったら』。

著者のヒグチユウコさんに、サイン本をつくっていただきました!

下記の店舗でお取り扱いいただきますので、ぜひチェックしてみてください。

※9/23(金)18時00分現在の情報です


▼サイン本取り扱い店舗

コーチャンフォー 新川通り店

コーチャンフォー 美しが丘店

コーチャンフォー ミュンヘン大橋店

コーチャンフォー 旭川店

ジュンク堂書店 大宮高島屋店

ヴィレッジヴァンガード 渋谷宇田川

ヴィレッジヴァンガード 立川ルミネ

オリオン書房 ルミネ立川店

コーチャンフォー 若葉台店

くまざわ書店ランドマーク店

ヴィレッジヴァンガード イオンタウン富士南

ジュンク堂書店 京都店

ヴィレッジヴァンガード 新京極

ヴィレッジヴァンガード 梅田ロフト

TSUTAYA BOOK STORE ららぽーとEXPO CITY

ヴィレッジヴァンガード 三宮

ジュンク堂書店 三宮店

今井書店 グループセンター店

ヴィレッジヴァンガード イオンモール倉敷

フタバ図書TERA 広島府中店


▼下記の店舗では、サイン本は完売いたしました

紀伊國屋書店 新宿本店

ジュンク堂書店 福岡店

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

ヴィレッジヴァンガード 仙台ロフト

丸善 丸の内本店

青山ブックセンター 本店

ヴィレッジヴァンガード 下北沢

ブックファースト 新宿店

ヴィレッジヴァンガード 高円寺

三省堂池袋本店

ジュンク堂池袋本店

有隣堂 ルミネ横浜店

梅田 蔦屋書店

ブックハウス神保町

ブックファースト ルミネ町田店

金沢ビーンズ明文堂書店

丸善 京都本店

FUTABA+ 京都マルイ店

紀伊國屋書店 グランフロント大阪店

クレヨンハウス

紀伊國屋書店 横浜店

紀伊國屋書店 梅田本店

長崎書店 上通店

丸善 仙台アエル店

アセンス アメリカ村店

旭屋書店 天王寺MIO店

喜久屋書店 倉敷店

丸善 博多店

HMV&BOOKS TOKYO

MARUZEN &ジュンク堂書店 梅田店

オリオン書房 ノルテ店


▼絵本『すきになったら』書籍情報

http://www.bronze.co.jp/books/post-129/