ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ブロンズブログ

2016-11-04

★鈴木康広さんの原画が買えますよ★

20:22

NADiff×ブロンズ新社企画『ぼくのにゃんた』刊行記念フェアの目玉はなんといっても、

限定の描き下ろし原画販売!!各店2点ずつ、それぞれ違う絵柄です。

f:id:staffroom:20161104201059j:image

原画はこんな感じで、とってもかわいい!

定価32,000円+税。20日(日)までなので、お見逃しなく。


さて、店頭の様子を、少しずつご紹介しますね。

まずは、恵比寿にある本店NADiff a/p/a/r/t。

f:id:staffroom:20161104201100j:image


おなじく恵比寿にある東京都写真美術館のNADiff BAITEN。

f:id:staffroom:20161104201101j:image


渋谷のBunkamuraにあるNADiff modern。

f:id:staffroom:20161104201102j:image


初台・東京オペラシティアートギャラリーショップのgallery5。

f:id:staffroom:20161104201103j:image


東京以外にも、あります。

名古屋にある愛知芸術文化センターアートショップのNADiff aichi。

f:id:staffroom:20161104201104j:image


最後は、鈴木康広さんが個展をされたこともある、

水戸芸術館ミュージアムショップのContrepointです。

f:id:staffroom:20161104201105j:image


原画を購入できる、なかなかない機会です。

ぜひ店舗をまわって、お気に入りの作品をチェックしてみてくださいね!


-------------------------------------------

NADiff×ブロンズ新社 鈴木康広『ぼくのにゃんた』刊行記念イベント

限定の描き下ろし原画を展示・販売するほか、

特製「にゃんた缶バッチ」がもらえるスタンプラリーを開催。


【期間】2016年10月7日(金)〜11月20日(日)


【実施店】

NADiff a/p/a/r/t(恵比寿)、

NADiff modern (渋谷Bunkamura)、

gallery5(東京オペラシティアートギャラリーショップ)、

NADiff BAITEN(東京都写真美術館ミュージアムショップ)、

Contrepoint(水戸芸術館ミュージアムショップ)、

NADiff aichi(愛知芸術文化センターアートショップ)


【お問合せ】

NADiff a/p/a/r/t

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F

TEL. 03-3446-4977


★NADiffの詳細ページはコチラ → CLICK!!

2016-11-01

展覧会「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」開催のお知らせ

15:13

今年12月1日から、京駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接する美術館「えき」KYOTOにて、

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」がはじまります。


f:id:staffroom:20161101105238j:image


展覧会では、『てつぞうはね』の原画の一部も展示されます。

原画を通してミロコさんが描く生き物たちの息づかいやにおいを、ぜひ間近で感じて下さい。


おなじく12月上旬には、ミロコさん初のイラストエッセイ&マンガ『ねこまみれ帳』を刊行いたします。

くすっと笑えて、あたたかい気持ちになれる1冊です。あわせてご期待ください。

(詳細はこちらのページ下をご覧ください。本書は、展示会会場でもご購入いただけます。)


▼開催概要

会期:2016年12月1日(木)- 25日(日)

会場:美術館「えき」KYOTO

開館時間:10:00〜20:00(入館締切は閉館30分前)

休館日:会期中無休。

お問い合わせ:ジェイアール京都伊勢丹 TEL 075-352-1111(大代表)

2016-10-07

『ぼくのにゃんた』ができるまで その4

| 16:49

今回は『ぼくのにゃんた』装丁のおはなしです。

f:id:staffroom:20161007163857j:image


今回装丁を担当してくれたのは、社内デザイナーの伊藤。

鈴木さんの世界観や今回の絵本のコンセプトを理解して、

素晴らしい装丁を考えてくれました。


f:id:staffroom:20161007163859j:image


デザイナーの伊藤から装丁のコンセプトのコメントをもらいました。


「にゃぼんだま(しゃぼんだま)とか、ニャワー(シャワー)とか、

いつもなにかに変身して、主人公のそばにいてくれるにゃんたなので、

にゃんたが絵本自体に変身してくれたらおもしろいかも!と思って

この装丁をご提案しました。 絵本を開くと、"ぴくにゃーぶっく"に

なりきるにゃんたの姿が、よりはっきりわかりますよ。」


(編集部・沖本)