Hatena::ブログ(Diary)

日々の報告書 RSSフィード

2010-05-22

CentOSの固定バージョンを使い続ける設定

|  CentOSの固定バージョンを使い続ける設定を含むブックマーク

/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoを編集し、固定バージョンのパッケージリポジトリを参照する。

$ cd /etc/yum.repos.d
$ sudo cp CentOS-Base.repo CentOS-Base.repo.orig
$ sudo vi CentOS-Base.repo
  $releaseverを5.4等の固定バージョンにリプレース
  :%s/$releasever/5.4/g
$ cd /var/cache/yum
$ sudo rm -fr addons  base  extras  updates
$ sudo yum update

おそらくこの設定をすると、CentOSのバージョンが上がったときに標準のパッケージは一切更新されなくなり、セキュリティ上の問題が発生すると思われる。

CentOSはマイナーアップデートした場合、2つ前のバージョンのパッケージはミラーサーバから削除される。例えば、5.5が出たときには5.3のパッケージはミラーから消えている。古いバージョンのCentOSのパッケージを使い続けたい場合は、以下のURLCentOS-Base.repoに記述することになる。

http://vault.centos.org/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stakizawa/20100522/t1