Hatena::ブログ(Diary)

Stantsiya_Iriya

2018-07-18

客待ちなしで床屋でカットしました

f:id:stantsiya_iriya:20180718220722j:image
座間 前日 この日まで土用干しで、現在は水がまた入ってるそうです。

朝起きて速攻ストレッチをして、ラジオ体操に行き、その後、朝ごはんを食べずにスギナというか、ヒユをこいで回りました。で、十時過ぎに、じゅん散歩を見ながら(ラジオも壊れました)賞味期限切れまぢかのヤキソバ五食98円が二食も残ってしまったので、それとヒヤゴハンと牛の横隔膜を牛のアラという名前で売っていて100g78円といっけん安いのですが、実は油がすごく多く、油を入れなくても炒め物はこれだけあればおkで、出来上がると肉量はかなり目減りしています、という肉を入れ、ツルムラサキと玉ねぎと鷹の爪で炒めて食事にしました。明日は諸事情で普通の弁当を持ってかないつもりで、流水麺と薬味とめんつゆのペットボトルだけ持って行こうと思ってたのですが、ヤキソバが大量に出来上がったので、これを持って行きます。幼稚園の頃、弁当箱のフタを開けるとぜんぶスパゲッティナポリタンだったという記憶がトラウマになり、それであえてぜんぶ麺類の弁当を時おり作ってしまう人を知っていますが(私です)またやってしまったという感じです。

f:id:stantsiya_iriya:20180718104231j:image
2100日継続しました。うれしくないことは勿論ないですが、誰のブログも見に行けないのがそろそろかなり大きく気になっています。おしめりが昼間あればな、と。

高校野球で、Y校が隼人に勝ったのでびっくりです。みんなY校好きなんですけど、もうハマの公立校がそうそう勝ち抜ける時代じゃないので。南太田蒔田筒香が隼人敗戦にショック受けたわけではないと思いますが、DeNAも負け。ゼルビアが暫定J2二位に浮上してるので、驚いてます。

湘南は、イニエスタの餌食第一号になるのかどうか。ポドルスキがケガですから、ちまやウェリントンがパス受けるのかなあ。ラジオジーコと比較してましたが、誰かリネカーと比較してみよう。ゲイリー・リネカーリトバルスキー。オルネテビッツ。ブッフバルトレオナルド。以下略

昨日歯医者と整形外科のあいまに髪を切りたかったのですが、一時間以上待ちでしたのであきらめ、で、今日行ってみると、外出を控える程の炎天だったのか、一人も待たずにカット出来ました。とても珍しいです。

https://www.google.com/logos/doodles/2018/gino-bartalis-104th-birthday-5380660112916480-2xa.gif
https://www.google.com/doodles/gino-bartalis-104th-birthday
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AA
イタリアセルビアギリシャオーストラリアニュージーランドイスラエルグーグルロゴは、ユダヤ人を助けたイタリア自転車選手生誕104年。

https://www.google.com/logos/doodles/2018/mehdi-hassans-91st-birthday-6446411150262272-2x.jpg
https://www.google.com/doodles/mehdi-hassans-91st-birthday
https://en.wikipedia.org/wiki/Mehdi_Hassan
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B6%E3%83%AB
パキスタングーグルロゴは、恋愛詩の王様とでもいえばいいのか、そういう音楽家の人の生誕91周年。

https://www.google.com/logos/doodles/2018/kurt-masurs-91st-birthday-4575773577969664-2x.jpg
https://www.google.com/doodles/kurt-masurs-91st-birthday
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%82%A2
日本とアメリカアイスランドドイツベラルーシグーグルロゴは、東独出身の指揮者91周年。

おやすみなさい

『片翼だけの女房どの』読了

f:id:stantsiya_iriya:20180718193602j:image:left:w150:left読んだのは単行本。

装画 山野辺 進
AD 岡 邦彦

このシリーズは、一作目がスポーツ新聞合同、二作目が初出不明、三冊目がオール読物掲載で、今回は公明新聞日曜版連載だそうです。本文だけ読むと、作者は売れっ子作家ではないがコンスタントに仕事は入って来るみたいに書かれてますが、こういう仕事を獲って来るなど、本人なのかエージェントなのか知りませんが、けっこう営業努力もしてるんでないかいと思います。この当時まだ日本にエージェントというかマネージャーというか代理人はなかったかもしれませんが。

公明新聞 Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%98%8E%E6%96%B0%E8%81%9E
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71qYYXX5lnL.jpg浪費癖のある韓国嫁日記も四冊目。あと二冊で終わるかと思ったらあと三冊はあるようなので、まだ先は長いです。最初の一冊がベストセラーになったことに対しても、ヒロインはひょうひょうとしてるとか。ユエとは違うのだよユエとは。みたいな。
前夫(日本人)と結婚する際に日本国籍になった、と最初のほうのページでやっと説明してますが、そんな簡単に国籍取得出来ないだろうと思います。婚姻ヴィザじゃないのかなと。
この巻はこれまででいちばん穏やかな巻で、前巻のオワリ、姑を同居破局で追い出す形になったことに対し、主人公きょうだいの仲がひえひえになったのの仲直りが描かれ、スナックなど業務用のカラオケセットと麻雀全自動卓とタイシルク現地バカ買いが無駄遣いの例として登場します。マージャンは、彼女のパチンコのめりこみを抑えるため、主人公があえて教えて誘い込んだとか。彼女は作家の思惑通りのめり込みますが、麻雀は四人でやるものなので、彼女以外のメンツがうんざりしてゆきます。会話がね、まともなキャッチボールでないというか、奇声をあげつつ自分のあがりを阻止するものすべてを呪詛するマージャンというか。
https://www.amazon.co.jp/%E7%89%87%E7%BF%BC%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%88%BF%E3%81%A9%E3%81%AE-%E7%94%9F%E5%B3%B6-%E6%B2%BB%E9%83%8E/dp/4087726568
f:id:stantsiya_iriya:20180718193603j:image:left:w150あとはタイ旅行(とその前段のホンコン旅行。独身貴族ファーストクラス旅行からエコノミー嫁連れ旅行になった境遇をぐちぐち書いてます)福地泡介が出ます。

頁106
「このトリがホウオならそれでいいんだよ。わかったってば。でも、アタマはニワトリみたいだけど、クビがヘビで、アゴチュバメでえ、背中がカメでえ、シッポがサカナだと? そんなにフクザチュには見えないね。ただのチャムセセキにしか見えないよ」
「チャムセセキ? チャムセセキってなんのことだ?」
「チャムセはスジュメの韓国のコトバだよ。セキは子供だね。スジュメのガキってことだよ。ちっぽけなスジュメのガキのくせに、大きな顔していると、このチャムセセキっていうんだよ。大したこともできないくせに、大きなことばかり言う人のこと、韓国ではこのチャムセセキってワルクチ言うよ」
「この鳳凰がチャムセセキだと」

相変わらずNARUTO弁。香港で犬肉の場面があり、ヒロインの感想がさく裂かと思いきや、そこはスルーでした。ヒロインは、何故主人公と違って自分には友だちがいないのかと首をかしげますが、主人公は、ヒロインはツレを誘って韓国料理店に行ったりしてるのを知っているので、なんだこりゃみたいな場面になります。

片翼だけの女房どの (集英社文庫)

片翼だけの女房どの (集英社文庫)

2018-05-21『片翼だけの天使』読了
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20180521/1526914214
2018-05-30『続・片翼だけの天使』読了
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20180530/1527683580
2018-07-11『片翼だけの結婚』読了
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20180711/1531287322
以上

2018-07-17

私の受付番号は2525(ニコニコ)でした

f:id:stantsiya_iriya:20180718001748j:image
渋谷

私の大学病院整形外科の受付番号は2525(ニコニコ)でした。2323(フサフサ)ではなかった。
f:id:stantsiya_iriya:20180718002023j:image
よく分かりませんが、三ヶ月以上リストサポーターをつけるものではないそうで、まだ痛みはあるのですが、サポーターを外して生活することになりました。さてどうなりますか。痛みが出たらまたつけますとは言ってあります。

歯のほうは、かぶせたその下で歯が割れて砕けてるそうで、何をどうするのか分かりませんが、しばらく通院にはなるそうです。そんなに歯ぎしりしたのか暑かったのかむかつくことがあったのか(意識下で)。

大学病院から相模大野駅までバスで行く場合、ふたつルートがありまして、今まで鶏卵とか売ってる方から銭湯に行こうとしてたどりつけなかったのですが、沼ルートが正解と分かりました。今日は都内のスタンプラリーに魅かれてしまいましたので大野の銭湯には行きませんが、ストリートビューだと「しばらくお休みします」の貼紙が写ってますので、少々気にはなっています。
https://www.google.com/logos/doodles/2018/georges-lemaitres-124th-birthday-6611482312704000-2xa.gif
https://www.google.com/doodles/georges-lemaitres-124th-birthday
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB
今日のグーグルロゴは、ビッグバンとか提唱した人の生誕124年だとか。
表示国は、チリ、アイスランドイギリスアイルランドフランスルーマニアセルビアインドフィリピンオーストラリアニュージーランド、日本。

おやすみなさい

『ネオン・レイン』(角川文庫)読了

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41OtqXn75tL.jpg

カバーデザイン/菊池千賀子
photo by A. Terashima
訳者あとがき有り。寄贈本でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF#%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC_%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
https://en.wikipedia.org/wiki/Dave_Robicheaux
キャロライン・ナップの本*1に、須賀田さんと並んで登場するので、借りてみた本です。小泉喜美子か、小泉喜美子の思い出を語る関川夏央の本で知ったシリーズと勘ちがいしてましたが、よく日記をたどると、アル中自叙伝で知った本でした。
自助グループは登場しますが、須賀田さんのと違って、具体的な描写はないです。守秘義務を守っているのか。主人公は断酒を継続してますが、無理矢理飲まされるという拷問の後飲酒欲求が止まらなくなり、終わったな、と周囲から判断されるのですが、契機等よく分からないのですが、要するにホントに連続入ると死ぬことは本人も承知してるので、再度断酒に成功します。読んでて、成功理由がよく分かりませんでしたが、意外と世の中そんなものかも。コーラと、あと、米国南部人はドクターペッパー、これら炭酸飲料を飲むことが如何に重要か、という…
ビールは必ず銘柄が記載してあって、やっぱラベルを読んでしまうんだろうなと思いました。以上
【後報】
これ、ニューオリンズとか、こないだデッドプール2でも出てきたビロクシとかのルイジアナ、南軍の思い出とともに生きる人々の話で、主人公はいわゆるフレンチアメリカン、ケイジャンです。フラ語で育つ。それでベトナムで現地人のフラ語がちょいちょい分かるというか… アメリカを代表する生きものは鷲でなくザリガニと信じてる。酒は飲みませんが、競馬のナイトレースには行きます。勝ってるそうです。小説だから。

頁10
「あんたに話すことが山ほどあるんだ。なあ、あんた、おれをアル中治療の会に二、三度連れてってくれたことがあるよな。なにかを告白したくなったときにあんたたちが進む段階だが、あれはなんといったっけ?」
「第五段階さ。自分自身と、神と、他人とに自分のあやまちを認めるんだ」
「そいつだ。おれはそいつをやったんだ。きのうの朝、黒人の牧師にな。おれがやってきた悪行を一つ残らず話したんだよ」

これは懺悔というか、告解秘蹟とは違うので、でも最初混同して、そうするとプロテスタンティズムの国アメリカに於けるカソリックの潮流がこのような形で社会のある部分弱い部分に… みたいなループ思考をたくましくしておりましたが、じっさいにこういうところにいるアメリカ人を見ることによって、アホくさくなって肩の力を抜くことが出来ました。中国でよく見た、宣教師であることを隠しつつ中国で暮らす外国人たちのような、布教のためのしあわせムード、フリルのエプロンつけたおデブのマムが手焼きで焼くアメリカン・パイ、アメリカン・ドリームの演出と言ったものがまるでなく、ようするに国籍関係なくいつも焦燥感にかられて汗をかく、殺伐とした人たちだったからです(そうでない人もいます)
相手が教会関係者というのはありなので、それで混同するのかもしれません。しないかもしれない。

頁143、ことさらに進化論に関する記述を書いてみるのも、南部という設定を強調したいがためかと。ここでは、ベトナムでの戦争経験によって、人類の祖先のサルが今でも脳内に生きていることを主人公は自覚した、というモノローグがあります。その次の次のページは、女性と一夜を過ごすより、飲酒欲求と向き合うほうを選択した一夜の記述。十字架を繰って祈りながら眠れぬ夜を、しらじらと明けるまで過ごす場面。誰か信頼できる人に電話する、という選択肢はなかったのかな。どういう酒を飲んで自滅したくなったか(自滅したいから飲みたいとはっきり書いてます)の記述はなまなましいので、今日は暑いですし、写しません。

頁172、リステリンノンアルコールリステリンが現在はあるのを私も知っていますが、こう書かれても。消毒用アルコールと同じで、プラシーボではないかと。ヘアトニックはNGですが。

頁175
「ぼくが今本当に欲しいものがなにかわかりますか、シスター? それを手に入れるためなら、なんでも捧げてもいいものです」
「なに?」
 言葉がなかなか出てこなかった。私はまぶしく陽の射した部屋を見まわしてから、窓の外に目を移し、微風にそよぐ樫の緑の葉を見た。
「大きなコップに注いだコカ・コーラをもらえますか? 氷をたくさん入れて、できればチェリー・ジュースとライムも入れたやつを?」
「いいですよ」
「感謝します、シスター」
「ほかに欲しいものは?」
「ありません。コカ・コーラだけです。必要なのはそれだけです」

この前段で、職場の同僚に、犯罪組織に拉致されて飲まされた酒を、再飲酒で飲んだのだ、また飲むだろうと決めつけられ、今度連絡してくるときはアル中治療の会に行く交通費をせびってくれよとせせら笑われます。須賀田さんの本には、飲まないアル中が飲んでしでかしたと装うために、ホームレスに酒精を注射する話が初期あったと思いますが、この小説のような経口摂取の描写は、正直読みたくなかった。

でものんじゃう(推理小説なのである程度飲んでも、明晰な洞察力は抜け落ちない。いい加減だなあ)

頁223
ビール割りウイスキーがなんで圧延鋼板ボイラー・プレートといわれるか知ってるか、デイヴ?」アーチーがきいた。「頭のなかに鉄板のかけらを入れるからさ、割れた義歯みたいなやつをな」
「ろくなものじゃないようだ」
「そしてある日、そいつは脳ミソをガリガリと嚙み砕く」
ジム・ビームをもう一杯もらえるか?」
「おれの儲けにならんようなことはいいたくないんだが、おれはあんたが玄関ポーチに坐って、肝臓が腐っていく音を聞いてる姿を見たくないのさ」
「好きで飲んでるわけじゃないといったら、機嫌を直すか?」
「今夜はほどほどにしとけよ。みじめな思いなんて、いつでも好きな日にできるんだから」
 私はアーチーの顔から目をそらした。彼は友達だし、正直な男だ。私には反論の余地がなかった。私が自分の立場を守るために旧友でさえ侮辱できる人間だとわかった。
「もう一つ問題がある。あんたのスリップが見えてるんだよ」
「えっ?」
(後略)

このスリップはガンベルトの意味です。こんなの断酒再飲酒社会でかつ銃社会でないと分からないジョークだ。このページに出てくる「ボーデン」というケイジャン料理が分からず、検索しました。ブーダン
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/88/Boudin_Balls.jpg/330px-Boudin_Balls.jpg
https://en.wikipedia.org/wiki/Boudin
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3&redirect=no

頁238
(略)ひどい朝だった。私はほかの四人の酔っぱらいと、麻薬密売人と、露出狂の男と、六十五ドルのためにガソリン・スタンドの店員を殺した黒人の若者と一緒に鎖につながれ、法廷に行った。フラワーズ判事アル中自主治療協会で“純血の拳骨主義者”と呼ばれている人間である。彼はかつて独力で酒を断ったのだが、激しい精神的苦痛を他人の人生に――とりわけ、彼の前に立ってアルコールを顔に吹きかける連中の人生に――ぶつけることによってのみ、禁酒を守っていられるのだ。彼は私の銃の不法所持に対する保釈金を一万ドルに決めた。

次の巻のあらすじ読むと、さらなる不遇が彼を襲うようなのですが、エクストラワイフはマオトコとテキサスかどっかに逃げて、今作で福祉施設で働くびじんソーシャルワーカーとくっつくという展開なので、吉岡理穂のドラマは昨夜見ませんでしたが、まあええかげんにせいよというか… でもそれでさらなる悲惨に襲われてもおえんでしょうし。以上
(2018/7/18)

2018-07-16

海の日、フランス優勝、明日は夕方☂マーク

f:id:stantsiya_iriya:20180715193403j:image
ハムエッグとトースト 笹塚

昨夕は風が吹きだして、ずいぶん助かりました。涼しくなった。明日は夕方整形外科に行きますが、その時間傘マーク。
f:id:stantsiya_iriya:20180716053707j:image
tenki.jpまで西瓜カニカニ。蟹を、死刑でみんな思い出してしまった… わけではないと思います。

お湯を沸かして、お茶をあげて、ストレッチして。お水もお茶もわりと減っていて、こんなに飲むのか、暑かったのだなと思いました。

歯の詰め物がとれたらしく、落ち着きません。暑い時期にはよくとれます。明日歯医者に電話して予約して、私の休みは水曜日ですが歯医者の休みも水曜日なので、いつの診察予約にするか。
f:id:stantsiya_iriya:20180715193431j:image
わくらば 西新宿五丁目/渋谷本町 ゲッケイジュかと思いましたが、普通の葉も匂いがしなかった。

都内に行けば行くほど、なのか、死角のある銭湯は対応の貼紙があったりして、LGBTを信頼してる人たちを裏切る行為はNG、という張り紙を見ました。

今日は海の日だから休日回数券です。忘れてた。

ワールドカップフランス優勝とか。

今日も、明日も、穏やかに、落ち着いて、平和に。静かに。
そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

【後報】
https://www.google.com/logos/doodles/2018/celebrating-world-cup-2018-champions-france-5252467313868800-2xa.gif
https://www.google.com/doodles/celebrating-world-cup-2018-champions-france
フランスグーグルロゴは、ワールドカップ優勝オメロゴ。表示国はフランスだけ。へんなの。

https://www.google.com/logos/doodles/2018/muzeyyen-senars-100th-birthday-6189999589425152-2x.jpg
https://www.google.com/doodles/muzeyyen-senars-100th-birthday
https://en.wikipedia.org/wiki/M%C3%BCzeyyen_Senar
https://tr.wikipedia.org/wiki/M%C3%BCzeyyen_Senar
トルコグーグルロゴは、歌手生誕100周年。オスマントルコのそれに対し、1918年生まれの彼女は、"Diva of the Republic"なんだとか。
(2018/7/17)

関川夏央著『水の中の八月』読了

検索すると、石井聰亙の映画も出るので、あえて作者名を入れました。石井聰亙、改名して、もう聰亙でないとは。

関川夏央版水の中の八月(NHKのドラマも含む)Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%85%AB%E6%9C%88

水の中の八月 (講談社文庫)

水の中の八月 (講談社文庫)

水の中の八月 (講談社文庫)

水の中の八月 (講談社文庫)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/912wkCLs-zL.jpg

水の中の八月

水の中の八月

エッセーかなと思って借りたのですが、短編小説集でした。すべて在日コリアンが登場します。表題作だけ新井姓のパチ屋の息子で、あとは皆女性(´Д`)。主人公の独身中年ライターや、そうなる前の少年時代や青年時代と、かかわりがあります。そういう小説集。作者のエッセーで、作者を麻雀の役に喩えた女性も在日コリアンとして登場しますし、作者がコリアン世界をルポして名前が売れたのちに電話番号を調べて深夜掛けてきた女性も在日コリアン(いやがらせでなくてよかったですよね)です。読んだのは単行本。表紙の、いかにも八十年代な女性の服装がよかったのですが、内容は無関係でした。全七話で、ぜんぶの話に在日コリアンが登場するとなると、だいたい人口比で考えると百人にひとりくらいですから、この主人公は、かなりの高確率で在日コリアンがそれまでの彼の人生に関わってることになります。帰還船とか、在日コリアンだが勉強しなかったのでハングルが読めず主人公の学習ぶりが鼻につくとか、そういうネタを、随筆でも書いてるけどフィクションとしても書きたかったんだなあ、と。何も考えず親がひろし、博と名付けて、気がつくと本名も朴だったので、パクパクと名乗るのもあれなので、とりあえず通名はやめるけど、ボク・ヒロシと名乗ることにした、という話は、そこだけ切り出されてフォークロアになっててもおかしくないと思いました。私が知らないだけかもしれません。

そういう部分とまったく関係なく、ディセンバーリトリート体験したカメラマンのせりふ、絶望しすぎると希望よりも眠りを求める(頁116)とか、今でもそうなのかちがうのか、白岩とか平海とか竹辺という地名の、砂浜の海岸と鉄条網の風景の描写がよかったです。ストリートビューで出ないかささっと見ましたが、砂浜の鉄条網出なかった。こないだ南北会話の時にはニュース番組で出ましたけどね。記者が電車に乗り合わせた初老の夫婦にインタビューしてた。鉄条網の砂浜を背景に。

イラストレーション福井真一
ブックデザイン/日下潤一
カバー写植印字/前田成明
初出は'80年代後半の小説現代と別冊小説現代

以上

攻撃のスイッチを入れよ。勝利へと加速せよ。今年の小田急マッチデーは楽しいイベント盛りだくさん!!町田市立陸上競技場へは「鶴川駅」からバスで行こう!

f:id:stantsiya_iriya:20180715211004j:image
小田急線

f:id:stantsiya_iriya:20180715211005j:image

Quiz Zel Much!クイズゼルマッチ!
ゼルビアでは、選手が町田市内の学校を訪問するキッズ応援プロジェクトを発足。そのプロジェクト名にも使われているゼルビア創設当時の愛称とは?
Ⓐエフマチ
Ⓑマチフレ
Ⓒマチフット

お客様ご自身の安全のために

f:id:stantsiya_iriya:20180715193445j:image:left西新宿五丁目

大江戸線では全ての駅にホームドアが設置されています。ホームドアはお客様の安全を守り、電車の安全運転を確保するものです。電車をお待ちの間、以下のような行為は特におやめください。
ホームドアに寄りかかったり、ホームドアの上で携帯電話ゲーム機等の操作、及び、読書、書きものをすること。
線路側をのぞきこんだり、お体の一部を線路側へ出すこと。
ホームドアに触れたり、近づきすぎること。電車が緊急停止したりホームドアが開かなくなります。安全確認により電車の遅れの原因ともなります。お足元、黄色い線の手前でドアが完全に開くまでお待ちください。

f:id:stantsiya_iriya:20180715193446j:image
この人がモヒカンに見えて仕方ないです。

同じくらい危険 Equally Dangerous 駆け込み乗車は危険です!

f:id:stantsiya_iriya:20180715193444j:image:left西新宿五丁目

Please do not rush onto the train|请勿抢秒上车。|승차시 뛰어들지 마십시오.

地区内残留地区 Stayed -In Area

f:id:stantsiya_iriya:20180715193442j:image
西新宿五丁目

【後報】
2013-03-01
この地域は大火災の危険が少ない「地区内残留地区」です。
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20130301/1362137329
京橋

2017-08-17
この地域は大火災の危険が少ない「地区内残留地区」です。This area is designed as a non-evacuation zone due to low risk of widespread fire.
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20170817/1502923211
宝町。電動レンタル自転車に後ろから追突された日に、その前に撮った写真です。いま思うと。感慨深い。

中央区は英名がまずデザインされてなかったようです。新宿はそういうのが早いというか、「新宿の女は気が早い!」(1980年代アルタ前でテレクラの宣伝が絶叫してた殺し文句)
(2018/7/17)

はごろも児童遊園

f:id:stantsiya_iriya:20180715193435j:image
西新宿五丁目

この公園はみなさんの大切な場所です。
誰もが、快適に過ごせるように、
以下のことは禁止しています。
車両の乗り入れ 花火ばくちく 夜間に騒ぐこと
寝とまりたき火 飲酒による迷惑 動物へのえさやり
犬を入れる 球技 タバコをすうこと

世界マナー美術館 歩きスマホはやめましょう!

f:id:stantsiya_iriya:20180715193424j:image:left西新宿五丁目

f:id:stantsiya_iriya:20180715193425j:image

歩きながらの携帯電話スマートフォンの使用は大変危険です。
まわりの人にも迷惑な“ながら歩き”は、おやめください。
please do not use your smartphone while walking.
走路看手机非常危险,请注意!
걸으면서 스마트 폰 사용은 자제합시다!

首都を支える駅係員 今日、何が起こるかわからない。そのすべてに対応する。すべての「今日」のために。

f:id:stantsiya_iriya:20180715193417j:image
都営大江戸線

f:id:stantsiya_iriya:20180715193418j:image

The station staff who keep Tokyo moving.
支撑看首都的站务员。수도를 떡받치는 역무원.

We can't predict what will happen today. But whatever happens, we'll be ready for it.
今天,不知道会发生什么。一切都要应对。|오늘 무슨 일이 일어날지는 모릅니다.그 모든 것에 대응합니다.

駅は「舞台」です。別のところから来て、別のところへと向かう人々が、すれ違う。始発から終電まで。様々な人生が交差する。そこには、迷子もいる。酔ってる人もいる。雨の日もある。雪の日もある。そのシナリオの組み合わせは無限です。何年くらいやると一人前? 一人前になることはありません。自分が一人前だと言っている人はそこにあぐらをかいている人なのだと思います。今日、何が起こるかわからない。そのすべてに対応する。それが首都を支える私たちの仕事です。

f:id:stantsiya_iriya:20180715193420j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715193421j:image

018 PROJECT TOEI

四季の輝き 雫石町岩手県 IWATE ひとしずくあなたの心に思い出の一滴をSHIZUKUISHI

f:id:stantsiya_iriya:20180715193416j:image
都営大江戸線

雫石の自然の観光資源を春夏秋冬で表現し、雫石の顔ともいえる岩手山を下部に配置したマークで私たち町民が雫石の魅力を振り返り、郷土に誇りを持てるよう思いが込められています。
しずくちゃん

2018-07-15

ほきすぎてこいだオカヒジキ

f:id:stantsiya_iriya:20180715111422j:image
もう花が咲いてるので、堅い茎も多いからこぐだ、という話。

f:id:stantsiya_iriya:20180715111423j:image
何もこんな炎天下にやらなくても、と思いますが、何もしないとかえって調子も狂うという… なんぎです。

https://www.google.com/logos/doodles/2018/childrens-day-2018-panama-venezuela-5562131071107072-2x.png
https://www.google.com/doodles/childrens-day-2018-panama-venezuela
パナマベネズエラ子どもの日ロゴ。
https://www.google.com/logos/doodles/2018/world-cup-2018-day-25-5662299103690752-2xa.gif
https://www.google.com/doodles/world-cup-2018-day-25
日本はワールドカップ決勝ロゴ。USA、カナダメキシココスタリカコロンビアペルーブラジルアルゼンチンウルグアイ南アフリカセネガルガーナナイジェリアタンザニアウガンダケニアインド、タイ、ベトナムインドネシア台湾韓国、日本、オーストラリアニュージーランドロシアフィンランドエストニアリトアニアギリシャルーマニアブルガリアセルビアハンガリーオーストリアスロベニアドイツフランスイギリスアイルランドアイスランドクロアチアはいまのところ未表示。

昨夜は暑くてなかなか寝付けず、一人一台に扇風機を追加してやっと寝ました。それでラジオ体操に行くと、子どもたちがいませんでしたが、なんだろう。子ども会の行事があるとかなのかな。不明です。

子どもも親権の絡みで、不断は離れているからよくても、ときおりは、まあダメにならないかぎり、しょうむないほうにも行かねばいけない時は行かねばならず、大変だなと思います。具体的な話でなく、一般論で。

今日のこれからも、穏やかに、落ち着いて、平和に。静かに。
そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

『ゴールデンカムイ 12』(ヤンジャンコミックス)読了

読むことが出来ました。帯はアニメの告知。

Cover design takashi suenaga

イヨマンテとは別の熊の儀式と、アイヌの酒トノト、ウミガメ(草食のものと肉食のものがいるとか)マンボウハマナスの実、菱の実、飛蝗、梟、ラッコなど。水の入った銃をそのまま撃つと壊れる。そういう話と、あとは青年誌を利用した諧謔

暑いのでさくさく読んでますので、感想もさくさくです。北海道に行きたいなあ。

松葉牡丹

f:id:stantsiya_iriya:20180715111420j:image
病害虫よけのポピーとはまた別に。

長ねぎ

f:id:stantsiya_iriya:20180715111421j:image
炎天下の長ねぎも面白いかなと思って撮りました。

こいだ野良法蓮草

f:id:stantsiya_iriya:20180715111419j:image
こがなくてもと思いましたが、こいでしまう百姓クオリティ

きのこ

f:id:stantsiya_iriya:20180715111418j:image
今年はあまり生えてません。こちらでは、カラ梅雨からあっという間に炎天になったので。

なか卯の親子丼と小うどん冷やし

f:id:stantsiya_iriya:20180715092829j:image:left代々木上原

この人もいつも広告に出てるわけでなく、時おり思い出したように出る。

モミジアオイ アオイ科の多年草 漢字で書くと、紅葉葵 葉がモミジに似ていることから。7〜8月に赤い花が咲きます。(北アメリカ産)

f:id:stantsiya_iriya:20180715092819j:image
初台

この植物を撮るのはやめようやめようと思いつつ、見ると撮ってしまう。もう誰も誤解したり驚いたりしないのに。

代々木八幡駅工事

f:id:stantsiya_iriya:20180715090152j:image:left代々木八幡

f:id:stantsiya_iriya:20180715090155j:image:left

f:id:stantsiya_iriya:20180715090154j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090156j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090157j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090159j:image

歩道橋入口↑

f:id:stantsiya_iriya:20180715090158j:image:left

f:id:stantsiya_iriya:20180715090200j:image

防音

f:id:stantsiya_iriya:20180715090201j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090202j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090203j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090204j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090205j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090206j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090207j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090208j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090209j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090210j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090211j:image

水道管あり!!ヒューム管Ф70 DP1.3m

f:id:stantsiya_iriya:20180715090212j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090213j:image

f:id:stantsiya_iriya:20180715090214j:image

留置中 パー・グー運動

MANAZURU KIBUNE FESTIVAL 2018 日本三大船祭り 国指定重要無形民俗文化財 真鶴貴船まつり 貴船まつりは、豊漁、無病息災を祈願する、真鶴伝統の海の祭礼です。

f:id:stantsiya_iriya:20180715090148j:image:left座間

写真はすべて
コンテスト入賞作とか。

f:id:stantsiya_iriya:20180715090149j:image

幸せをつくる真鶴時間

王将

f:id:stantsiya_iriya:20180715090150j:image

西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 西 

f:id:stantsiya_iriya:20180715090151j:image

死んだカナブン

f:id:stantsiya_iriya:20180715090146j:image
座間 こんなに日差しが強烈に反射してるとは。

2018-07-14

夜もまあまあ暑いです

f:id:stantsiya_iriya:20180715010942j:image
代々木八幡

昼間スギナをやった時は、だんだん、チリチリと焦げるように熱くなってきて、ちょっとこれやばいかもと思いました。先日の続きでベニヤをガンガンやってた時には感じなかったのですが。石灯籠が倒れてましたので直しました。足場も補強した。先日の千葉沖の地震の時なのか、豪雨の時なのか、いつ倒れたのか分かりません。もめご… たぶん違う。
f:id:stantsiya_iriya:20180715010943j:image
八百万画素は三百二十万画素とはここまで容量が違うのかという。今月もう10%突破して、フォトライフプラス継続です。

昼は家にいて作業、夕暮れ以降趣味のこと、と考えていましたが、前日夜に翌日昼間あることの話を聞きまして、めったにその時からだが空かないこともあり(実際空いているわけでもないですが、ずらせるかなと、少し考えた)その昼間あることにスケジュールをあわせようかとも思いましたが、考えすぎて連絡が遅れて、ちょっと今回は、やはり前からのスケジュールどおりの行動をしようということになりました。そこはやりきれたのでよかったかなと。

インドレストランでビリヤニ食べたのですが、私が入るまで、子連れ含め女性客ばかりでかなり席が埋まっていてびっくりしました。ビリヤニは以前大塚の、今はもうなくなってるインドレストランで食べた時は、丸鶏そのまま炊き込んだので鶏だしが効いていてうまかったのですが、今日は、ダシ味のないチャーハンといった感じで、スパイシーなだけでした。鶏がらスープの素でも少し入れてほしかった。しかし、世の中にはうま味調味料はアカンという人も多いはずで、今日いっぱい入っていた女性客なんかは、スパイスだけのお味でよかったのかもしれません。むかし北京フランス人旅行者が、正直中華は一度もおいしいと思わなかった、インド料理は食べれるんだけれども、と言っていたのを思い出します。クスクスも、そういえばおだしの味ないですよね。ぶっきらぼうナツメグというか、スパイスの味だけ。

東京に行くと、夜十時過ぎまで開いてる喫茶店がまだあったりして、驚きます。お客はあまり入ってないので、いつどうなるか分かりませんが… でも、ぽつぽつ来る。涼みに入ったのですが、本当に助かりました。外出先でよる、本を読みながら涼めるのは助かります。
https://www.google.com/logos/doodles/2018/bastille-day-2018-5520087099375616-2x.png
https://www.google.com/doodles/bastille-day-2018
昨日のフランスグーグルロゴはパリ祭。日本はワールドカップ
https://www.google.com/doodles/world-cup-2018-day-24

いちばん暑い時間は、読んでなかったビッグコミックビッグコミックオリジナルを読んで過ごしましたが、コラムが安定してたのと、保護司の漫画の定番のセリフがそれでもよかったのと、あと、オリジナルか本誌か、どっちだったか忘れましたが、読者からのお便りが、どれも連載マンガと万引き家族を絡めた投稿で、特に赤狩りが、チャップリンスイスに住んだのはアメリカに再入国拒否されたから、という私は忘れてたか知らなかった話が盛り込まれていたのと、コミで、非常に力が入ってるなーと思いました。雑誌の読者投稿欄なんてものは、紙に勢いがあった昔から、名物編集者でもいなければ、そんなに投稿が来ないので、編集近辺の人が代作で書いたりしてるとはよく言われていたものですが、デジタル全盛で、紙の読者の質の変化があり、小学館ですし、万引き家族の話ばっかで攻めてきたので面白かったです。漫画化権取得争いでもしてるのか小学館

おやすみなさい

『東京的日常』読了

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YSLJ3LTpL.jpg

東京的日常 (ちくま文庫)

東京的日常 (ちくま文庫)

読んだのは1990年リクルート出版のソフトカバー。ですが、表紙の絵はまったくいっしょです。スイスアーミーのマークを入れると大人の事情的にアレなのか、スイスアーミーのマークは入っていない万能ナイフがTYOと書かれた日の丸東京タワーの罐詰を開けようとしている。

【装画】小島武
装幀日下潤一
【カバー写植印字】前田成明(帯・扉・目次も)

前記を山口文憲、後記を関川夏央が書いた対談集。深夜のファミレスで数回トークしてそれをまとめればいいや、的な当初の目論見が、何故か出来上がったものがさっぱり面白くなくて、お蔵入りしてみたり棚上げしてみたりで二年以上かけて出来た本だそうです。担当編集は岡本達也という人だとか。巻末の、リクルート出版の本を見ると、田村隆一川本三郎高田宏中沢けい、宮迫千鶴落合恵子塩田丸男藤本義一串田孫一谷川浩司大山康晴

ちくま文庫公式
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480028891/
国立国会図書館サーチ
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002086751-00

ふたりのプロフィールは生年と星座と血液型のみ。四部構成で、第一部が旅、第二部が過去のライター生活、第三部はいつものエッセーと変わらないこと(残留孤児についてくどくど書いているのが目新しいかも)第四部は穴埋め。なぜこの対談集がつまらないかというと、関川のガードが固すぎるからではないかと。ソウルの練習問題や海峡を越えたホームランなど、韓国ネタはいっぱいあるはずなのに、山口にそっちを質問させるよう水を向けない。何故か山口のホームである香港ネタを語ったりするが、もとよりそんなに語れるわけでなし、また山口もすぐ茶化したり冗談にしたりして、どうもまともに語れない。アルゼンチンとパリの話でもすればいいのにと思いましたが、話すことがないか、お互いの知ったかぶりの殻を破ったトークが出来なかったか。
f:id:stantsiya_iriya:20180715003206j:image:w400
上は頁10の対談開始部分。いきなり「飲まなんだいから」という誤植があります。ファミレス店員に、注文は繰り返さなくていいよ、と釘を刺す首の太い柔道家関川節も収録。

頁23 第1章 たびたび旅を語る
関川 まあ、ヒッピー保守本流とは何かという話をしてもあまり意味がないかもな。教科書的な言い方になるけど、アメリカベトナム戦争の一方の当事者であったことは大きい。日本はそうじゃなかった。傍で眺めていて、それでもうけていたし、高度成長の頂点へぐいぐい登って行った。若者たちは戦争はせず、しかし反戦運動ヒッピーの真似事だけは十分に楽しんだ、というわけだ。
山口 おいおい、それは私にイヤミを言ってるわけ? ああ、たしかにベ平連運動は楽しかったよ(笑)意義ある青春時代じゃないか、え?
関川 いやいや舌のすべり。他意はない。あるわけがない。

山口文憲はべ平連崩れだったんですね。「崩れとか言うな、崩れてないから」とか言いそう。

頁93、今で言う黒歴史のことを関川が「けっし」と言っています。「欠史」と思いきや、その場で書けないかったので、本でもひらがなです。

頁97、七十年代の下宿アイテムは必ずスチール本棚とありますが、コクヨが生産中止しなければ、今でも永遠にスチール本棚だったと思います。耐震とか考えすぎたんでしょうが、とにかくスチール本棚は収納効率がよかった。じょうぶだった。

頁109 第2章 かくかく過去を語る
山口(前略)その越後で、少年関川は、英文科出の母上から、越後獅子みたいに、英語を仕込まれてたんだろ?
関川 ああ、幼少のみぎりからな。そして母親のヒステリーに死ぬほど苦しめられた。いってみれば私は裏日本のにんじんだね。
山口 裏日本のにんじん変じて、東京の……。
関川 文豪となる。
山口 いや、高麗にんじんとなる、だろ(笑)
関川 いやなやつ。
(後略)

母親の回想随筆で、英文はなかったような…

頁118で、ユースホステルは毎朝ラジオ体操させられるからこりた、とあり、私は国内のユースホステルに泊まったことがないので、そんなものかと思いました。民泊やらゲストハウスやらがいっぱいある昨今、ユースホステルってどうなってるんだろ。ヨーロッパには木賃宿寸前をいろいろ食い止めてるユースがあって、私は同室者が鍵かけなかったので荷物ほとんど盗まれたことありますが、国内のアットホームなユースに泊まってみたかった。今からでも遅くないか。

頁133、ふたりの同世代プラマイ数歳のライターを列挙しています。足立倫行、猪瀬直樹沢木耕太郎吉岡忍橋口譲二山根一眞山際淳司戸井十月、生江有二、工藤美代子

頁137、山口文憲年金納めてないことが分かります。二年後の対談でも納めてなかった。今はどうしてるんだろう。関川は納めている。ゴチエイの話になり、ゴチエイが田中貴金属と取り引きがあるという一文が出ます。ワリチョーということばもなつかしい。

ページは忘れましたが、ベ平連は、中心のメンバーがみんな英語ばりばりで、国際電話かけながら国際協調した戦術をとっていた点で、他に類をみなかったそうです。

頁173のミッキー安川『ふうらい坊留学記』犬養道子『お嬢さん放浪記』は読んでみます。『森村桂 香港へ行く』は近隣の図書館に蔵書なし。

おもしろい者同士が効果を打ち消しあった例と思います。安部譲二とかも唐突に出てくる。以上

【後報】
追加で書いておくと、

(1)
二人は当時出だしたばかりの地球の歩き方を、欧米のどれそれを持ってきたもの、としてクサしてますが、それでも、どちらか忘れましたが、五冊も買ってその都度現地に置いて来たりを告白するなど、行ってしまうと重くて邪魔なのだが、行く前はないと不安である、という心理を普通に書いています。地球の歩き方は全年度版誰かデータベース化しないかと思います。すればツタヤ図書館が蔵書せずともよくなるし、全文検索で、日本人のたまる場所の変遷などがAIにも分かるようになる。韓国に関して言えば、バックパッカーのたまり場なんてあるのかなあ、とは思うのですが。私は個人旅行で行った時、サムゲタンとかひとりふたりだと食べきれないから注文できないからシェアしませんか?と現地で声かけてもらって、それが悪い人でなくて本当によい思い出になったことがあります。

(2)
二人はソウル五輪前後のポパイとかホットドッグプレスとかの、従来の積み重ねと断絶した、かろみのある韓国特集、うわべのオサレ捏造したかのような特集をナナメに見てますが、私は四方田犬彦も好きなので、あれはあれでひとつの「革命的な」視座ではないかと思っています。私は後年ネットでまずビョンシンチムを韓国障がい者蔑視証左としてえんえんやってるのを見て、その後ソウル五輪前後芸術として日本公演があったりいろんな人がビョンシンチムをもちあげたりしてるのを読んで、世の中ってほんと面白いと思ったりしたので。ビョンも、ネットだとやまいという漢字をあてていて、八十年代の雑誌は、「片」だったりした記憶があります。

(3)
七十年代ライター業界についていろいろ歴史的資料として記述がまとめられているので、その面ではこの本に価値があると言えるのかなと思いました。もっと正確に包括的にえがかれてる史料があったら、ムダになりますけど。こうやって食えてる人たちは、今でも何かで食えてるんでしょうけれど、後進はキツいんだろうなと思います。

(2018/7/15)