Hatena::ブログ(Diary)

Stantsiya_Iriya

2017-04-04

よもぎ

f:id:stantsiya_iriya:20170404135453j:image
選別後

f:id:stantsiya_iriya:20170404135454j:image
クズ

出かけます。

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。
そして、出来ることなら、
自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

『アイアムアヒーロー(22)』 (ビッグコミックス)読了

f:id:stantsiya_iriya:20170404132023j:image


シリーズ累計800万部超。
青年漫画金字塔
さようなら、生きて、英雄。



デジタル原稿のはずが直筆とはハテ面妖な…
などと訝しがる御仁は、この三千世界におりますまい。海内。ホーホケキョ。
f:id:stantsiya_iriya:20170404132201j:image
デジタルデバイド向けに、郵便はがきでも応募出来る、
優しい懸賞になっていて、ほろりとしました。ただし、フェア名の、
さようなら。英雄。」は、ほぼ完全ミスリード狙いと言えるかと。
ネタバレですが、ウィルスミスの映画のように、英雄はサバイブします。
死なへん。文春砲にアスベルとの関係を聞かれたナウシカが、
「アスベルとはいつでも遊べる」*1と、一見ダジャレ、実は深読みすると、
ララァへのアムロの語りかけの本歌取りで対応したようなもので、
読者はいつでも英雄くんに会えます。四十男にくん付けもアレですが。
なのにこういうフェア名にしたところが、作中さんざんコケにされた、
編集者の意地悪い、腹黒い復讐劇を目の当たりにしている感があります。

アマゾン等の内容紹介 担当編集より
青年誌の歴史を塗り替えた、
大きな物語の完結を、
読者のみなさまに見届けていただけたら幸甚です。

最後まで小学館の編集はオオゲサだった。塗り替える程やおまへん。
ホメ殺しもたいがいにせなあきません。それしよったら、作家が腐るよってに。
f:id:stantsiya_iriya:20170404161015j:image
作中の東京は最後まで池袋だったと思うのですが、表紙は新宿バスタアルタ、
ではないかと。私が既刊感想で、池袋知らん、新宿なら土地勘がある、と、
書いたわけでは絶対ないでしょうが… 
私にはこういうミニ四駆は全部パジェロに見えますが、
本当はなんという車か知りません。
英雄くんはこれまで運転出来ない設定だったので、
世界壊滅後無免運転と思うのですが、
こういう四駆はミッションというイメージがあるので、大変と思います。
無免ではなくペーパードライバーだったかな。

アマゾン、前巻レビューは、DVDタイアップで、
薄い頁数で刊行したことへの苦言が大半でしたが、本巻は、
伏線未回収の放り投げやらごまかし?やらへの言葉の暴力が多数で、
不寛容な現代社会のマンガ読者マジョリティーがかさにかかってるな、
と思いました。ヤマがうまく作れませんでしたかね。
ピロリと英雄くんの相剋とか、JKと看護師非モテの悩ましい関係とか、
いろいろ核心にしそうなそぶりをみせつつ、ふいんきだけで終わった。

クルスの正体だけばらしてますが、ルサンチマンの時、
使わなかったネタ(使ったネタのほうが衝撃度が高かったので)
みたいな気もしました。こういうドラえもん最終回的なの読むと、
晶文社文学のおくりものシリーズ[13] 『ぼくはだれだ』
タデウシュ・コンヴィッキ 内田莉莎子・小原雅俊
を思い出します。絶対これが元ネタだと思うので。
http://www.shobunsha.co.jp/?p=738
頁159のさいごのコマと、ページめくったつぎのコマがすべて、
だと思うのですが、テレたんですかね。
頁265、トレンディエンジェルの斉藤さんとか江頭2:50とかも、
私生活ではハンチングとかかぶってるわけだしと思いました。
*2
巻末のスタッフ一覧最終行に哀弔の辞があります。

頁271
This is dedicated to my father. May be forever rest in peace.

以上

<既刊感想(はてなダイアリーを付け始めて以後)>
10
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20121101/1351770413
11
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20130301/1362143765
12
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20130629/1372510414
13
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20131104/1383510706
14
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20140314/1394797851
15
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20140702/1404305312
16
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20141228/1419703503
17
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20150531/1433058062
18
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20151206/1449365895
19
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20160316/1458100896
20
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20160415/1460721131
21
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20161109/1478671462
映画
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20160503/1462248708

【後報】
f:id:stantsiya_iriya:20170429053304j:image
東急目黒線 西武線相互乗入車両だからか。

堂々完結。
さようなら、生きて、英雄。

(2017/4/26)

*1:初出はOUTの当時の特集

*2 D