右舷日記

2012-01-24

デンマーク王立歌劇場の新芸術監督&新首席指揮者、同時に去る

| 01:40

京都の出来事に気をとられているうちに、大変なニュースが飛び込んできました。

なんと、デンマーク王立歌劇場(DKT)の2012/2013シーズンの芸術監督に就任したキース・ウォーナーが、まだひとつの新演出も作らないうちに*1契約解除したそうです。ついでにウォーナーが首席指揮者予定者として引っ張ってきたらしき若手指揮者ヤクブ・フルシャ(この人は今シーズンは音楽コンサルタントという位置付けで、来シーズンからの就任予定だったのですが)も就任を希望しないと表明しているそうです。


ええと、背景ですが、DKTはデンマーク国内の景気の悪化と新オペラハウスの維持管理費が嵩んでいて、縮減予算でどうしようって話は昨シーズンからずっとあったのです。そこに至るには、デンマーク私企業から新オペラハウスを寄付するって話があって、DKT自身は維持管理に制作費が取られちゃうからって最初断って、でも時の文化大臣がデンマークの文化のために是非受け取ってくれって言って、新オペラハウスの分、予算も大幅に増額してスタートしたんです。で、彼らは色々頑張って、コペンハーゲン・リングも作って、国際的にも名が売れて、コンテンツとしては大変素晴らしい成果を残したんだけど、元々デンマークの文化予算の相当な割合を占める組織で、そんなところがさらに増額の予算になってたもんだから、景気が傾いたら真っ先に削減対象になってしまうわけです。元々デンマーク文化政策には中央(コペンハーゲン)偏重であるという批判もあったとかないとか。詳しくは以前の記事で。

予算が減らされて一番困ったのは、旧オペラハウスと新オペラハウスと芝居用劇場の3つを所有してたもんですから、その設備に最低限かかる費用は絶対かかるわけなのです。新オペラハウスを手放すとか手放さないとかいう騒動もあって、結局今シーズンはそのままスタートしたのですが、年間600あった公演を100減らすことになりました。減るのはオペラオーケストラへの影響が大きいのですが、それだけでは足りなかったのでありましょう。

そういうところに持ってきてEU経済のこの混乱ですから、さらなる歳出削減もあるのではないかと思うのですが(ここはまだ最近のデンマーク国内のニュース見つけられていません、どなたかご存知なら教えてください)、この予算でやっていけないということになり、折り合わなかったということでありましょうか。この状況で外国人の彼らに留まれというのも難しいのかと思います。

ちなみに首席指揮者に関しては、ずっと募集は出ていたのですが決まらず(あんないいオケなのに・・・給料がよっぽど悪かったのか?)、今シーズンはシュンヴァントさんの名義のままでありました。が、既にシュンヴァントさんはホルテンともども退任宣言してたので、具体的に振る予定はなかったという状態でありました。そんなところで秋くらいに、ひょこっと2012/2013シーズンからということでフルシャ氏の名前が発表されていたのです。


しかしウォーナー、このタイミングで離れるってことは、パルジファルは演出しないってことだよね*2。じゃあ誰が?ついでに財政難で他所から指揮者呼べるのかなあ。たしかヘルムート・ヘンヒェンがクレジットされていましたが。もうこうなったらおんぶコンビを呼ぼう!!ホルテーン!シュンヴァントさーん!戻ってきてー!!!ダブル・アポイントメントでいいからー!


そうだ、私ったらサブスクライバーだから、DKTに問い合わせたらいいのかも。いやアナセンに直接聞こう。そうしよう。そうだ、最後の手段は、アナセンが演出したらいいんじゃん!


http://kglteater.dk/Aktuelt/Nyheder/Nyhedsarkiv/2012/Keith%20Warner%20stopper.aspx

Keith Warner to leave the Royal Danish Theatre 23 jan 2012 Press release

Keith Warner has at a staff meeting at the Opera House this evening announced that he has been granted a release from his contract, which was to expire on 31 July 2014.

As a consequence Jakub Hrůša, who has since October 2011 been acting artistic consultant for Keith Warner, has announced that he no longer wishes to assume the position as music director at the Royal Danish Theatre as of the summer of 2013.

Artistic Director of the Royal Danish Opera, Keith Warner, states:

“It is with immense sadness that I feel I must resign my post at the Royal Danish Opera. A combination of factors, made acute by the recent devastating budget cuts, has led me to feel that in the present circumstances, I am unable to realise my great dreams for the company. We part good friends. The talent of the performing company is beyond compare and the dedication of the entire staff is without reproach. I’m sure we will continue to build pathways towards each other in the future."

Director of the Royal Danish Theatre Erik Jacobsen regrets Keith Warner’s decision and states:

“I sincerely regret that Keith Warner no longer wishes to stay in Copenhagen. I will now in joint collaboration with the rest of the theatre’s management and board of directors ensure that the transitional period until a new artistic director has been found will be as smooth as possible. The repertoire at the Royal Danish Opera has already been planned for the next couple of years. So we will allocate the necessary time it will take to find a new artistic director who is to ensure a high artistic standard.”

Until a new artistic director has been appointed, Deputy Artistic Director of the Royal Danish Opera Sven Müller will assume responsibility for the artistic management of the Opera House.

Press contact: Director of Communications, Eva Hein / +45 33 69 69 80 / Mobile +45 25 51 79 80

Kind regards,

The Press Department

The Royal Danish Theatre


続報/DRのニュース記事から

保全のために機械翻訳の英訳を貼り付け。

http://www.dr.dk/Nyheder/Kultur/2012/01/23/203026.htm

The Royal Opera chief quits

23rd January 2012 20:32 Culture Update.: 24 January 2012 11.30

The financial problems at the Royal Theatre will now Artistic Director Keith Warner to resign.

In a press release writes Keith Warner, that he thinks the cuts at the Royal Theatre so devastating that he is unable to realize its own goals for the theater.

  • It is with tremendous sadness that I feel I must resign my post at the Royal Danish Opera. A combination of factors that have arisen acute because of the recent devastating budget cuts that have made me feel that I am under the current circumstances is unable to realize my big dreams for the company, "said Keith Warner in the press release.

Conductor also stops

Keith Warner's termination has also been the conductor Jakub Hrusa to announce that he does not want to take up the position as Music Director of the summer the 2013th

He has since October 2011 has served as artistic consultant for Keith Warner.

Theatre manager: New Artistic Director no rush

Theatre manager Erik Jacobsen acknowledges that Warner's big ambitions can not support the theater's strained economy.

  • He has had such great ambitions that the pants could not stand against our organization and economy, he says.

The theater is now out and find a new opera director, but Eric Jacobsen has no hurry, as Keith Warner has already put plans for the coming year's repertoire.

What opportunities has the theater, theater manager can not yet answer.

Good dialogue with the Board

  • But it is clear that there are some things that gets harder when you get less money. I am hopeful and have had a good dialogue with my new board and a meeting with representatives of the artists today, says Erik Jacobsen.
  • We'll find a good solution that brings the royal opera on, he says.

Opera chief's resignation will not have Erik Jacobsen for fear that other managers at the theater goes the same way.

  • No, I do not fear. They have fought hard to have implemented it here and have done so in an orderly way, he says.

Continues until the summer holidays

Keith Warner continues at least until summer to get paid when he is in time with the setup of Parsifal. He has no longer any management responsibilities.

Saving round due to the Royal Theatre's funding over the next year will be continuously reduced, so that in 2015 is 31 million kroner in last year's level.

It has, among other things, that 81 posts have been abolished at the theater, like the Royal Theatre cuts the number of performances.

Until a new Artistic Director is appointed, ensemble manager Sven Müller defend the artistic leadership of Opera, said the Royal Theatre.

DRの記事によると、もう来シーズンのプランが組んであって*3、ウォーナーが夏までは就任してて、パルジファルの演出もして*4、それが終わったら終わりということみたい。ということで、たぶんウォーナー演出目当てのシアトルリングTシャツのジョン王さんも安心な筈。私の呪いのせいじゃなくて良かった。

追記/本当の理由

Intermezzoさん(デンマーク育ちで今はイギリス在住のオペラ評論家)が、ウォーナーの発言をそのまま書いてます。私もまだ全部は読んでないけど(なげーよ>ウォーナー)、自由にやれなかったというのが言い分らしいです。

http://intermezzo.typepad.com/intermezzo/2012/01/keith-warner-danish-jumper.html#more

ソースになったpolitikenの記事(英語)。

http://politiken.dk/kultur/fakta_kultur/ECE1518243/dokumentation-laes-hele-keith-warners-tale-engelsk/

ついでにイギリスでの報道メモ。

http://www.gramophone.co.uk/classical-music-news/warner-and-hrusa-quit-royal-danish-opera


DKTサイドのファンとしては、正直この人事は全く歓迎出来なかったから、これで振り出しに戻って、デンマーク国内の人材で固めたらいいと思う。DKTに、世界中どこ切っても同じ顔ぶればかりの国際標準化して欲しくないし。

追記2/日本語wikipediaに

こんな記事があるのを見かけました。事実誤認もあったので、ちと修正しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ヤクブ・フルシャ

*1:追記。別の報道で確認したところ、3月の新演出はやるみたいです。詳細は関係者に問合せ中。

*2:私があんなにブチブチ文句言ったから呪いがかかっちゃったのかな。正直すまんかった!

*3:そういえばDKTからもうすぐ発表って案内来てた。

*4:もう一演目アルバート・ヘリングもウォーナーの予定だったが、こっちは言及ない、なんとなく記事の書き方からやらなさそうな印象だが、機械翻訳を通して読んでいるのでニュアンスとかは分からない。

シアトルリングTシャツのジョン王シアトルリングTシャツのジョン王 2012/02/24 19:19 ウォーナー演出+アナセン主演=いくしかない→航空券、ホテル、休暇申請すべて済ませて、字幕なしでパルジファルを見るために勉強中でしたので、この記事にはびっくりしました。ヨーロッパでは、いってみたらストライキみたいなこともあり得ますからね。でも、一応は安心してよいようですね。いろりいろ情報ありがとうございました。

下記の「デンマーク・コペンハーゲン ハンマースホイを巡る旅」を参考に、ハンマースホイ鑑賞の計画を建てようかと思っています。(←でも、結局、時間がなくて、飛行機の中で計画を建てる羽目になりそう)
http://www.art-inn.jp/artinndiary/002685.html

ウォーナー演出があまりお好きでないようですが、ROHのリングは行かれるのですね!私はジークフリートだけしか見れませんでしたので、うらやましい限りです。席の隣にテレビカメラが(ほかにも何台か)入っていたのですが、DVDになる気配はまったくないですね、、

そうそう、シアトルから、リングのチケットの先行販売のでっかい葉書が来ました。
どーんと寄付すれば、名物おやじのジェンキンスさんとディナーが楽しめるらしいです。

starboardstarboard 2012/02/25 03:14 DKTからサブスクライバー向けの案内が来てて、パルジファルは順調に準備中とのことなので、今のところは大丈夫だと思います。そっちの趣味がないので、ハンマースホイって初めて知りました。面白そうな人ですね。
ROHリングは、アナセンがローゲ・デビューするなら行くつもりです。リングサイクル+2回目のラインを予定してますが、来シーズンの発表を見て良いプランがあったら、途中パスしてどっか別の都市に行っちゃおうかとも。演出はあまり評判がよろしくなかったと聞いていますので、DVDは難しいかも。コペンハーゲン・リングのDVDはご覧になりましたか?ホルテン演出は一見奇抜路線だし、面白いと思いますよ。耳慣らしに使うと、DKTの音楽の良さが本番でより深く味わえるかも。http://d.hatena.ne.jp/starboard/20100303/1267618947
次のシアトルも2013年ですね。ワーグナーイヤーは選択肢があり過ぎて大変ですね!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/starboard/20120124/1327423228