sta la sta このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-26

A4用紙1枚に256GBのデータを保存する技術

Document Moved

こちらの記事によると、インドの学生Sainul Abideenさんが、A4用紙1枚に256GBのデータを保存する技術を発明したそうです。

従来のデジタルデータの保存は0と1の組み合わせで実現されていましたが、このSainulさんの発明では色と形でデータ保存をするそうです。

その名も『Rainbow Technology』。夢のあるネーミングです。

Rainbow Technologyでは、テキストや写真、ビデオといったあらゆるデータを『Rainbow Format』と呼ばれるカラフルな丸、三角、四角などに変換してデータ保存するそうで、1平方インチあたり2.7GBのデータを保存可能とのこと。A4用紙で計算すると256GB程度になるみたいです。

現行のDVDが4.7GB保存可能であるのに対して、このRainbow Technologyを利用したディスクであるRainbow Versatile Disc(RVD)では90〜450GBのデータを保存可能。物凄い凄さです。

[参考]

  • Blue-ray Disc:片面一層25GB、片面二層50GB
  • HD DVD:片面一層15GB、片面二層30GB

SIMカードサイズの『Rainbow Cards』だと5GB保存できるそうで、もしこの技術が実用化された場合、現行のDVDに取って代わるだけでなく、携帯電話等のモバイル機器の進歩にも影響を与えそうです。

現状ではRainbow Formatの読み書きには専用の機器が必要であるため今すぐに普及させることは難しいでしょうが、数年後にはPCからDVDドライブが消えてRainbow Cardsスロットが標準装備されているかも。いないかも。