Hatena::ブログ(Diary)

スタジオ・オズ スタッフ日記

2011-07-08

ビデオ撮影料金8月特別キャンペーン

8月、フラダンスジャズダンスフラメンコクラシックベリーダンスなどの発表会・公演・イベントなどのビデオ・DVD制作を全て通常料金の10%引にします。是非、ご連絡を!



発表会などのビデオ撮影料金について

私どもは、発表会などのビデオ撮影をテレビ番組でも充分放送できるクオリティの画面・音質で制作しています。よくかなり価格が高いと誤解されがちですが、少人数のエキスパートが、撮影から編集、ジャケット制作までやっているので、価格は安く抑えています。

50枚以上DVDRを購入していただける場合、撮影料なし、二時間以内の場合1枚が3000円+税、4時間以内の場合DVDR2枚組4000円+税です。基本的にはこの料金でやっています。キャンペーン中はこの価格の10%引きです。

人数がもっと少ない場合もそれなりに考えますので、是非、お気軽にお尋ねください。また、完成作品は、編集も一度つないだものを先生にお送りして、先生の要望に合わせて制作していますので、安心してください。

ご希望の先生には、サービスで、発表会など当日の思い出を先生、出演者にとって特別なものにするために、ドキュメンタリータッチで、参加される方々の1日を撮影、編集もしています。

http://www.ozv.co.jp/

詳しいことはお気軽にお電話ください。

会社 (株)スタジオ・オズ 03−3441−4322

担当  間宮 090−4836−8705

2011-06-26

フラダンスのビデオ・DVD撮影

フラダンスの撮影・編集には実績がある松島直がディレクターで挑みます。期待に応えられるような楽しい良いDVD作品を作ります!

時間のある方は是非見に行ってください。楽しいですよ!

HOALOHA FESTIVAL(ホ・アロハ・フェスティバル)

日時:2011年6月26日 開場15:30/開演16:00

開場:かつしかシンフォニーヒルズ【モーツアルトホール】

最寄駅:京成線青砥駅(徒歩7分)

チケット:前売り1800円/当日2500円

予約・お問合せ:hoaloha626@yahoo.co.jp

出演団体(50音順)

◆Auli'i Studio(アウリイスタジオ)

◆Ka Wai Ho'omalamalama(カヴァイホオマーラマラマ)

◆Ke Ala O Kawaihuila Hula Halau(ケアラ オ カワイフイラ フラハーラウ)

◆Na Pua Lei Hula Studio(ナプアレイ フラスタジオ)

◆Halau O Ke'ala Aloalo(ハーラウ オ ケアラ アロアロ)

◆Halau Hula Aloha Nui Loa(ハーラウ フラ アロハ ヌイ ロア)

◆Halau Hula Mana'olana(ハーラウ フラ マナオラナ)

◆Hula Studio Aloalo(フラ スタジオ アロアロ)

◆Hula Studio Nani Aloalo(フラ スタジオ ナニ アロアロ)

◆Makana Hula School(マカナ フラスクール)

Rainbow Shower(レインボー シャワー)

◆その他



☆HOALOHAFESTIVALの震災への取り組み

募金箱の設置(日本赤十字社へ全額寄付)

震災者の無料ご招待

311アロハチャリティプロジェクト チャリティTシャツの協賛

東北地方太平洋沖地震復興チャリティTシャツの共産

2011-06-23

ジャズダンスのビデオDVD撮影!Dance Company α 公演

天王洲 銀河劇場 | 公演情報6月25日(土)〜6月26日(日) ... 真一 振付=松本ケージ ◆第二部 構成・演出・振付=松本菜穂 振付=松本ケージ、KAZUMI BOY、高柳明子、杏花、まつり ... 妹・松本菜穂氏(元宝塚歌劇団)がたくさんの方々に夢と希望をお届けしたいという想いを込めて ...

先日リハーサルを観てきました。ビデオ撮影します。とても楽しみな公演です。気合いを入れて良いDVD作品作ります。


<出演>

松本菜穂、高柳明子、杏花、天野明子、伊藤慧、太田達也、くるみ

坂内未帆、鈴木匠、太平、まつり、矢島嵩也、山本真実、吉田豊

他 総勢90名

[ GUEST ]

高木渉

幸村吉也

優花えり(元宝塚歌劇団

音乃いづみ(元宝塚歌劇団

彩海早矢(元宝塚歌劇団

祐澄しゅん(元宝塚歌劇団

北村真紀子バイオリン

※非公開GUESTあり

<スタッフ>

企画・総合演出=松本菜穂

◆第一部

 脚本・演出=池田真一

 振付=松本ケージ

◆第二部

 構成・演出・振付=松本菜穂

 振付=松本ケージ、KAZUMI BOY、高柳明子、杏花、まつり

◆照明=小笠原

◆音響=小山和男

◆編曲=中村康隆(夜長オーケストラ

◆衣裳=東宝舞台、青木香奈子

◆アクセサリー提供=Parlina siena

◆演出助手=高柳明子、杏花

◆舞台監督=前田雅也

◇製作=Dance Company α

<問合せ先>

KizuNaチケットセンター

Emai : kizuna20110626@gmail.com

TEL : 080-6791-8222

<公演日程>

6月 25(土) 26(日)  

昼 13:00 12:00

夜 18:00 17:00

      開場は開演の45分前

『 Dance Company α 』とは、

師と仰いでいる松本敬治氏から受け継がれたダンススピリッツを元に、

妹・松本菜穂氏(元宝塚歌劇団)がたくさんの方々に夢と希望をお届けしたいという想いを込めて

2年前から企画し、実現したカンパニー

「絆」というテーマを掲げて、

踊ることが大好きな熱い仲間たちが各方面から集まり、

松本菜穂氏と親交のある元宝塚歌劇団メンバー、俳優、振付師、

バイオリニストを加えて奏でる夢のコラボレーション

第一部 DANCE & ACT!「Relation〜絆〜」

第二部 DANCE SHOW TIME

総勢90名の熱い思いとパフォーマンスで、

皆様に笑いと涙と元気をお届けします!

2011-06-16

今日、21時からフラメンコ番組

NHK BSプレミアムで21時からフラメンコ番組。

どんな番組になるのだろう、切り口が面白いので楽しみだ。

21:00 Amazing Voice 驚異の歌声「イベリア半島(1)フラメンコ

藤井フミヤ元ちとせの贈る驚異の歌声。フラメンコは本場では歌が主

役!伝説の歌手ハイメ、その娘はCDがヒットした人気の歌姫マリナ。父と娘が難曲の競演に挑む!

2011-05-23

小松原庸子スペイン舞踊ビデオDVD編集中!

小松原庸子スペイン舞踊研究所第43回研究発表会のビデオDVD編集中!もう少しで上がります。

小松原先生は、パンフレットの冒頭で、「今回は嘗てない未曾有の大災害に見舞われこの会が中止になることも考えられた」と書いています。しかし、生きる大切さを謳うフラメンコを通して、明るい未来を感じていただき、一日も復興のお役に立つことの大切さも訴えています。

生涯フラメンコに人生全てを捧げてきたような先生ですから、その言葉に半端でない重みを感じました。

遠くからお見かけしましたが、本当に元気そうでした。何だかやる気が漲っているようでした。

今年も、第41回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ2011」(7月30日、17時半会場)が日比谷野外大音楽堂で開催されるようです。また、その出演者が凄いです。クリスティーナ・オヨス、アントニオ・カナーレス、マノロ・マリン、ファン・アントニオ、ヒメネス等々、スペインが誇る大物アーティストたちです。

被災者を支援するために友情出演してくれるそうです。

さすが、凄いプロデュース力、小松原先生しかできないことです。

素晴らしい!感謝!

2011-05-16

フラホイケのビデオDVD撮影

MAKANA OF ALOHA Ho ‘ ike Hawai’ I フラホイケ 2011 

〜豪華スペシャルゲストバンド ラウラがやってくる〜 

練馬文化センターで開催されたフラホイケのビデオDVD撮影をしました。

震災後、久しぶりに元気をもらったとっても素敵なホイケでした。

LauLaとは、松井 貴志(Vo,G)と、来海 大(Vo,Uku)で、1999年にを結成し、湘南を 拠点に活動を開始したまだ30台になったばかりの若いバンド。このバンドが今世代を超えて今、支持されています。

ホントとっても良かった!これから応援したくなりました!

FM YOKOHAMA LauLa レギュラー番組をもっているそうです。


撮影はホイケだけではなく、出演者の記憶に残るような出来事も撮影しました。

出演は、オナ プア モキハナ(堀内とも子) カイヒクーラニ・フラスタジオ(桜井久美)カ ヴァイ ホオマーラマラマ(カラマ ロコ 小川) カプア・レイ・フラスタジオ(竜原もとこ)ケイ フラ クラブ(吉田佳子) スタジオ ナプア エコル(ヒイラマウナ中嶋 中嶋三枝) スタジオ ナ プア エコル(ヒヴァイ 小澤 小澤恵子)ティアレ ヒナノ グループ カトレア(鈴木幸子) レイ ヒカケ(森山章子)フラ ハラウ オ ピイ ケア(佐藤操子)フラ フイ アロハ(島谷ゆき子)モハラ フラ スタジオ(柿沼敏子)の先生方と生徒さんでした。司会は、柏木恵子さんです。

とっても素敵なホイケだったので、素敵な作品になると思います。

これから、編集に入ります。

出演された方たち、もう少し待ってくださいね!

皆様の記憶に残るようなホイケDVD作品を作ります。楽しみにしていてください。

2011-05-11

クラシック音楽DVD映像教材の制作について

スタジオ・オズはクラシック音楽のDVDビデオ映像教材なども制作しています。また、楽器などのプロモーションDVDビデオ映像も制作実績があります。

音楽教材

音楽実技(アドヴァンス・エチュードピアノマーチ曲集)聖徳大学

音楽実技(アドヴァンス・エチュードピアノマーチ曲集)聖徳大学

   楽しく学べるバイエル 聖徳大学


ヤマハ株式会社 VP

   おすすめしますグランドピアノ(出演ピアニスト仲道郁代)

   サイレントアンサンブルピアノ(出演ピアニスト:仲道佑子)

   おすすめしますサイレントバイオリン(出演バイオリニスト:奥村   愛)

   おすすめしますサイレントチェロ(出演チエリスト:古川展生)

   初めて楽器を手にしたあなたに バイオリン

   グランタッチの世界

   アビテックスの世界

 クラシックコンサート、ピアノ発表会などの記録もカメラ1台から、DVDビデオ映像を制作しています。ジャケット、DVDの盤面印刷付きです。お気軽にご連絡ください。

http://www.ozv.co.jp/

TEL 03−3441−4322

2011-05-09

音楽家 青島広志先生とオペラ・クラシックコンサートのDVDビデオ撮影。

音楽家 青島広志先生は、いまや中高年、子どもの星。

でも、僕と出会った5年ほど前はそんなには忙しくはなかった。

クラシック音楽家は堅い雰囲気の人が多い。

そんな中で、青島先生は、クラシックの名曲を明るく楽しく聴かせる不思議なキャラを持っています。

亡くなる前によくうちの会社に遊びに来ていた、山本直純さんと似ているところもある。

おかしな人に見える青島先生であるが、実は、内面は堅物だ。

彼自身、音楽家として日本で食べていくことがいかに大変であるか良く知っている苦労人でもある。

うちでの最初の仕事は、楽典のDVD制作。

その頃、日本実業出版社から2005年に出版されていた「やさしくわかる楽典」が静かなベストセラーになっていました。

これをクラシック音楽関係で、多くの著作を制作している桜井知子女史が、アドバイザーとして制作に加わり、映像化しようという話になり、DVD化したのです。

この作品が結構売れたのです。

それ以降、毎年のように、青島先生の作品を「ブルーアイランド」シリーズとしてDVDビデオ映像を制作することになりました。ここに一部紹介します。


ブルーアイランド氏のオペラ小史

ブルーアイランド氏の丸わかりモーツァルト

ブルーアイランド氏の日本歌曲

ブルーアイランド氏のペール・ギュント

ブルーアイランド氏の蝶々さん海をわたる

ブルーアイランド氏の青い鳥はどこにいる


青島先生の芸は、お客様を笑わせるというよりは、「笑われる芸」です。お父さんが演芸場支配人をされていたとても面白い方だったようで、そういう血も流れているのかもしれません。

そういうわけで、これらの仕事を通して、オペラなどのUPの撮影の仕方、編集の方法など、随分鍛えられ勉強させもらいました。

僕らの仕事もホント日々勉強です。出会うアーティストによって、それぞれ考え方が違います。

それを理解する、それが大切だと思っています。

お陰様で、クラシック音楽の発表会、コンサートのDVDビデオ撮影などの仕事もやらせてもらえるようになりました。カメラ1台から、小ホールからサントリーホールなど大ホールでのビデオDVD撮影も承ります。

http://www.ozv.co.jp/satsuei/satsuei/kouen03.html

2011-05-02

プロの踊り手になれる人は・・・映像記録・私見!

いままで多くのフラメンコ発表会を撮影していて思うことは、プロの踊り手になるような人は、はじめて3年から5年くらいで、ある程度まで一気にうまくなってしまう。そこが大切で、輝く踊りを続け、躓かないで一気にどこまでうまくなるかが勝負になる。

しかしある時急に停滞する。それまで、踊る度に驚かされていたにもかかわらず、何だか進歩が目に見えなくなってくる。マンネリ感が漂い、魅力が一気に失せる。

多くの練習生は踊りに雑さがなくなり、粗がなくなり美しくなっている。しかし、ここでフラメンコにとって最も大切なエネルギー、殺意のような感覚が失われてしまう人も多い。しかし、この時、実力がプロの域に達しているかが大切なのだ。

残念ながら、多くはプロのチカラまで達していない。ここで終わりなのだ。ある域まで達しているのは、ホント稀にしかいなしかしいのだ。

逆に変な癖を日本人だからつけてしまったりして脱落する人もいる。

特に日本人男性舞踊家に多いが、サパティアートを打つとき、腰を落として打つ癖を身につけてしまう人が多い。これはスペイン人ではあり得ない変な踊りなのでとっても残念だ。

ある程度完成してから、そこからまた更に伸びていくような踊り手は本当に少ない・・・がいるのだ。

それは映像という仕事で関わっていてとても期待もしている。

そういう踊り手が独創性を追求して、一流になっていく。そういう人には。茨の人生が待っている。それがプロの道だ。

プロとして、僕がその一流を感じられるアーティストは、数十人知っているアーティストの中で、小島章司先生、AMI(鎌田厚子)先生、鍵田真由美先生だ。

追求する踊りも精神性もそれぞれ違う3人だが、とても尊敬できるアーティストである。

僕は、今の30代以下の踊り手をあまり知らないが、この人たちに続くアーティストが生まれることが楽しみだ。是非、知り合いたいといつも思っている。

プロのカメラで記録する大切さも知って欲しいといつも思っている。

以前、大沼由紀さんが公演を販売したいと言うことで、編集調整をうちでやったことがあった。しかし残念ながら、クオリティの悪いカメラで撮影された作品はどうにもならなかった。プロの映像制作者からみれば、記録も台無しである。

自宅でクルシージョというパセオから出ている教則を編集しているときも、岡田昌巳先生や高橋英子先生の映像記録に対する希薄さには驚かされた。画質の悪いカメラでしか記録されたものがないのだ。

二人の先生とも、僕の言うことを理解してくれて、クオリティの高い映像の大切さをわかってくれるようになったのは嬉しい。

そういうことに気づかないアーティストがあまりに多いのでいつもがっかりする。

是非、記録することの大切さも知って欲しいと思っている。

http://www.ozv.co.jp/

2011-04-30

発表会・ステージのDVDビデオ撮影はスタジオ・オズ(東京・恵比寿)

スタジオ・オズ(東京恵比寿)は、フラダンスジャズダンスベリーダンスクラシックバレエヒップホップフラメンコクラシック、コンサート、 発表会、イリュージョン、 私たちはあらゆるステージを撮り続けてきました。

カメラを複数台を使い、映像の切り替えや合成された、編集仕上げができます。CDや生演奏の音を直接ケーブルを引いて収録し、その他に会場音(拍手、手拍子など)も収録します。

編集時には二つの音を調整し、音楽はクリアで、それに拍手・手拍子などを加え、 より臨場感のあふれる映像を作ります。また、オープニング・エンディングも作成しています。

納品は、ジャケットデザインしてDVD−Rです。

http://www.ozv.co.jp/