モーグルとカバとパウダーの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

モーグルやカバ(EXカービングスキー)、山スキー(BC)の山行記録などがメインの日記です。
いろんな条件のいろんなところを、その時々の条件にあった滑り方で楽しむ、フリースキーをして遊んでいます。

検索で来られた方は、上の検索窓から再度検索していただくか、右サイドバーのカテゴリーやトピックスの項目で絞り込んでみてください。
仕事柄、コンピュータ系のネタも多いので、スキー関連ネタだけ読みたい方は[ski]、コンピュータ関連ネタは[pc]、スパム関連ネタは[spam]で絞り込んでください。

2009-11-27 (Fri)

[]フレッツ光接続で非常に遅いページがあるのはNTTIPv6使って身勝手なサービスしてるせい フレッツ光接続で非常に遅いページがあるのはNTTがIPv6使って身勝手なサービスしてるせいを含むブックマーク フレッツ光接続で非常に遅いページがあるのはNTTがIPv6使って身勝手なサービスしてるせいのブックマークコメント

Bフレッツフレッツ光ネクストで非常に速い速度で繋がっているにもかかわらず、ページの表示に非常に時間が掛かる場合がある。

これはフレッツの公式のサポートページにも載っている問題だ。

MacOS 10.4.xでの特定WEBサイト表示遅延の事象の回避方法|フレッツ公式|NTT東日本

IPv6を使わないようにするとこの問題は解決するのだが、この解決法ではIPv6を使うサービスは逆に使えなくなってしまう。

というか、この問題のせいでIPv6対応しようとするといろいろと不具合が発生してしまうのだ。


(2011/5/27 追記)

BフレッツIPv6アドレス割り当てに関する注意事項|フレッツ公式|NTT東日本

http://flets.com/customer/ipv6_setting.html

ここにNTTが提供している「フレッツIPv6セットアップツール」というものがあるので、それをインストールするのが一番良い対応になると思う。

(/追記)


なぜこんなことが起こるのか。


実はBフレッツだと、接続したと同時に、NTTからDHCPで勝手にv6IPアドレスが割り振られてくる。

そのため、VistaWindows7MacOS 10.4以降のように、IPv6が最初から入っているOSを使うと(ルータを使っていても、ルータIPv6パススルー機能を持っていると)デフォルト状態でそのIPv6アドレスが割り振られる。

これはPPPoE接続が行われる以前に、NTTが振ってくる。

つまり、普通のインターネット接続IPv4で接続される場合には、契約している接続プロバイダが割り振ってくるIPアドレスを、v6についてはNTTが割り振ってくるということだ。

Bフレッツでやってるいくつかのサービス、例えば「ひかりTV」だとかはこのIPv6のアドレスを使ってサービスされていると考えられる。(「と考えられる」と書いたのは、ホームページ上にどの通信を使ってサービスしてるか書かれていないので、公式には発表されていないことを断定してかけないため)


でもこれのなにが問題なの?と思うだろう。


NTTIPv6アドレスを割り振ってくれるのなら、それでv6の接続は出来るようになるんだからいいじゃん、と思うのではないだろうか。

でも、そううまくはいかない。

このIPv6アドレスは、あくまでNTTのフレッツ網内だけで通信できるようになっており、「インターネット」へは出て行けないのだ。

つまり「フレッツ網という巨大LAN」内だけしか通信できなくなってるわけ。

あと、ちょっと考えれば気づくが、もしこれでインターネットに出て行けるようになっていたら、Bフレッツの契約だけでよくなるんだから(v6が一般的な世間になっていれば)接続プロバイダは不要になってしまう。


そこで一番最初の問題がなぜ起こるのかを説明する。


NTTが割り振ったv6IPを見て、PCは自分がv6ネイティブで接続していると思うため、DNSを引いてAAAAが返ってくる、つまりv6ネイティブで接続できると返してくるサーバに対しては、まずv6で接続しようとするのだ。

でも、割り振られているv6IPは、あくまでフレッツ網内部にしかアクセスできないものだから、当然接続できずにタイムアウトする。

タイムアウトしてやっとv4での接続にフォールバックして、接続できるようになる。

そのタイムアウト待ちに時間が掛かるため、接続速度が非常に速いにもかかわらず、ホームページの表示が遅いという現象が起きてしまうのだ。

ちなみにメールソフトの場合だと、OE/Windows Mail/Live MailやMac Mailではフォールバックしてくれないようで、MXv6IPも設定してしまうとメールの送受信が出来なくなるという障害が起きてしまう。

これが理由でサービスのIPv6化したくても出来ないところもあるのではないだろうか。


それでも、それほど大きな問題ではないように見えるかもしれない。


v6はマルチホームといって、一つのネットワークインターフェイスに複数のv6IPを割り振ることが出来る。

だから、NTTが割り振ったv6IPの他に、接続プロバイダv6IPを割り振るようになれば、インターネットへの通信はそのv6IPから出て行くようになるから大丈夫になるはずだ。

…と考えると思うが、実はそううまくいかない。

NTT東西の出している、NGNIPv6サービス仕様書に凄いことが書いてあるのだ。

[PDF]NGN IPv6 ISP接続 <ネイティブ方式> サービス仕様書

www.ntt-west.co.jp/open/ngn/pdf/ipv6_native_service.pdf

接続事業者のアドレス空間

○収容可能な接続事業者は3社とする

○持ち込むアドレス空間は/23とする

3社って… OCNWAKWAKぷららでおなかいっぱいですが。


(追記)

NGNネイティブ接続事業者が3社決定、いずれもIX事業者 - ニュース:ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091204/341494/?ST=neteng

選定されたのはBBIX、インターネットマルチフィード、日本インターネットエクスチェンジの3社。いずれも複数のインターネット・サービス・プロバイダなどを接続するIX事業者である。

とのことで、ネイティブ接続できるのはIX事業者だけとのこと。

フレッツ経由でv6ネイティブ接続を提供したい場合には、このIX事業者経由で契約をしろってことなのかな??

このあたりのNTTの方針がよく解らん…

ーーー追記終わり


こうやって見ていくと、NTTv6を使うことで、逆に日本でのv6の普及を阻害しようとしているとしか思えない。

もしくは、ほとんど独占的な光回線のシェアと、IPv6化という理由を使って、i-modeみたいな世界を「日本のインターネット」に作ろうと考えているのではないのか?と邪推すらしてしまう。

誰かNTTになんとか言ってやってください…



(2011/5/10 追記)

日本のISPのWorld IPv6 Day対応について

http://www.kokatsu.jp/blog/ipv4/news/2011/04/ispworld-ipv6-day.html


原因について書いてある所

日本では、NTT東西のフレッツのFTTHサービスが閉域網のサービスのためにIPv6アドレスをエンドユーザーに割り当てていることから、IPv6に対応している端末の場合、自動的にIPv6アドレスが設定されます。そのため、インターネット上のサービスがAAAAレコードを登録した場合、閉域網用のIPv6をソースアドレスとしてサービスを利用しようとします。ISPIPv6の接続性を提供している場合にはマルチプレフィックスのソースアドレスセレクションの問題が発生します。提供していない場合にはIPv6からIPv4へのフォールバックが発生し、IPv4にフォールバックするまでの1秒から30秒程度の遅延が生じる可能性があります。


そして対策として

  • ポリシーテーブルの導入

これに対しては、WindowsではRFC3484(※3)で規定されているポリシーテーブルを記述することで問題を回避することができます。しかしながら一般ユーザーには困難な作業であることが予想されるため、業界関係者の間ではポリシーテーブルを記述するソフトウェアを開発し、6月8日までに配布することが検討されています。

  • AAAAフィルターの導入(暫定的な対策)

ローカルオンリーのIPv6環境及び実験的なIPv6トンネルの利用において、通信の遅延、スループットの低下や通信の断裂を避けるために、IPv6グローバルリーチャビリティ環境を完全に持っている端末やアプリケーションに対してのみ参加サイトのAAAAレコードを通知するという仕組みが考えらます。このためには、ISPDNSIPv6トランスポートによるアクセスに対してのみAAAAレコードを応答するというフィルターを挿入する手法があります。

本フィルターについては、Bind 9.7以降のバージョンにおいて実装がされており、設定することにより動作させることが出来ます。

World IPv6 Dayに対応したAAAAフィルターの運用は日本のISPにより実施される予定です。


なんでこんなバカバカしいことやんなくちゃいけなくなったのか…

いけだ@国分寺いけだ@国分寺 2009/11/29 22:56 うちはマルチホームでそこそこうまく動いています。

en0: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
inet6 fe80::217:f2ff:fecc:da3c%en0 prefixlen 64 scopeid 0x4
inet 192.168.xx.23 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.xx.255
inet6 2408:xx:xxxx:2f3:217:f2ff:xxxx:xxxx prefixlen 64 autoconf
inet6 2408:xx:xxxx:2f3:d5:7402:xxxx:xxxx prefixlen 64 autoconf temporary
(一部伏せ字)
1つめはLink LocalいわゆるBonjourサービスによって振られたアドレス。
お家内のローカルサービスはこれで流れています。1階と2階を繋ぐ無線LANが
これを通してくれないのが泣き所。

2つ目はfletsが振ってると思われるアドレス。
3つ目はどこでもMy MacというAppleが提供しているIPトンネリングサー
ビスが振ってくれているIP。
fletsは実質使っていないのですが、どこでもMy Macは元気に使わせても
らってます。これはMobile MeというアップルのサーバーがIP v6のアド
レス交換をしてくれるのでうまく抜けられる所通しでは家と簡易VPNが
張れるので結構便利です。

で、遅くなる件ですが、RAがflets側が[プライベート」なくせにデフォ
ルトルートを主張してくる事が結構問題なんだと思います。これを受け
ないようにしてやれば旨くいくんじゃないかな?うちはルーターでこれ
はせき止めてます。このへんがあるのでYAMAHAのルーターから足が洗
えない。WR8500N使っててスループットはこっちのが出るんですけどね。

一応
http://www.ntt-east.co.jp/release/0712/071226a.html
にあるようなサービスがIPv6使っているようです。
うちはフレッツTVも使っているので以前間違えてipv6パケットを輻輳さ
せてしまったときテレビが砂の嵐になりました:-p

西の人はCTUがいろいろやってくださるようで大変のようですが東はONU
でシンプルなのでちょっと幸せです。

stealthinustealthinu 2009/11/29 23:19 うはー、おもいっきり濃いいコメントいただいてありがとうございます。

そうなんですよ。プライベートなくせにデフォルトルート言ってくるんですよね。
だから対策として、ルーティングの設定変更する小さなバッチファイルみたいなものを提供する?とかいう案も考えていました。
でもそれも、万能ではないんですよね。もしいけださんとこみたいに、意図してIPv6使ってる人の場合には、使うとおかしくなっちゃう可能性高いので。

あと、やっぱIPトンネリングでやってるんですね。
どうもNTTとしては、我々下々の者がv6振りたいならトンネリングでやれや、という方針らしいです。
なんでネイティブでは振らせないんだよ??と不思議でならんのですが、そこが最後に邪推した理由です。
普通のインターネット接続を、トンネリングするツール使ってまでやる一般人なんていませんよね…

「IPv6映像視聴等機能」がIPv6利用なんですね。
このリスト見る限り光電話はv6使ってないのかな。

ところで、IPトンネリングサービスの利用について、参考になりました。
仕事先でIPv6トンネリングサービスをトライアルで提供しているんですが、テスト利用以外で具体的にどういった要望あるか、ぜんぜん思い浮かばなかったので。

miyamiya 2010/01/15 17:30 NGNは技術的問題より、政治的な問題の方がはるかに多いですからね。代表ISP方式も、ISPの利益を確保しつつ、ネットワークの利便性・将来性もなるべく実現したいという苦肉の策と言えると思います。

NTTは将来IPv6がスタンダードになることはわかってますし、IPv6によってインターネットの可能性が大きく広がることもわかってますから、せめてNGNではネイティブにIPv6で通信できるようにしたかったのですが、ISPの猛反対やNTT法の絡みもあり、仕方なく、ダミーの子会社を作るような感覚で代表ISPを間に置いたと。

むしろISPの要望のままいったら、v6はトンネルを張るしかなくなっていたはずです。v6でP2Pを使いたいにも、ISPの設備がおいつかなくなって、やれ規制だ帯域制限だになってしまうでしょう。

あと既存Bフレッツでグローバルアドレスが振られているのは、地域IP網内で自由に通信できるためです。いくら閉鎖網といっても日本全国で数千万人が使っている巨大ネットワークですからね。

stealthinustealthinu 2010/01/19 12:37 んー、ISPが猛反対してたのですか。身近な人からはその話を聞いてなかったので知りませんでした。
完全にv6推進派に組みしてるからかなあ…
v6でP2P使うときの帯域制限という話は、現状でv4でもやりたがってるわけなので、また別件かな、という気がします。

Bフレッツでグローバルアドレス振ってる理由はもちろんわかりますが、それをやられると、ここで書いたような問題起ること、わかってたと思うんですよね。
そして、それによって逆にみんながv6への移行がちょっとしにくくなることも。
そういうところが「巨大ネットワーク」持ってるんだから、もうちょっと考えてやってよ… と思うのです。