steletoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-02-21

GPD WINにrEFIndを入れる 01:32  GPD WINにrEFIndを入れるを含むブックマーク  GPD WINにrEFIndを入れるのブックマークコメント

あの時移植やると言ったな、あれはまだ仕事が終わってないから冬休みの状態から1ミリも進んでないぞ。ウボァ−

てなわけでGR-PEACHは放置中なんだが、ふとGPD WINにrEFIndを入れてみたら動いたので忘れる前にメモっとく。

インストール手順は基本的に「Installing rEFInd Manually Using Windows」の通り。ただ最初試したときは手順10のdescription設定は行なわかなったんだけど、どうも設定がうまくいっていないようで電源ONしてもrEFIndではなく普通にWindowが立ち上がるという状態のままだった。そこで「Alternative Naming Options」の通りに試したり、もう一度インストール手順を(今度は手順10まで)やり直したりと色々やってたら電源ONでrEFIndが起動するようになった。Alternative Naming Optionsで変更したところを戻してもrEFIndが起動するので、たぶん最初のインストールでどこか失敗したんだと思うけど結局理由は不明。

rEFIndが起動するようになったら "refind.conf" にこんな設定をしておくと起動時にNetBSD選択できるようになる。当然あらかじめどうにかして本体eMMCにNetBSDを入れておく必要があるんだが、やり方は忘れた(たしかUSBメモリUEFIインストールイメージを突っ込んで起動させ、後は手動で展開したような)。なおアイコンはrEFIndに付属してたやつをそのまま使用している。ちなみに付属アイコンWinOS Xに主要LInuxディストリFreeBSD、はてにはHaikuまで用意されているがOpenBSDは無い。何故だ。

menuentry "NetBSD" {
	loader /EFI/NetBSD/boot/bootx64.efi
	icon /EFI/refind/icons/os_netbsd.png
}

んで起動したときのがこれ。旗を選ぶとちゃんとNetBSDが起動する。画面のローテーションはどうにかしたいがUEFIで何か方法あるのかな。

ただ、今GPD WINに入っている7.99.42だと問題なく起動するものの、8.99.12だと本体eMMCのmountに失敗する模様。currentだしそんなもんかなーということで時間を置いたらまた試すかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/steleto/20180221/1519230751