steletoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-15

[] CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決12:39  CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決) - steletoの日記 を含むブックマーク  CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決) - steletoの日記 のブックマークコメント

HDDがダメなのかなーということで安いSSDを手配してCubieBoardに接続……したけどfdiskでコケよる。ただfsckのこともあったしたぶんNetBSD/evbarmのどっかがおかしんだろーなーと母艦側でfdisk→disklabel→newfsまでお膳立てしたところ無事にインストール完了。

俺「ふむ、pkgsrcのビルドを始めたけど問題なさそうだしこの様子なら大丈夫かな」

→剥き出しで繋いでいたSSDを机の端に移動させる

SSDCRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error

俺「あっこれケーブルが駄目なやつだ

SATAケーブルの根本を折るようにして筐体に無理矢理押し込んでいたという心当たりもあるので薄手のSATAケーブルに交換。これで本当に大丈夫なはず。原因がケーブルということになるとHDDは問題ないということになるんだけど、消費電力とかもあるからこのままSSDでいく予定。

ちなみにCubieBoardは基盤上のピンコネクタから+5Vを供給するため、専用のSATAケーブルが付属している。ただしこれSATAと一体化しているタイプなので、SATAだけ別のケーブルに交換するということができない。というわけで

f:id:steleto:20170715121736j:image

鋸で真っ二つの刑。力技もいいところだけど電気的には問題なし。

なおSSDは結局WDのWDS240G1G0A(240GiB)にしたんだけど、 Nothing found for Solid State Drive Western Digital Green Pc Ssd 240Gb にある分解写真を見たら(スッカスカなのはまぁいいとして)基板におもいっきり『SanDisk』って書いてある。やっぱ中の人一緒じゃねーかコレ。





ところで今朝から母艦のNetBSDが起動しなくなったけど今度はなんなの。GR-PEACH移植進まねぇ…

2017-07-06

[] GR-PEACH + U-Bootでtftpboot 00:37  GR-PEACH + U-Bootでtftpboot - steletoの日記 を含むブックマーク  GR-PEACH + U-Bootでtftpboot - steletoの日記 のブックマークコメント

f:id:steleto:20170707001135j:image

f:id:steleto:20170707001132j:image

会社帰りにパーツ屋へ閉店時刻ぎりぎりに滑り込んでLANコネクタを買ってきた。んでボードにハンダ付けして早速動作確認。TFTPの使い方をよく知らないのでGoogle先生に聞きながら適当に実施。

まずDHCPIPアドレスを取得する。

=> setenv autoload no
=> dhcp
sh_eth Waiting for PHY auto negotiation to complete.. done
sh_eth: 100Base/Full
BOOTP broadcast 1
BOOTP broadcast 2
DHCP client bound to address 192.168.0.7 (577 ms)

お、取れた。ということはU-Bootで通信はできているということなので一安心。

次に接続先のIPとファイル名を指定。

=> setenv serverip 192.168.0.5
=> setenv bootfile netbsd.bin

tftpbootコマンドで先ほど指定したIPアドレスからファイルをダウンロードして0x20000000に展開。

=> tftpboot
sh_eth:0 is connected to sh_eth.  Reconnecting to sh_eth
sh_eth Waiting for PHY auto negotiation to complete.. done
sh_eth: 100Base/Full
Using sh_eth device
TFTP from server 192.168.0.5; our IP address is 192.168.0.7
Filename 'netbsd.bin'.
Load address: 0x20000000
Loading: #################################################################
         #################################################################
         #################################################################
         ###################################
         2.8 MiB/s
done
Bytes transferred = 3376148 (338414 hex)

ダウンロードは1〜2秒で終わるので後々トライ&エラーする羽目になってもストレスが溜まることは無さそう。

で実行。

=> go 0x20000000
## Starting application at 0x20000000 ...
hey, favstar! ban stop me premiamu! -- @toshi_a

よし動いた。

というわけでなんとか目処は着いたので移植に専念できそう。よかったよかった。

2017-07-05

[] GR-PEACHでxputc 00:54  GR-PEACHでxputc - steletoの日記 を含むブックマーク  GR-PEACHでxputc - steletoの日記 のブックマークコメント

GR-PEACHNetBSD載せらんねーかなという実験の手始めとしてブートローダのところを見ていると、どうもシリアルコンソールにデバッグ出力としてxputcというサブルーチンで行っているものがある。実態はおそらくsrc/sys/arch/arm/cortex/a9_mpsubr.SっぽいけどどうもRZ/A1Hでそのまま使えるかというとなんか微妙な気がする…ということでRZ/A1H向けのxputcを実装してみた。xputc以外はビルドを通すために用意しただけので空関数だったりと超適当。

おRZ/A1Hのシリアル出力は最大16文字分のバッファがあるので、正しくシリアル出力ができているかを確認したい場合は16文字以上の文字列を出す必要がある。それと文字化けや欠けが発生してもわかるよう、それなりの意味のある文字列が望ましい。…ということで10秒くらい考えた結果こうなった。

	.section .start,"ax",%progbits

	.global	_C_LABEL(grpeach_start)
_C_LABEL(grpeach_start):
	PRINT("hey, favstar! ban stop me premiamu! -- @toshi_a")

loop:
	b loop

と、こんなておくれプログラムでとりあえずxputcでシリアル出力ができることは確認できた。

ただこれでできたnetbsd.binをGR-PEACHに読ませようとしたときに気がついたんだけど、今のところ3MBはあるnetbsd.binをGR-PEACHのメモリに配置する方法がない。というのも、

  • シリアル(xmodem等) → なぜか600KiBほど転送した段階で固まる
  • USB → microUSB端子に刺さるものを持っていない
  • Ethernet → u-bootで対応しているようだけどコネクタを付けていない、ついでにHUBのポートも足りない
  • microSD → まさかのu-boot未対応

という状況。ちなみにxputcの確認はどうせコードは手前の領域だろうということで、xmodem転送中にフリーズしたらリセットして何食わぬ顔で実行、という手段で良かったんだけども。ぐぬぬ

2012-08-08

[] なつやすみ の じゆうけんきゅう 02:34  なつやすみ の じゆうけんきゅう - steletoの日記 を含むブックマーク  なつやすみ の じゆうけんきゅう - steletoの日記 のブックマークコメント

f:id:steleto:20120807234413j:image

秋月の「LCDオシロスコープキット」を組んだ。

ただし買ったのは1年前。

ちなみにこのキット、付属の電解コンが出所不明の胡散臭いやつなのでマトモなメーカーのに交換している人が多い模様。というわけでこれも全て日ケミ製のに交換済み。ただそれでも500Hzのテストパターンを表示させたときにGNDが微妙にあばれる現象がでているけど、そもそも性能を求めるようなものでもないのでまぁいいかなと。

f:id:steleto:20120807234449j:image

続いて同じく秋月の「H8/3069Fネット対応マイコンLANボード」も組んだ。

ただし買ったのは2年前。

こっちは組み終わってから手持ちのシリアルケーブルだと挿さらないことに気付いたので動作確認してなかったり。てなわけで動かすのは変換コネクタを用意してからになる。


…あれ今気付いたけどもしかしてRaspberry Piとあんまり値段変わらない?

2011-02-21

トラックボール修理 02:11 トラックボール修理 - steletoの日記 を含むブックマーク トラックボール修理 - steletoの日記 のブックマークコメント

ノートPCに挿しているトラックボールのケーブルが断線した模様。本体側なら分解して切り貼りするだけなんだが、あいにくUSB端子側で分解できず。

f:id:steleto:20110219222150j:image

つわけで100円にてUSBケーブルを買ってきて交換することにする。

普通のマウスにこういうバネ状のケーブルを使うと手を離した拍子にカーソルが飛んでいってしまうのだが、トラックボールならその点問題なし。

f:id:steleto:20110219232935j:image

  • コネクタを外す
  • ピンを一本一本外す
  • ケーブルを2mmほど残して切る
  • 残ったケーブル端に新しいケーブルを半田付け
  • ピンをコネクタに戻す

とこうなる。半田付けを手早くやらないとこんなふうに皮膜がデロデロになるので注意。ショートされても困るのでこの後ホットボンドで埋めておく。

f:id:steleto:20110219234107j:image

組み立てて修理完了。