steletoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-15

[] CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決12:39  CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決) - steletoの日記 を含むブックマーク  CubieBoard2サーバが起動しなくなった問題(解決) - steletoの日記 のブックマークコメント

HDDがダメなのかなーということで安いSSDを手配してCubieBoardに接続……したけどfdiskでコケよる。ただfsckのこともあったしたぶんNetBSD/evbarmのどっかがおかしんだろーなーと母艦側でfdisk→disklabel→newfsまでお膳立てしたところ無事にインストール完了。

俺「ふむ、pkgsrcのビルドを始めたけど問題なさそうだしこの様子なら大丈夫かな」

→剥き出しで繋いでいたSSDを机の端に移動させる

SSDCRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error』『CRC Error

俺「あっこれケーブルが駄目なやつだ

SATAケーブルの根本を折るようにして筐体に無理矢理押し込んでいたという心当たりもあるので薄手のSATAケーブルに交換。これで本当に大丈夫なはず。原因がケーブルということになるとHDDは問題ないということになるんだけど、消費電力とかもあるからこのままSSDでいく予定。

ちなみにCubieBoardは基盤上のピンコネクタから+5Vを供給するため、専用のSATAケーブルが付属している。ただしこれSATAと一体化しているタイプなので、SATAだけ別のケーブルに交換するということができない。というわけで

f:id:steleto:20170715121736j:image

鋸で真っ二つの刑。力技もいいところだけど電気的には問題なし。

なおSSDは結局WDのWDS240G1G0A(240GiB)にしたんだけど、 Nothing found for Solid State Drive Western Digital Green Pc Ssd 240Gb にある分解写真を見たら(スッカスカなのはまぁいいとして)基板におもいっきり『SanDisk』って書いてある。やっぱ中の人一緒じゃねーかコレ。





ところで今朝から母艦のNetBSDが起動しなくなったけど今度はなんなの。GR-PEACH移植進まねぇ…

2017-07-05

[] GR-PEACHでxputc 00:54  GR-PEACHでxputc - steletoの日記 を含むブックマーク  GR-PEACHでxputc - steletoの日記 のブックマークコメント

GR-PEACHNetBSD載せらんねーかなという実験の手始めとしてブートローダのところを見ていると、どうもシリアルコンソールにデバッグ出力としてxputcというサブルーチンで行っているものがある。実態はおそらくsrc/sys/arch/arm/cortex/a9_mpsubr.SっぽいけどどうもRZ/A1Hでそのまま使えるかというとなんか微妙な気がする…ということでRZ/A1H向けのxputcを実装してみた。xputc以外はビルドを通すために用意しただけので空関数だったりと超適当。

おRZ/A1Hのシリアル出力は最大16文字分のバッファがあるので、正しくシリアル出力ができているかを確認したい場合は16文字以上の文字列を出す必要がある。それと文字化けや欠けが発生してもわかるよう、それなりの意味のある文字列が望ましい。…ということで10秒くらい考えた結果こうなった。

	.section .start,"ax",%progbits

	.global	_C_LABEL(grpeach_start)
_C_LABEL(grpeach_start):
	PRINT("hey, favstar! ban stop me premiamu! -- @toshi_a")

loop:
	b loop

と、こんなておくれプログラムでとりあえずxputcでシリアル出力ができることは確認できた。

ただこれでできたnetbsd.binをGR-PEACHに読ませようとしたときに気がついたんだけど、今のところ3MBはあるnetbsd.binをGR-PEACHのメモリに配置する方法がない。というのも、

  • シリアル(xmodem等) → なぜか600KiBほど転送した段階で固まる
  • USB → microUSB端子に刺さるものを持っていない
  • Ethernet → u-bootで対応しているようだけどコネクタを付けていない、ついでにHUBのポートも足りない
  • microSD → まさかのu-boot未対応

という状況。ちなみにxputcの確認はどうせコードは手前の領域だろうということで、xmodem転送中にフリーズしたらリセットして何食わぬ顔で実行、という手段で良かったんだけども。ぐぬぬ

2015-04-13

[]micropolisのpkgsrc対応 00:45 micropolisのpkgsrc対応 - steletoの日記 を含むブックマーク micropolisのpkgsrc対応 - steletoの日記 のブックマークコメント

f:id:steleto:20150414003146p:image

ぶっちゃけ4年前のコレ。この時は野良ビルドだけだったのでなんとなくpkgsrc化しようかなーとか思ってたらリンク先が404になってたので、元ネタと思わしきリポジトリ(ココ)のパッチを当てるようにした。

とりあえずできたっぽいんでgithubに放り投げてみるテスト。

ところで上のスクリーンショットは1024x768で表示されたときのなんだが、これウィンドウのうち左ほとんど半分が固定幅で喰っているのでVGAで表示したら悲惨なことになるんじゃないかという疑惑が。

2014-11-20

[][] コンパイラェ… 01:12  コンパイラェ… - steletoの日記 を含むブックマーク  コンパイラェ… - steletoの日記 のブックマークコメント

気がつけば3ヶ月も空いてた。寒くなってきたので春になるまで家に引き込もってだらだら過ごしたい今日この頃。

それはさておき、ようやく玄箱HGをNetBSD 6.1.5にアップデートしたのでpkgsrcも作りなおしているところ。で、audio/musicpdがgcc4.6を求めてくるようになっていたのでlang/gcc4.6をビルドするもエラーになる。

  • lang/gcc46
Makefile:2365: recipe for target 'build/genpreds.o' failed
gmake[3]: *** [build/genpreds.o] Error 1

まぁ要求されているのは4.6「以上」だからまぁいいか、ということで1つ上げて4.7で。

  • lang/gcc47
Makefile:3850: recipe for target 'build/genflags.o' failed
gmake[3]: *** [build/genflags.o] Error 1

ま、まだ4.8もあるから大丈夫。

  • lang/gcc48
Makefile:3844: recipe for target 'build/genflags.o' failed
gmake[3]: *** [build/genflags.o] Error 1

なんか同じところでコケた? ならば最新の4.9だ。

  • lang/gcc49
Makefile:2365: recipe for target 'build/genpreds.o' failed
gmake[3]: *** [build/genpreds.o] Error 1

('・ω・`)


こうなったらもうバイナリパッケージでもいいかと ftp://ftp.netbsd.org/pub/pkgsrc/packages/NetBSD/sandpoint/ を見てきたけど、どのクォーターのにもgcc4系のパッケージがない。ってーことは、玄箱に特有の問題というわけではなくpowerpc系共通の問題(しかも放置)ということ?

いやまてそういえばCコンパイラということはgccがダメでもclangがあるじゃないか。

  • lang/clang/Makefile
GCC_REQD+= 4.7

アッ (察し

いやまてよさっきのバイナリパッケージでclang-3.4nb1があったからそれをインストールすれば。

結果
インストールできたけどコンパイル時にcore dumpしてhello worldすら出せない

('・ω・`)…


(';ω;`)ブワッ



f:id:steleto:20141121010325p:image *1

*1:炎上ジェネレーター https://enjo-generator.herokuapp.com/ で作成しました

2014-05-21

++age 00:37 ++age - steletoの日記 を含むブックマーク ++age - steletoの日記 のブックマークコメント

所感? うんまぁよく死ななかったなと。あまりの忙しさに『オレ、今の仕事が終わったらC7x0用のサウンドドライバ書くつもりなんだ……』とか死亡フラグ立てながら仕事してたし。

それはさておき、ちとAndroidで遊ぶ用にCubieBoard2をポチってみた。元々はBeaglebone Blackにしようかと目論んでたんだけどもどこも在庫切れているし、どうやら近いうちに登場する新ロットはNANDと値段が増量されるみたいなので、それならこっちでもいいかなーと。RasPiは今のところICS止まりなのとスペックの問題もあるので見送り。あとはAndroidに飽きてもFreeBSDとNetBSDが対応済みみたいだし、この手の小型ARMボードにしては珍しいことにSATAが生えているのでEjectとかSSDあたりを繋いでファイルサーバビルドマシンにも使えそう、というのがポイント。