情報倉庫 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2003-09-25

[]コバルト年表に対するいいわけ 12:20

ターニングポイントは、『クララ白書』『イファンの王女』そして、あさぎり夕や花衣沙久羅を引き込んだこと、と判断しています。

一番困ったのが1980年〜1987年。少女小説花盛りで、多くの作家がそれなりに売れたものを書いています。当時、唯川恵や倉本由布、図子慧が売れていたのですが、「代表作は?」と言われたときにはたと困ってしまいました。久美沙織も、丘ミキ以外の作品って思い浮かばない。氷室冴子は逆に厳選する必要があって困りました。

BL系も読んでいないので、なんとなくこれは売れてそうかな、というものをリストしています。

ライトノベル年表引き写しはやっていません。1979年か1980年の違いはありますが、他2つのターニングポイントの年が同じなのはなぜなんでしょ。

踊るらいぶらりあん氏のティーンズ小説関連年表によると、『炎の蜃気楼』のBL化、BL系作品を多数出すさいきなおこのデビューが1993年なのだそうです。

[]コバルト年表未完成版 12:09

模索の時代

1976
集英社文庫にコバルトシリーズできる
1979
夢枕獏『ねこひきのオルオラネ』

少女の少女による少女のための小説

1980
氷室冴子『クララ白書』
新井素子いつか猫になる日まで
1981
新井素子『星へ行く船』
1983
大和真也『フォックスさんにウインクを』*1
1984
新井素子『ブラック・キャット』
氷室冴子なんて素敵にジャパネスク
久美沙織丘の家のミッキー
1985
藤本ひとみ『まんが家マリナ』
1986
山浦弘靖『死神の時刻表は♠色』*2
1987
団竜彦『学園超女隊』
田中雅美『赤い靴探偵団』

コバルトファンタジーとBLの萌芽

1988
前田珠子『イファンの王女』*3
1989
前田珠子『破妖の剣』
藤本ひとみ『ユメミと銀のバラ騎士団』
若木未生『ハイスクール・オーラバスター』
1990
桑原水菜炎の蜃気楼(ミラージュ)』
1991
コバルトシリーズからコバルト文庫
若木未生『エクサール騎士団(ライエノーツ)』
1992
氷室冴子『銀の海、金の大地』
響野夏菜『カウス=ルー大陸史・空の牙』
水杜明珠『ヴィシュバ・ノール変異譚』
1993
榎木洋子『竜と魔法使い』
1994
若木未生『グラスハート』
今野緒雪夢の宮
金蓮花『銀葉亭茶話』
1995
真堂樹『竜は微睡む』*4
須賀しのぶ『キル・ゾーン』
高遠砂夜『姫君と婚約者』
1996
樹川さとみ『楽園の魔女たち

コバルトBL化と学園小説への回帰

1997
野梨原花南『ちょー美女と野獣』*5
金蓮花『竜の眠る海』
あさぎり夕『雪之丞事件簿』
花衣沙久羅『きみがほしい』
1998
今野緒雪マリア様がみてる
藤原真莉『姫神さまに願いを』
1999
響野夏菜『東京S黄尾探偵団』
須賀しのぶ流血女神伝
桑原水菜赤の神紋
片山奈保子『汝、翼持つ者たちよ』*6
2000
秋月こお『アイドル神帝』
2001
高遠砂夜レヴィローズの指輪
竹岡葉月『東方ウィッチクラフト』
真堂樹『青桃院学園風紀録』
南原兼『まほデミー♥週番日誌』
2002
藤堂夏央『ルナティック・ラヴ』
奈波はるか『少年舞妓・千代菊がゆく!』

[][]StarChartWiki - ライトノベル年表 09:00

ライトノベル年表反応リンク集です。id:alisatoさん、ありがとうございます。

補完をよろしくおねがいします。

[]地図の著作権侵害で差止、損害賠償などを求め訴訟提起 19:00

ゼンリンが「MapFan」を作ったインクリメントPを提訴。いろいろ影響が出そう。

[][]ボーステック、「銀河英雄伝説 VII」を正式発表 21:14

以前から噂されていた「銀河英雄伝説MMORPG」です。プレイヤーが操るのはオリジナルキャラクターだそうな。

GNOのように、期間を区切ってリセットするとか。陣営の1つが圧勝すればそこで終わり。高官にもなれるし、クーデターも起こせるらしい。

*1:ジュゼ・シリーズ

*2:「星子」シリーズ

*3:「カル・ランシィの女王」シリーズ

*4:四龍島シリーズ

*5:「ちょー」シリーズ

*6:「汝」シリーズ