Stellaqua - TOMの技術日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年07月25日

[][]ジブリ作品を混ぜ合わせて新しい作品のタイトルとキャッチコピーを作っちゃうWebサービスを作ってみた

最近、もはや趣味の域に達してきた感のある、誰得Webサービス作りのお時間でございます。

今回は、ジブリ作品最新作公開記念という事で、ジブリ作品のタイトルとキャッチコピーを使ったWebサービスを作ってみました。

ジブリブレンダー

アイデア元は、例によって(?)、2chまとめサイトからです。

ジブリの題名混ぜて一番おもしろかったヤツが優勝 - おはようwwwお前らwwwwwwww

元スレではタイトルのブレンドだけでしたが、「キャッチコピーもブレンドしてみたら面白いんじゃね?」と思い付いて、タイトルとキャッチコピーをブレンドするようにしてみました。

元スレの方の下らなさ(いい意味で…)も相当なものでしたが、Webサービスができあがって試してみたら、キャッチコピーのブレンド具合が絶妙で、かなり破壊力抜群の仕上がりになりました。(笑)

という訳で、ぜひ遊んでみて下さいね〜。

2010年07月14日

[][]何となくどこかで聞いた事があるような気がする歌詞を自動生成するWebサービスを作ってみた

ちょっと捕捉できていなくて出遅れた感はあるんですが、何だか面白そうだったので乗っかってみました。

J-POPの歌詞における「何か」の探され率は異常 ニュース速報BIP

この中で34224のコメントがうまくまとまっていたので、そちらから拝借させてもらって、適当に並び替えて歌詞を生成するWebサービスを作ってみました。

どこかで聞いたような歌詞メーカー

今のところ、単語を適当にパラグラフにばらけさせてるだけな感じですが、それでもそれなりにそれっぽくなるのが面白いところですな。(笑)

ただ、もうちょっと工夫してみると、もっとそれっぽくなって面白くなりそうな感じもするので、もうちょいいじってみようかなと思っています。

ちなみに、ニコニコ動画でも、元のスレの歌詞を使って曲を作っちゃった動画が既に上がっているようで、こういう職人さんの才能はやっぱりスゴイなぁと思ってしまいます。

niconico

歌詞が自動生成できるなら、曲も自動生成したくなるところなんですが…作曲の才能が無い私には荷が重過ぎる課題ですね。(^^; その辺りはどこかのエラい人がやってくれる事を願って…。

という訳で、ぜひ遊んでみて下さいね〜。

2010年07月07日

[]PostGISを触ってみた

ここしばらく就職活動していて色々と余裕が無かったのですが、先日無事に仕事を頂く事ができまして、7月から働き始める事と相成りました。*1 そんな訳で、またぼちぼちとブログも書いていこうと思います。

今回のネタは、先月発売のWEB+DB PRESS Vol.57を読んでいて、ちょっと興味をそそられたPostGISについてです。

PostGISのインストールと市区町村境界データのインポートに関しては、"PostGISとRailsによる位置情報iPhoneサイト"という記事をそのまま遂行しただけなので、ここでは省略…。

今回は、2つの地点の緯度と経度を与えると、2点間の距離を返すBEARリソースを作ってみました。

<?php
class App_Ro_Distance extends App_Ro
{
    protected $_table = 'areas';

    public function onInject (  )
    {
        parent::onInject();
    }

    /**
     * リソース読み込み
     *
     * @required lat1
     * @required lon1
     * @required lat2
     * @required lon2
     */
    public function onRead($values)
    {
        assert(isset($values['lat1']));
        assert(isset($values['lon1']));
        assert(isset($values['lat2']));
        assert(isset($values['lon2']));
        $sql = "SELECT ST_Distance (";
        $sql.= " ST_Transform(ST_GeomFromText(";
        $sql.= "  'POINT({$values['lat1']} {$values['lon1']})', 4326) ,2451),";
        $sql.= " ST_Transform(ST_GeomFromText(";
        $sql.= "  'POINT({$values['lat2']} {$values['lon2']})', 4326), 2451)";
        $sql.= " ) AS distance";
        $distance = $this->_db->queryOne($sql);
        $result = array('distance' => $distance);
        return $result;
    }
}
?>

これを使って、記事の中でサンプルとして挙げられていた、渋谷札幌の距離を求めてみます。

$ bear read "Distance?lat1=139.716911&lon1=35.647401&lat2=141.35358861111&lon2=43.062555"
code
200
header
n/a
body
array (
  'distance' => '835162.846670699',
)

ちゃんと算出できました! 実にさっくりとこんな計算ができて面白いですね。

地図情報って何かと面白い事に使えそうな予感もするので、もうちょっと研究してみようかなと思います。

今回はとりあえずPostGISに触ってみたところまで…。次回は別の情報と組み合わせたりして、何かやってみようかなと思っています。

*1:就職活動中、面接などでお世話になった方々に御礼申し上げます。

2010年06月22日

[][]ひらがなをTAS語画像に変換するWebサービスを作ってみた

何だかTAS語っていうのが面白そうだったので、画像変換のWebサービスを作ってみました。

TAS語ジェネレーター

TAS語については、以下の動画を見てもらうと分かって頂けるかと思います。

D

試しにという事で、「たすごじぇねれぇたぁ」だと以下のような感じに…。

f:id:stellaqua:20100622165755p:image

何ともカオスっぷりが素敵な感じです。(笑)

あいかわらず、いったい何の役に立つWebサービスなのか不明ではありますが、ぜひ遊んでみて下さいね〜。

2010年06月13日

[][]Webサイトブログの文章を元に四字熟語を自動生成するサービスを作ってみた

今回は、今北シリーズ(?)の第2弾として四字熟語バージョンを作ってみました。

今北四字熟語

これは何?

「今来た私にサイトの内容を四字熟語で教えて下さい」的なサービスです。

URLを入力して"作成する"ボタンを押すと、該当サイトの内容を元に四字熟語を自動生成してくれます。

試しにこのブログで試してみたところ、こんな四字熟語になりました。

作事思表

これは、「作る事は思想を表す事だ」という意味です。(勝手に解釈) 自分の中で、Webエンジニアとして何かを作って公開する事は、そのまま自身の実力だったり考え方だったりを表現する事だと思っているので、この四字熟語は適当にできたにしては案外良くできている感じがして気に入っています。

ちなみに、今北川柳では色紙に書いたっぽい画像を生成するようにしていたんですが、今回は家訓的なモノをイメージして、巻物に書いた感じの画像にしてみました。

「○○のブログ訓」みたいな感じでブログパーツとして画像を貼ってもらったりすると結構面白いかもしれないですね。

どんな仕組みなの?

コア部分の仕組みとしては、該当URLのサイト内容を読み込んで、漢字だけを抜き出して数をカウントして、多く使われている順に4つ並べているだけです。

一番最初にテストで書いたコードは以下の通り。

<?php
$body = file_get_contents('http://d.hatena.ne.jp/stellaqua/');
$body = mb_convert_encoding($body, 'utf-8', 'euc-jp');
preg_match_all('/[一-龠]/u', $body, $matches);
$results = $matches[0];
$results = array_count_values($results);
natsort($results);
$results = array_reverse($results);
$results = array_slice($results, 0, 4);
var_dump($results);
?>

ロジック部分は、これがベースになっていて、後は今北川柳から色々流用して作っています。

array_count_valuesとかあんまり使った事なかったんですが、なかなか便利で色々使えそうですね。

こんな感じで、サイトの内容をごにょごにょして何かしらの形として自動生成するというのは、他にも応用が利きそうなので、また"今北シリーズ"として色々考えてみたいと思います。


そんな訳で、ぜひ遊んでみて下さいね〜。

Connection: close