Stellaqua - TOMの技術日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013年07月31日

[][][][]BEAR.Sunday meetup #2に行ってきました

何と、前回の記事の日付が2年前という恐ろしい状況!…止まった時計を再び動かすべく、はてなダイアリーに戻って参りました。

という事で、BEAR.Sunday meetup #2にお邪魔させて頂いてきたので、ご報告を。

会場はとってもオシャレなHubTokyoさん。WebSterさんの提供で、食べ物・飲み物に困らずに非常にリラックスした状況で、なるほど、これが勉強会ではなくmeetupなんだと実感しました。

全員が自己紹介も兼ねてLT必須という事で、何の話をしようかと思ったんですが、ちょうどTDDフレームワークのWaltzを作っていて、DocTestが動く状態になったところだったので、その紹介をさせて頂きました。

http://www.slideshare.net/stellaqua/bea-rmeetup2-lt

他の方が時間節約の為に1台のPCに資料をまとめてプレゼンしている中、どうしてもDemoをやりたい、というわがままで自分のPCでLTさせて頂きました。頑張ってビジュアルにこだわったテスト結果の楽譜表示は、特に女性陣には好評だったようで、満足しとりますw Waltzのもっと深い話は、またいつかどこかで…。

自分のLTはともかくとして、みなさん3分間という短い時間なのに(自分も含めてオーバーしてた人多数ではありましたがw)、とっても濃い内容で素敵でした。

また、メインセッションの方も、@koriymさん、@mackstarさん、果ては、NateさんのAngularJSの話が直に聞けるという何とも贅沢なmeetupでございました。特に、@koriymさんのプレゼンは、「いよいよBEARの世界進出が始まる…!?」と思いながら、本当にワクワクしながら聞いていました。

自分もBEARを応援し続けてきた一人として、このワクワク感をもっと世に広めるべく、自分にできる事を進めていこうと心新たにしたところで、筆を置きたいと思います。

2010年03月28日

[][]第51回PHP勉強会参加&BEARについてプレゼンしました

ブログに書くまでが(ry」…ではなく、「トラックバックするまでが勉強会」との事なので、早速。

第51回PHP勉強会に行って参りました。今回は発表者として、BEARに関するプレゼンをさせて頂きました。

今まで何度もPHP勉強会には参加させてもらいましたが、発表するのは初めてでした。

とりあえず、プレゼンする上で気を付けようと思っていた事はちゃんと気を付けてプレゼンできたかなとは思ってますが、後でUSTREAMの録画を見直して一人反省会をしようと思います。

今回の発表の一番の目的はBEARの事を一人でも多く知ってもらう事と思っていて、新米芸人のごとく、「今日は名前だけでも覚えて帰って下さいね。」という感じと思っていたので、そういう意味では目的は果たせたかなと。*1

会場提供頂いたトライコーン株式会社さん、ありがとうございました。幹事のgusagiさん始め、参加者の皆様、どうもお疲れ様&ありがとうございました。

*1:もう一つの重要なミッションである、BEAR作者のkoriymさんに直接お会いして話をさせて頂くという目的も無事果たす事ができました。(笑)

2010年03月09日

[][]Hadoop Hack Nightに行ってきました

米国Yahoo!のHadoopチームアーキテクトのOwen O'Malleyさん来日に合わせて、技術評論社・Yahoo! JAPAN主催で行われたHadoop Hack Nightというイベントに行ってきました。

定員100名と結構大規模なイベントでしたが、申し込み開始からたった1日で申し込み多数により予定を切り上げて申し込み終了になったようで、かなり注目度の高いイベントだったみたいですね。

Ustream中継もあったので細かい内容に関しては略。思った事をつらつら書いてみたいと思います。

  • Yahoo!は2007年からHadoopを利用しているとの事で、その頃から数年経って、ある程度の規模の企業ではもはやHadoopを使うのが当たり前な感じになってきた印象でした。
  • HDFS・Hadoop自体が不安定という発言がチラホラ出ていて、重要なデータをHadoopだけに置いて処理させるような使い方はまだ若干恐さが残る印象でした。
  • 今回のイベントのページで見て"Hadoop papyrus"というプロジェクトを初めて知ったんですが、作者の藤川さんが「本家に取り込んでもらう事を目標にする。」とおっしゃっていて、そういったLLとHadoopの組み合わせでもっと使い易くなると面白いなと思いました。
  • 英語の通訳をして頂いたのは非常に助かってよかったんですが、通訳だけで結構な時間が取られてしまっていたので、ちょっともったいないなぁという印象でした。*1

という訳で、なかなかに楽しいイベントでございました。関係者の皆様ありがとうございます。

自分の場合は、Hadoopに関しては完全に個人の興味だけで実際に使う機会は今のところ無いんですが、Webの世界の将来(あるいは既に現在)を担う技術の一つとして今後もHadoop周りには注目していきたいと思っています。

*1:自分もまずは英語のプレゼンを聞き取れるようになる努力が必要だなと痛感はしましたが…。

2009年04月10日

[][]Tokyo Cloud Developers Meetupに行ってきました

最近、分散処理とかクラウド辺りにアンテナを張っていたところ、偶然、Tokyo Cloud Developers Meetupというのが開催される事を知りまして、運良く参加枠に滑り込めたので行って参りました。*1

途中、メモとかは取ってなかったので、全体の印象ぐらいでさらりと感想を並べるに留めさせて頂こうかと思います。

  • Amazonジャパン初潜入でしたが、やっぱりオシャレな感じでしたね。
  • 受付の方に「あちらです」と案内されて部屋に入ってみたら、机の上に食べ物が盛られた皿がちらほらと…。「どこのパーティに紛れ込んでしまったんだ?!」と思ったら、米国だと勉強会みたいのでもそういうスタイルが多いんだとか…。
  • Jeffさん来日という事もあってか、外国人の方の割合がとても多かったです。「自分は英語話せないけど、どうしよう…。」とか思っていたら、皆さん、日本語がペラペラだったので色々とお話もさせて頂く事ができました。
  • Jeffさんの基調講演は、AWSに関する紹介な感じでした。当然英語な訳ですが、英語できないとやっぱりなかなか聞き取れないっ。(>_<) せっかくの講演も聞き取れないんじゃもったいないですよね…。英語はせめて聞き取れるようになるように勉強しようと思った瞬間でありました…。
  • ライトニングトークは、日本でのEC2を利用した様々な事例の紹介でしたが、個別のプレゼンに関する感想については割愛させて頂くとして(すみません。(^^;)、自分的に一番印象に残ったのは、皆さん口を揃えて「日本からだとEC2へ繋ぐのにネットワークが重たい。」と言っていた事でした。
  • 二次会は"Airじゃない"すき焼きを突っつきながら色々と楽しいお話をさせて頂きました。内容は割愛。(オイ)

その他、個別に書きたい話もちょこちょこありますが、それはまた後日…。

帰ってきて「寝る前に」と思って勢いで書いているので内容が適当で申し訳ないですが(^^;、色々と貴重なお話を聞く事ができてなかなかに楽しい時間でございました。関係者の皆様、どうもありがとうございました。

*1:最終的に、参加枠38人に対して補欠が26人という素晴らしい人気ぶりでした。申し込みする時も、1回リロードしてみたら2人ぐらい参加者が増えてたなんて状態でしたが、参加枠に入り込めてよかったです。

2008年10月06日

[][][][]Git勉強会に触発されてGit環境を作ってみたよ

10/4〜5に掛けて、OSC2008Tokyo/FallGit勉強会OSC後Hackathonという3HitComboをやってきた訳ですが、もう色々と盛りだくさんで、何を書いていいやら…という事で、感想とかはバッサリ省略。<おい

なので、Gitの話だけに絞って、なおかつ、環境構築の備忘録メインで書こうかと思います。

ということで、Git勉強会についてさらりと…。今回は、Gitのメンテナーである濱野さんをお迎えして、Gitの概要というところから簡単な例を交えての使い方をお聞きしました。

内容の詳細に関しては、id:kinnekoさんが詳しいメモを公開されているので、それに便乗しておきます。

Git(ギット)勉強会メモ - kinneko@転職先募集中の日記

当日、濱野さんが使われていた資料も公開されているので、そちらもリンクを張っておきます。

http://www.kernel.org/~junio/200810-tut.pdf

で、私自身はGitに関しては正直なところ、「なんとな〜くどんなものか知っている」という程度の認識で、使った事はありませんでした。が…濱野さんのお話を聞いて、「これは使うしかないでしょ…JK」という思いに駆られ、早速導入してみる事にしました。

という訳で、導入の記録。とりあえず、自宅サーバ(Linux)上にリポジトリを作って、PCからpush/pullするという、集中リポジトリ型の環境を作ってみました。*1

自宅サーバ上にGitリポジトリを作成する

Gitのインストールはソースからコンパイルして入れました。その辺りの手順は、お約束のconfigure→make→make installなので省略…。

今回は、以下のような条件を前提にしています。

  • Git専用のユーザ(git)を作成し、"/home/git/public"以下に公開リポジトリを作成する。
  • サーバ上に既に存在している"/home/user/project"ディレクトリをリポジトリに登録する。
$ su -
# groupadd git
# useradd -g git -m git
# passwd git
# exit
$ su - git
% mkdir public
% exit
$ cd /home/user/project
$ git init
$ git add .
$ git commit -m 'Initialize.'
$ su - git
% cd public
% git clone --bare /home/user/project project.git

これで、とりあえず公開リポジトリとしての準備はOK。

PCからリポジトリにアクセスできるようにする

Windows用Gitクライアントをインストールする

Windows から Git を使う方法 - 夜の Discoveryなどを参考に、msysgitをインストールします。

サーバにSSHアクセスできるよう設定する

リモートリポジトリにアクセスできるようにする為にはSSHでの接続が必要になるので、Puttyでサーバにアクセスできるように準備しておきます。手順としては、以下のような感じ。細かいところは省略。

  • puttygen.exeを起動して、"Generate"ボタンを押してpublic/privateキーのペアを作成する。
  • "Save public key"/"Save private key"でpublic/privateキーをファイルとして保存する。
  • publicキーをリポジトリのあるサーバ上の、gitユーザのホームディレクトリの.ssh配下に保存する。(どこに保存するかはsshdの設定次第。authorized_keysに追記しておけばとりあえずはOKなのかな?)
  • pageant.exeを起動して、"Add Key"で作成したprivateキーを登録する。

この辺は、人によって若干手順が違うかもしれませんが、とりあえず、PCからサーバにSSHアクセスできれば大丈夫だと思います。自分の場合は、gitユーザではなく、自分のユーザ名でSSHアクセスできるようにしてあったので、それを再利用するようにしました。

PC上にリポジトリのクローンを作ってみる

コマンドプロンプトを開いて、適当なフォルダでgitコマンドを実行します。

C:\git>git clone ssh://git@server/home/git/public/project.git project
Initialized empty Git repository in C:/git/project/.git/
remote: Counting objects: 101, done.
remote: Compressing objects: 100% (93/93), done.
remote: Total 101 (delta 20), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (101/101), 102.62 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (20/20), done.

こんな風に転送のメッセージが出てくればOK! これで、PC上で好き放題開発を進めて、ソースコードの同期も楽に管理できる!…はず…。ここまでできたところでこの記事を書いているので、ブランチを作ったりマージしたりpushしたりpullしたり…etc...はこれから勉強するところです。(^^;ゞ

ちなみに、最初はサーバ上にgit-daemonを立てて、git-daemon経由でアクセスしようと頑張っていたんですが何だかあまりうまくいかず…。でも、色々調べてたところ、git-daemonはReadOnlyだから、pushできないみたいだし、結局、SSH接続できるようにしないとダメみたいで、結果オーライだったのかな…? gitプロトコルでリポジトリを公開する時にはgit-daemonが必要なのかもしれませんね。

あと、一点ハマったポイントがあって、PCから"git clone"とかでアクセスした時に、

No value for $TERM and no -T specified

というエラーが出て困ったんですが、サーバ上のgitユーザの.bashrcに"export TERM=xterm"と追記したらOKでした。これは自分の環境の問題なだけかもしれませんが…。


そんな訳で、やっとこさGit環境が整った訳ですが、実は、OSC後Hackathonで、PC上にRails環境を作って、自宅サーバ上のRails環境と同期できるようにと思ってGit環境を一生懸命作っていたんですが、途中で力尽きてしまいました。(^^;ゞ Hackathon会場では朝まで生議論が延々と続いていたので、もっとお話にも参加したかったんですが、無念…。

という事で、今回はGit環境構築編だった訳ですが、環境構築の過程でネットで色々と調べながらやっていたんですが、日本語のソースだと、今回やったような集中リポジトリ型の例が多くて、相互にpush/pullし合う、分散型開発の例が少なかったかなぁという印象がありました。

その辺り、分散型開発の面白さみたいなのを、絵を入れながら書いてみようかなぁと思っています。自分の認識が間違っている部分もあるかもしれないので、ツッコミを期待したいというのもありますが。(^^;ゞ

では、最後にお約束…。Git++!

*1:それじゃ、結局Subversionと変わらんじゃないか…というツッコミはもっともですが(^^;、今回はGit操作に慣れる事を目標にしました。