速記野郎のMy配列

2006-11-11 旧配列の紹介

とあるイベントのために、旧配列を崩すことができなくなってしまい、更新せずにいたら、一年以上も放ったらかしに (^^;)

速記配列の工夫も再開しているのですが、結局、ローマ字カスタマイズで対応することにしました。どうしてかというと、要約筆記の現場では、英語表記もそれなりにあるからです。

配列も、タイプウェルFT で計測すると、調子のいい時で、CPM 250 ぐらい出るようになった(単語登録との併用ですが)ので、こちらの方を紹介して行こうと思います。

2005-09-23 やっぱりキーリリース時入力が必要

と、思うようになった。

そうしないと、どうしても必要なキーが多くなり、より少ないキー数でホームポジションをずらすことなく、高速入力しようという目的からどんどんずれて行ってしまうから。

あと、今の配列を考えていて思ったのは、シフトを使用するのは、スピードアップの妨げになるということ。シフトからアンシフト、アンシフトからシフトに移行する際の時間的なロスは、せいぜい分速200字程度の速度ならば気にならないが、分速300字を超えるためには痛い。

WineWine 2005/10/08 01:41  
キーテーブルをExcelで作成していることを読んで、定義を別ファイルに入れるバージョンを作ってみました。
定義ファイルはCSVファイルですので、Excelで編集が出来ます。

よかったら試してみてくださいね。
http://d.hatena.ne.jp/Wine/20051007/p2

2005-09-19 Wine さん感謝です。

Wine さんのところで、AutoHotkey を使ったキーリリース時入力に関する試みがなされている。

http://d.hatena.ne.jp/Wine/

私の配列がそのまま使われており、私の先日の質問に答えていただいている形になっている。

Wine さん、本当にありがとうございます。

WineWine 2005/09/19 11:34  
こんにちはWineです。こんな程度でヒントになったでしょうか?

← 猫まねき 窓使いの憂鬱 AutoHotkey CraftKeytrans Cやアセンブラによるドライバ →

猫まねき・窓使いの憂鬱は簡単に設定できますが、自由度が限られています。
右へ行くほど自由度は高いですが、複雑になり、覚えなければならないことも多くなります。

AutoHotkeyのスクリプト。私の頭の中では完璧に動くはずなのに、動かない!!!!
正直、AutoHotkeyは私の限界越えています orz

既にICONというスクリプト言語を使われている速記野郎さんの方がお得意じゃないでしょうか?

あと、

窓使いの憂鬱 9.related work
http://mayu.sourceforge.net/mayu/doc/MANUAL-ja.html#RELATEDWORK

キーカスタマイズソフト
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/software/1039886679/
に、こういったキーボードアサイン変更を目的としたソフトの一覧が載っていますよ。

2005-09-17 加点字記法

ここからが、大変。

点字記法とは、中根式速記法における縮記法のこと。

中根式速記法では「ウスヌムル」は点を打って(加点して)表わしているが、これらの文字が続く時に加点を1つだけに省略しようというもの。

要は、同じ音が続く時に母音を省略しようという試みだが、これが難しい。ソクタイプと違って、同時に打鍵できるキーの数が少ないから。(続く・・・焼肉食べに行きます。(笑))

2005-09-16 縮記法(ク音・ツ音・小文字の表記)

○ク音の表記

  • 原則

   基礎符号 + YX で 「ク音」を表す。

   例)FIYX = さく

  • 例外

   エ音に続ける時は、「キ音」を表す。

   例)FPYX = せき


○ツ音の表記


基礎符号 + YM で 「ツ音」を表す。


例)FPYM = せつ


○小文字の表記


EW + 基礎符号で 小文字を表す。


例)EWI = ぁ