Hatena::ブログ(Diary)

静かな水は深い、ふたたび。 このページをアンテナに追加

2013-05-25

[][]:指名馬一覧――夢のビッグバンコラボ、ふたたび


1.オルドリン/牡/黒鹿毛/2011.5.9/栗東/角居勝彦

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120526182108j:image

利発聡明そうな涼しげな表情と、遅生まれにもかかわらず完璧ともいえるバランスを誇る馬体は見る者を魅了します。皮膚は濡れたように薄く、日々ボリューム を増す鋼のような強くしなやかな筋肉のラインが透けて見えるようです。余裕のある膝のかぶりとクッションのいい長めの繋や飛節のほどよい折りの深さは、これからさらに身につける強靭な筋力を受けて的確に地面に伝えることができるでしょう。性格も常に冷静ながら内に秘めた強さもあり、放牧地でも自ら主張せず とも一目置かれる存在です。求められるものは大きいですが、十分に応えることのできる素晴らしい資質を備えた良駒であると信じています。(社台サラブレットクラブhttp://www.shadaitc.co.jp/より)





  • 本馬を選んだ1番の理由は実に単純で、
  • 母ムーンレディはサンデー系よりもミスプロ系種牡馬のほうが相性が良いのではないかという点。
  • エイシンフラッシュの父はKing's Bestで、KingmamboからMr. Prospectorへと続く父系。
  • ムーンレディはエイシンフラッシュを生んだ後、
  • サンデーサイレンスの直仔である、アグネスタキオン(皐月賞)、
  • ディープインパクト
  • ハーツクライ(ドバイシーマC、有馬記念)と交配されたが、
  • 前者カラータイマーが中央未勝利、
  • 中者ダノンムーンが現段階で2勝、
  • 後者アルテミスハートが未勝利と期待を上回る成績を残していない。
  • 本馬はサンデー系の種牡馬から、ミスプロ系のキングカメハメハ日本ダービーNHKマイルC)に変わったし、
  • なお且つ、キンカメはKingmamboの直仔である。
  • つまり、本馬とエイシンフラッシュは半兄弟と言うよりも、3/4兄弟と言ったほうがより正確で、
  • 低迷傾向を覆すにはココしかなかろう。
  • しかも、厩舎は栄華を極める角居勝彦に変わり、
  • ここにムーンレディ×ミスプロ×角居勝彦の夢のビッグバンコラボがここに実現!!
  • 兄弟によるダービー制覇は、
  • 1957年ヒカルメイジ―1959年コマツヒカリ以降、半世紀以上閉ざされた夢の扉。
  • 本馬はその扉をこじ開けることができるだけの器だと思う。



  • ここで少しムーンレディを含めた母系を辿ってみたい。
  • ムーンレディはドイツ生まれ。
  • セントレジャー(独G2:2800m)やドイッチャーヘロルト賞(独G3:2200m)などに勝った長距離砲。
  • その父Platini、父の父Surumuといわゆる“ドイツ重戦車”の典型的なタイプ。
  • (Surumuは1985,86,89-92年の独リーディングサイヤー
  • アイルランドで繁殖生活を送っていたが、
  • 2006年のタタソールズ・ディセンバー・ブリーディングストックセールに上場され、
  • 社台関係者により約7100万円で購入され日本へやってきた。
  • 父Platiniはミラノ大賞典(伊G1:2400m)やメルクフィンク銀行賞(独G1:2400m)などのタイトルを獲得した
  • 、、、というよりも、あのレガシーワールドが勝った93年のジャパンCで、
  • 14番人気ながら4着に突っ込んできたと言ったほうが馴染みがあるか!?
  • ウイニングチケット日本ダービー他)とコタシャーン(BCターフ他)の間で最後まで抵抗した。
  • 本馬の曾祖母、
  • つまり、ムーンレディの祖母のMajoritatは、
  • オークスのあたる87年ディアナ賞(独G2:2200m)と独1000ギニー(独G2:1600m)を制した3歳牝馬チャンプ。
  • まさに由緒正しきドイツ血統。
  • 言い換えるならば、ドイツ重量血統×キングカメハメハ×角居勝彦による夢のビッグバンコラボ
  • 来年のダービーが今から待ち遠しいww
  • 遅生まれ??関係ないっしょ!




2.オリハルコン/牡/黒鹿毛/2011.4.14/栗東/池江泰寿

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120525192323j:image

昨年募集の半姉から牡馬に変わり、しっかりサイズアップしましたが、体型としては本馬の方が素軽さに秀でたつくりとなりました。兄が昨年の欧州クラシック戦線を賑わせたように活力は十分で、日本にも実績を残している牝系ともなれば、ディープインパクトを配合し、その父の特長が備わった本馬に大きな期待をかけるのは至極当然なことでしょう。父譲りの深い胸は高い心肺機能の表れで、張りのある筋肉で覆われた前後躯や、背から腰、臀部にかけてのラインは、欧州彫刻を連想させるほど上品な容姿と言えます。馬場や環境の違いなどを憂慮するような器ではなく、常識や既成概念を超えて、世界へと大きく羽ばたいても驚くことはありません。

(G1サラブレットクラブhttp://www.g1tc.co.jp/より)



  • ドラフトの行きがかり上、オルドリンを1位に指名したけれども、
  • 僕個人の期待値はもしかしたらこちらのほうが上かもしれない。
  • “スケール”という点では今シーズンナンバー1と言ってもいい。
  • 2010年の発足したG1レーシングクラブが送り出す“超大物”。
  • まあ、若いクラブだから、様子を見つつだったのだけれども、
  • コレクターアイテムが昨年のアルテミスSに勝ち、
  • スカイディグニティが菊花賞2着と早々と軌道に乗った感がある。
  • 1つ上の姉貴ヴィルジニアチューリップ賞で4着でまだ1勝の身だが、
  • その父がSadler's Wellsの直仔Galileo (キングジョージ6世&QES他)だってことを考慮すれば、
  • まずまず走っているんじゃないかな。



  • 本馬の父は説明不要のディープインパクト
  • 母のシルヴァースカヤは“あの”デインスカヤと姉妹関係にある。
  • デインスカヤと言えば、シックスセンス(京都記念、皐月賞2着)、
  • デルフォイ京都新聞杯2着)、スペルバインド(JRA4勝)の母親である。
  • 僕がかなり贔屓にしている血統で、
  • 過去デルフォイ、そして昨年度のデインツリー(JRA1勝)と指名してきた。
  • つまり、この血筋は日本の軽い馬場に高い適性を示してきたと言えるだろうし、
  • SS系の種牡馬と抜群の相性を誇ってきたとも言える。
  • もっと突っ込んで言えば、
  • シルヴァースカヤを購入して輸入したのは、
  • ディープインパクトを含めたサンデー系の種牡馬と交配するためと言って過言ではない。
  • デインスカヤはマイル路線(アスタルテ賞G3-1600m、ムーランドロンシャン賞G1-1600m-4着)で活躍したが、
  • シルヴァースカヤはクラシックディスタンス、具体的にはロワイヨモン賞(仏G3:2400m)、ミネルヴ賞(仏G3:2500m)に勝ち、
  • “長距離砲”としての実績を残した。
  • これは単純にデインスカヤの父がDanehill、
  • シルヴァースカヤの父がSilver Hawkに起因するものだと思われる。
  • すなわち、ブルードメアサイヤーにSilver Hawkを迎えた本馬は、
  • よりクラシック仕様の血統構成になった。
  • ちょっと甘いところがあった伯父さんたちに比べると、血統構成を見れば間違いなく破壊力は上。
  • 厩舎の“あの”池江息子。
  • ディープインパクト×シルヴァースカヤ(cf.シックスセンス)×池江息子という、強烈な夢のビッグバンコラボが形成され、
  • ダービー複数頭出走をマジで狙う。




3.トゥザワールド/牡/鹿毛/2011.4.12/栗東/池江泰寿

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20130525005019j:image

重賞5勝の全兄の募集時の写真に瓜二つの立ち姿で、見る者を圧倒する程の雄大な馬体を誇る本馬は、他馬にはない存在感を放っています。骨量豊富で筋肉質な 体ながら厚ぼったさがなく、首差しの安定感と深い胸、容積豊富なトモが絶妙なバランスで組上がっています。さらに特筆すべきはその動きです。蹄の先を顔の 前へとしなやかに脚を出し、着地した瞬間、背筋を頭まで必ずまっすぐに伸ばし、体全体を常に前方へ引き上げる力感あふれる走りを見せています。この放牧地 での情熱的な走りは遠くから見ても本馬とわかる程で、前評判通りの活躍が期待できそうです。

キャロットクラブhttps://carrotclub.net/より)



  • ドラフトの2日か3日まで、3位にダンスーズデトワールの2011、
  • 4位にディアデラノビアの2011をリストアップしていた。
  • ところが、ディアデラの仔の脚元に不安が出たという報を受け、
  • ダンスーズデトワールの2011を4位に降格させ、
  • 3位にチョイスしたのがこのトゥザヴィクトリーの2011である。
  • ディアデラの仔に関しては、血統も価格も馬主も生産牧場も全て条件をクリアーしていたが、
  • 調教師だけが気になっていた。
  • 関東の牧光二である。
  • 牧は若手調教師の1人で毎年そこそこの勝ち星は挙げているものの、
  • ビッグタイトルにはまだ縁がない。
  • また、厩舎の代表格であるアニメイトバイオのレースの使い方が気に入らなかったってのもある。
  • ディアデラの仔もかなり調教を進めていて、いつでもレースに使える状態であったらしい。
  • そんなに急がなくてもいいのに......。
  • ここがG1タイトルのある調教師との差か!?
  • まあ、症状は軽度と聞いているけれども、
  • 一回頓挫すると立て直しにかなりの時間を必要とするのは嫌というほど味わってきた。
  • POGのチョイスに際しては、脚・喉など一切の健康不安があってはダメ。
  • そういうわけでディアデラの仔はバッサリ切った。
  • まだ若いし、そのうち良い仔を出すと思うよ、ディアデラは。



  • <object width="425" height="336"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/Bu8a8p3puPs"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/Bu8a8p3puPs" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="425" height="336" FlashVars="movie_url=http://d.hatena.ne.jp/video/youtube/Bu8a8p3puPs"></embed></object> D

  • トゥザヴィクトリーは競走成績とその血統から圧倒的な期待を背負って繁殖入りした。
  • 3番目の仔ディナシーがセレクトセールで60,000万円の値が付いたトピックは、
  • 各一般紙でも話題になった。
  • そのディナシーは体質が弱く、結局デビューできなかったが、
  • その仔つまりトゥザヴィクトリーの孫にあたるウェルデホがデビュー2連勝を飾り、
  • いかにこの母系が優秀であるかを示している。
  • ただし、トゥザ自身のこれまでの繁殖成績は期待された以上のものであったかというと、
  • やはり物足りなさを感じる。
  • 重賞5勝のトゥザグローリーは現役だけれども、
  • 「夏バテ」という致命的な欠点があり、G1に勝っていないし、
  • おそらく残された時間を考慮すると勝つことは難しいだろう。
  • ペルーサ(青葉賞、天皇賞2着)を子ども扱いした明4歳時の最も動ける時期に、
  • 転厩なども重なりレース選択を誤ったことがこの馬の不運であった。
  • それでも3月中半ばデビューでダービーに間に合ったのはポテンシャルの高さが成せる技だし、
  • そのダービーもキャリア3戦で0.5秒差の7着に食い込んだ。



  • 本馬はトゥザグローリーの全弟。つまり父親がキングカメハメハ
  • 今年度のキャロットクラブの募集で総額10,000万円である。
  • 兄貴が確か12,000万円だったと記憶しているから、少し下がったな。
  • トゥザヴィクトリーも本馬を生んだ時には既に15歳であったし、
  • トゥザグローリー以降、目ぼしい活躍馬を輩出できなかったのも2,000万円ダウンの理由だろう。
  • ただし、もともと体質の弱く馬が多く、さらに直近2年は牝馬であったことを考えれば、
  • 本馬は確実に変わってくるだろうし、G2止まりでは許されない馬。






4.レッドウォーリア/牡/黒鹿毛/2011.3.5/美浦/藤澤和雄

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20130525005020j:image





  • そこで4位にダンスーズデトワールの仔を指名することにした。
  • 言うまでもなく、ルルーシュの全弟。
  • ルルーシュは4歳の秋に本格化したことから、
  • 本馬もちょっと成長が遅いのではないか、という指摘があるけれども、
  • 実のところ彼は2歳のかなり早い時期にデビュー勝ちしているし、
  • その後の札幌2歳Sでも4着とポテンシャルの高さは示していた。
  • 故障による長期休養が出世を妨げたものの、
  • 順調であったなら、クラシックに乗ってきたであろう器。
  • ゼンノロブロイの血統構成はバリバリのダート血統で、
  • 実際にマグニフィカ(JDD)やマカニビスティー(東京ダービー)など、
  • 砂のほうが得意な馬も多い。
  • 先にも述べたように、今年のゼンノロブロイ産駒はどれも目移りするんだけれども、
  • 母系までダート色が強いと、生粋のダート馬になってしまう可能性がある。
  • トレイルブレイザーはBMSがフォーティナイナーだから深いダートに走らせたらかなり強いんじゃないかと思うが......)
  • そういった理由で、
  • 兄のルルーシュはある程度成功しているわけだし、
  • アメリカンなタイプよりもヨーロピアンなタイプのほうが好相性と踏んでいる。



  • ブルードメアサイヤーのHighest Honorは、
  • イスパーン賞(仏G1:1850m)に勝ったゼダーン系の種牡馬で、
  • 1995年と2000年の2度、仏リーディングに輝いている。
  • ゼダーン系といえば日本で一時代を築いたトニービンがいる血脈。
  • Highest Honorの直仔は日本で数頭しか走らなかったが、
  • Highest Honorとその父のKenmareがそうであったように、
  • 欧州特有の重々しい血統ではなく、
  • 日本の軽い馬場に適応できるタイプ。
  • 性別は違えど、ゼンノロブロイの産駒では母父に同じHighest Honorの血を引く、
  • レーヴドスカーの仔レーヴデトワールほうが圧倒的に注目度が高いが、
  • 果たして前評判を覆すことができるかどうか......。



  • 馬主はすっかりお馴染みになった東京サラブレットクラブ。
  • 昨年度は僕の持ち馬レッドオーヴァルが世代屈指の能力を見せつけた。
  • また、ダービーにはSmart Strike産駒のレッドレイヴンが出走予定で、
  • 見逃すことのできない有力な馬主クラブ。



  • 厩舎は兄貴ルルーシュと同じ藤澤和雄。
  • ゼンノロブロイを現役最強馬に育て上げた人物。
  • 僕はそんな藤澤を敬愛を込めて「KAZU藤澤」と呼んでいるww
  • 現状の成績に全く納得できていないのはおそらく藤澤本人だろう。
  • 今年5月11日に歴代6位の1187勝を挙げた際のコメントがKAZUらしい。
  • 曰く、「随分勝つスピードが落ちていますが、こんなものじゃないと思っています」
  • http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=75299
  • 「西高東低」にあって、10年連続最多勝利調教師賞を獲得したのも、今は昔の話となってしまった。
  • が、この人のこだわりというか、仕事に対するスタンスってのはホントに凄い。
  • 2010年11月4日のブログにて、
  • 僕はKAZU藤澤のことを「天邪鬼」と呼び、
  • 「勝つことへの執念は粘着気質を超過し、粘着変質者」と書いたけれども、
  • 今もその考えに変わりはないww
  • KAZUも今年62歳になる。
  • クラシックに勝てるだけの潜在能力を持ちながら、
  • 出走すらさせなかったこともあるKAZU藤澤だが、
  • 近年は牡馬クラシックへの願望を語るし、
  • 事実、出走もさせてきた。
  • 定年まで残された時間は多いとは言えない。
  • 自身が鍛え上げたゼンノロブロイの仔×ゼダーン系×東京サラブレットクラブと夢のビッグバンコラボを成立させ、
  • ダービー制覇を結実させる。




5.ポーシア/牝/鹿毛/2011.3.23/栗東/藤原英昭

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120528171729j:image

幼少期より流麗なラインで縁どられた馬体により見る者を魅了し続け、伸びと締まりの絶妙なバランスを保ちながら成長してきた優駿です。各関節は確かなつく りで筋肉と腱の柔軟性に富み、深く踏込んで力強く蹴り返す動きには抜群の弾力感と滑らかさがあります。キリッと目鼻立ちが引き締まった美顔に熱く強き意志 が表れ、俊敏で堂々とした振舞いに漂う気高さは一流牝馬特有のものです。日本のトップ牝馬3頭が出走したキャッシュコールマイルを驚愕の瞬発力で制した母 さながらの決め手を磨き、父に同一クラシック4連覇の偉業をプレゼントすることもけっして夢ではないと思います。

(サンデーサラブレッドクラブhttp://www.sundaytc.co.jp/より)



  • 僕が牝馬最上位の評価を与えたのがこの馬。
  • 上位指名は牡馬で行くと決めていたから、
  • 牝馬に関してはどうしてもグレードを落とさなければ取れないというジレンマがある。
  • レーヴドスカーの仔はまず間違いなく走ってくるだろうけど、5位じゃあ取れっこないし......。



  • 本馬はディープウンパクト産駒。
  • ディープインパクトの牝馬については、マイルまで、
  • すなわち桜花賞路線であれば、選択ミスをしない限り、
  • かなり高い確率で計算できる。
  • 11年マルセリーナ、12年ジェンティルドンナ、13年アユサンと目下桜花賞3連覇中。
  • で、本馬に関しては桜花賞はもちろんのことオークスまで期待している。以下にその根拠を示す。





  • 競走馬としてのLoup Solitaireは1勝馬で、
  • その唯一の勝ち鞍はグランクテリウムS(仏G1:1600m)だ。
  • またリュパン賞(仏G1:2100m)で後の凱旋門賞馬エリシオの2着になったことがある。
  • その母はLouveterieはヌレイエフの直仔で89年仏オークス(G1:2100m)の2着馬。
  • 弟に98年のイスパーン賞に勝ったLoup Sauvage(父Riverman)がいる。
  • この馬は昨年のダービーディープブリランテのBMS......
  • とまあ、これまでの説明だとそこそこ優秀はファミリーであることには間違いないが、
  • 超一流ってわけでもない。
  • また、適正距離もやはりマイル〜2000mあたりで、
  • 僕がオークスまで期待している説明にはならない。
  • 言いたいことはこれから。



  • 種牡馬としてのLoup Solitaireはこのレディオブヴェニスと、
  • もう1頭代表馬として挙げられる馬がいる。
  • それがフランスのGentooだ。
  • ジェントゥー――そんなに古い話ではないので多くの人の記憶に残っていると思う。
  • ヒルノダムールが勝った2011年春の天皇賞にはるばるやってきた刺客。
  • と言っても、日本のスピード競馬に対応できず、9着惨敗という成績を残し帰国していった。
  • (でも、あの時の天皇賞は稍重で、タイムも過去10年で最も遅かったけれども)
  • ただし、母国フランスではカドラン賞(仏G1:4000m)、
  • ロワイヤルオーク賞(仏G1:3100m)、グラディアトゥール賞(仏G3:3100m)に勝ったとてつもないステイヤー
  • イエーツ(アスコットゴールドカップ仏G1:4000mを4連覇。兄はNHKマイルC2着のツクバシンフォニー)と比較すると数枚落ちるけれども、
  • 日本とは比べものにならないほど深い芝で有名なロンシャン競馬場の長距離G1レースを勝ったあたりは,
  • 並のスタミナの持ち主ではない。
  • 確かにGentooのブルードメアサイアーはBering(ジョッケクルブ賞)で、
  • 母方の血が色濃く出た可能性はあるものの、
  • マイラーを出したり、ステイヤーを出したりとこのLoup Solitaireはどこか掴みどころがない。
  • Gentooみたいな傾向に出れば、
  • ディープインパクトとの夢のビッグバンコラボ
  • 2400mまで耐え得るスタミナを持ち合わせている可能性がある。
  • オークスのリベンジはこの馬で。



  • いい面ばかり書いても「夢物語」となってしまうのもアレなので、
  • ちょっと気になる側面も触れておく。
  • 本馬に関しては馬体重。
  • 「netkeiba」の掲示板情報によると、430キロ半ばくらいしかない。やはり450キロくらいは欲しい。
  • レッドオーヴァルもなかなか体重が増えずにやきもきさせられたしな。
  • それでもジェンティルドンナ級は別として、まあディープ産駒は概して小柄だし、
  • 特に牝馬となればヴィルシーナヴィクトリアマイル)、マルセリーナドナウブルー京都牝馬S)、
  • ジョワドヴィーヴル(阪神JF)と410〜430キロ台で活躍する馬も多い。
  • また、調教師は藤原英昭でデアリングハート(府中牝馬S、桜花賞3着)という
  • 小さな馬をクラシックに乗せてきた手腕の持ち主。
  • そもそも、藤原はリーディングの10傑に必ず入ってくる常連なのにもかかわらず、
  • 今年度が各紙厩舎の特集が組まれていなかった。
  • 社台との太いパイプは相変わらずで、非常にく・さ・い。




6.○外新トップオブスターズ/牡/鹿毛/2011.2.28/美浦/戸田博文

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120528171757j:image

父の欄に欧州最強馬Sea the Starsの名前が!引退からもう3年も経ったとは思えないほど濃密な活躍ぶりは強烈な印象として残されています。種牡馬入りした後も知名度の高い繁殖ばかりが集まったり、初年度産駒が高額で取引されたりと話題に事欠きません。そんな中、選ばれしこの牝系は日本でも名前を目にするザフォニック、凱旋門賞馬ザルカヴァを輩出したザミンダーと大種牡馬が並び、華やかさは文句なしです。それを知ってか他馬とは一線を画した空気を持ち、その雰囲気は「鋭い」と表現できるほど。「ワールドクラスとはこういうものだ」と彼の目は主張しています。

(サンデーサラブレットクラブhttp://www.sundaytc.co.jp/より)



  • 外国産馬の本馬については、ちょっと端折って紹介しておく、、、自信がないから。



  • 印象として、サンデーレーシング、社台ホースレースの外国産馬、
  • もしくは持ち込み馬ってよく走ったという記憶がない。
  • サンデーRに限り調べてみても、生涯獲得賞金が10,000万円を突破した馬はいなさそうである。
  • しかし、例年4〜5頭の外国産馬、もしくは持ち込み馬を募集していて、
  • 昨年はアゼリの仔(父:Distorted Humor)が注目を集めたが、
  • 現在のところ4戦未勝利で日本で走らせるのがいささかかわいそうである。



  • 社台が優秀な肌馬を探してくるのは、
  • ディープインパクトを中心とするSS系種牡馬と後輩させるためである。
  • セリの際、またまたお腹の中にいた仔が初年度に“外車”として募集されるだけであって、
  • 実質的な勝負は2年目からと考えているものと推測される。
  • つまり、日本競馬にはとても適性がないような種牡馬の仔が募集される結果、
  • 全く成績を残せないというのが実情だと、最近わかってきた(ような気がする)。





  • 母のExhibit Oneはイタリアで走り、
  • カルロダレッシオ賞(伊G3:2400m)とパオロメザノッテ賞(伊G3:2000m)を制した。
  • 通産11戦3勝。10年のタタソールズ・ディセンバー・セールで社台関係者により約5,000万円で購入された。
  • その時お腹にはSea The Starsの仔がおり、つまりそれが本馬。
  • Exhibit Oneの祖母Zaizafonからは93年の2000ギニー(英G1-1600m)を勝ったZafonicがいる。
  • また、Zafonicの産駒に伊1000ギニー(伊G3:1600m)に勝ったシェンクがおり、
  • 日本でマルカシェンクデイリー杯2歳S)、ザレマ(京成杯AH)を輩出。このファミリーの繁殖実績はかなり優秀。
  • 今年春の天皇賞を制した戸田博文調教師とのコラボレーションが叶い、
  • 自信はなくとも明らかにビッグバン寸前の兆候!!




7.レッドラウディー/牡/青鹿毛/2011.4.1/美浦/国枝栄

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20130525005023j:image

  • なんでこんなすごい馬が日本にいるのか??
  • ――社台の底力は莫大な財力とともに、もうひとつこの国の競馬を牛耳るだけの見えない財産がある。
  • 「先見の明」だ。
  • 本馬の母スタイルリスティックはアメリカで準重賞レベルのいわば二流馬。
  • そういう成績であるから、2008年タタソールズ・ディセンバー・メアセールに上場された際、
  • 当時のレートで約1200万円でという安値で売買され日本にやってきた。
  • 10,000万円を楽に超える牝馬を買い漁っている社台にとって、数ある小さな買い物のひとつだろう。



  • しかし2011年、
  • スタイルリスティックの弟Nathaniel(父:Galileo)がキングジョージ6世&QES(英G1:2400m)を制覇。
  • 翌年にはエクリプスS(英G1:2000m)を制し、欧州王道路線の中軸を担うと、
  • 1つ下の妹Great Heavens(父:Galileo)はアイルランドオークス(愛G1:2400m)に優勝。
  • (実はオルフェーヴルが挑戦した凱旋門賞でしれっと6着になっている)
  • この2頭の活躍により、
  • スタイルリスティックは今では1,000万円そこそこでは購入できるはずがないほど株は急上昇したと言える。
  • ここが社台の恐ろしいところ。
  • 外国産馬として走ったダノンモンスター(父:Unbridled's Song)、
  • セールの時にお腹の中にいたトレッビアーノ(父:Teofilo)はこれでもか!!
  • というぐらいじぇんじぇん走らなかったが、
  • アグネスタキオンに変わった2010年生まれのレッドジゼル(JRA2勝)が出たことから、
  • SS系との相性は良いものと判断した。
  • 伯父や伯母は父がGalileoで欧州仕様だが、
  • 本馬のブルードメアサイヤーはStorm Catで米国仕様。
  • 直仔は全くと言っていいほど日本競馬に適応できなかったものの、
  • 母の父としてのランキングはロードカナロア香港スプリント高松宮記念他)の活躍もあってにわかに上昇。
  • 米国競馬に数々の金字塔を打ち立ててきたStorm Catは今年の4月24日に30歳で他界した。
  • まさに「巨星落つ」中で、日本のBMSランキングでサンデーサイレンスに次ぐ2位に位置していることは、
  • 何とも感慨深いものがある。
  • 今年はディープインパクト×Storm catの組み合わせのアユサン、キズナ(京都新聞杯)が登場し、
  • 改めてSS系×Storm catの底力を見せつける結果を残している。



  • 父はマンハッタンカフェ
  • 2009年にリーディングサイヤーに輝いたが、徐々に順位を落とし、昨年は10位だった。
  • 3歳世代で目に付いたのはバッドボーイ(ラジオNIKKEI杯2着)、イリュミナンス(クイーンC3着)ぐらい。
  • SS系の後継種牡馬が続々でデビューしたこと、
  • ヒルノダムールレッドディザイア(秋華賞、ドバイマクトゥームCR3)に続く大物が出なかったこともあるのだろうが、
  • やはり社台系の有力肌馬との配合が叶わなかったというのも不運であった。
  • まだ老け込むには早すぎるし、
  • 社台との関係が復活してクオリティーも大幅にアップ。
  • Storm Catとの組み合わせで言えば、
  • 現役屈指の末脚を誇るショウナンマイティ(大阪杯、宝塚記念3着)がおり、
  • 欧州のヘビーな血筋と米国のライトな血筋が見事にブレンドされた母との構成は、
  • 夢のビッグバンコラボに相違ない!!
  • 厩舎は関東の名門・国枝栄。
  • 今年もカミノタサハラ(弥生賞)とヒラボクディープの2頭をクラシックの有力馬として送り込んできたし、
  • のみならず、インパルスヒーローが短距離〜マイル戦線で活躍。
  • 若手調教師の台頭も、藤澤−国枝ラインは依然として関東の双璧。
  • すでに入厩していて猛時計をマーク。
  • 気性はかなりきついようだが、積んでるエンジンは間違いなく高性能。




8.エルノルテ/牝/鹿毛/2011.2.24/栗東/音無秀孝

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120528160240j:image

洗練されつつも、どこか可愛げがある馬です。それは内面の優しさや利発さがふとした仕草や表情に表れて、血統馬らしい優美な佇まいが私達を魅了するからでしょう。やや薄手の胸前にメリハリのある筋肉を有した上体と、高めの腰の位置から感じるのは父の香りです。ひと際目を引く発達した腰の筋肉が、回転を上げても崩れない軸の源となり、臀部・飛節・球節と瞬時に力を伝え、後肢の粘りあるフットワークを可能にしています。強い背筋で馬体の揺れを抑え、柔軟な四肢で歩幅を大きく取る推進性に富んだ走りは、「これしかない」という走る父の産駒特有の型に合致します。

(社台オーナーズhttp://www.shadaigo.jp/index.htmlより)



  • 実は昨年度、1つ上の兄アドマイヤオウジャを中位で指名する予定でいた。
  • だが、カメハメハ氏が3位で指名。
  • 敢えなく獲得を断念した経緯がある。
  • 今年度も各POG関連書籍でなかなか評判になっていたし、
  • 兄も2勝したからちょっと8位指名では苦しいかな、と思ったけれども、
  • 他のメンバーと重複することなく獲得に成功した。
  • 本馬に関しては完全に桜花賞狙いww



  • アドマイヤオオジャは非常に潜在能力の高い馬だと思うのだが、
  • 訳のわからない使われ方をして、結局クラシック戦線に乗ることができなかった。
  • 8月のデビュー戦を快勝後、
  • ほぼ4カ月の休養し2戦目の万両賞を差し切り勝ち。
  • 中3週で若駒S(5着)、そして2か月間隔を明けてスプリングS(11着)だった。
  • デビュー戦から2戦目の4か月のブランクは、
  • 単に成長を促す休養だったのか、あるいは脚元の不安が出たのか調べていないからわからないが、
  • 万両賞で見せて末脚はケタ違い。
  • 前半1000m60.7秒のややスローな流れの中、
  • 4コーナー17番手から33.9秒の上がりを駆使して、前にいる16頭をまとめて差し切った。
  • 2歳の暮れの段階でOPクラスに上がったのだから、
  • いろいろな選択肢が可能であったはずだが、
  • 何故か内回りの京都2000mを使われたり、
  • 小回りでゴチャゴチャする中山の1800mを使われた点がいかにも残念であった。
  • あの万両賞のレースぶりから判断すれば、
  • コーナーは4つあるよりも2つのほうがいいに決まっているし、
  • 直線は長いほうがいいに決まっている。
  • 勝てたかどうかは仮定の話になってしまうが、
  • 共同通信杯アーリントンC、毎日杯あたりに使っていれば、
  • 違った結果が付いてきたように思う。



  • 本馬のシーズオールエルティッシュはアメリカで走り、ダートG2ボニーミスS(米G2-1800m)に勝った。
  • 重賞はその1つだけ。通産成績は11戦3勝。
  • 引退後の2009年キーンランド・ジャニュアリーセールで社台関係者によって約2,500万円で落札された。
  • 価格からもわかるように、成績と血統ははっきり言って二流。
  • 実際、その父(つまり本馬のブルードメアサイヤー)のEltishなんて昨年まで聞いたことがなかった。
  • 成績もG2止まりで25戦5勝。
  • 代表産駒がシーズオールエルシッシュだからいわゆるマイナー血統と言えるだろう。
  • ただ、マイナー血統の能力を最大限に引き出すのが種牡馬としてのディープインパクトの底力。
  • と言うか、僕はどちらかというとアウトブリードのほうが好きである。
  • (もちろん、エルコンドルパサーの配合を考えた渡邊隆は凄いと思うよww)
  • 現在の日本でアウトブリードを構築することはかなり難しい様相だが、
  • 本馬はTurn-toとNorthern Dancerのクロス5×5がある程度で、まあ無視できるインブリード






9.プレスアテンション/牡/栗毛/2011.3.24/栗東/音無秀孝

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20130525005029j:image

  • 今年度、唯一の個人馬主所有の競走馬。
  • (本当はダンスインザムードの仔が欲しかったが、、、このことについては次章「隣の芝は青く......」で詳しく述べる)。
  • 神サマ、仏サマ、金子サマ。
  • 今年のカミノタサハラ、デニムアンドルビーと相変わらずの相馬眼を見せつけている。
  • セレクトセールにて4,900万円で売買され、今最も走りごろの価格ww



  • 母のリードストーリーは本馬が3世代目。
  • 今のところ目立った活躍馬は出していないが、
  • 競走実績はなかなかのものでチャーチルダウンズディスタフH(米G2:1600m)、
  • フォールズシティH(米G2:1800m)など通産8勝。
  • 社台関係者がキーンランド・2008ノベンバー・ブリーディングストックセールで約7,000万円で購入した。
  • リードストーリーはフォーティナイナーの直仔で96年ベルモントS(米G1:2400m)の勝ち馬。
  • 兄弟にHold That Tiger(仏G1-ジャン・リュック・ラガルデール賞)がいて、概して成長の早い血脈。







10.ヴェイルオブクララ/牝/栗毛/2011.4.9/栗東/平田修

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20120528205818j:image

全体的にやや幼い初仔らしいシルエットを見せていましたが、ここへきて上体に幅が出て、脚取りには力強さを感じさせるようになり、本馬の秘める成長力には注目せざるを得ないところです。牝馬ながらガッシリとした骨格を有していることもあり、発達してきた筋肉とマッチした非常にバランスのいい姿に目がとまります。柔らかく滑らかな歩様からは、その体を無駄なく使える高いレベルの運動神経の持ち主であることも容易に想像できます。その身体能力と2歳戦のG1を制した母の成績を考えれば、早い時期から潜在能力を発揮するということがあっても何ら不思議のない素質馬といえるでしょう。

(社台オーナーズhttp://www.shadaigo.jp/index.htmlより)



  • 牝馬3頭目はゼンノロブロイ産駒の本馬。
  • 最後の牝馬はキンカメかロブロイか迷ったけれども、
  • レッドオーヴァルのオークス惨敗を受けて、距離に融通の利くロブロイ産駒をチョイス。
  • これは僕の隠し玉の1頭。



  • ダンスーズデトワールの11のところで述べたように、
  • ゼンノロブロイは配合相手によってダート馬になってしまう血統構成。
  • 僕はついさっきまで競争実績断然、
  • 2007年度エクリプス賞最優秀古牝馬のジンジャーパンチ(父Awesome Again)とロブロイの仔にしようかと思ったんだけど、
  • 走ったとしてもおそらくダートだろうし、
  • 血統と価格(2,800万円)に隔たりがあるから今年度は見送り。



  • 本馬の母ララアは父方こそアメリカンなダート血統だが、
  • 母系はEl PradoからSadler's Wellsに繋がっていく血筋で、
  • ララア自身全天候馬場で2勝、芝で2勝(ダートは1戦0勝)で
  • BCジュヴェナイルフィリーズターフ(米G1-1600m)は1番人気で3着。
  • AWのG1ハリウッドスターレットS(米G1-1900m)08年のチャンプ。
  • したがって、父Tapitよりも母方のほうの傾向を示したと言えるだろう。
  • 8戦4勝で引退し、2009年のファシグティプトン・セレクテド・ノベンバー・ミクストセールに上場され、
  • 社台関係者によって約7600万円で落札された。
  • この馬もまたSS系との配合を見越して購入されたと言っていい。
  • 本馬が初仔となるため、繁殖実績はないが、
  • たくさんのレースに出て酷使されなかったのは良質な肌馬の条件でもあるし、
  • その中でG1に勝ったのだからポテンシャルはかなりのものと推測できる。






11.ピオネロ/牡/鹿毛/2011.4.8/栗東/松永幹夫

  • f:id:yamada-no-oboegaki:20130525005031j:image

ネオユニヴァースは、四肢が細めで馬体表面の筋肉の凹凸がなだらかな牡馬としては上品な馬体形成で、その活躍産駒を思い起こすとふっくらどっしり型牝馬との相性が良いと感じます。重心が低めで豊かな胴部を有する母クルソラとの配合で生まれた本馬はイメージどおりの出来映えで、十分な骨量と張り出しよい腹袋を持ちながらも、身のこなしの軽さは損なわれていません。操舵性に優れたしなやかな首、スラリとした四肢、程よく引き締まった背筋、緩衝性に富んだ繋、この馬体特性を生かして草地では伸びやかで、弾性に富む動きを見せています。

キャロットクラブhttps://carrotclub.net/より)



  • 近年、ペルーサやディアデラノビアの活躍により注目されている南米血統。
  • 欧州や大洋州にくらべると確かに馴染みは薄いけれども、
  • アルゼンチン競馬は日本よりも高速決着であるという記録が残っているし、
  • 時に“怪物級”の競走馬を輩出するのもまた南米である。
  • その代表はInvasor(父:Candy Stripes)だろう。
  • ウルグアイ生まれの彼は、母国のタイトルを総なめにするとアメリカへ移籍。
  • ダートレースの最高峰に数えられるBCクラシック(米G1-2000m)とドバイWC(唖G1-2000m)勝ち
  • 2006年世界最強馬の称号を手にし引退した。
  • 通算12戦11勝。
  • 馬名はスペイン語で「侵略者」。
  • (旧植民地出身馬が欧米のビッグタイトルを奪取するさまは痛快)



  • もう1頭僕が思い浮かぶのは1994、95年とジャパンCで来日したサンドピット
  • 彼はブラジル産。日系人騎手コーリー・ナカタニとのコンビが懐かしく思い出される。
  • 94年は1番人気で5着(勝ったのは日本のマーベラスクラウン)、
  • 95年は3番人気で8着(勝ったのはドイツのランド)だった。
  • 初来日の際、
  • パドック解説をしていた大川慶次郎が「世界を制圧できる馬」と惚れ込んだ巨漢馬。
  • 「制圧」とまでは行かなかったが、
  • その荒々しい気性も相まってアメリカを中心に芝・ダート問わず暴れまわったことは事実である。
  • 通算40戦14勝、G1はブラジル時代を含めると9勝。



  • 本馬はまさにその南米アルゼンチンの母系を持つ熱い血統。
  • 母Cursoraはエンリケアセバル大賞(亜G1-2000m)、
  • 国際コパデプラタ大賞(亜G1-2000m)という2つのG1タイトルを獲得した。
  • 特にコパデプラタ大賞はアルゼンチンのみならず、南米最強牝馬決定戦という位置づけであり、
  • 日本で言うならばエリザベス女王杯に相当するんじゃないかな。
  • タイムも1:58.20(南米は1/100秒台まで計測)とやはりスピード決着になっている。
  • Cursoraは現役時代に社台の吉田勝己に購入されアメリカへ移籍したが、
  • ピークを過ぎていたらしく結果を残すことができなかった。
  • ただし、吉田勝己は端から競走馬としてよりも繁殖としての期待を込めて購入したと考えられる。
  • ちなみに購入価格はシークレット。





トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stille_wasser/20130525/1369414077