Hatena::ブログ(Diary)

My feedback life このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-02

[]思考が纏まらない

久しぶりにこちらでも文を書いておこうと思う。

いきなりなのだが、ここ最近、頭の中で考えが思うように纏まらない。

そして、アウトプットしようと思った時、特に手書きでのアウトプットにおいては、更に自分が考えている物事が纏まっていないために、綴る言葉が膨大になりすぎて、焦りが出てしまう。

焦ること自体が、禁物で余計に悪循環の深みに嵌るのが分かっているのにもかかわらず、その解決法をまだ見出せないでいる。

2012-12-06

[]『ものごと』と『経験・情報』

 『ものごと』は思っているほど、うまくいかない時もあるけど、うまくいかないだろうなぁと思うときに逆にうまくいくこともある。だからこそ、その想定出来る範囲をあらかた自分の中で想定しておかないといけない。その範囲の見積もりはなかなか難しいもので、経験と情報の量がある程度の判断材料になる。

 しかし、ここでいう経験といっても、実際に体験した経験でなくてもいいと思う時がある。つまりは追体験をしたような想像力を持ち合せることができれば、それは近似した経験を得ることと同じではないだろうかと思う。それまどもが『情報』という枠組みに包含されるかどうかは、分からないけれども。

 そんなことをぼんやりと考えている深夜であります。

2012-07-24

[][]祇園さんの厄除けちまき

 本日、祇園社より拝受致しました。神前に供え、清祓をした後、疫神社夏越祓の日に門口にて「ちまき」をお飾り致します。

 ちなみに夏越大祓の「茅の輪」も祇園祭の「ちまき」に用いる、この「茅(ちがや)」に青々とした清々しい生命力に厄除の力を宿ると考え、罪穢れを祓い清めるものとして、人々は日々の戒めを込めたものであります。これらを門戸に飾り、一年の無病息災を願います。

 明日は祇園祭の本儀である「還幸祭(八坂神社の御神輿が本社へお還りになられるお祭り)」であります。また暑くなります。

2012-07-22

[]TEDxKyotoで考えたこと、感じたこと

  • ひとに自分の意図をうまく伝えるには、ただ単に経験や実演を並べるだけではなくて、何がポイントで何を伝えたいかをメリハリをつけて表現する事が大切
  • あくまで"言葉"にこだわり、より平易な表現を用いる事が共感を生み出しやすい
  • 必ずしも、自身の発想が全てではなく、それぞれの分野をうまくぶちあててみる事で新たな発想や着眼点を見いだせる
  • それを気付くか気付かないかは、言葉の連想ゲームみたいなものに対して、センシティブ
  • 常にポジティブでクリエイティブなひとは、ある程度のキーワードで意思が伝わって、より明確なイメージを共有することが出来る

[]とりあえず一区切り

 とりあえず、ここしばらくの僕の行動はこんな感じですw

 あと他に辻諭さんとの京都対談をしたり、葵祭で色々と僕が思っている以上の出来事があったり、祇園祭大船鉾のことで嬉しくて沿道からちょびっと涙が出たりと、色々な事があったんですけど、それはゆっくりと綴っていきたいと思います。

 さてと、ちょっくら自転車で市内を走ってくるとしましょうかね。

 では、行ってきます!

 <追記>

 何度か更新の度にidコール掛けたり、更新情報が飛んでるかもしれません。誠に申し訳ないですm(_ _)m

[][]みんなでコーヒーミーティング Vol.3 in 京都

 Facebookで機会があればと思って、なかなか参加出来なかったコーヒーミーティング。そんななか、イベント『みんなでコーヒーミーティング Vol.3 in 京都』が企画されたので、参加してきました(参照「コーヒーミーティング」)

 場所は島原の由緒ある建物にある喫茶店「きんせ旅館」さん。

 当日、祇園祭まっただ中という事もあり、移動手段のバスが来ない!という訳でバス停から急遽自宅へ戻って、自転車島原までかっ飛ばして、時間内になんとか到着しました。

 既に多くの方が集まっておられて、もう既に談義は始まっていましたが、改めて、開始!最初は三回ほどメンバーを入れ替えてのミーティング。そこでは皆さんの仕事の話やどういう経緯でコーヒーミーティングに参加したのか等々のトークが繰り広げられました。

 休憩を挟んで、コーヒーミーティングを広める為のアイデアコンテストも開かれ、賑やかなひとときを過ごしました。当日の様子はコーヒーミーティングの公式ブログに掲載されています。僕が語るより運営さんのほうが詳細で正確なので.....w

 しかしながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

[][][]TEDxKyoto 2012 Speaker Auditionに行ってきた

 7月8日、『TEDxKyoto 2012 Speaker Audition』にオーディエンスとして参加してきました。当日はUstreamでも公開され、非常に熱いプレゼンテーションが行われました。交流会にも参加をさせていただき、id:jkondoさんともHUG Kyoto以来にご挨拶をさせていただき、以前よりFacebookで交流させていただいている三ツ木隆将さんともご挨拶。またSpeakerとして登壇されていた方々ともお話をさせていただきました。非常に刺激的な時間を楽しませていただきました。

[][]氏神さんでのご奉仕

 6月17日、うちの氏神さんである「賀茂御祖神社」にて、式年遷宮の前儀であります『石拾神事』が厳粛に執り行われました。ご本殿の御垣内に敷いてある御石を二の鳥居まで運ぶというもので、多くの参列者と共にご奉仕させていただきました。

 この日は真夏のような暑さで、宮司先生を始め、多くの参列者のもと神事は無事に執り行われました。

[][]gifteeを使う!

 6月16日、山崎蒸溜所の帰りに三条商店街の「らん布袋」さんへ。

 実は先日の誕生日のおりに、gifteeのサビースを通じて、友人mukkuからお祝いをいただいていたのです。それがらん布袋さんでの抹茶とお菓子のセット。

 しばらくほっこりする機会がなかったので、先生ところでゆったりと楽しませていただきました。こういうサービス、僕自身もかなり好きです。また機会をみて、他の方々にも自分からお送りしてみようと思います。

[]サントリー山崎蒸溜所へ

 6月16日、同級生と兼ねてより計画していた山崎蒸溜所の見学へ。素直に楽しかったです。何より、あの貯蔵庫の香りが素晴らしい!そして、新山崎の試飲もさせていただき、何とも心地よい一日でありました。

[][]賀茂祭御斎行

 5月16日、無事に賀茂祭が御斎行。本年は雨のため、本祭儀を15日に執り行い、16日に賀茂祭の路頭の儀を御斎行されました。

[]納涼床の時期、到来

 5月になり、鴨川納涼床の床開きとなりました。本来納涼床は、7月が相場なのですが、近年は5月から9月まで納涼床が営まれています。

[]上七軒で歌舞鑑賞

 いつもお世話になってる方から招待券を賜りまして、折角なのでと4月6日に鑑賞して参りました。歌舞鑑賞は数年振りです。昔は関係者の方からいただいたりする事があったのですけど、ここしばらくの用事の重なりがあり、伺う事はありませんでした。

 開演ギリギリに入場したので、お茶席もギリギリに。しかしながら、いつみても上七らしい佇まいに歴史的風格を建物全体から感じてしまいます。演目は「愛してはならぬ人」。初演は昭和38年で当時は売切御免となった演目です。

 現代の喧騒を忘れ、ひさびさに花街の世界を感じるひとときでありました。

[]くりすとふぁーと花見

 4月7日、コネクトフリーのクリストファーのお誘いで、一升瓶持って、円山公園お花見してました。

 場所も急遽決まったことだったので、錦市場に駆け込んで津之喜酒舗さんにご相談して、お花見にイイ感じの一本を選んでいただいた訳です。いつもの通り、クリストファーは着物で。途中、彼は他所のグループに入り込んでいましたが、和気あいあいとした中、色々な方とご挨拶をさせていただきました。

 ひさびさに花見酒をする事が出来ました。

[]ここしばらく更新出来なかったネタを一気に更新します

 ここしばらくなかなかブログを書く気力が湧いてこなかったので、更新を停止していましたが、ネタも随分と貯まって来たので、一気に更新していきます。

 基本的には日付は変更せず、内容ごとに記事にして、綴って行きたいと思います。

2012-04-03

[]ドイツ語講座のテーマ曲

D

 最近NHK R2を聴いていて、気が付いたのがドイツ語講座のテーマ曲がNenaの"99 LUFTBALLONS"だった。そういえば、アノ曲はドイツ語だったなぁと、今頃になって頭ん中でリンクされた。

 私がFMのヘビーリスナーだった頃(80's〜90's)の、"SUNDAY SUNSET STUDIO"という番組(現在も放送中)で恒例のように流れていて、自然と耳に慣れていた曲だった。この頃のラジオ番組は音楽の質にこだわった番組がとても多かった(いまが少ないと言うわけではなく、背景にあるこだわりが前面に出ている番組が多かったし、求められていた時代だったのだ)。

 

 昔話のように語るのは、個人としてあまり好きな事ではないので、ふと思い出したので、この辺で。

[]GRAPH600

f:id:stkyoto:20120319194453j:image:w360

 先月にふと綴ったシャーペン探しがフワッと決まっていたのでご報告。買ったのは、ぺんてるの"GRAPH600"。重さは思ってた以上に軽く、重心が丁度グリップの部分にあるので、書き疲れないところが、非常に使い勝手のいいところです。そして、書き味も滑らかでイイ感じでした。