演劇×劇場×文化施設建築

2016-08-09

施工予定者は東急建設/庁舎・公会堂、9月に着工/渋谷区庁舎建て替え

三井不動産レジデンシャルは、東京都渋谷区三井不動産日本設計と官民連携で進める(仮称)「渋谷区役所建替プロジェクト」のうち、庁舎と公会堂の施工予定者を東急建設に決めた。ともに9月に着工する。設計日本設計が担当。庁舎棟は2018年10月中旬、公会堂棟は19年5月下旬の竣工を予定する。敷地北側定期借地権を設定して整備予定の住宅棟は年内の着工を目指す。

規模は庁舎棟がS・RC・SRC造地下2階地上15階建て、公会堂棟がSRC一部S・RC造地下2階地上6階建て両棟総延べ4万2000屐4霑工法現場造成杭を採用する。三井不動産レジデンシャル庁舎と公会堂を建設後、所有権渋谷区移管する。既存庁舎と公会堂は現在、9月までの工期で、東急建設解体を進めている。

工事スケジュールは、庁舎棟が9月から山留め・杭・土工事に着手、17年2月から地下躯体工事、4月から地上躯体工事、9月から内装仕上げ・設備工事と外装仕上げ工事、18年2月から外構工事を行う。公会堂棟は9月から山留め・杭・土工事に着手、17年5月から地下躯体工事、8月から地上区体工事、18年3月から内装仕上げ・設備工事と外装仕上げ工事、12月から外構工事を行う。

施設計画では、庁舎免震構造を始め、防災拠点機能ユニバーサルデザイン、BEMS(ビルエネルギー管理システム)などを導入する。公会堂は2000席規模のホールを設けるほか、公園通りのにぎわいを引き込むフロア構成や、文化交流活動の発信拠点としての空間整備、開放感のあるエントランスホールなどを計画している。

住宅棟の規模はRC造地下3階地上39階建て6万0420屐∈嚢盥發毅隠苅械蹐鯀枋蝓設計日本設計が担当。18年度の竣工を予定する。

庁舎と公会堂の敷地のうち、4565屬烹沓闇の定期借地権を設定して整備する。定期借地権権利金で区の庁舎建築費の負担をなくし、民間事業者はマンションを建設・分譲し、定期借地期間終了後、区に土地を更地返還する。

渋谷区役所建替プロジェクト建設地は宇田川町28−20、80と96−1、2の敷地面積7855屐

http://www.kensetsunews.com/?p=70899

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20150827/1440639922

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stnet/20160809/1470803193