演劇×劇場×文化施設建築

2017-03-23

公民館・図書館を優先 平泉町 社教施設整備方針公表

平泉町は、懸案となっていた町が今後整備すべき社会教育施設について、公民館と図書館の併設施設を優先して整備する方針を固めた。2017年度に規模や建設場所などの検討を開始し、建設年度を含めた建設計画を決定する。方針については5〜7月をめどに行政区単位で開催予定の地区懇談会で説明し、町民の意見を聴取する。22日に町役場で開かれた町議会議員全員協議会で明らかにした。

青木幸保町長は14年の就任時、総合的に社会教育施設の在り方を検討する必要性を表明し、建設計画のあった体育館単独での整備を凍結した。15年3月には体育館を含め社会教育施設の整備を進める方向で検討する考えを表明。16年度には各種団体代表者の意見を踏まえ、年度内に社会教育施設の整備方針を明らかにする意向を示していた。

方針は、町の人口財政規模からは施設を単体で同時期に建設するのは困難なため、機能の共有や優先順位などを決めて整備していくことを前提としている。

具体的には築50年余りが経過し老朽化が著しく代替施設がない公民館・図書館(併設)を優先し、体育館文化ホールの順に整備を進める。

文化ホールに関しては建設要望はあるものの財政計画上から直近での建設は厳しいとし、既存施設の活用や設備の充実を図ることで対応するほか、公民館・図書館(併設)への小ホール(300席程度)的なスペースの確保も併せて検討する。

10年度に老朽化に伴い解体された体育館に関しても17年度から建設に向けた検討を開始する。ただ、これまでに策定した建設計画踏襲せずに施設規模、建設場所などを最初から検討し直す。社会教育施設としての体育館長島体育館のみで、学校体育館を活用しているのが現状だ。

施設建設に当たっては民間資金を活用する社会資本整備(PFI)や官民連携(PPP)を積極的検討することとしており、体育館についても民間資金などの活用により財政上整備可能な条件が整えば早急に整備する。

町はこの方針に沿って施設整備を進めていく考えで、地区懇談会で整備方針に対する町民の意見を聴取し、施設ごとに町民らによる整備検討委員会などを設置して具体の検討に入る。青木町長は「建設に向けさまざまな角度から協議し、町民の理解を得ながら一つ一つ前へ進めていきたい」と話している。

http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/22833.html

鶴岡市議会 予算案、特別委可決 文化会館増額 野党2会派退席 /山形

鶴岡市議会の予算特別委員会は22日、総事業費が当初計画の倍を超える96億7600万円に膨らんだ市文化会館の増額を含む2017年度一般会計当初予算案の採決を行い、与党2会派の賛成多数で可決した。23日の本会議でも可決される見通し。

委員会の冒頭、市文化会館の増額に反対を表明して辞職願を提出していた今野良和委員長の辞職が認められた。採決後、与党最大会派「新政クラブ」の五十嵐庄一団長から予算案に賛成する条件として「付帯決議」が提案された。建設コスト維持管理費を抑えることや、開館後の管理運営に関して市民の声を広く聴く場を設けるとともに、今後の事業執行にあたって市民理解が得られるようにあらゆる方法で丁寧な説明を行うことなどを求めた。野党2会派は退席したが、賛成多数で可決された。

委員会後、取材に応じた榎本政規市長は反対票を投じた今野議員に対し、「これまで支援してくれた思いに応えられなかったことは私の不徳の致すところ」などと述べた。

予算特別委員会に先立って行われた議会運営委員会では、先月23日に市民有志らが陳情で要望した公聴会の開催について協議した。「計画運営市民の声を反映させるとする付帯決議に盛り込まれている」などとした意見が与党側から出て、設置は見送られた。

http://mainichi.jp/articles/20170323/ddl/k06/010/130000c

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170322/1490228895