演劇×劇場×文化施設建築

2017-04-18

事業費は12億/設計5月一般入札/三島市市民文化会館改修

静岡県三島市は、市民文化会館改修基本計画を策定した。1991年4月に完成し設備などが老朽化した施設(RC・SRC一部S造地下1階地上4階建て延べ9558?)を、総事業費12億円程度で大規模改修する。

2017年度当初予算に大・小ホール吊り天井(特定天井)の補強工事実施設計委託費3000万円を計上。5月に実施設計一般競争入札する。

同館を文化創造拠点として整備するため、9月までに工法や工期、工程を決定。館内内装改修は19年4月以降に着工、工期は6カ月を予定している。

計画によると、大・小ホールの内装改修と舞台幕類の更新舞台音響・照明設備の更新トイレ改修、リハーサル室と事務室内装改修などを実施する。

改修基本計画作成業務空間創造研究所が担当した。

所在地は同市一番町20−5。

市の担当者によると、「リニューアルオープンの時期は未定。市民から工事中も会館を利用したいとの要望がある。工程は利用状況を踏まえ、可能なら休館しない方向で調整したい」という。

https://www.kensetsunews.com/archives/47278

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20160419/1461287615