演劇×劇場×文化施設建築

2017-05-18

岡山市/旧後楽館中高跡地活用事業提案/2者1グループ応募/5月26日にも優先交渉権者特定

岡山市は、市有財産売却案件として公募プロポーザル手続きを進めている旧後楽館中・高(天神校舎)跡地活用事業の応募者を明らかにした。応募者は、山陽放送浅野産業石川文化振興財団グループ(構成員・ストライプインターナショナル石川コーポレーション)の2者、1グループ。19日のヒアリングを経て、26日にも優先交渉権者を特定する。

同跡地は市立岡山後楽館中学校・高等学校移転により市民会館の移転候補地として検討したが、同会館を千日前地区再開発の一部として整備することが決まり、売却することにした。用地は北区天神町の敷地4883?。後楽館中・高校の校舎に使用していた既存施設の本館RC造地下1階地上6階建て延べ6446?、南棟RC造3階建て延べ382?、北棟RC造2階建て延べ439?などが残っている。

跡地活用に当たっては、中心市街地活性化、にぎわい創出、回遊性などの市の施策に沿ったものとする。市立オリエント美術館や県立美術館に隣接し、周辺には天神山文化プラザなどの文化施設がある立地の優位性を生かし、これらの施設連携し、文化創造や発信などが可能提案を求めている。跡地の最低売却価格は7億9830万円。建物はすべて取り壊しすることが最も有効判断しており、更地総額から建物解体費用相当額を控除して積算している。

優先交渉権者決定時に覚書を締結し、協議・調整に入る。その後、6月26日まで事業計画書の提出を求め、同下旬に市有財産売買契約の締結を予定している。

https://www.kensetsunews.com/archives/59395

徳島市長に「駅西優先」を提言 新ホール検討

徳島市計画を進める新ホールの建設地を議論する「新ホール建設候補検討会議」は17日、候補地3カ所のうち、徳島駅西側のクレメント平面駐車場寺島本町西1)を優先的に検討するよう求める意見書遠藤彰良市長に提出した。

ホテル千秋閣であった会合には委員7人が出席し、山中英生会長徳島大学院教授)が遠藤市長意見書を提出。山中会長は「アクセス性が高く、周辺には公演後の時間を楽しむ場所も多い。まずは駅西を検討していただきたい」と話した。

遠藤市長は「意見書を踏まえて候補地を決めたい。市民は早期開館を望んでおり、スピーディーに進めたい」と応じた。

検討会議は11日の会合で、利便性や中心市街地活性化への効果などから、駅西側駐車場を優先して検討するよう求めることを決めていた。ほかの候補地は、閉館した市文化センターの敷地(徳島町城内)と市立動物園跡地(中徳島町2)。遠藤市長は今月中にも3カ所の中から建設地を正式決定する見込み。

新ホールは、新町西地区再開発事業の中核施設位置付けられていた音楽芸術ホールに代わる施設。市は2023年度の完成を目指す。

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14950703666298.html

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170511/1494553450

徳島市 新ホール、動物園跡地に建設求め手紙 市長市民団体 /徳島

住民団体徳島市文化センターの存続を求める会」の代表者が17日、徳島市役所を訪れ、市が解体を決めている市立文化センター耐震改修して活用しながら、市動物園跡地に新ホールを建設するよう求める署名入りの手紙113人分を遠藤彰良市長宛てに提出した。

同会は、動物園跡地は市有地で県や国の所有地とも隣接しており、十分な建設用地と駐車場が確保できるとしている。手紙は今月上旬から、演劇コンサートの公演会場などで集めたという。

提出後、平岡保人事務局長は「JR徳島駅西側は敷地が狭く既存施設の立ち退きが必要で、動物園跡地の方が県都にふさわしいホールを造ることができる。遠藤市長に熟考を求めたい」と話した。

https://mainichi.jp/articles/20170518/ddl/k36/010/460000c

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170518/1495153506

釜石市民ホールの愛称募集 被災移転新築中

釜石市は同市大町建設が進む市民ホールの愛称を募っている。

津波被災した市民文化会館移転新築し、10月末完成を目指し工事中。鉄骨鉄筋コンクリート造り4階建てで838席の大ホール、208席の小ホール、スタジオなどで構成する。12月10日の音楽イベント「かまいしの第九」に合わせオープンする予定。

完成を控え、親しみやすく、未来への希望を感じさせる愛称募集意味明解発音しやすく、リズム感に富むことを重視する。採用者には記念グッズを贈り、三陸鉄道釜石駅で10月に行う予定の愛称命名式に招く。

応募は6月末まで。1人1点で、自作した未発表作品に限る。問い合わせは市生涯学習文化スポーツ課へ。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?hi=20170518_1