演劇×劇場×文化施設建築

2017-05-25

千葉県茂原市 シアターワークショップを選定/茂原市市民会館基本構想策定支援/複合化、多機能化を検討

茂原市企画政策課は24日、「(仮称茂原市民会館建設基本構想策定支援業務」の選定結果を公表した。公募プロポーザル実施していたもので、2者が参加。22日にプレゼンテーション実施し、シアターワークショップ東京都渋谷区神宮前6―23―3)が最優秀企画提案者に選定された。

今後、1011万9600円(消費税込み)を限度に委託契約を締結する。委託期間は2018年3月30日。業務内容は仝施設の状況把握及び課題整理◆仮称茂原市民会館建設基本的な考え方会議運営支援など。

既存市民会館と中央公民館は同一敷地内にあり、所在地茂原101。市民会館は敷地面積が4178・92建物は1968年の建設で、規模がRC造3階建て延べ1825・06屐C羆公民館は敷地面積が1369・12屐建物は67年の建設で、規模がRC造2階建て延べ1412・18屐いずれも老朽化が著しく、安全性問題がある。

このため、市民安全かつ快適に利用できる施設として(仮称茂原市民会館を多機能複合施設として整備するため「(仮称茂原市民会館建設基本構想」を策定する。

主な業務内容は次の通り。

【現施設の状況把握及び課題整理】

▽利用状況等の把握=現施設及び市内類似施設の現状と課題の把握をするための調査分析市民アンケート実施=新市民会館建設に向けた市民意向を把握するため、16歳以上の市民2000人を抽出し、アンケート調査分析実施▽利用団体への意見聴取実施施設を利用している団体等に対して意見聴取等を行い、施設に対する課題等を把握▽類似文化施設を取り巻く現況の調査=他自治体における近年の類似市民会館や公民館等の施設についての事例を調査し、建設計画運営方法、民間活用の状況等について調査分析

【(仮称茂原市民会館建設基本的な考え方】

▽上位関連計画との整合性茂原市総合計画茂原市公共施設総合管理計画茂原市生涯学習推進計画茂原市地域防災計画――に盛り込まれている本施設に関連する施策との整合性を図る▽施設の広域化、複合化、多機能化の検討=近隣自治体とのホール系施設との広域化の検討及び市の公共施設の再編を踏まえた複合化、多機能化の検討を行う▽施設建設に関する検討施設建設予定地、規模、必要機能建設手法検討を行う▽事業スケジュール検討管理運営組織検討管理運営組織検討を行う。

会議等への運営支援

会議資料の作成、議事要旨の作成等の運営支援を行う。〇埒Πによる庁内検討委員会(3回程度)専門家による検討委員会(3回程度)市民参加によるワークショップの開催(2回以上)

https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00336830

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170302/1488501231

和歌山市、(仮称市民文化交流Cは基本設計策定向け概要説明会を開催

和歌山市は、廃校となった伏虎中学校の跡地に新たな市民会館「(仮称市民文化交流センター」を整備するため、基本設計の策定に向け、27日に基本設計(案)の概要説明会を開催する。基本設計策定後は実施設計に着手し、18年度から着工、21年度に市民会館の供用開始を目指している。

現在の市民会館は、79年に和歌山市七番丁(現在の市役所用地)にあった市民会館を、市制施行90周年事業の一つとして現在の場所に建設。開館から39年が経過し、老朽化も著しく、耐震性に課題を有しており、市民安全に利用できる施設として整備することが急務となっている。施設・設備は老朽化が激しく、配水管の腐食排水管の損壊・漏水、外壁タイルの落下等、劣化箇所が増加している。埋設された設備等を含めた大規模な設備更新が必要になっている。このような状況を踏まえ、市民文化活動実態に沿ったホール規模や機能の整備、コンベンションの誘致に向けた整備が求められており、同市七番丁25―1他の伏虎中学校跡地に和歌山県立医科大学薬学部の誘致と併せて新市民会館を整備する。昨年12月に基本計画を策定し、現在は新市民会館の基本設計を梓設計環境建築計画JVに委託し、作業を進めており、今回、基本設計における施設計画や外観イメージについての基本設計概要説明会を開催する。

新たな市民会館「(仮称市民文化交流センター」整備の基本理念は、芸術文化・人に出会う喜びや感動がまちの元気につながる「にぎわいの文化交流拠点」とし、▽多様な芸術文化市民創造・発信していく文化拠点▽和歌山市芸術文化シンボルとして、市内外・海外を広くつなく交流拠点▽いつでも発見があり誰かがそこにいるにぎわい発信拠点―を基本方針としている。施設整備方針は「地域交流センター(ホール機能)」と「まちおこしセンターコンベンション機能)」を複合した施設として計画。敷地面積約6500?に4階建延1万5000?程度の規模で整備する。施設機能は▽大ホール(4300?)=1000席程度の高い音響性能を備えたホール。舞台・楽屋・オーケストラピット・花道・映写室等を備えた多機能型ホールとし、主に音楽演劇に対応▽リハーサル練習室(650?)=大ホール舞台と同等の大きさをもつリハーサル室で、防音機能を備えた各種練習室を整備▽小ホール(1400?)=500席程度の平土間式、可動席のホール。舞台・楽屋等を備えたホールとした多目的ホールとし、国際コンベンションにも対応▽展示室(500?)=市の美術展や個展など大小様々の芸術文化作品を鑑賞・発表するための展示空間会議室・和室(1100?)=小ホール等と合わせてコンベンションに対応できる大・中・小会議室を設けまる▽エントランス・共用部(3500?)=交流のためのロビーエントランスホールを設ける▽屋外広場=道路に面した位置に屋外広場を設け、屋上にも広場・庭園を設ける▽テナントスペース(400?)=ショップ・レストランをはじめ、観光振興施設等、にぎわいと交流寄与する機能検討管理部門(150?)=建物運営管理に必要な諸室を設ける▽駐車場駐輪場=敷地内の駐車場障がい者等が使用できる駐車場搬入駐車場を設け、一般用の駐車場は隣接する市営中央駐車場を中心に計画。概算工事費は1万2000?×65万円/?で約78億円を想定。

http://www.ken-san.com/article/view/5309

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20161213/1481593716