演劇×劇場×文化施設建築

2017-06-29

民活調査提案競技/7月10日まで参加表明/島田市市民会館跡地整備

静岡県島田市は、旧島田市民会館の跡地に新たな文化創造拠点施設などを整備するため、PFIなど公民連携手法の導入可能性を調査する。「市民会館機能再生等に係る民間資金等活用事業基本調査業務委託」の公募プロポーザル公告した。

参加表明書などの提出は7月10日まで、行政経営財政資産経営担当で受け付ける。7月中旬に1次審査実施する。技術提案書などの提出期間は14日から8月2日まで。同上旬に2次審査実施、中旬に審査結果を公表する。下旬に契約する。委託上限金額は1188万6000円(税込み)。

参加資格は会社更生法、民事再生法の手続き開始の申し立てがないことなど。

耐震性能不足などで2016年10月に解体を終えた旧島田市民会館の跡地に文化創造拠点施設として新市民会館などを整備するため、運営のあり方やPFIなどの導入可能性を検討する。

また、市では新市民会館(敷地面積約6500?)の整備に併せ、隣接する老朽化した本庁舎(RC造地下1階地上4階建て延べ約5600?)と市民総合施設プラザおおるり(RC造地下1階地上3階建て延べ約9200?)の一体的整備も検討中だ。

この調査は内閣府のコンセッション運営付与方式の導入を検討する自治体支援に選定されている。必要な経費のうち、自治体がコンサルタントなどに委託する経費を全額国費で賄う。

https://www.kensetsunews.com/archives/77684

http://d.hatena.ne.jp/stnet/20170316/1489623193