演劇×劇場×文化施設建築

2018-05-16

中日劇場の緞帳「第二の人生」へ 一部は愛大で展示

3月に閉場した中日劇場名古屋市中区)で、舞台と客席を仕切る緞帳(どんちょう)が15日、取り外された。一部は二張りのタペストリーに加工され、愛知大名古屋キャンパス(同市中村区)に展示される予定。

この緞帳は、1966年開場の中日劇場で開場35周年を記念して取り付けられた4代目。日本画家平松礼二さん(76)=神奈川県鎌倉市=が描いた「モネの池に桜」を、高さ9・5メートル、幅21・8メートル織物に仕立てた。

10人の作業員が、運びやすい大きさに裁断しながら取り外した。再生する部分は、緞帳を制作した京都業者が一度引き取り、補修と清掃をしてからタペストリーに仕立て直す。

行き先は、平松さんが母校の愛知大に相談し、大学と卒業生保護者らが費用を工面して受け入れが決まった。夏ごろ大学に引き渡される。協力してきた同大キャリア支援課の樋口裕嗣主幹(60)は「モネの池は平松先生代表的テーマ作品が残るのは良かった」と話す。

平松さんは「どんな演目にも合うようにと、試作を重ねた作品教育の場で二度目のお勤めができる。これ以上うれしいことはない」と喜んでいる。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018051690092509.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stnet/20180516/1526433504