演劇×劇場×文化施設建築

2018-11-05

神戸文化ホール休館延長 天井板に続きタイル落下恐れ

神戸市は5日、天井から化粧合板の一部が落下し、一時休館している神戸文化ホール(同市中央区楠町4)の大ホールについて、来年1月末ごろまで休館を延長すると発表した。

10月21日の点検で2階部分に合板が落下しているのが見つかり、補修のため11月14日まで休館するとしていた。

市によると、補修作業中、壁面に貼られたタイルにひびが入ったり、浮いたりといった異常が多数見つかったという。大小2種類のタイル計約10万枚を組み合わせており、大きいもので1枚縦約6センチ、幅約23センチ、厚さ約1センチ、重さ約340グラム。落下する恐れがあり、手作業で1枚ずつ全てはがすという。

阪神・淡路大震災の直後に壁面を含めた全面点検を行ったが、3年に一度の定期検査では足場は組まず、目視点検していた。経年劣化などの原因が考えられるという。

同市は、1月末までに予定されている催しの主催者約40団体に対し、代替施設を紹介するなどの対応を取り、12日には同ホールで説明会を開く。同市文化交流課は「利用者にはご迷惑をかけ申し訳ない。安全を最優先に考えての判断なので、ご理解いただきたい」としている。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201811/0011793305.shtml

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stnet/20181105/1541467244