Hatena::ブログ(Diary)

Stoned Love

2011-03-30

私が愛したガンプラたち(3)

| 15:57

「私が愛したガンプラたち」「私が愛したガンプラたち(2)」の続き。

前回からもう2年経つのか。あれからひとつも作ってないけど、先日、昔作ったガンプラを引っぱりだして撮影したので、ひさびさに更新。

ちなみにはてなフォトライフの模型コーナーはこちら→ http://f.hatena.ne.jp/stonedlove/mokei/


1/100 MG ザクF2

f:id:stonedlove:20110103115211j:image:w400

通称「カトキザク」。設定の配色が気に入らないので、初代ザクの塗りわけに従った。

右胸のレスキューデカールは貼ってみたがどうも違和感があったので、撮影後にはがした。


1/100 MG ドム

f:id:stonedlove:20110103115213j:image:w400

スミ入れを兼ねてウォッシング。『HOW TO BUILD GUNDAM』/『MSV』的な仕上げを目指した。


1/100 MG ゲルググ

f:id:stonedlove:20110103115209j:image:w400

初代MG。新しいやつ(Ver2.0)はどうも筋彫りが太いのが気になって手を出していない。


1/144 HGUC ゴッグ

f:id:stonedlove:20110103115206j:image:w600

MAX渡辺が提唱していた「コピック塗り」で仕上げた。ツヤ消しスプレーの吹きすぎでカブってしまったのが残念。


1/144 HGUC ズゴック

f:id:stonedlove:20110103115205j:image:w400

これもコピック塗り。また作る機会があったら、もうちょっと塗装やマーキングに凝ってみたい。


1/100 MG アッガイ

f:id:stonedlove:20110103115208j:image:w400

超傑作キット! プロポーションもギミックも申しぶんない。完全素組み。


1/100 MG ガンダムmk-II

f:id:stonedlove:20110103115212j:image:w400

よく見ると設定画よりかなり抑え目なプロポーションなのだが、マッシヴなテイストをうまく表現している。かなり好み。


1/100 MG Zガンダム

f:id:stonedlove:20110103115207j:image:w400

これも傑作だなあ。

ポリキャップの保持力が弱いため、フライングアーマーがガタついたり、ポージングが崩れやすいといった欠点はあるが、この美しいシルエットは唯一無二。


1/72 ヴィクトリーガンダム

f:id:stonedlove:20110103115210j:image:w400

ワンフェスで買った才谷翔(C・みるく)によるGK。当時バンダイのキットに不満があった向きは、みんなこれに憧れたはず。

MG買ったけど、仮組み状態で放置中。作りたい……。


1/100 ゾリディア

f:id:stonedlove:20110103115203j:image:w400

キットの出来はかなり良好なのだが、いかんせん劇中の印象が悪すぎた。ミューラ・ミゲル……。


1/100 ゾロアット

f:id:stonedlove:20110103115204j:image:w400

前述のゾリディアにBクラブの改造パーツを追加。

ザンスカールMSの代表作」といっていいぐらい、じつにいいデザインなんだが、これも活躍した印象があまりない。

トッリ・アーエス隊ぐらいか? あ、マーベットさんが乗ってたか。

noriyo_asanonoriyo_asano 2011/03/30 16:03 こどもが九九の勉強してる時にいつも心の中で
「ゴック45! ゴック45!」
とつぶやいてしまうのは自分だけではあるまい…

stonedlovestonedlove 2011/03/30 16:12 ぶはは! 俺はもうオッサンなのでガンガン口に出して言いますよ!

stonedlovestonedlove 2011/03/30 18:24 「すぐおいしい ズゴックおいしい♪」

2009-11-20

MGヴィクトリーガンダム前夜祭

| 12:53

f:id:stonedlove:20091028162829j:image:w250

機動戦士Vガンダム』(1993〜94年)の主役機、ヴィクトリーガンダムが、12月25日、ついにマスターグレードで発売される。


1979年から続く「ガンダム」シリーズが抱え込んできた、「戦争をロボットアニメで描く」という行為の矛盾と歪みがついに露呈し、ジャンクな現実がむき出しの暴力と狂気を暴き出す。『Vガンダム』はそんな作品だ。

ガンダムの世界では子供が人殺しをする」という残酷な事実を、富野由悠季自身が自分と観客にぶつけ、劇中では規範の喪失(ワタリー・ギラ)、マーケティングマーチャンダイジングの肥大(バイク戦艦)、スピリチュアリズムの台頭(マリア主義)、親子関係の崩壊(ハンゲルグ/ミューラとウッソの関係)といった当時の世相を反映した描写があちこちに現れる。

地味で重苦しい作品だが俺は好きだ。レンタルビデオで3回、DVDで5回見た。ただ一般的にはあまり人気がないので、主役機ヴィクトリーガンダムマスターグレード化は絶望的だと思われていたのだ。バンダイの快挙に拍手したい。長年のVガン愛が報われた思いである。いやーめでたいめでたい。


そんなわけで、いままで作ってきたVガンのモビルスーツたちを紹介しよう。

1/100 Vガンダム

f:id:stonedlove:20091031124810j:image:w350

黄色いポリキャップ、険しい顔つき、プロポーションがイマイチ、など欠点はあれど、基本的にはとてもできのいいキット。何個も作った。


1/100 V2ガンダム

f:id:stonedlove:20091031122049j:image:w350

ちょっと華奢だがシャープな造形がすばらしい。肩関節をボールジョイントに変更、後部スカートを裏打ちしてディテールを追加した。


1/144 リグシャッコー

f:id:stonedlove:20091031123927j:image:w350

そのまま組むと顔がブサイクなのだが、HJ別冊を参考に幅詰めすると見違えるほどかっこよくなる。


1/144 コンティオ

f:id:stonedlove:20091031124339j:image:w350

Vフレーム(1/144Vガンシリーズ共通のポリフレーム)のせいでボディの幅が狭いのが残念だが、それ以外はよくできている。塗装はアクリルガッシュ


1/144 トムリアット

f:id:stonedlove:20091031124129j:image:w350

このシリーズ(ゾロアット、ゾリディア、トムリアット)は、基本的にはどれもできがいい。HJ別冊を参考に、顔のモールドをデザインナイフで彫りなおす作業に没頭した記憶がある。


なお、『機動戦士Vガンダム』に関してはこの本が詳しい。名著です。

それがVガンダムだ―機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック

それがVガンダムだ―機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック

関連記事:

私が愛したガンプラたち - Stoned Love

私が愛したガンプラたち(2) - Stoned Love

2009-07-13

プラモ作りたい

| 17:26

昨年4月に娘が生まれてから、ひとつもプラモデルを作っていない。

ペーパーがけやら塗装やら、一点に神経を集中して数時間ぶっつづけでやる作業は、子育てとはまったく相容れない。これはもう、いたしかたないことだ。

ちょっとでも子供から目を離すと、いつのまにか部屋のすみっこまでハイハイしてコンセントをひっぱったり、床に落ちている猫トイレの砂を口に入れようとしたり、背伸びしてガスコンロのつまみに手をのばしてたりする。

子はかわいい、が、模型もやりたい……。なんだかときどき、禁断症状のような飢えの感覚に襲われる。

ただ、「これは絶対ほしい!」という新作が最近ないので、これ以上積みあげないで済んでいるのは不幸中の幸いか。

タミヤのカウンタックLP500Sはほしいけど、LP400にぜんぜん手をつけてないので買わない。ウェーブのスネークアイはかなりほしいが、まだ作りかけのSAFSやファイアボールが転がっている。がまんがまん。

そういや最近模型誌を買わなくなった。もうここ1年ぐらい買ってない。「作れないんならせめて雑誌でも」とか思いそうなもんだが。なぜだろう?


子持ちモデラーの方に質問。何歳ごろからプラモ再開できますか?

f:id:stonedlove:20090711154353j:image:w400

写真はマスターグレード ガンダムF91。2006年作。

そのほか模型関連の記事はこちら。Stoned Love:カテゴリー「模型」

stonedlovestonedlove 2009/07/16 13:50 ありがとうございます! そうか。あと4年かかるのか……(遠い目)。女の子なので「とうちゃんと一緒にプラモ作ろうぜ!」って感じにはならないでしょうね。なったらなったで面白いけど、「娘よ、そっちの道は地獄にしか続いておらんぞ。オオゴシ*トモエとかモデリング娘。とか」などと説教してしまいそうな気がします。
山下洋輔のエッセイで、海外遠征中に突然猛烈な日本食への飢餓に襲われ「ヤカン一杯の水にショーユを一滴たらしたのでいいから飲みたい!」とうそぶくエピソードがありますがそんな心境です。先日イヤホンのジャック部分が断線したので銅線むいてピンセットでつまみながらハンダづけしたのですが予想外の充足感を得られびっくりしました。手先を動かしてちょこまか作業するのが自分にとってそんなに癒しになるとは……。
一時期MAX渡辺がコピックを使ったお手軽フィニッシュをすすめてましたが、子持ちになってみてその気持ちがよくわかりました。ただ以前コピックでいくつかガンプラ仕上げてみたんですが、「これだったら全部塗装したほうが楽しいよなー」と思ったのも事実。
ウェーブのMa.K、黒人音楽好きなのでポーラーベアは買いました(笑)。気軽にこさえるの楽しいですよね。『Ma.Kモデリングブック』も読んでみますね。
模型雑誌はほんっとに買わなくなりました。まあ俺なんかが買わなくてもいまの子供たちが買ってればぜんぜん問題ないんですが、実際この出版不況の中でちゃんと売れてるのかどうか心配です。じゃ買えよって話ですが(笑)、なぜか食指が動かないんですよ。

stonedlovestonedlove 2009/07/16 17:27 > 毎日五分でも何か進めてる。
これ大事ですね。その方法で制作再開しようかな……組みかけの……ヤクトミラージュ(゜∀゜)!
> 青森県田子のにんにく
ほんとですね! まさか横山センセ、ロッグ・マックの半球パーツみたいに……(笑)。

2009-01-22

私が愛したガンプラたち(2)

| 10:52

前回の続き。

1/144 HGUC ジオング

f:id:stonedlove:20090122055300j:image:w400

どうがんばっても旧キットを『HOW TO BUILD GUNDAM 2』の小田雅弘作例のようにカッコよく改造できなかった挫折派オッサンモデラー(俺)にとって福音ともいえるキット。2001年発売。


1/144 ∀ガンダム

f:id:stonedlove:20090122055700j:image:w300

シド・ミードの難解なデザインを限られた開発期間でなんとか読みとろうとした努力の跡がうかがえる好キット。

プロポーションも良好。ヒジの関節をウェーブの球体ジョイントに交換。


1/100 スモー

f:id:stonedlove:20081120010800j:image:w350

当初ガンダムとしてデザインされていたといういわくつきの機体。曲面主体の複雑なボディラインを少ないパーツで見事に立体化している。

キットのメッキははがしてMr.カラーのスーパーゴールドメタリックで塗装した。


1/144 アビゴル

f:id:stonedlove:20090122054400j:image:w400

宗教くさいネーミングがイカす三つ目のモビルスーツ。「宇宙の虎」ゴッドワルド・ハインが搭乗。

こんなもん振り回したらアンタが危ないでしょとツッコみたくなるビームサイス(鎌)もインパクト抜群。拳はMGザクのものに交換。


1/144 スターゲイザーガンダム

f:id:stonedlove:20081120011300j:image:w350

『機動戦士ガンダムSEED C.E.73−STARGAZER−』の主役機。DVD観たけどよくわからなんだ(´・ω・`)

明らかに仏像をイメージしたデザインが好きなので勢いで作ってしまった。手首パーツ自作して合掌ポーズ取らせたくなるね。


1/144 HGUC ジ・オ

f:id:stonedlove:20090122054100j:image:h500

『Z』のラスボス。1/144だけどかなりデカい。

重戦車を思わせるデザインなのでそれっぽくウォッシング+ドライブラシで仕上げ。


余談だが、レコードを聴きながらプラモデル作るのが最高に好き。

ペーパーがけとか塗装とか時間がかかる作業をするときは、普段なかなか聴けない長尺のアルバムをひっぱり出してきてBGMにしている。このへん↓

Pangaea

Pangaea

サンディニスタ!

サンディニスタ!

FRANZ KAFKA’S AMERIKA

FRANZ KAFKA’S AMERIKA

6

6

Uncle Meat

Uncle Meat

あとコルトレーンの『ライヴ・イン・ジャパン』とかカウント・オジー『グラウネーション』とか。スリープとかSUNN O)))とかドゥーム系たれ流しも好き。

作業に没頭して脳と手が直結してる状態になると雑念とか煩悩が飛ぶので音楽がスッと体に入ってくる。至福の時間。

2008-12-05

ガンプラ以外のロボットプラモたち

| 11:47

こうして見るといろいろ作ったなあ。

1/100 バッシュ・ザ・ブラックナイト(ボークス)

f:id:stonedlove:20081205072711j:image:w400

『ファイブスター物語』10巻で登場する黒騎士デコース・ワイズメルの愛機。

これは塗装が大変だったけど、完成した時の喜びはひとしおだったなあ。

ボディカラーはつや消し+うっすらドライブラシ、メタリックパープル部分は光沢仕上げ。

製作中のBGMはもちろんモーターヘッド、スワンズ、アシュラ・テンペル、カン、アモン・デュール。


1/600 ギラン・ドウ(アオシマ)

f:id:stonedlove:20081205071036j:image:w400

三本足のデザインがいかにも異星人っぽい『伝説巨神イデオン』の重機動メカ。

いま思ったけど「重機動メカ」って言葉の響き、イイ!

顔面下部のトゲをとがらせた以外は素組み。シブカッコいい。

ガキんとき挫折した1/600イデオンを完成させるのが俺の夢。


1/20 ブルーティッシュドッグ(バンダイ

f:id:stonedlove:20081205071402j:image:w400

昨年、突如バンダイが『装甲騎兵ボトムズ』の商品展開を開始、

第1弾のスコープドッグに続いて発売されたのがこのブルーティッシュドッグ。

右手のガトリングガンが凶悪! フィアナもがんばって塗った。

1/35 スコープドッグ レッドショルダーカスタム(タカラ)

f:id:stonedlove:20081205072035j:image:w400

バンダイのに比べたらそりゃ劣るけど、タカラのキットを組むのは楽しい。

『ボトムズ』放映当時の雰囲気を追体験できる。

上腕を4mm縮めて股関節はボールジョイントに交換。かっこいいじゃん!!


1/72 バトロイド バルキリー(ハセガワ)

f:id:stonedlove:20081205071241j:image:w400

これも発売当時はすごい衝撃だった。

すっごくよくできてるけど、ガンプラに比べると接着箇所の強度が低くモールドが繊細なので、けっこう神経使った。


1/72 オーガロイド・オーガス オルソン・スペシャル(イマイ)

f:id:stonedlove:20081205070552j:image:w400

マクロスよりオーガスのほうが好き!

運命に翻弄されながら信念を貫いたオルソンは男である。

1/40の可変オーガス(桂)も作ったんだけど、さっき見たら関節がフニャフニャになってて立たせられなかった(´Д`;)

オルソン機も作りたいんだが……困ったなあ。