Hatena::ブログ(Diary)

ストップ!ソーダストリーム 売らないで、買わないで、違法イスラエル製品 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年11月19日

BDS(ボイコット、資本引き揚げ、経済制裁)でガザを効果的に支援する5つの方法

2012年11月18日
パレスチナBDS全国委員会

f:id:stop-sodastream:20121120010925j:image:w320:right今回の新たなガザの人びとに対する攻撃が示しているように、イスラエルは、パレスチナ人レバノン人、他のアラブの人びとに対する犯罪について重い代償を払わされない限り、戦争行為と国家テロを止めることはありません。

パレスチナ市民社会は、国際市民社会及び世界中の良心をもつ人びとが、パレスチナ人の闘いに連帯を示すためのもっとも効果的な手段として、また、イスラエルとすべての共犯組織に、その占領・植民地化・アパルトヘイト政策についての責任を負わせるためのもっとも効果的な手段としてBDS(ボイコット、資本引き揚げ、経済制裁)キャンペーンを呼びかけてきました。

パレスチナ人のイニシアチブによる、グローバルなBDS運動は、印象的かつ見事な成功をおさめてきました。イスラエルの犯罪に加担する企業に経済的損害をもたらし、アーティストのイスラエル公演を説得して止めさせ、大きな教会組織や労働組合社会運動の賛同を勝ち取り、そして、各国政府が行動を起こすよう圧力をかけてきました。

ここに、ガザおよび他地域のパレスチナ民衆との連帯を効果的に示すためのBDSの5つのやり方を示します。

※以下、日本でのアクション向けに内容をアレンジしています。

1.イスラエル製品をボイコットしよう!

イスラエルの輸出品がもらたす利益は、イスラエル政府の歳入を潤し、パレスチナ人に対する犯罪行為に資金を提供することになります。イスラエル製品を買うことを拒否し、小売店にそのことを伝えて下さい。


2.イスラエル支援企業の製品をボイコットしよう!


3.アパルトヘイト協力企業に対する直接的な圧力をかけよう!

パレスチナの人々を抑圧するシステムに加担することで利益を得ている企業や組織に対して具体的圧力をかけてください。


4.イスラエル大使館が後援する文化事業の中止を要請しよう!

2008-9年のガザ虐殺以降、イスラエルは、日本でも情報戦争に力を注いでいます。以下のイベントは「日本イスラエル国交樹立60周年記念イベント」の一環として行われるものです。公演会場で参加者にビラ撒き等のアピールをするのも良いかもしれません。


5.アパルトヘイト国家イスラエルを支援する衆院選候補者を落選させよう!

選挙区や公認政党については変更の可能性もあります。

次の3人は、新党大地・新民主からの候補者です。党代表の鈴木宗男(公民権停止中)は、2009年のガザ侵攻に際し、ハマースを「テロリスト」とする認識を政府に確認する質問主意書を出すなど、突出したかたちで、イスラエルの戦争政策に協力しました。(参考1参考2参考3

参考)参議院議員


参考情報

以下、2010年5月に行われた「ガザ虐殺を繰り返させないための署名運動」に際し、賛同の意志を表明した議員です。ただし、原発問題等、他のイシューについて、以下の全員の議員が必ずしも市民の立場に立った言動を行ってきたかどうかについては、本キャンペーンは保障できません。各自の責任で総合的に判断いただければと思います。選挙区や公認政党については変っている可能性もあります。

参考)参議院議員

【お詫びとお断り】この欄は、もともと「パレスチナ民衆に連帯する姿勢を表明している衆院選候補者を当選させよう!」というタイトルだったのですが、他イシューで、必ずしも手放しで応援できない議員もいるのではないか、という指摘もあり、「参考情報」とさせていただきました。


※BDSキャンペーンを始めるにあたり、質問などあれば、こちらまで連絡をください。何らかの情報提供やアドバイスができるかと思います。


原文:Five ways to effectively support Gaza through Boycotts, Divestment and Sanctions