Hatena::ブログ(Diary)

ストップ!ソーダストリーム 売らないで、買わないで、違法イスラエル製品 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014年04月07日

ソーダストリームを販売する高島屋の前にアパルトヘイト・ウォールが出現

去る3月30日、違法イスラエル入植地製品ソーダストリームを販売する高島屋なんば店前にアパルトヘイト・ウォール隔離壁)が出現し、増税前の駆け込みショッピングをする多くの買い物客を驚かせました。

f:id:stop-sodastream:20140407232736j:image:w500

この日は、国際的に呼びかけられている「イスラエル・アパルトヘイト週間」の期間中であったこともあり、どうやら高島屋セキュリティ部門の責任者が、ソーダストリーム販売に抗議する市民を排除するため、イスラエル軍に依頼して特別仕様の隔離壁を店舗前に建設してもらったようです。

f:id:stop-sodastream:20140407232947j:image:w500

隔離壁の傍では、本物のイスラエル兵が自動小銃を構え、ソーダストリーム販売やイスラエルアパルトヘイト(人種隔離)政策に反対する不審な市民がいないかどうか、必死に監視していました。うかつにも「Stop! Sodastream」「No Arms Trade with Israel」などの落書きをでかでかと壁に書かれてしまったことに我慢がならない様子でした。

f:id:stop-sodastream:20140408002447j:image:w500

実際、イスラエルアパルトヘイトに反対する直接行動は大変な危険を伴うものであり、パレスチナ被占領地では隔離壁に対する抗議デモを行うパレスチナ人がこれまでに何人もイスラエル兵によって殺されてきました。しかし、パレスチナから遠く離れた東アジアにまで進出してきたアパルトヘイト・ビジネスを何とか押しとどめなければならないと考えた市民10数名は、武装イスラエル兵の存在をものともせず、「ストップ!ソーダストリーム」のビラを通行人に手渡し、高島屋をはじめとしたソーダストリーム販売企業が、パレスチナにおけるアパルトヘイト政策に加担している問題を根気強く訴えました。そして、ついに隔離壁を実力で倒すことに成功しました! 以下の映像にはその決定的瞬間が記録されています。

D


【関連記事】
イスラエル・アパルトヘイト週間2014 in 東アジア

【参考記事】
ソーダストリームのどこが問題?
何ができる?
ソーダストリーム回収キャンペーン:知らずに買ってしまった!という方へ
ソーダストリームが違反している可能性のある国内法規

【お薦め動画】
パレスチナからのメッセージ:ソーダストリームを買わないで下さい。
なぜソーダストリームを買ってはいけないのか? ―パレスチナ人にとっての入植地
なぜソーダストリームを買ってはいけないのか? ―パレスチナ人にとっての入植地(その2)
なぜソーダストリームを買ってはいけないのか?(その3)
なぜソーダストリームを買ってはいけないのか?(エドワード・サイード編)