Hatena::ブログ(Diary)

ストップ!ソーダストリーム 売らないで、買わないで、違法イスラエル製品 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014年08月10日

今すぐできるパレスチナ支援:パレスチナによる国際刑事裁判所への告訴を支持しよう

f:id:stop-sodastream:20140811041103j:image:w640

国連人道問題調整事務所(OCHA)によれば、7月8日以降のイスラエル軍の攻撃によって殺害されたパレスチナ人は子供456人を含む1948人、負傷者数は9800人、避難民数は少なくとも42万5000人にのぼります(8月10日現在)。

こうした中、イスラエル戦争犯罪アパルトヘイト犯罪を国際刑事裁判所ICC)で裁こうとする動きが前進しつつあります。2008-9年冬のガザ虐殺では、パレスチナ国連において国家資格を有していなかったため、被占領パレスチナICCの管轄地域として認められず、ICCへの告訴は受け入れられませんでした。しかし、2012年11月にパレスチナ国連によって「オブザーバー国家」として認められています。

これまでのところ、パレスチナ自治政府は、親イスラエル勢力の圧力のなか、ICCローマ規定へのパレスチナの加盟手続きを行わずにきました。しかし、7月25日にはICC加盟に先行するかたちでパレスチナ司法大臣およびガザ裁判所検察官によるICCへの告訴が行われ、さらに8月5日、自治政府のマルキ外相ハーグのICCを訪ねICC加盟に向けた手続きを近日中に進める意向を示しました。

このような情勢に対し、ICCによるイスラエル戦争犯罪に対する捜査に向けた動きを妨害しようとする圧力もまた強まっています。例えば、7月23日の国連人権理事会におけるイスラエル非難決議日本政府が棄権した理由の一つが、「ICCによる訴追をもたらし得るようなアプローチは疑問である」というものでした。日本においても、この問題について市民の声を挙げていくことが緊急に求められています。

パレスチナによるICC告訴の支援を呼びかける以下の署名運動に是非ご協力ください!


パレスチナによる国際刑事裁判所への告訴を支持しよう

■署名サイト(英語)
※サイト右欄のフォームにメールアドレスを記入、さらに名前(ニックネーム)、国名郵便番号、メッセージ(任意)を書き込み、一番上のチェックボックス署名を読み、賛同するとの旨)をチェックの上、「Sign with facebook」または「I SIGN」をクリックしてください。
※以下は、署名文の翻訳です(翻訳:Agence Media Palestine)。

私たち世界の市民は、私たちを代表する政治家の策略を非難し、パレスチナ、とりわけガザでの最も重大な戦争犯罪を裁く事のできる唯一の機関である国際刑事裁判所へのパレスチナによる告訴を支持します。

パレスチナによる国際刑事裁判所への告訴を支持する署名

法と司法に関わる問題は、政治家法律家のみならず、全市民の問題であり、私たち一人一人がガザにおける犯罪に関わりがあると言えます。

パレスチナ司法大臣およびガザ裁判所検察官は、イスラエルによる攻撃の犠牲者のために公正な裁きが下されるよう国際刑事裁判所告訴しましたが、またしてもイスラエルを不処罰のままにしようとする圧力が上層部で働いています。

私たちを代表する政治家たちは、パレスチナの人々が死亡し、負傷していることが分からないのでしょうか。パレスチナの人々の財産が、無法な軍隊により破壊されているのが分からないのでしょうか。彼ら、彼女らは、イスラエルが、ひとつの社会全体を破壊するために、度を超えた武力と戦争兵器を行使しているのがわからないのでしょうか。そして、正当であるとイスラエルが主張する、この意図的な暴力が、人々の権利に対するテロリスト攻撃であるということが分からないのでしょうか。

もし、ある国家が、その軍事力をもって戦争犯罪および人道に対する罪を冒し、主権者の基本的人権を否定することが、完全な不処罰のもとに可能であるならば、人類に未来はないでしょう。

イスラエルは戦争を選択しました。その目的は、パレスチナの人々の間に恐れを広げ、パレスチナ全土におけるイスラエルの影響力を認めさせることです。これに対して、パレスチナは法を選択しました。世界的に見れば、法と司法が力を持つとわかっているからです。

今日、私たちの心は、パレスチナ人であるという事を理由に命を脅かされている人々とともにあります。しかしながら、私たちを代表する政治家は、国際世論の流れにさからっています。

パレスチナ司法大臣とガザ裁判所検察官は、イスラエル軍の絶対的な狂気を終わらせるため、国際刑事裁判所告訴しました。それに対して、私たちを代表する政治家は、パレスチナの人々の司法への権利を奪おうと画策することに熱心です。

国際刑事裁判所は、パレスチナ、とりわけガザでの最も重大な戦争犯罪を裁く事のできる唯一の機関です。私たち世界の市民は、私たちを代表する政治家の策略を非難し、国際刑事裁判所へのパレスチナによる告訴を支持します。


【関連サイト】
Let’s support Palestine’s complaint against Israel lodged
#ICC4Palestine : Pétition in hebrew, norwegian and japanese
今すぐできるパレスチナ支援:ガザ虐殺を容認する外務省に抗議を!
今すぐできるパレスチナ支援:ガザ虐殺を推進する経産省に抗議を!