Hatena::ブログ(Diary)

ストップ!ソーダストリーム 売らないで、買わないで、違法イスラエル製品 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年05月12日

「ガザ虐殺加担問題」に関するソニーの内部情報が流出

f:id:stop-sodastream:20150512132652j:image:w500

昨年の夏、ガザの虐殺現場でソニーCCDカメラ内蔵の「ミサイル」が発見された事件の続報です。


ソニーの社内メール流出で、ガザ攻撃で用いられた自社製カメラへの懸念が暴露される

アリー・アブーニウマ
エレクトロニック・インティファーダ 2014年4月20日)


昨夏、占領下にあるガザ地区で砲撃が起こっている最中、ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントの共同代表を務めるエイミー・パスカルは、ハリウッドのお偉方約200名によるイスラエル支持を表明する書状に嬉々として名を連ねた。

しかしその一方で、最近ウィキリークスが公開したメールによると、547名の子どもを含む2200名以上の犠牲者を生んだイスラエルによる襲撃とソニーのブランド・イメージと結び付けようとしているメディアのレポートについて、ソニー取締役達が気にかけていたことが明らかになっている。

8月19日、ソニー社の機密対策室長であるスティーヴン・バーナードは、事務補佐官を務めるデイヴィッド・ダイアモンドとCEOであるマイケル・リントンに対して、「イスラエルがガザに落としているロケットの誘導装置の一部に、ソニーCCTVカメラが使われている」と報じたメディア・レポートについて情報収集するようメールを送った。

バーナードは「レポーターが手に持っているのは、誰の目にも触れるところにあるカメラハウジングの一部だ」と述べた。

ダイアモンドはこのメールを直接、上司であるリントンに転送した。そのメールはソニーの電機関連会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの社長ニコール・セリグマンへと送られた。

バーナードは上司達に対して、そのレポートに関して「警戒すべきことは現時点では特にありません」と確認しながらも、ソーシャルメディア上の関連レポートではリントンやパスカル取締役達について言及されているということも伝えた。

バーナードはフェイスブックページへのリンクを転送した。リンク先の記事では、この一連の出来事を受けてソニー社をボイコットすること、イスラエルによる攻撃に反対の声をあげたことで批判の声を浴びている俳優ハビエル・バルデムペネロプ・クルスを支持することが呼びかけられていた。

バーナードは、ほんのわずかな「いいね」しか得ていないその投稿について「それほどの脅威というわけでも、実際にボイコットが起こった訳でもありまえせん」と述べた。

そして「全体的に騒ぎは落ち着いたようです。監視を続けていきましょう。」と加えた。

パスカルはメールや情報が大量にリークしたことの非難を受けて、今年に入ってソニー社を離れた。リントンはCEOと社長の座にとどまった。

ミサイルに内蔵されていたソニーのカメラ

バーナードはメールの中に、イラン国営テレビのプレスTVの記事のリンクを加えていた。そこには、リポーターのハッラー・アルサファディーが、ガザ地区ハーン・ユニス市東部にあるフズナー村を訪ねた際のレポートが掲載されていた。フズナー村は、イスラエル軍に包囲され多くの市民が殺された地域である。

レポートでは、ミサイルか、無人偵察機かあるいは爆弾の弾頭とみられる部品から、アルサファルディーがカメラらしき装置の欠片を拾い上げている。

アルサファルディーは、「これはF16戦闘機ロケットの一部です。日本製ですね、そうはっきり書かれています。「ソニー」社、日本製です。このロケット破片の先端にカメラが内蔵されています。このカメラでターゲットを定め、殺すのです。」

アルサファルディーが持つ部品はミサイルに取り付けられているように見えるが、社名や生産国が視聴者に見えるほどにはカメラに近づいてはいない。

9月、「世界の企業による人権侵害前進」を追跡する非営利団体ビジネス・アンド・ヒューマン・ライツ・リソース・センターは、ソニー社がプレスTVの「申し立てには応じないだろう」と述べた。

しかし同センターによると、ソニー社は日本のメディアに「武器あるいは武器に使用されるような製品を設計、製造、販売している事実はない」と伝えたという。

ソニー社が自社製品をイスラエル軍と結び付けられたくないと感じていることはそれほど驚くべきことではない。アムネスティ・インターナショナルがイスラエル軍がガザ住民に対して示している「無情な冷淡さ」は、「戦争犯罪」に値すると指摘していたからだ。

しかし、ソニーが透明性を欠いているために、疑惑が生まれている。つまり、第三者ソニーの装置を武器に用いているのは、事前の合意があったのか、なかったのかという問題、また、いずれにせよソニーは、エンド・ユーザーをより徹底して統制すべきではないのかという問題である。

(翻訳:H.M.)

原文:Leaked emails expose Sony concern over report its cameras used in Gaza attack(Ali Abunimah, 04/20/2015)


【関連記事】
ガザの虐殺現場から見つかったイスラエルの兵器のソニー製部品(写真)2014年08月21日)
ソニー、ガザ虐殺加担疑惑についての市民からの質問書を無視2014年09月15日)
【ソニー・ガザ虐殺加担問題】 質問書への回答拒否に市民団体が抗議文2014年10月23日)