Hatena::ブログ(Diary)

リニア・市民ネット ブログ Twitter

2016-05-29 ストップ・リニア!訴訟 ニュース第1号発行

2016-05-27 5.28(土)NO!リニア ゆったりカフェ

NO!リニア ゆったりカフェ 
2016/5/28(土)13:30〜15:30
f:id:stoplinear:20160527230447j:image
NO!リニア『ゆっくりウオーク』の時の写真を見ながら
café WACOCOROでゆったりカフェをいただきます。
会場:café WACOCORO 東急池上線『雪谷大塚』駅下車徒歩4分
アクセス  http://wacocoro.jp/main/shop-info
参加費1,000円 飲み物菓子付き   要申し込み
主催:リニア・市民ネット東京
申し込み・連絡先 電話042−565−7478(かけひ) 
メール:tez7@nifty.com

大田区議会議員 フェアな民主主義大田区から
奈須りえブログ http://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/80aa692c967f33aaa81e40821d310323

2016-05-26 アースデイとやま「G7富山環境大臣会合コミニュケ」に対する「見解」

アースデイとやま「G7富山環境大臣会合コミニュケ」に対する「見解」

f:id:stoplinear:20160527035500j:image
f:id:stoplinear:20160527035501j:image

G7環境大臣会合に合わせて行われたアースデイとやまの市民フォーラムが「G7富山環境大臣会合コミニュケ」対して、「コミュケへの見解」をまとめました。
同文書は先の環境市民宣言と合わせて、G7サミットのために設置された国際メディアセンターで発表されます。
なお、環境市民フォーラムの基調講演および各フォーラム講演は、以下の「いみず市民メディアサイト」にアップされていますのでご覧ください。
http://i-s-media.jimdo.com

以上、宮崎さゆりさんからのお知らせを青木泰さんから報告いただきました。

コミュニケへの見解は
https://drive.google.com/file/d/0B7FL9LUMsMz6YUZYTXktOVpjNU0/view
コミュニケ全文(仮訳)は
https://drive.google.com/file/d/0B7FL9LUMsMz6bzZWZFMxUDhoOHM/view
環境市民宣言アースデイとやま
http://g7.earthday-toyama.org に掲載されています。
http://g7.earthday-toyama.org/pdf/Japanese_EDGC.pdf

「コミュニケへの見解」を紹介します。
2、3においては東電福島第一原発事故の影響で放射性物質の汚染被害が現在も広まりつつあることに対し、警鐘を鳴らしています。
4では、リニア問題にも言及されています。
<抜粋>

同コミュニケには、東京電力福島第一原子力発電所の事故は、あたかも除染が進展して環境回復復興が 行われ、避難指示が解除され地域経済回復し万事順調であるかのように書かれています。しかし、避難が 解除されても「戻れない、戻らない」方も多数であり、戻った方々については、年間被ばく許容量の基準値 の引き上げにより、年齢性別を問わず、原発作業員と同レベルの被ばくを余儀なくされました。膨大な汚染 土壌・汚染物はまともに処分もできず、山積している問題を見過ごすことはできません。


同コミュニケでは海洋ごみについては言及されていますが、海洋汚染、特に放射能による汚染に関しては 一切触れられていません。福島第一原発から流出した汚染水は海洋に拡散し続けており、日本政府はこの現状を認め、責任をもって対処すべきです。


生物多様性保全に関して、同コミュニケでは経済的アプローチが繰り返し強調されていますが、多様性 や固有性を育む自然の歴史の重要性についてまったく触れられていない点は、本質的な問題を見逃しているように見受けられます。生物多様性保全について述べているにも関わらず、生物多様性の一般的な重要性の確認を除くと、生物学的な視点が欠如しています。例えば辺野古米軍基地リニア中央新幹線、石木川ダム、巨大防潮堤の建設予定地では、地域の生物相への多大な影響が懸念されており、同コミュニケにもそれら大きな土地改変をともなう非持続可能な土地利用を抑制し、グリーンインフラへの転換をはかるような言及が必要であったと考えます。

2016-05-06 5.20(金)ストップリニア訴訟にご参加を!

5.20(金)午後1時 東京地裁前集合


「ストップリニア訴訟原告・サポーターの皆様

このたび「ストップ・リニア訴訟」について原告、サポーターとしてご協力下さり誠にありがとうございます。
おかげさまで、沿線各地から原告が集まり、弁護団では提訴の準備を進めているところです。

以下のように東京地裁に提訴を行うこととなりました。
ご参加のほどお願い申し上げます。

提訴日 2016年5月20日(金)
    午後1時  東京地裁前集合
    午後1時半 提訴
          記者会見司法記者クラブ
    午後3時  訴訟スタート院内集会
           (参議院議員会館B105会議室)
  
    夕刻    品川駅港南口で街頭宣伝


東京地裁での記者会見と同時刻に、沿線各団体は地元で記者会見を開催

原告団弁護団訴訟事務局体制 原告団長=川村晃生、副団長=原重雄


沿線全域から原告は700人以上、サポーターは980人(4月10日現在)となっています。
委任状を提出しての原告の申し込みは3月に締め切りとなりましたが、サポーターとしての支援は今後も歓迎です。
問い合わせ tez7@nifty.com かけひ

                リニア・市民ネット東京 懸樋(かけひ)哲夫

2016-05-02 人口減少時代にリニアは必要か?ゆっくりウォークがミニコミ誌に

「人口減少時代にリニアは必要か?」ゆっくりウォークがミニコミ誌に


f:id:stoplinear:20160502231204j:image
f:id:stoplinear:20160502231205j:image

先日大田区内のリニア計画路を歩いた記事が、地域のミニコミ誌
掲載されました。

広がることを期待します。

(奈須りえ)