Hatena::ブログ(Diary)

リニア・市民ネット ブログ Twitter

2018-05-23 6.10(日)「リニアが大深度地下を走る!環境・法的諸問題」横山聡弁

2018-05-22 JR東海やっと大深度地下直上全戸にチラシ配布・公聴会も

やっと大深度地下の直上全戸チラシ配布(JR東海)自治体、都、国もJR東海の怠慢を認める 


大深度地下法に関わる公告、説明会と意見募集が行われています。
大田区世田谷区では、全地域の対象住民に、リニアの計画路上にあること、説明会、意見募集していることをポスティングでお伝えしました。

f:id:stoplinear:20180523113536p:image
f:id:stoplinear:20180523113533p:image
f:id:stoplinear:20180522234517j:image

5月17日に世田谷区奥沢小学校で開催された説明会には、チラシを見た住民が集まり、200人はいる会場がいっぱいで入れなくなったそうです。
300人くらいきたのではないか、ということです。

会場でも知らせなかったJR東海に対する住民の怒りは大きく、紛糾したようです。

JR東海
こうしたことが影響したようで、JR東海が、昨5月21日リニア計画経路の大深度地下の直上の住民に全戸チラシを配布しました。
遅すぎる感はありますが、説明不足と怠慢を認めた形になり、運動の成果だと思います。

国交省東京都大田区
また、国、東京都大田区も、JR東海の説明不足を認めた形で、31日までについた意見を受け付けると申し入れがありました。

ホームページに掲載せよ、と要望しましたが、法で二週間と決まっていることを破るわけにはいかないということで、受け付けるという約束に止まっていますが。

国交省
さらに、公述会を開催すると言っています。
6月くらいだそうで、私のところに新聞に掲載するので、掲載したら連絡いただくことにしました。

不満はありますが、いま、国、都、大田区が、JR東海の周知の不備について、住民と同じ考えでいてくれています。

押しどころかと思います。


f:id:stoplinear:20180522100326j:image

(奈須りえ)

追記:
f:id:stoplinear:20180523203640j:image
f:id:stoplinear:20180523203636j:image
リニアの意見書き始めたのですが、なんと、大田区長と世田谷区長が、大深度地下利用の公共的使用について、JR東海に対して意見なし。川崎市も町田市も、みんな意見なしでした。
ガックリ
別添書類8-1
(別添書類第8号)法令の規定により制限の
ある事業区域に関する行政機関の意見書

2018-05-18

世田谷区のリニア説明会、写真撮影禁止、質疑紛糾


きのう17日世田谷区奥沢で開かれたリニア説明会。
開始時に撮ったら「撮影はご遠慮ください」と。しかし、JR側は写真録音している。「なぜこちらだけいけないのか?」と問うも「ご遠慮ください」の一点ばり。
 質疑も紛糾、
トンネルルートに確認された活断層はない>という!
<磁界は地磁気より低い。ICNIRP基準値以下で安全>などと言いっぱなしで、答えのはぐらかしに騒然となることもしばしば。これで説明会を完了にした。住民は怒っている。

(懸樋 哲夫)

f:id:stoplinear:20180518160937j:image
f:id:stoplinear:20180518160942j:image

2018-05-16 リニア新幹線工事(その2)の認可処分の取り消しを求める不服審査請

リニア新幹線工事(その2)の認可処分の取り消しを求める不服審査請求に参加しましょう


2018年3月2日、国土交通大臣リニア中央新幹線工事実施計画(その2)を認可しました。
すでに2014年10月、国交大臣は工事実施計画(その1=土木工事)を認可し、これを基に各地で非常口工事などが行われています。今回の(その2)は変電所や電気関係が中心となっていますが、環境影響評価手続きも受けておらず、計画に対する市民や自治体知事や市長意見もほとんど取り入れられていません。

(その1)については、リニア沿線を中心に5千人余りが認可取り消しを求め行政不服審査法に基づいて異議申し立てを行いました。しかし、国交省は審査を行わず、JR東海が着工の動きを見せたため、やむなく5千人余の中から738人が原告となって、2016年5月東京地裁に「工事実施計画(その1)の認可取り消しを求める行政訴訟」(ストップ・リニア!訴訟)を起し、現在係争中です。

(その2)も(その1)と強い関連があり、また、リニアの環境影響や安全性に関わるものです。そこで、私たちは(その2)の認可の取り消しを求め、行政不服審査法に基づく「不服審査請求」を行います。

(その1)の申し立てに参加出来なかった方の積極的な参加をお願いします。

  審査請求書(ひな型)の内容をお読みになり、趣旨に賛成の方は、以下の要領で必要事項を記入し、下記のあて先に手交もしくは 郵送ください。

締め切りは5月20日(必着)                                     

1.請求人の氏名(2か所)と印鑑(1カ所)が必要です。ゴム印は不可です。

請求人は成人に限られます。

2.年齢(5月30日時点)と住所。

3.請求の理由で(1)−(4)以外に書き加える場合は、(5)その他に記入。

なお、異議申し立ては訴訟とは違いますので、費用の負担はありません。
4.末尾の「意見陳述」の希望があれば「申し出る」を○で囲んで下さい。

工事実施計画(その2)概要(PDF)
不服審査請求参加要請書(word)
不服審査請求書(見本)( 〃 )
文書ダウンロードできるようになっていますので、
ストップ・リニア!訴訟原告団リニア新幹線沿線住民ネットワーク HP
http://linearstop.wixsite.com/mysite/blank-10
へアクセスお願いします!!

2018-05-15 中央新幹線大深度地下使用申請に係る意見募集について

中央新幹線大深度地下使用申請に係る意見募集について

募集期間  2018年5月9日〜23日
意見書提出先  (郵送のみにて受付)
首都圏 宛先
東京区部、町田市
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2−8−1
 東京都都市整備局都市基盤部調整課
川崎市
〒231-8588
横浜市中区日本大通
神奈川県県土整備局交通企画課リニア中央新幹線グループ

中京圏 宛先)

名古屋市春日井市
〒460-8501
名古屋市中区三の丸3−1−2
愛知県建設部用地課業務・企画グループ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
JR東海HP
各都県における具体的な環境の保全の取り組みについては、こちらからご確認ください。
http://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/plan/kankyohozensochi/
例えば「東京都」をクリック→「環境の保全」の中の、「環境保全計画」をクリックします。
http://company.jr-central.co.jp/chuoshinkansen/efforts/tokyo/
これを読んで、意見を書きます。


意見書は、「宛先」と、以下の点が入っていれば良いそうです。
1件名 中央新幹線品川名古屋間に係る大深度地下使用の認可申請書についての意見
2住所
3氏名
4意見