MUSIC & LIFE

2010-04-13

なんだかんだ言っても

仕事から帰って チビ達の寝顔を見ていると

心が和らいでいくのがわかる

1年前 僕が名古屋単身赴任しているころ

今の状況を どれだけ望んだことだろうか

その望みが叶った今では それを当たり前の様に思い

また 次の望みを願っていたりする

自分がとんでもなく 欲深いとは思わない

この状況を失わない って思っているから危機感がないのだろう

人は そういう生き物なのかもしれない

失いそうになった時に やっと大切さに気付くのだと思う

そう思いながらも そうならないと 全力で生きれないもんだ・・・

少しでいいから 現状を大切にしよう

そして 次に出てくる望みも大切にしよう

大切なものを全部抱えられるぐらい 僕が成長すればいい


今日の1曲

「ガリロン - Baroque

2010-04-12

そう言えば 少し好きな人がいる なんて言ってた(笑)

ここ最近は 顔を合わすこともなく

僕の日常には 存在していなかった

そんなもんっすよ 僕の好きなんて・・・

逢えれば嬉しいし そりゃぁ 好きだと思う

だけど それだけなんですよね

いっそ このまま何も知らずに 好きだった なんて

過去になればいいなぁ とか思ったりして・・・

どうせ 想いを届けることもないので

また 顔を合わせて 好きだと思ってしまうのも

面倒だな・・・とか(笑)

自分は何も犠牲にしない

相手には犠牲を負わせる

もう そういうのは イヤなんですよ

そうやって 理由つけて 逃げてる ダメなやつでいいですよ

ホントは もっと好きになってしまうのが こわいのかもしれない


今日の1曲

「哀しみの向こう側 - HY

2010-04-10

i-pod音楽は 容量がいっぱいで

消しては入れてを 繰り返している

ほとんどは 聴かない曲ばかり

だけど 不意に聴きたくなった時に無いと嫌なので

なかなか 消せずに いつも どの曲を消すかを 迷ってしまう

大切なものが多すぎて

本当に 何が大切なのかを わかっていない

「あれも大切! これも大切!」

日々 世の中に出てくる新しい音楽を 大切にするとするなら

過去に大切だった音楽を消していかなくてはならないし

過去に大切だった音楽を大切にするなら

新しい音楽を拒まなければいけない

160G 以上の i-pod は発売されないのだろうか?

まだ i-pod に転送していない 新しい曲が たくさん控えている

正直 今の生活環境では 音楽をゆっくり聴く時間すらない

自分でも どうしたいのか わからない

音楽好きとは 違う方向に進んでいる

ただ 音楽が僕を支えていてくれる ひとつの要素ではある

そして 音楽が僕を壊してしまう事にも 最近気がついた


今日の1曲

「忘却の空 - SADS

2010-04-09

4月9日 PM 6:45

藍色の空に浮かぶ 桜が綺麗だと仕事帰りに思った

最近 あれこれとマイナス思考だったけど

案外 世の中悪くないかも? なんて(笑)

実際 そんなに悪いことが起きているだけでもなく

どちらかと言えば 退屈なほど幸せなわけで

それじゃ 満足できなくて

ありえない理想と空想を描いて

現実ためいきを吐き捨てる


しばらく ため息を封印して

頭の中を空っぽにして

時間の流れに身を任せて

目の前の課題淡々とこなす

そんなふうでいたいと思う

せっかくの春ですからね


今日の1曲

ソラニン - ASIAN KUNG-FU GENERATION

2010-04-06

考えれば 考えるほど わからなくなる

単純明快に考えると


ただ 僕は欲深い


それだけのこと・・・

今まで 楽しいことばかり選んできた

できれば このまま一生を過ごしたい(笑)

「苦労した分 幸せになる」そんな言葉は信じちゃいない

きれいごとは 弱いものの 言い訳でしかない

結局は 楽しんだ者が勝者だと思う

けど もう若くはない そろそろ 正面から向かい合わなきゃ

・・・なんて時々は思う

だけど 面倒くさいから 目を閉じてしまう

目を閉じていると やっぱり真っ直ぐは歩けない

だから また道を逸れてしまう

そして また 正面から向き合おうなんて思う

「今度こそは!」なんて気合を入れると

自分だけが気合を入れすぎている様で

心のどこかで 他人に何かを期待してしまっていて

いつもと変わらない 周りの状況に苛立ったりして・・・

そんなことを いつの日からか ずっと繰り返している


今日の1曲

ロストマン - BUMP OF CHICKEN

2010-04-05

Mr.Children の「渇いたKiss」を聴くと胸が痛む

思い出す人がいる

傷つけた人がいる

だけど 僕は こうして平然と毎日を生きている


逢うたびに「今日が最後かもしれない」って

いつも不安だったって言っていた

決して同じ道は歩けないって知っていたのに 好きでいてくれた

もう僕は あんなに愛されることはないのだろう


あの頃みたいに 愛されたいと思う

だけど それは 君じゃなくっていい

結局 僕は君を傷つけたなんて思っちゃいない

胸が痛む なんて言いながら

心のどこかで 過去勲章のように思っているのかもしれない


今日の1曲

「渇いたKiss - Mr.Children」

2010-04-04

桜が満開の京都サービス業のくせに

この土・日 お休みをいただきました

土曜日チビ達の保育所の用事でしたが

日曜は完全にオフ

っていっても 家族に縛られて自由はないわけですが・・・

まぁ それも幸せな事なんですかねぇ(苦笑)

天気も良く 暖かく ホントに良い日でした

けど どこに行っても人が多くて大変でした

嫁が買い物をしてる間に チビ達と待ってたりするわけですが

大勢の人ごみ人間観察をしてると

ホントいろいろな人がいますね

若いカップル自分過去をダブらせてみたり

夫婦に自分の未来想像してみたり

そして今の自分を見失っている事に気づいたり

過去には戻れない

未来にはまだ早い

今がきっと 一番幸せで それと同時に一番辛い時期なのかも・・・

なんて考えてみたりしたり(笑)

まだ 今のステップにいる自分になりきれず

過去の自分に依存しているんだと思う

そりゃ 楽しいだけがいいですからね


今日の1曲

「Counting Song-H - UVERworld

2010-04-03

CRAIG DAVIDMOTOWNカバーアルバムが良い!

CRAIG DAVIDは 数いるアーティストの中でも

かなり好きで ずっと聴いています

原曲のリストを見てみると 確かに好きな曲は多く

なかなか 好みの選曲でしたが

正直 ここ数年の カバー曲ブームで 

こういうアルバムには 飽き飽きしていました

・・・が しかし なんとなく聴いてみると

やっぱり彼は 凄い!

アレンジも良いのですが 彼の声は 切なくて やさしい

ドライブには必ず持って行きたい アルバムですね


日本にも そんなアーティストが一人

大橋トリオのカバーアルバムも良いです

洋楽邦楽の両方をカバーしているのですが

邦楽の方は 個人的には なんの興味もありませんが

この人の洋楽カバーは かなりセンス良く完成度が高い

原曲よりも 切なさが増して 感動的だ!


今の京都は桜が満開で これからが春本番

こういう曲を聴きながらドライブしたら気持ち良いに違いない!

ただ こういう曲を好き!っていう人が僕の周りにはいない・・・

自分の好きなものが 必ずしも他人も好きなわけではない

なんだか 似ている様な感性を持った人でも やっぱり違うわけで

みんな それぞれ違って 僕の好きなものは

結局のところ 僕にしかわからない

たくさんの曲を聴き 音楽を追求していくうちに

そういう孤独を感じるようになってきた


今日の1曲

ALIVE - Mr.Children

2010-04-02

改めて 好きなのか?って問われると

別にそうでもない(笑)

ただ ちょっと 好きなだけ

なんとなく 昔の彼女に雰囲気が似てるから

どっちかと言うと 昔の彼女よりは かわいいと思う・・・


長いこと生きて 何人もの人と接していると

元々の自分の好きなタイプより

昔の彼女に なんとなく雰囲気が似てたりすると

好きになってしまうと言うか なんだか惹かれる


昔の彼女は 僕を好きでいてくれたけど

ただ 雰囲気が似ている人は そうではない

そんな事は 当ったり前の話で

勝手に自分の過去に照らし合わせてしまって

理想想像を描いてたりなんかして・・・

なーんとなく 気になってしまうわけです(笑)


「好きなタイプは?」って問われたら

「僕を好きな人!」って答える

やっぱり 好きでいてくれる人は好きだし 大切にしたい

ただ これは必ずではない

やっぱり どうしても苦手な人はいるわけで・・・


今日の1曲

「Mercy Mercy Me - CRAIG DAVID

2010-04-01

眠い・・・

やっぱり5時半起きだと 起きてられない

パソコンキーボードをたたきながら 時々 居眠りをする

そして 「もう寝よう」と思い

布団で ちゃんと体を伸ばして 目を閉じる瞬間が好きだ

その瞬間は 眠ることだけを求め

目を閉じると そこに求めた幸せがある

きっと それが 本来の人の姿なんだろうな???

そういう風に 生きれたらいいだろうな?

けど そういう風な人が周りにいたら うっとうしいだろうな(笑)

あれこれ考えるから、理性で抑えようとするから

どんどん こんがらがってくる

歳を重ねるごとに そういう 制圧が増えてく気がする

それが 大人ってやつですかねぇ・・・


今日の1曲

「SHINE - 大橋トリオ