Hatena::ブログ(Diary)

戸松遥論(極私的な試みあるいは、ファンの戯言)

2018-10-06

高垣彩陽さん出演のミュージカル『SMOKE』を観ました。(2018-10-04)

会場 浅草九劇 開場18:30 開演19:00

あやひー出演回の初日です。と言うより全体の初回になります。

f:id:stsimon:20181004211230j:image


研修を抜け出すのに手間取り、浅草に着いたのが開演10分前。ナビによると徒歩

12分なので、必死にタクシーを探す。土地勘も無いしね。

何とかタクシーを見つけましたが、運転手(初老の方)が九劇を知らず(汗)。

メモしてあった住所を教えてナビに入れてもらう。

遠回りしながら、何とか到着。開演2分前ぐらいです。

運転手に「ここですか、勉強になりました」とかノンビリ言われるが、こっちは

それどころでなく、慌てて劇場に駆け込む。


係の人に案内されましたが狭いので、「前の人に付いていって下さい」だけでした。

それでも何とか着席。

劇場は、中央がステージですが客席より低い位置です。

東西南北に、各20〜25人のブロックがあり、階段状の列配置です。

それにしても、ステージと客席が異常に近いです。

着席する時に、思わず「近っ!」と呟いてしまいました。

因みにあやひーは、稽古で50回くらい「近っ!!!」と言ったようです(笑)。


私はブロックの最前列だったし、小道具のベッドに触れるような位置。

「まさか、こんな近い位置であやひーのベッドシーンが・・・」と一瞬思いましたが

開演ギリギリで飛び込んだので、呼吸を整え、出そうな鼻血を押さえ、必死に紳士

を装いました(笑)。


開演。

ほぼ予備知識無しで観劇しました。

夭逝した天才詩人イ・サン(李箱)の連作詩「烏瞰図(うかんず)第15号」をベース

にした、男2人女1人の物語という事は「あやひごろ」からの知識です。

今回の配役は

超(チョ):木暮真一郎(Wキャスト)

海(ヘ):大山真志(シングルキャスト)

紅(ホン):高垣彩陽(Wキャスト)


面白かったですよ。

中々ミステリアスな展開で、最初は「身代金目当ての令嬢誘拐」と見せかけて、

次には、あるいは「恋愛三角関係」かと思わせ、そういう事か!という流れです。

芸術家の内面に焦点を当てていますが、権力との関係もあり重い内容でもあります。

内容についての詳細は、まだ書きません。そのうち書きますが(笑)。


役者さんの歌・演技は良かったです。

あやひーも、最初は令嬢風、そして良い人風、悪女風、聖女風というように、その

場の状況で表情が色々と変わります。これは、いつ見ても凄いなぁ。

池田有希子さんのお芝居も観たくなりました。


やっぱり、あやひーはベッドに横たわりました。

ベッドシーンは無かったですが(笑)。

気を失っているシーンなので、20cm先に横たわるあやひーをガン見しました。

横向きで表情は見えませんが、静かな呼吸によって軽く上下するお腹。

これを拝見するだけでも観る価値がありました。

この日、来れて良かった〜。あと4回観る予定ですが、今回がベスト席です。


バタバタしたので、パンフレットも買えず・・・。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/stsimon/20181006/1538751614