Hatena::ブログ(Diary)

すたひろ日和 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-18

[]乙嫁語り1 20:55 乙嫁語り1 - すたひろ日和 を含むブックマーク 乙嫁語り1 - すたひろ日和 のブックマークコメント

 ホント楽しんで作品を描いてるなーってのが伝わります。 

装飾品の書き込みはもちろんのこと、今作は躍動感の描写が凄いと思う。人間しかり動物しかり。

筋肉や衣服の流れで1コマの1枚絵だけでも動きが解る。

 ナタリーの記事で人体デッサンの本があと数冊欲しいって語ってる箇所があったけど、人体デッサンの本を数冊所持しようという考えが無い時点で自分の絵に対する考えの浅はかさが浮き彫りに――……、ヤバイまたへこんで来た……。

 あとは英国やメイド以外の深い知識、引き出しをまだ持ってたんかーってのも驚かされたし、 

若いときに美味しい知識を沢山食べてるのが、大変羨ましいです。

 てか作家的な見方で申し訳ないっす^^; 

話の内容的には 妻20歳 夫12歳ってだけで勝ちかと。 ガード不能です……。

Fellows! 2009-OCTOBER volume 7 (BEAM COMIX)

Fellows! 2009-OCTOBER volume 7 (BEAM COMIX)

 

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

2008-03-08

がんばれハルカさん!

[] 02:46 2008-03-08 - すたひろ日和 を含むブックマーク 2008-03-08 - すたひろ日和 のブックマークコメント

【あるゾンビ少女の災難】

「あるゾンビ少女の災難」という小説を読んでみた。

ジェイソン系のスプラッタホラーを殺戮者側から描いた着眼点が面白いなーとか思った。


 まぁゾンビ少女はジェイソンみたいな完璧な殺戮者ではなく 100年前の価値観で天然ボケで善人なお嬢様ゾンビなので 現代の人間(大学生達)の抵抗に結構簡単にボロボロにされてしまう。それでも健気に奪われた秘石を取り戻すために 文字通り身を削りながら1人1人殺していく話。 

 殺すといっても 一緒に目覚めた彼女のメイド(知略担当毒舌ロリッ子身体能力人間以下)がけしかけたりで ゾンビ少女的には不可抗力だったりします 結構残虐だけど^^;


 人間側がちょっと優秀過ぎる気がするけど まぁタイトルがゾンビ少女の災難じゃ 仕方ないかな? もうちょっと殺し合いに対する恐怖や緊張感があったほうが良いかなとは思った。 主人公に感情移入させるためにあえて人間側が怯える描写を出さなかったのかもしれんが。

 

 ゾンビ少女とメイドのキャラが良く エンタメとして結構楽しめました。 個性的なゾンビアクションとか映像化したら面白そうだなー。

あるゾンビ少女の災難

あるゾンビ少女の災難


【ライラの冒険】

 ライラの冒険を観てきました。 魍魎の匣の時観た予告編で気になってたのよね。

 まぁ十中八九駄目と思って観たせいか結構楽しめました。

つーかライラ役の子が良いね。 凄い個性的で生意気な可愛さが良かった。


 話自体はたぶん原作をかなり駆け足で進んでる感があった。

ライラは全三部作なんだけど 今回は前提条件 素材を見せただけで謎が何一つ解決されないまま終わってる。 だから正直ストーリーに関しては判断が下せない。 面白そうな要素は含んでると思う。


 帰りに原作本をちらっと見たら 映画は第一部「黄金の羅針盤」の途中までしかやってない事を知る。

 第二部では舞台がガラッと変わると映画の冒頭で言ってたのでどうするつもりなんだろ? 構成的にも第一部は第二部の舞台に旅立って終わる物と思ってたんでちょっと違和感はあったんだよね。

 第二部の冒頭であらすじ程度に処理するのか それとも「黄金の羅針盤2」をやるのか? 


 たぶん原作読んでる人には叩かれてるのかなーって気がする。


 個人的に好きだったのは、この世界の人間は常に自分の魂の具現、ダイモンという動物を連れてる。 痛覚なども主人とリンクしててどちらかが死ねば片方も死ぬ設定、この設定がバトル時に映像で結構良い効果を出してる。

 ダイモンが消滅するとき炎みたいな効果が出るんだけど、合戦時なんかは至る所からその炎があがり美しい。 それに戦い方も人を狙うパターンとダイモンを狙うパターンとあり、ちょっと面白かった。

 ただ全部の攻撃が一撃必中過ぎて笑った。 人間脆すぎ。

 

 あとはもうちょっとライラの特技が舌先三寸って所を見せても良かったかな? そう言う見せ場はあるんだけどちょっと弱かった気がする。


 総評すると原作ちょっと気になるなーって感じでした。

軽く読んでみるかな? 

黄金の羅針盤〈上〉 ライラの冒険

黄金の羅針盤〈上〉 ライラの冒険

黄金の羅針盤〈下〉 ライラの冒険 (新潮文庫)

黄金の羅針盤〈下〉 ライラの冒険 (新潮文庫)

【その他細々感想】

 とらドラの漫画版を読んだ。

絵も可愛いし かなり面白ニヤケた。小説も読んでみようかな?

 ただ表紙で損してる気がするのう。個人的には好きなデザインなんだけど 商売を考えると小説版の表紙っぽくした方がウケがよろしかろう。 里見さんの仕事らしいと言えばらしいが^^;


 皇国の守護者の小説に手を出してしまった。

漫画の続きの2巻のラストから読み始めてる。 まだちょっとしか読んでないが 漫画版絵が頭に残ってるおかげで読みやすく感じる。


 おとぎ奉り拾壱巻を読む。

物語は最終章。 街に魑魅魍魎があふれ出す。

ハッキリいってその描写がえぐい! 人間煮込むなよ!

 帯に青龍散るとか描くからてっきり蝦夷さん死ぬのかと思ったら 人質になっただけだし!

 ああ! ラスボスが男色家だからそう言う意味での散るなのか!

え 蝦夷先生ーーーーー!! あぁーーーーーーーーーーーッ!!

とらドラ!(1) (電撃コミックス)

とらドラ!(1) (電撃コミックス)

皇国の守護者〈2〉勝利なき名誉 (C・NOVELSファンタジア)

皇国の守護者〈2〉勝利なき名誉 (C・NOVELSファンタジア)

おとぎ奉り(11) (Gum comics)

おとぎ奉り(11) (Gum comics)

おたくの携帯電話おたくの携帯電話 2008/03/20 22:00
「原作にこそ、先生のお考えが一番出ている」
と思っている私は興味を持った作品は必ず、原作にあたるものを読みます。

「おたくの娘さん」も同じで、雑誌掲載を見て興味を持ち、このページを見に来ました。
そもそも月刊誌「ドラゴン」は興味を持った小説の「原作」が載ってるので買い求める様になりました。

たとえばWeb上が先ならそのwebを(ぱなぱな、や、おたくの娘さん です)
「ゲーム」が先なら「ゲーム」を(φなるアプローチ、Kanon、ToHeart、など)
小説が先なら「小説」を
漫画が原作なら漫画を
読むようにしています。

と言う事で「とらドラ」などは原作にあたる小説をお勧めします。

stu-hirostu-hiro 2008/04/07 19:24 僕も原作が一番だと思ってる人間です。 だいたい気に入った作品は原作も読みます。
とらドラも読みました。 ただ1巻のかぎりだと漫画の方が好きだったりします。
僕は作家目線で作品を読んじゃうのでそれが原因かもしれませんが^^;

眠り猫眠り猫 2008/07/21 10:53 いまさら?ですが・・・・・
とらドラの小説8巻が8月10日に発行される予定だそうですね。
そして、今年9月からテレビで放映?テレビってどんな展開になるのでしょ?

2007-12-24

stu-hiro2007-12-24

[]漫画 02:27 漫画 - すたひろ日和 を含むブックマーク 漫画 - すたひろ日和 のブックマークコメント

【吼えペン9】

 なかなか読み応えのある巻でしたw(帯がミスターだし)

 つーかメディア露出系も最近自分に似たようなことがあったから「あるある系」だし サイン会のサクラ話関係も以前担当に「もしサイン会やって誰も来なくてもサクラはちゃんと用意するんで安心してください!」って言われたこと思い出すし!

 つーか仏さんと並んでサイン会やったらこんな感じなんかなー! とか思ったし!! サイン会で行列が出来る作家じゃないのは俺も解ってるし!orz

 あと地味に一番好きなセリフは

「たしかに発行部数的には萌よ お前が俺をしのいでるかもしれん が まだだ!!」

 こうゆうことが言える漢になりたいです……。

【ガゴゼ1〜3】

 新規開拓系で大当たり。 室町時代の妖怪物で大妖怪ガゴゼが少年陰陽師の力で子供の姿にさせられいろいろ苦労する話。妖怪っつーよりはもののけよりかな?

 ガゴゼは人食いの妖怪なんだけど ここらへんが凶暴さと愛嬌をうまく生み出してる。1巻のラストの引きは結構強烈だった。

 新人さんらしいのですが画力構成力共に素晴らしくビビッた。

ただ連載してる媒体が幻蔵とかいう有料WEBコミック誌なので 正直いつ無くなっておかしくない感じ。作者さんかなり先の展開まで複線張ってるんで最後まで読みたいんだけどね。 難しそう……。

http://www.gentosha-comics.net/gagoze/index.html

 ここで一話だけ読めます。 この雰囲気が気に入ったら裏切られることは無いと思うんで是非買ってみてください。 生足サイコーな可愛い女の子も登場しますw

 

【ハチワンダイバー5】

 いつもよりテンション低くて残念。キリノがキャラとして弱いんだよなー。 対キリノっていうより 対自分になっちゃってたのが問題なのか? 次の相手はなかなか楽しめそうなので期待。


【魍魎の匣1(漫画版)】

 いつの間にか映画公開されてるんだねー。

そんな訳で漫画版が出てたので読んでみた。 雰囲気は良く掴んでると思うが やっぱビジュアルにしちゃうとつまらないところも多いなー。

 漫画で読むとカナコちゃん かなりアイタタ少女な雰囲気。 

しかし表紙を飾ってる京極堂が 最後の1ページしか出番が無いのは突っ込まざるを得ない^^; 榎津も出番無かったなー。


【コンビニ版カイジ6】

 最終巻ですな。

非道いオチだ……。

【ライアーゲーム6】

 カイジと同系統なんだけど 主人公達がちゃんと相手を出し抜いて勝つところがカイジより好み。 カイジは負けて勝って負けてのパターンだからね^^;

 ただ「騙し合い」から「信じ合い」にテーマが変わって来てちょっと偽善っぽくなってきたのが残念。

 ドラマ版がやっぱ秀逸だったなー。


[]映画 魍魎の匣 ネタバレ有 02:27 映画 魍魎の匣 ネタバレ有 - すたひろ日和 を含むブックマーク 映画 魍魎の匣 ネタバレ有 - すたひろ日和 のブックマークコメント

 かなり構成変えてるが上手くまとめた感じ。

原作もそうだけど情報がやつき早でかなり難解ですが。 原作知ってるから何とか付いて行けた感じかな?

 もちろん不満は多い。

第一に木場。 配役はもう仕様がないとして、作り手がキャラの本質全く理解してない。 木場の粗暴さは内面の繊細さを隠すための鎧なのに

ただ粗暴なだけ。 柚木陽子への気持ちも表に出しまくりだし。

 木場に関する唯一の救いは、メインじゃなかったこと。原作では木場メインで進んだ魍魎だが 木場の出番はかなり少ない。

第二は久保。 久保の闇の部分がかなり違う。原作では自分が匣になりたくてのその実験の為の猟奇事件だったはずが、映画では匣少女を作りたくての犯行。

 あと時系列が変わってて 久保は電車で雨宮と加菜子と出会ってない。 匣への情念は幼少の頃産まれた設定になってる。 このシーンかなり好きだったので残念。

 他にも黒木瞳の陽子役も× 演技力がないのに大女優とは笑わせる。

関口役も前の永瀬の方が良かった。永瀬はなんだかんだ言って一番ハマリ役だった。

加菜子ちゃんの一人称が「ボク」うぐー。

あと漫画版の時も書いたが 映像化しちゃうとただの痛い子にしか見えないなー。

 その中でも良いシーンはあって、趣味は悪いですがだるま頼子のシーンはかなり良かった。動きも表情も○ 

逆に研究所でのだるま加菜子は555っぽい安い特撮でげんなり。

 最後のシメも原作に忠実で良かったが。「ひどく羨ましく思った」のセリフが無かったのが個人的に残念。

 まぁでも最初に言ったとおりよくまとめたなって感じで面白かったですよ。

★★★☆☆

2007-12-01

[]光の大社員 00:02 光の大社員 - すたひろ日和 を含むブックマーク 光の大社員 - すたひろ日和 のブックマークコメント

 久々に大ハマリの4コマ漫画。以前紹介した男爵校長と同じ作家さん、萌え関係は男爵校長に軍配が上がるが ギャグの破壊力は今作がだんぜん上。かなり笑い転げた。 

 内容はおもちゃ会社を舞台にした馬鹿社員達の話なんだが、

主人公とライバルが 成歩堂君と御剣っぽくて好き。

特にライバルの伊達君(♂)が可愛くてしょうがない。オススメです。

光の大社員 1 (アクションコミックス)

光の大社員 1 (アクションコミックス)

2007-10-31

[]HONOR 04:50 HONOR - すたひろ日和 を含むブックマーク HONOR - すたひろ日和 のブックマークコメント

 チームナックスの『HONOUR』を観劇。

つってもDVDだが。


 ナックス好きとか そう言う贔屓目無しにして今まで見た観劇で一番面白かったんじゃないだろうか……。


 何だこのおっさん魂直撃な内容は!!

あらすじを言えば過疎化の始まった小さな村の70年を描く大河ドラマ。


 駄目だ中盤つーか卒業式のあたりから涙腺緩みっぱなし。


 ナックスのみんな最近多方面で忙しいし本業である演劇がおざなりになってんじゃないかなーって考えは完全に杞憂でしたな。

なんつうーか迫真!! 特に今回は安田さん。 何度笑わせそして泣かされたことか。


 複線の張り方も面白いし 森崎さんの文才も侮ってた。

正直な話 ナックスの中で本当の意味での非凡な才能を持っているのは大泉洋だけかと思っていたが、考えが改まった。

みんな凄い。 これが大学時代偶然集った5人だというのだから奇跡としか言いようがないな。


 しかしこれ劇場で観たかった反面 観ない方が良かったって気持ちもある。

だってDVDでこんだけ泣いてんのに劇場なんかで観たらえらいことになってしまいますよ。


 はー ええもん観た。

MOKONA。MOKONA。 2007/11/01 22:15 今回の第三集も貼ります買います♪

kuonkizunakuonkizuna 2007/11/02 02:05 早いですね、全力疾走って感じがいいです。これからも頑張ってください。

MADMAD 2007/11/02 10:02 もうすぐ発売なのにアマゾンで予約できないのは何故?

お 2007/11/02 11:07 らいしゅうの きんようですな!
たのしみに しております。

ユカタユカタ 2007/11/02 13:22 頑張ってください(°∀°)
こういったお話はほんとうになんだか涙出るものがあります(*^ー^)ノ
最初はもちろん怪しいと思いつつもかったのですが、呼んでみると少しこの親子の末永い幸せをなぜか願ってしまいました(°∀°)

自分はオタクとかとはすこし違う気もするので、はっきりいって萌えとかはよくはわかりませんが、この本が好きです。
面白いと思います。だからこの先の話を見ることができるように、真剣に応援していきます(´д`)がんばってください(゜ー゜)

stu-hirostu-hiro 2007/11/08 01:14 みなさん 明日発売ですのでよろしくお願いしますー。

>ユカタさん
 題名と表紙で損をしてるとよく言われます^^; 読んでみて印象が変わったという意見も多いので嬉しいです。 もうすぐ続きが観られますのでよろしくお願いします

>zigenさん
 早々購入ありがとうございます。 
フライングゲットの場合 ネタバレ系コメントは他の人の手前我慢して頂けると有り難いです^^; すんません。

ZigenZigen 2007/11/12 23:30 すんませーん。これでもそのへんに気を使って書いてたんですが。今後気をつけるです。
でも、書籍扱いは配本されると並んじゃうから困ったもんだ。