Hatena::ブログ(Diary)

Unicorn Diary Twitter

メインのホームページ……STUDIO UNICORNも、よろしければご覧ください。
(2013年11月より、サイト引っ越しにより上記アドレスが変更されております。
過去の日記文中では古いアドレスのままになっていますが、
お手数ですが上記リンクよりお入りくださいませ)
2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Thursday, 27 October, 2005

studio_unicorn20051027

[]31年ぶりの快挙

 千葉ロッテマリーンズの31年ぶりのリーグ優勝日本一、おめでとう!

 プロ野球に興味を失って数十年たつが、その中でもロッテの動向だけは、密かに気にかけ続けていた。特に、バレンタイン監督が就任してからの選手の目覚しい活躍や層の厚さ、宣伝・広報に至るまでの、旧来のプロ野球の古臭い体質を吹き飛ばすかのような数々の施策は注目に値するものであった。何はともあれ成果が出たのは良かった。

 これで古臭いぬるま湯にどっぷりつかって硬直しきった日本のプロ野球も、少しは変わってくれるのだろうか……。別にそれほどには興味はないけれど(笑)。

(写真は、ロッテとは関係ないけれど、Hershey'sのにわか宣伝部員に任命された我が家のクマたち)

[]Enyaも新譜!

Amarantine

 先日のKate Bush2005年10月18日の日記参照)に続き、エンヤEnyaも新譜"Amarantine"が出るという情報が入った。

 前作"A Day Without Rain"から5年ぶりの新譜だ。もっとも、その前作"The Memory of Trees"も、そのさらに5年前に出たのだから、Enyaの新譜のサイクルとしては予定通り、なのか。私としては、前作"A Day Without Rain"が、収録時間も少なかったし、曲としてもイマイチ物足りなかった("Wild Child"は良かったけれど)ので、今回は期待したいところだ。映画「ロード・オブ・ザ・リング」の主題歌"May It Be"は、最近のエンヤの中では最高の曲だったので、ああいう曲が入っていると嬉しいなあ。

ア・デイ・ウィズアウト・レイン ウォーターマーク

 あの名盤"Watermark"の、“ケルトの幽玄”という感じの、でも完全なケルト民族音楽でもなくて、もっと普遍的なスピリチュアルな要素をたたえた曲群が本当に素晴らしかったのだが、最近の曲は、やや聴きやすいイージーリスニング的な雰囲気(ケルトに対比してギリシャローマ的な正統的古典性)が強くて、ちょっと不満に感じていたのだ。でも、この鮮やかなジャケットからは、あまり期待するような「幽玄の世界」は感じられないのだが、どうなのだろう。早く試聴してみたいものだ。

WildChildWildChild 2005/11/01 19:45 私、エンヤの曲大好きです。聴いていると思わず心が癒されます。
そして、気持ちが穏やかになります。
これほど究極の癒し系音楽はちょっと他にありません。
どれを聴いても不思議な心地良さが感じられます。
疲れた心や体を癒してくれます。
今回のニューアルバムも楽しみにしています!
ところで、エンヤをオフィシャルサイトをご覧になるときに気をつけて頂きたいことがあります。
エンヤの公式Webサイトに書いてある生年月日はどうも西暦ではなくてケルトの陰暦ですよ。
エンヤは西暦では1962年生まれ、誕生日は丁度アルバムがリリースされる秋頃のようです。5月ではありませんよ。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://blog.zaq.ne.jp/wildchild/article/11/

studio_unicornstudio_unicorn 2005/11/05 11:43 WildChildさま、いらっしゃいませ。コメントありがとうございました。WildChildさまのブログも拝見いたしました。本当にEnyaが心の底からお好きなのですね。最近はあまり熱心なEnyaのリスナーではなかったのですが、初期のアルバムは当時本当に本当によく聴いたし、今でも大好きです。新作にはぜひ期待したいです。
ところでEnyaの生年月日は今まで全然知りませんでした(笑)。私の探し方が悪いのか、公式サイトでの生年月日の記述は見つけられなかったのですが、ようするにEnyaは(新暦での生年月日はともかく)ケルト暦(旧暦?)で1961年5月17日生まれを表明している、というふうに理解いたしました。
なんか嬉しいですね。私も(現代暦だし年も違うけれど)5月17日生まれなので……。実際の日にちは違っていても、同じ「5月17日生まれ」を表明している同士なのだと思うと、急にEnyaに親近感が湧きました(笑)。
面白い情報をありがとうございました。これからも、機会があれば覗いてみてくださいね。

WildChildWildChild 2005/11/05 20:49 >>実際の日付はもちろん違ってても、同じ「5月17日生まれ」を表明している同士なのだと思うと、今まで以上にEnyaに親近感を感じます。
 >>これって、今日ただ日付だけで「七夕」を祝うようなものですね。
ただ、何も断りなしになまじっかメディアで報じると誤解を招きますので気をつけていただきたいですね。
(エンヤのニューアルバムが出る少し前に全国のラジオ局へプロフィール紹介のときにこのことには気をつけていただきたいといったメールを送ります!)

WildChildWildChild 2005/11/06 21:14 先程、半年振りにenya.comを拝見しましたら、やはり生年月日の記述は見つけられませんでした。
半年前に、ラジオで「エンヤの誕生日」と報じられていましたので、初め、何かの間違いかと思って公式サイトを見たら、そうでもなかったので、これは暦が違うのではないかと思い、ケルト文化について文献で調べて記事を書いたのです。
なお、このとき、”Happy Birthday”と書いてあったのはサイトの管理者が誕生日の新暦と旧暦を勘違いしてメッセージを送ってしまったのだろうと思うのです。

studio_unicornstudio_unicorn 2005/11/07 00:12 WIldChildさま、丁寧な解説をありがとうございました。
新譜の発売が待ち遠しいですね!

WildChildWildChild 2005/11/08 18:06 先程、全国のラジオ局へ「エンヤを紹介するときに気をつけて頂きたい」というメールやFAXを送りましたよ。

studio_unicornstudio_unicorn 2005/11/08 19:22 WildChildさま、お疲れ様でした。

WildChildWildChild 2005/11/25 20:13 ニューアルバム”Amarantine”をリリース日にゲットしました。
これまでの作品に比べると自然や人間の心を超越した崇高さが感じられます。
”Sumiregusa”は昨年のPanasonicのVIERAのCMに出てきたときよりも一層厚みを増しました。
(エンヤとしてはあのままではちょっと物足りなかったので、あれから手直ししたのでしょう。)
今回はゲール語の曲はありませんでしたが、ローマが考えた架空の言語”Loxian”の歌が何曲か入っていました。
トールキンのエルフ語の影響を受けて作ったのです。

studio_unicornstudio_unicorn 2005/12/03 22:49 私も発売日に輸入盤を買ったのですが、またちゃんと聴いていません……(汗)。
ゲール語の曲がないのは残念ですが、架空の言葉を作ってしまうというのは、いかにもトールキンの熱烈なファンであるEnya達ならでは、ですね。
インストの曲はあるのでしょうか。私は、個人的には、インストの曲こそEnyaが最も本領を発揮すると思っていますので。

WildChildWildChild 2006/01/26 21:53  はてなダイアリーの方とコミュニケーションしていていささか気になることがあります。
こちらのはZAQBlogariですが、はてなへトラックバックしても送られないのがとても不便です。
 また、キーワードの説明ですが、エンヤの生年が「1961年」となっているのが気になり、これは実はケルト暦で、西暦では1962年だから、
誤解を避けるために、「1962年」と訂正して頂きたい、とのメールを送信したことがありました。
 はてなユーザー以外の人がこうした誤りを指摘したときに、情報が発信しにくいのは、いささか信用問題に関るような気がします。
 何か情報がございましたらこちらのブログにコメントをお願いいたします。(非公開可)
http://blog.zaq.ne.jp/wildchild/category/2/

studio_unicornstudio_unicorn 2006/01/26 23:29 私はいちユーザーなのでシステムのことはよく分かりませんし、またWildChildさまがお使いになっているブログのシステムも存じ上げませんので、有益な助言は残念ながらできないようです。申し訳ありません。
ただ、はてな以外のユーザーの方からもトラックバックをいただいていますので、はてな以外からは一切拒否、ということはないようです。
ちょっとそちらにお邪魔している余裕がありませんので、こちらのコメントでお返事とさせていただきます。

WildChildWildChild 2006/04/17 20:32 エンヤの公式サイトの生年月日(実はケルトの陰暦)を下手に引用しているサイトを見つけて、訂正を依頼した結果、実際に対処して頂いた所があります。
その記録をブログに書きました。
修正済みのページにもリンクしています。
http://blog.zaq.ne.jp/wildchild/article/12/

studio_unicornstudio_unicorn 2006/04/19 09:48 精力的に活動なさっているようですね。お疲れ様です。

WildChildWildChild 2006/07/25 20:43 アーティスト情報を得るには一般に公式サイトが正しいと思われ勝ちですが、ネットは様々な情報が飛び交うために、中には誤解や演出もあるのです。
そのために、筆者が生で取材した情報の方が信憑性が高いと思うのです。
http://blog.zaq.ne.jp/wildchild/article/23/

studio_unicornstudio_unicorn 2006/08/01 12:29 「生で取材」とは、さぞ大変でしょう。お疲れ様です。

WildChildWildChild 2006/08/03 18:33 studio_unicorn様、この「生で取材した情報」とは、私が取材したのではなく、アルバム解説や新聞や雑誌の記事のことですよ。
恐らくエンヤのパスポートに「1962年」と書いてあったのであろう。

studio_unicornstudio_unicorn 2006/08/09 23:04 見解の相違ですね。お疲れ様です。

WildChildWildChild 2006/10/20 16:40 エンヤについてコメント・トラックバック有難うございました。
来る11月9日〜11日にパシフィコ横浜でインターナショナルキルトウィークが開催されます。
私の作品も展示されます。
良かったらどうぞ。
http://blog.zaq.ne.jp/wildchild/category/5/

studio_unicornstudio_unicorn 2006/10/27 12:54 私の日記もご覧いただいていた上での書き込みだと思いますが、その日程は私自身の作品展を開催しております。
展覧会の成功をお祈りいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/studio_unicorn/20051027