Hatena::ブログ(Diary)

Unicorn Diary Twitter

メインのホームページ……STUDIO UNICORNも、よろしければご覧ください。
(2013年11月より、サイト引っ越しにより上記アドレスが変更されております。
過去の日記文中では古いアドレスのままになっていますが、
お手数ですが上記リンクよりお入りくださいませ)
2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Tuesday, 08 November, 2005

studio_unicorn20051108

[]作品展初日

 ついに作品展の初日がやってきた。今日は仕事を休み、朝から作品の搬入である。

 自動車を持っていない私のために、車を出して作品運搬を引き受けてくれたid:wineさまが朝9時過ぎに我が家に到着。作品を会場まで運ぶ。私は同乗、妻は別途自転車で会場に向かう。作品の会場搬入が済むと、wineさまは所用のためここで別れる。ありがとうございました。

 会場では洋行帰りの年若い友人Yaeさまが待っていてくれ、妻と3人で午前中一杯展示作業にかかる。展覧会作業に詳しいYaeさまのおかげで、けっこう快調に作業が進む。二度目ということもあり、昨年よりはスムースに作業できたように思う。それでも、照明の当て方にはいつも悩まされる。作品数よりスポットライトの数が少ないもので……。

 無事展示作業が終わり、妻のバイト先の先生が差し入れてくださったサンドウィッチなどを食して、久しぶりにお会いしたYaeさまと楽しく会話する。Yaeさまも、どうもありがとうございます。

 そうこうしているうちに、お客さんがちらほら訪れる。妻と私の両親がけっこう知人友人に宣伝したせいか、妻や私の父の関係の人が多かったが、ふらりと入ってきた人もいた。この、ふらりと入ってきた人たちってのが存外嬉しい。

 夕方にはさすがに激烈に疲れたので、少しうとうとしてしまった。

 本日の来場者数は10名でした。

 皆様のおいでをお待ちしております。

(写真は、会場内の一部)

[][]黒板キッチン

 作品展の会場から一度家に戻り、その後、妻と私の母と合流して、3人で梅ヶ丘にある「黒板キッチン cui dou laku(くいどうらく)」にて夕食。お店の前は何度も通っているので、前々から気になっていた店だったのだが、実際に入るのは初めてだった。

 その名の通り食事のメニューはすべて、店内の壁の大きな黒板に書かれている。素朴だがこぎれいな店内、行き届いたサービス、和から洋まで多種多様で美味しい料理、と大変に満足度の高いお店だった。

 なんでもここのシェフさんはもともとフランス料理のシェフをしていたそうだが、歳をとって自分の食べたいものだけを作りたくなり、この店を始めたということらしい。出された料理をいただく限りでは、満足いくような料理が作れているのではないとと思う(もちろん、本人にしか分からないことだろうけれど)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/studio_unicorn/20051108