Hatena::ブログ(Diary)

Unicorn Diary Twitter

メインのホームページ……STUDIO UNICORNも、よろしければご覧ください。
(2013年11月より、サイト引っ越しにより上記アドレスが変更されております。
過去の日記文中では古いアドレスのままになっていますが、
お手数ですが上記リンクよりお入りくださいませ)
2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Saturday, 12 November, 2005

studio_unicorn20051112

[]作品展5日目

 朝起きたときには降っていた雨もすぐに止み、開場時間の頃にはすっかり晴れ上がっていた。この幸運ぶり、まったく天に護られているとしか言いようがない(笑)。

 素晴らしい青空が広がる下、自転車で会場まで行く。

 きらきらと輝く陽光。

 朝のひんやりとすがすがしい空気。

 空の青と、雲の白のくっきりとしたコントラスト。(写真)

 歌い出したいくらいいい気分だ。

 会場の建物も、今日は陽光に包まれてきらめいている。誰もいない展示室に一人で佇んでいると、穏やかな“静謐”が室内に満ちて、壁の作品たちと静かに調和している。至福のひととき。今日は土曜日であるせいか、お客さんの出足は遅いようだ。大勢のお客さんに訪れていただくのはもちろんとても嬉しいが、このギャラリーで私のこの作品を一番よく感じられるのは、実は誰もいない、このような静かなときではないだろうか、とも思えてくる。

 今回の中で最大の"friends"(友)という作品は、アクリル加工をした小さい7枚の作品を一本の枝から吊るした、インスタレーションめいた作品なのだが、はからずも設置した場所がちょうどエアコンの真下になっている。エアコンから風が吹き出すたびに、吊るされた作品がゆらゆら揺れて面白い。アレクサンダー・カールダーのモビールではないが、吊るした効果がうまく出たようだ。

 昼過ぎからぼちぼちと人が訪れ始め、妻がお弁当を持ってやってきた直後に、妻の姉妹の一人(ちなみに妻は三つ子)とその彼、私の両親、私や妻や両親の友人・知人が次々にぶわーっと(笑)現れたため、会場は大変なにぎわいに(笑)。もう、こうなると一人で全員の相手をしていられなくなるので、妻や両親にも分担して相手してもらう。そんなこんなで次々と人が現れ、あっという間に日が暮れてしまった。

 いやあ、大変な盛況でした。訪れてくださった皆さん、懐かしい友人たち、私の作品を気に入ってくださった皆さん、いろいろとお話やアドヴァイスをくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 本日の来訪者数は32名。初日からの合計は95名に達した。

 いよいよ明日は最終日である。

milk-coffeemilk-coffee 2005/11/13 01:28 お疲れ様です。盛況なご様子が伝わってきて何だかこちらも嬉しくなります。明日最終日はもっとお忙しいかと思いますが、がんばってください。終わったらきっとおいしいお食事で打ち上げですね。

studio_unicornstudio_unicorn 2005/11/15 01:34 ありがとうございます! milk-coffeeさまのコメントには、こちらも嬉しくなってしまいます。遠くからも見守っていてくださる方がいらっしゃると思うのは、この上ない幸せですね。
おかげさまで、翌日の日記にあるとおり、無事に終了いたしました。milk-coffeeさまにも応援していただきまして、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/studio_unicorn/20051112