Hatena::ブログ(Diary)

Unicorn Diary Twitter

メインのホームページ……STUDIO UNICORNも、よろしければご覧ください。
(2013年11月より、サイト引っ越しにより上記アドレスが変更されております。
過去の日記文中では古いアドレスのままになっていますが、
お手数ですが上記リンクよりお入りくださいませ)
2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Wednesday, 23 November, 2005

studio_unicorn20051123

[]新PowerBook購入

 いろいろと思い悩んでいたマックの買い替えだが(2005年9月3日の日記2005年10月20日の日記参照)、価格.comで新しいPowerBook15インチの最安値が20万円を切った(199,800円)のに背中を押されて、ついにPowerBook G4 15インチモデルを購入することにした。アップルストアAmazon.co.jpでの価格は244,800円(2005年12月1日現在)なので、それよりも45,000円も安い。これは買い時だ、ということでの決断。いろいろ悩みまくったのに、決めるときは即断即決だった(笑)。

 というわけで秋葉原へ出かけ、最安値で売っていたお店「Mac市場」でめでたく購入。買ってしまった〜。*1まるまる新規に20万近くを出したのではなく、あらかじめ、使い道のなくなっってしまったWindowsのサブノートパソコンを、ソフマップにけっこういい値段で売ることができていたので、資金面での不安はなかった。いずれ、データを移行して新しいのに使い慣れたら、今まで使っていた古いチタニウムPowerBookも売りに出すことにしよう(かなり愛着はあるので、ちょっと心苦しいのだが)。

ASIN:B000BTKH5I

 それにしても、今日は実に久しぶりに秋葉原に来たのだが、JRの駅の構内も、駅前の空間も見違えるほどに近代的に、ピカピカの街並みになっていたのには驚いた。やはり大規模な再開発の賜物なのか……。あまり来たことがない街だったが、それでも雑多な独特のパワーが街中に満ちあふれていたように記憶している。でも、この再開発で、綺麗だけれども、いい意味での「毒気」が抜かれて、当たり障りのない街になってしまう(とは限らないが)のはなんだか寂しい気がする。と思っていたら、電気街のほうに行くと今までどおりの雑多な街並みだったので、その落差がけっこう可笑しく、人間ってけっこう逞しく図太いものかもしれないとも感じたりしたのだった。

[][]チェリーテラス

 秋葉原PowerBookを買ったあと渋谷へ行き、妻と合流。さらに歩いて代官山へ行く。お菓子を作るのに、卵をクリームを泡立てるのが大変なので、ハンドミキサーを欲しがっていた妻が、以前クリステルの鍋(素晴らしい鍋!)を買ったチェリーテラスで、バーミックスBamixを見てみたいと言っていたのだ。

 お店でバーミックスの実機を見ていると、スタッフの人が声をかけてきて、バーミックスの実演ビデオを見せてくれた。さらに、エスプレッソまで出してくれるというサービスぶり。前にクリステルの鍋を購入したときも思ったのだが、ここのスタッフのホスピタリティは素晴らしい(ついでに言うと、お店で使用しているパソコンがすべてマックなのも、個人的には好感度大)。

 ここまで至れり尽くせりな上に、ちゃんと欠点までも説明してくれる誠実なスタッフの応対にもかかわらず、バーミックスは買わないことに決めた。確かにすごく便利そうだが、お菓子作りの泡立てだけに使うには高価すぎるのが理由。じゃあもっと日常で使えばいいのでは……と言われそうだが、妻曰く、子ども介護する人がいるわけでもないし、みじん切りなどは包丁でできるから不要とのこと。妻は包丁人なのだ(笑)。後日、もっと安いハンドミキサーを探してみることにしよう。

[]物欲(&音欲)パワー炸裂!

Lamentate CELLO KONZERT IN E MOLL

 代官山から渋谷へ戻り、HMVへ。

 先週はグッ!と我慢した(笑)のだが(2005年11月16日の日記参照)、今日は物欲(&音欲)が全開してしまい、先週いろいろ物色したクラシックフロアを中心に4タイトルもCDを買ってしまった。

 まず、id:wineさまが推薦していらしたエルガーElgarのチェロ協奏曲Cello Concerto。正直言って演奏家がどうのとかよく分からないので、チェロ協奏曲のほかに「威風堂々」とか「エニグマ変奏曲」とか有名どころが入っていてとりあえずエルガー俯瞰できそうなのと、ジャケのデザインが良いのが決め手で、このCDを購入。それにしても、クラシックのCDって、どうしてこうも安っぽいデザインのジャケットのが多いのか。私などは、それだけで買う気が失せてしまうのだが。いい加減安かろう悪かろうは改めて、もう少しヴィジュアル要素にも気を配って欲しいものだが……。

 そしてペルトArvo Part(正確にはArvo Pärt)の"Lamentate"。2曲入っていて、一曲は大好きなヒリアード・アンサンブルThe Hilliard Ensemble(2005年10月28日の日記参照)が歌っているので、楽しみ。とは言っても、ペルトの曲を聴くのは初めてなので、どんな感じなのかドキドキ。

Amarantine Bach: The Sonatas and Partitas for Violin Solo

 さらに、バッハBachの「無伴奏チェロ組曲」の静謐ぶりが大好きな私は、同じバッハの、こちらはヴァイオリン無伴奏ソナタ&パルティータをクレーメルKremerが演奏したCDも購入。試聴したら、これも静謐な感じがよく、ぼけ〜っとしながら聴き流すのにすごく良さそう。ちなみに"Lamentate"もこれもECMのだった。最近、ECMのCDをよく買うなあ。

 そして、今日発売のエンヤEnyaの新譜"Amarantine"(2005年10月27日の日記参照)。曲目などが、輸入盤も日本盤も同じだったので、迷わず安い輸入盤を購入。国内盤はプレゼントのキャンペーンを店内でやっていたのだが、特にすごく欲しいものではなかったし、必ず当たるわけでもなかったのでこだわらなかった(笑)。今度の新譜はどんな感じだろうか。

[][]キリストカフェ

 夕食は、久しぶりにキリストカフェ渋谷店へ。ゴシック教会をイメージしたという重厚な内装と、安い割にはけっこう凝っていて美味しい料理が特長のお店だ。以前はよく来ていたのだが、メニューが変わってしまってここのところご無沙汰だった。

 久しぶりに来てみると、またメニューが変わっている。今回は嬉しいことに、メニューの種類が増えて、とても充実している。しかも大好きだったミートソースを使ったパスタが復活していて、迷わずそれを注文してみた。他に注文した料理もそれぞれ美味しくて、しばらくぶりにいいメニューが増えていることを再確認。これでワインの種類が充実すれば言うことがないのだが……。また来てみよう。

(写真は、キリストカフェ店内の面白い形の照明)

*1:翌日にはまた最安値が20万を越えていたので、この日に決断して本当に良かった。後悔ナシ!

kei-harretkei-harret 2005/12/02 01:45 はじめまして。いちえだと申します。milk-coffeeさんとこから来ました。ペルトは新譜が出たのでしょうか。一時流行りましたけど。ボクは「ベンジャミンブリテンへの追悼曲」をFMでリッカルド・シャイーが指揮しているので初めて聴いて涙した覚えがあります。年末にエンヤもいいですが(笑)、この時期何故だがいつもちょっと宗教曲聴きたくなって、バッハの「マタイ受難曲」とか聴いてしまったり…(^^)。
以前の日記に紹介されいるものへのレスになりますが、ケイトの新譜いいですよねえ。3枚目あたりで彼女を知ってその後新譜が出るたびずっと買って聴いてます。ボクも「レッドシューズ」より「センシュアル・ワールド」の方がスキです。「レッド・シューズ」は余り聴かなかったです。あと「愛のかたち」もスキですね。フルームは他人のプロデュース(スザンヌ・ベガとかコステロとか)で知っててソロはまだ聴いたことがないです。良さそうですね。ではヨロシクお願いします。

majirimajiri 2005/12/02 12:04 お久しぶりで御座います。majiriです。バッハいいですね。朝のバロック(FM)の番組とかもよく聞きます。グレン・グールドのバッハのアルバム(確か歳とってからのほう)が大好きです。ではでは。またよろしくお願いしますです。(^^)

winewine 2005/12/03 01:08 エルガー、いかがですか?今度感想聞かせてください。ペルトの新譜が出ているのは知りませんでした。
ところでいいタイミングで新PBを購入しましたね。『古いチタニウムのPowerBook』は私が引き取りますよ〜。

studio_unicornstudio_unicorn 2005/12/03 23:04 >Kei-harretこといちえださま いらっしゃいませ。ブログをやっていらしたときは、何度か拝見させていただいていました。こちらこそご挨拶が遅れて申し訳ありません。よろしければ、これからも覗いていってくださいね。
ケイトの新譜はここのところヘビーローテーションです。バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタと交互に聴いています。M・フルームは私もスザンヌ・ヴェガのアルバムで知っていました(2人は一時期結婚していたんですよね)。実験的なフルーム、というイメージから離れて、端正なまでにクラシカルなピアノ曲集です。オススメですよ。「マタイ受難曲」聴いてみようかしら。
>majiriさま お帰りなさいませ〜! これからも、よろしくお願いしますね。バッハは、旋律の音階の動き方がすごく好きなのです。バロックらしいというか……。無伴奏曲を聴いているとすごく落ち着いた気持ちになるので、ここ一年くらい本当によく聴いています。
>wineさま 車買い換えてお金がないくせに……。タダでさしあげるわけにはいきませんからね(笑)。エルガー気に入りました。ペルトは、Hilliard Ensembleのはすごく気に入ったが、もうひとつの”Lamentate”(ピアノとオケの曲)は、最初聴いたときは現代音楽らしい表現的な曲だったので何だこりゃ(笑)と思ったけれど、何度か聴くうちに気に入ってきました。

YaeYae 2005/12/05 01:30 え、あ、あの・・・タダじゃないんですか・・・?
私は最近、部屋の奥にあったGary Karrというコントラバス奏者のCDを何気なくかけたところ、演奏が本当に素晴らしくて作業する手が止まってしまいました。こちらもおすすめです。

winewine 2005/12/07 15:34 エルガー気に入っていただいてよかったです。ペルトは次回何か持参しましょう、忘れなければ。
PBは、車買い換えてお金がないからある時払いの催促なしで、是非!

studio_unicornstudio_unicorn 2005/12/11 14:10 >Yaeさま 人が30万以上出して買い、今でもソフマップ等では10万以上で買い取ってもらえる我がPowerBookが、タダですと!? 出直してきなさい(笑)。今でこそとても安くなっていますが、かつてMacは高価なものの代名詞だったのですよ。Gary Karr、調べてみます。
>wineさま ペルトは他にもぜひ聴いてみたいです。エルガーのチェロ協奏曲は、ライブでも聴いてみたいですねえ。
PBは、現金の即金のみ受け付けいたします。悪しからず(笑)。