Hatena::ブログ(Diary)

Unicorn Diary

メインのホームページ……STUDIO UNICORNも、よろしければご覧ください。
(2013年11月より、サイト引っ越しにより上記アドレスが変更されております。
過去の日記文中では古いアドレスのままになっていますが、
お手数ですが上記リンクよりお入りくださいませ)
2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Monday, 17 January, 2011

[]おうちハイボール

 昨日、作品展の搬出が終わって妻と夕食を食べた後、急に「ハイボール飲みたいね」と。かねてより自宅でハイボールを作って飲んでみたいねと話していたのだった。

 私の妻はウイスキー焼酎などの蒸留酒が苦手なのだが、ハイボールが大流行した昨年の夏頃にお店で飲んでみて、これなら飲めると気に入ったようで(お店のはフレーバーつきのも多く飲みやすい)、それ以来外食の際にはよくハイボールを注文するようになっていたのだ。

 作品展も終わったし早速飲んでみようと、即断即決で近くのスーパーへ。定番のサントリー「トリス」と、炭酸水カナダドライの「クラブソーダ」を2本購入。スーパーにあったので一番安かったので購入してみたのだが、どうなのだろう。ガス入り水は(単体で飲むのは)苦手なのでよく分からない……。作り方のサイトを見ながら作ってみて飲んだが、これでいいのかどうかは判断つかないが美味しく飲めたのは確かだ。

 すっかり気を良くしたので、本日も夕食時にハイボールを作って、食事とともに飲む。主菜の麻婆豆腐によく合って、なかなか美味しく飲めた。食事酒としてもいいな、ハイボールは。

Tuesday, 14 July, 2009

studio_unicorn20090714

[][]ノルウェー4日目・鮭づくし

 昨日のStalheimで少々懲りたので、本日の夕食はホテルではなく、村内にあるノルウェー・ワイルドサーモンセンターNorsk Villalssenter(The Norwegian Wild Salmon Centre)の中のレストラン"Laksen Pub & Restaurant"にていただく。ロケーションの通り、様々なサーモンの料理を出してくれるレストランだ。

 正直、小さい村のレストランなのであまり期待していなかったが、これがなかなか。

f:id:studio_unicorn:20090926204858j:image:w200

 この写真のような、けっこう手の込んだ料理(もちろん全て鮭料理)が4、5種類も用意してあったのだ。4人でそれぞれ違う料理を頼んで、違いを楽しむ。

 建物もノルウェーらしく岩と木とガラスでできているうえに、内装もなかなかモダンでいい感じ。食後のコーヒーは木造のテラスでいただき、夜9時になっても全く日が暮れる気配のない北欧の夕空(と言っていいのかな)を楽しむ。

Sunday, 12 July, 2009

studio_unicorn20090712

[][]ノルウェー2日目・Bacalaoに舌鼓

 夕食は、ブリッゲンの中にあるノルウェー料理のレストラン"Bryggeloftet Stuene"にて。

 地ビールであるハンザビール(コクがあってすごく美味しい!)を飲みつつ、中世以来ノルウェーの名産であるバカラオBacalao(干し鱈)を使った料理をいただく(下の写真)。

f:id:studio_unicorn:20090923121147j:image:w200

 トマトシチューに野菜と一緒に煮込んであって、すごく美味しい。じゃが芋がゴロゴロ入っているのが、私としてはとても嬉しい。

Saturday, 04 July, 2009

studio_unicorn20090704

[]今宵も美味しく

 昼過ぎまではどよんと曇っていたが、午後遅くにはけっこう爽やかに晴れてきて、なかなかいい一日になった。

 本日の夕食は、久しぶりに自宅でワインを開ける。ワインを飲みつつ妻の作った前菜を楽しみ、パスタで締めるライトイタリアンディナーだ。

  • パン2種(バゲット、セーグル・ノア・レザン)
    • もちろん、梅ヶ丘のパン屋さん「パン・ド・ラサ」で購入した素晴らしいパン
  • チーズ3種(ブルサンペッパー、テロワール、十勝スマートチーズ)
    • 「十勝スマートチーズ」は明治乳業の新製品らしいのだが、安い割にはなかなかコクがあって美味しく、ワインによく合うチーズだ。
  • ズッキーニの詰め物 オーブン焼き(写真)
    • けっこう手間のかかる料理だが、とても美味しい一品。
  • サーモンのカルパッチョ 柚子胡椒風味
  • きのこ(しめじ、エリンギ)のガーリックソテー
  • 万能葱とプチトマトのアーリオ・オーリオ パスタはリングイネを使用
    • 今日の締めのパスタはオイルベースで。
  • 妻の手作りミルクティープリン、コーヒー
    • デザートは、昨日のうちに妻が作り置いたもの。コーヒーとの相性良し。

 週末の夜の、優雅な(でも安上がりな)美味しいひととき。

Saturday, 27 June, 2009

studio_unicorn20090627

[][]新しいメニュー

D&DEPARTMENT DINING BOOK

 よく晴れた一日だったが、湿気があるのかすっきりした青空ではなかったな。

 夜は妻と九品仏に行き、「D&Department Project Tokyo」のカフェレストラン「D&Department Dining」で夕食。5か月ぶりの訪問だ(1月24日の日記参照)。

 注文したのは以下の3つ。

  • 胡桃とカマンベールチーズのサラダ
  • チョリソとジャーマンポテトのオーブン焼き(写真)
  • 蛸と夏野菜のペペロンチーノスパゲティ

 これらを、店員さんお薦めの長野産メルロー(これがけっこうしっかり味で美味しい)をカラフェで注文してちびちび飲みながらいただく。3つのうち後ろの二つは新しいメニューとのことだったが、どれもとても美味しかった。特に「チョリソーとジャーマンポテトのオーブン焼き」に入っていたチョリソが、ただ辛いだけではなくほんのりした甘味が加わっていて非常に絶品。店員さんに訊くと、ベーコンと玉葱と一緒に炒めているから、なのだそうだ。ふむふむ。

 コージーな内装はもちろん、相変わらず接客も素晴らしく、気持ちよく食事できる店だ。お店のレシピを手書き風のアニメにして、店内でBGVふうに上映しているのが楽しかった。

Wednesday, 24 June, 2009

studio_unicorn20090624

[]超長期熟成

 先日スーパーで、ヱビスビールの数量限定商品「ヱビス超長期熟成2009」が売られているのを発見。「へえ〜こんなものが出たのか」と、ヱビス好きの我々夫婦は4缶セットを買っておいたのだが、今日の夕食時にひと缶飲んでみた(写真)。

 通常のヱビスビールでも熟成期間が長いのだが、この「超長期熟成」はさらにその2倍の熟成期間を費やしているらしい。そのためか、このオレンジがかった、琥珀のように深い色だけでも非常に濃厚さを感じさせる。

 飲んでみると、非常に強い苦みとコクがとても美味しい。アルコール度数もやや高めで、この深みのある味わいは、美味しい料理を食べながらじっくりと楽しむべきビールだな。飲むだけで、気持ちが豊かになるような心地。

 とてもコクがあって美味しいビールなので、できれば数量限定といわず通常販売してくれないかな。

Sunday, 21 June, 2009

studio_unicorn20090621

[]おうちで天麩羅

 雨模様でじめっとした一日。とにかく蒸し暑く、いよいよ日本の夏到来、という感じだ。

 夏といえば天麩羅。

 ということで、今日の夕食は、久々におうちで揚げる天麩羅だ。

 自宅でてんぷらを揚げるのも、ずいぶんと久しぶり。2年ぶりくらいかもしれない(2007年9月1日の日記参照。このときも「2年ぶり」とか書いてます(笑))。準備がいろいろと要るし、夫婦2人がかりで揚げるのがけっこう大変なので、よほど機運が高まらないと(笑)やらなかったりする料理だ。

 前にも何度か書いたが、何度でも書くが、私にとっての天麩羅はひたすら野菜!野菜!野菜! 魚とか、ましてや海老とかどうでもいい。さらに、野菜の中でもじゃが芋!じゃが芋!じゃが芋!なのだ。お店とかでは滅多に出てこないのが寂しいが、我が家なら好きなだけじゃが芋の天麩羅がいただける。これだけでも大満足なのだ。

 2人でたくさんの野菜と少々の豚肉を揚げて(写真)、もちろん天つゆと大根おろしで(塩とかありえない)美味しくいただく。お店で出てくるカリッとした天麩羅もいいが、自宅で食べる手作りのもったりした天麩羅も大好きだな。何よりも、じゃが芋の天麩羅が山ほど食べられるし。

Thursday, 18 June, 2009

studio_unicorn20090618

[][]マネケンのワッフル

 昨日、仕事の用事で銀座を歩いていたときに、たまたまベルギーワッフルのお店「マネケン」"Manneken"の前を通りかかった。

 いつも週末にこの店の前を通ると、必ずワッフルを買う人の行列ができているのだが、昨日は平日だったせいか、それとも偶然に空白の時間帯だったのか、お客さんは一人もいなかった。

 「マネケン」のワッフルは以前に袋入りのものを食べたことがあったのだが、この路面店の「焼き立てワッフル」はそういえば食べたことがないことに気づき、ちょうど行列も無く待たされることもないなと、思い立ってワッフルを購入してみた。

 買ったのはプレーンを3つとアップルシナモンを3つ。いただき物ではなく、かつ私がひとりのときにお金を出して菓子を買うなんて、ものすごく久しぶりだ(笑)。

 さっそく昨日の夕食後に、妻とプレーンとアップルシナモンをひとつずつ食べ、今日の夕食後にも2人でもうひとつずついただいてみた(写真)。美味しいと評判の「マネケン」のワッフルだが、仕事の同僚の助言では、食べる前に少しオーブンかグリルであぶってから食べると、より美味しいらしい。なので、その助言に従い、グリルで少し焼いてから食べてみた。確かに、外側はカリッとする一方で中身のふんわり感が際立ち、もともと美味しいワッフルがさらに美味しくなった。

 我々としては、アップルシナモンのフレーバー感もいいのだが、やっぱりなんといっても基本のプレーンの、少しバター味のある香ばしさと抑えた甘味が素晴らしい。確かに病みつきになる美味しさだ。

 また機会があったら(行列が無かったら)買ってみようかな。今度は他のフレーバーも試してみよう。

Wednesday, 17 June, 2009

studio_unicorn20090617

[][]大きな鍋で

 先週の土曜日に、代官山の「チェリーテラス」CHERRY TERRACEで、妻のためにクリステルの直径24cmステンレス鍋を購入した。

 5年ほど前から、同じクリステルの20cmが我が家のキッチンで活躍しており、妻も大変重宝して使いこなしていたが、スープカリー(スープカレー)などのように汁も具もたっぷりな料理を作ると、鍋から溢れそうになってしまうことがよくあって、ひと回り大きな鍋を必要としていたのだった。

 今日の夕食は、その24cm鍋を初めて活用して、妻がさっそくスープカリーを作ってみた。さすがに容量では20cm鍋の2倍近くあるので、余裕でたっぷり作れたようだ。よかったよかった。

 具は骨付き鶏肉にキャベツ・ピーマン・じゃが芋・人参など、相変わらずたっぷり(写真)。味付けもたいへんに良く、ごはんが進みすぎないように気をつけて食べたが、やっぱりいつもどおりお腹いっぱいになった(笑)。

Sunday, 14 June, 2009

studio_unicorn20090614

[]久々の焼きパッケリ

 一昨日に代官山の「Eataly」で、日本ではやや手に入りにくい筒型の大きなショートパスタ「パッケリ」(パッケーリ)Paccheriを購入したので、今日の夕食は、久々に焼きパッケリをメインにしたライトイタリアンディナーと相成った。

 パッケリをラザニア風に調理した「焼きパッケリ」をいただくのは、本当に久しぶり。1年以上ぶりだ(2008年3月1日の日記参照)。そのとき(とそれ以前も)には、一昨年の旅行中にバッサーノ・デル・グラッパBassano del Grappaで購入した、表面に溝のついたパッケリ・リガーテPaccheri Rigatiを使っていたのだが、今回のパッケリは溝がないせいか、それとも小麦が違うのか厚さが違うのか、茹でても完全にぺちゃんこにならない。

 でもその分、パッケリの厚みがあって食べ応えは充分だった。

f:id:studio_unicorn:20090619033119j:image:w200

 オーブンから出てきた焼きたて(上の写真)は、パッケリと表面にかかっているピザ用チーズが香ばしく焼けて、ものすごく食欲をそそる。もちろん、ミートソースも絶妙な仕上がりだった。これは実に美味しい! 久々だったが素晴らしく良い出来で、大満足のディナーでした。

 今回購入したパッケリはまだ残っているので、また近いうちに焼きパッケリを楽しめるな。