Hatena::ブログ(Diary)

Blog このページをアンテナに追加

January 04(Wed), 2012

読書記録

マイ仏教 (新潮新書)

マイ仏教 (新潮新書)

仏教に興味がある以上にみうらじゅんが好きなので、2011年年末に買ってみました。みうらじゅんといえば、「マイブーム」という流行語を生んだひととか、『見仏記』とか、麻生久美子キャストし爆発的にカワイイ演技を披露した映画原作漫画アイデン&ティティー』とか、ミュージシャンbird不倫して今はダンナとか、ひとによっていろんな印象があるかと思います。

その遍歴を知っている方は、このお方の愛すべきマニアックぶりとダメっぷりに共感してやまないことでしょう。『マイ仏教』はそんなみうらじゅんのエッセンスがコンパクトに凝縮された本だといえます。氏の従来からのファンにとっては、彼が何を考えているかを知る(あえていいますが)「良書」と思います。また、いきなりみうらじゅんのひととなりを知らずに、「仏教」に惹かれてなんとなく読むひとには「?」な感じかもしれません(辛うじて仏教の知識があるひとはツッコミをいれつつ楽しく読むこともできるかもしれませんが)。かといって、なんとなく読んでなんとなく「元気」になれる書であるかもしれません(我ながらどっちつかずの悪レヴューだ)。「自分なくし」とか「後ろメタファー」とか、彼の造語に直感でピーン!とくるひとにオススメします(我ながら感覚的なレヴューだ)。

不幸論 (PHP新書)

不幸論 (PHP新書)

かなり前にいちど読んだのだが、年末年始で「幸福(あるいは「幸せ」)」について考えてみようとにわかに思い立ち再読してみました。おなじみ中島義道先生!の書籍(最近ネタがなくなっているのかな、小説を書いてましたね)。

極めて簡単にまとめると、人間ってなぜかこの世に生まれてきて、生まれる環境も育つ環境も不平等だし、誰かの「幸福」は誰かの「不幸」のうえに成立している。まして「死」という絶対的なものが存在している以上、「幸福」は錯覚であり、その追求は欺瞞である。こんな感じです。

 自分自身とは何か、それがどこかにころがっているわけではない。(中略)
 それは各人が生涯をかけて見いだすものだ。しかも、それはあなた過去の体験のうちからしか、とりわけあなたが「現におこなったこと」のうちからしか姿を現さない。とくに、思い出すだけでも脂汗が出るようなこと、こころ歴史から消してしまいたいようなこと、それらを正面から見すえるのでないかぎり、現出しない。(パウロの刺のように)あなたを突き刺すあなた固有の真実を覆い隠すのでないかぎり、見えてこない。
 幸福は、こういうことをすべて考えないようにすることによって成立している。
 だから、あなたは自分自身を手に入れようとするなら、幸福を追求してはならない。あなた固有の不幸を生きつづけなければならないのである。(pp.203-5)


一見するとこういった記述は「ネガティヴ」で生理的に受け付けないひとが多数だと思いますが、「真実」を考えるうえで必要な思考です。ネガティヴ思考とポジティヴ思考とのあいだを気分で行ったり来たりして、アホな二元論に陥っているより(自分のことです)は、強靭な思考力を養いたいものです。

参考:

見仏記 (角川文庫)

見仏記 (角川文庫)

アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

アイデン&ティティ [DVD]

アイデン&ティティ [DVD]

哲学の教科書 (講談社学術文庫)

哲学の教科書 (講談社学術文庫)

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春新書)

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春新書)

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)

「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの (PHP新書)

「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの (PHP新書)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)

私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)

悪について (岩波新書)

悪について (岩波新書)

「人間嫌い」のルール (PHP新書)

「人間嫌い」のルール (PHP新書)

人生に生きる価値はない

人生に生きる価値はない

「時間」を哲学する (講談社現代新書)

「時間」を哲学する (講談社現代新書)



おまけ:

MG4

MG4

渦中のひと、大沢伸一。今回の件で久しぶりに思い出して聴いてみましたが、2000年アルバムであることを考えると、もちろん今聴いても、改めてカッコいい音楽をつくるひとだなあと思います。ブラジルソウルフルシンガー、エヂ・モッタが歌う8曲目の「CENARIO」とか、渋すぎて秋の食材キノコを想起させます。まあ、大沢さん本人は公式に容疑を否認しているし情報が古くなければ既に取り調べ終了、釈放されているので、とりあえずは彼を信用することにします。