subetesuki08’s NIKO II Diary

お出かけ、旅行、おいしかった食べ物屋さんのことや庭先や散歩で撮ったナイスショット、私の考える楽しい生き方などについて、載せています。
☆私のHPsubetesuki0's Website!もよろしければどうぞ♪

↑の写真は高遠城址公園で撮ったものです

♥   ♣   ♦   ♠   ♡   ♧   ♢   ♤   ☀  ☁   ☂  ☃  ☄  ★  ☆

2007-10-14

南部市場祭りでお買い物

2007年10月14日南部市場祭りに行ってきました。朝は8時オープンなのですが、7時前からどんどん駐車場には車が入っていくという状況でわれわれが7時20分くらいに行ったときには会場はかなりたくさんの人がいました。

f:id:subetesuki08:20071014072837j:image

8時過ぎには開会宣言があって本格的に売り場で売り出しました。うちのほうは、野菜が安かったので格安だったわさびをはじめ、栗や柿、なしにりんご、そのほかいろいろな野菜を買いました。ちなみに松茸カナダ産と中国産がありました。それから、魚売り場では、サンマのつみれを作るためにサンマを一箱45匹買いました。例年植物も置いてあって、今年は玄関にパンジービオラをおこうと思っていたので、ビオラはありませんでしたがパンジーを買いました。ガーデンシクラメンもあったので、それも買いました。いつもかどうかはわかりませんが、地域作業所の人が手作りした菓子パンを売っていたので、朝食を食べずに出てきたわれわれはそのパンを買ってそこで食べました。カレーパンかぼちゃアンパンソーセージパンなどよくあるパンを売っていたのですが、素朴な味でした。昔ながらのパン屋さんで作っているような味でした。家に帰ってから、パンジーを植え、サンマのつみれを作り、夕食を食べるのがだいぶ遅くなりました。楽しみいっぱいの南部市場祭り、また行きたいと思います。

2007-06-09

カナダで買ってきたお菓子

ゴールデンウィークカナダに行ったときに買ったお菓子今日食べました。メープルクリームがサンドしてあるクッキーで、形もずばりメープルリーフ型です。とても甘くて3つ食べたら口の中があまあまになったけど、なかなかおいしかったです。日本茶によく会ったのでまた今度日本茶を飲みながらメープルクッキーを食べたいと思います。

2007-05-27

カナダのこと

だいぶ間があきましたが、カナダのことの続きを書きます。カナダ最終日、ギャスタウンを見た後は、バンクーバー図書館に行き、バンクーバー博物館で企画展を見てから

f:id:subetesuki08:20070503053139j:image

レッドロブスターが食べられるレストランで楽しみにしていたレッドロブスターを食べ、一路UBCことブリティッシュコロンビア大学に向かいました。

f:id:subetesuki08:20070503072843j:image

UBCへはダウンタウンからバスで30分ほど乗っていきました。バスはトローリーバスでした。日本にはないかなと思います。トローリーバスは、電線を通る電気で動くエコバスです。UBCについて向かったのはUBC人類学博物館です。ここは、発掘された先住民族のトーテムポールなどを中心に数多くの先住民族の作ったものが展示してある博物館です。

f:id:subetesuki08:20070503080448j:image:w350

アクセサリーのようなこまごましたものもたくさん陳列してありました。写真撮影も自由でしたので、ホームページを作成している私にとってはとてもありがたく感じました。

博物館を見た後は新渡戸記念庭園を見ました。これもUBC内にある庭園で、新渡戸稲造を偲んで造られたものです。

f:id:subetesuki08:20070503084638j:image:w350

日本のメジャーな庭園のような広さはありませんが、ちょうど桜が咲いていて、日本庭園の風情が楽しめました。日本にこれがあっても入らないと思いますが、カナダに来てこういう施設に入れたことが価値あることのように感じました。

庭園を見た後は、バスに乗って街の中心街に戻りました。この日はお昼にレッドロブスターほかボリュームのあるものを食べたので、夜はフードコートで軽くタコスなどをつまみました。明日はいよいよ帰還。部屋でお土産をしまいながら帰り支度をして寝ました。

翌日はのんびり起きて出発に備えました。バンクーバー空港に着いて後は、ちょうど改装していてあまり店が開いてなかったので、わずかに開いていたおみやげものやさんで次期五輪のピンバッジやお菓子などを買いながら時間を過ごしました。飛行機に乗ってからは、座席でイヤホンを付けてクラシック音楽を聴いてすごしました。9時間程度のフライトでしたが、結構あっという間に感じました。

今回の旅行は以前参加したトラピクスの旅行ほどハードではなく、わりとのんびりと見られて満足でした。また、機会を作って海外に行きたいと思います。

2007-05-17

日本の良いところ・・・カナダに行って

カナダに行ってとみに感じた日本の素晴らしいところがいろいろあります。一言二言で言うなら、日本はとてもきちんとしている、ということです。バスは日本なら1000円札までならおつりがちゃんと帰ってくるし、電車は乗車区間によって金額が細かく定められている、そして改札で乗り降りの記録をつけている、こういったことはカナダをはじめほとんどの国ではなされていないようです。ドイツやイギリスでも日本のようではありません。日本で当たり前だと思っていたことは、他の国では行われていない、このことが私にとっては日本再発見につながりました。日本人が日本に自信を持つのは自然なことです。自分の住んでいる国を良いと思えることが大切だと思います。マスコミの報道を読んでいるとそういう考えが吹き飛ぶような暗いニュースばかりがクローズアップされますが、日本は本当に素晴らしい、そう心から感じます。とはいえ、カナダの人々はとても陽気で、一緒にいて楽しくなる人たちがいっぱいいました。そういう視点で考えると、日本人はちょっと生真面目で、本当は幸せなのに不幸せ妄想が心に浮かんでいる人も見られます。せっかくこんないい国に住んでいるのだから、短所や弱点ばかりに目を向けず、良いところ、素晴らしいところ、強みに目を向けてそれを強化するような生活をしたいな〜と思います。弱点を克服するのもいいですが、強みを強化することはそれ以上に効果的に状態、状況を良くすると感じることもあります。幸せを不幸せと感じられるほど幸せな国の国民の1人として、その欠点はほどほどに注意を置きながら、良いところをより良いところにできるよう自分の生活も含めていろいろやっていきたいなと思います。

2007-05-15

カナダのこと-バンクーバーにて

カナダでの最終日は、バンクーバーでの一日でした。行きたいところはほとんど10時オープンだったので、のんびり起きて食事をしました。そしてたったの一駅ですが、電車に乗りたいといっていたので切符を買って電車に乗りました。カナダの電車、通勤電車なのですが、スカイトレインは改札がなく、切符は売っていますがほとんど無賃乗車可のオープンスタイルでした。とはいえ、たまにはチェックをする人もやってくるようだし記念にもなるので、切符を買って電車に乗りました。乗っていった先は隣駅のウォーターフロント駅。そこはギャスタウンがある駅で、降りて雨の中を歩いて蒸気時計まで行きました。

f:id:subetesuki08:20070503010949j:image:w350

蒸気時計は15分ごとに音楽がなるということで9時15分の音色を聞こうと待っていました。いよいよなりそうというとき、音がわずかになったかと思うと終わりになりました。これじゃあ音楽とはいえないね、と思いながら、30分の音色を待ってみることにしました。30分の音色はちょっと音楽になっていました。蒸気で音が鳴っているということで、ちょうど音階のある汽笛のような音でした。そのあとカナダ発祥の地ギャスタウンに立てられているギャシージャック像を見にもうしばらく歩いていきました。

f:id:subetesuki08:20070503012000j:image

ギャシージャック像を見た後、駅に戻って電車に乗りました。・・・続く

2007-05-14

カナダのこと

ロッキー観光が満足感いっぱいで終わった翌日は移動日、カルガリー空港からバンクーバーに向かいました。バンクーバーに着いたのは、お昼過ぎでした。5日間お世話になった添乗員さんとはそこでお別れ、そこからは現地係員のガイドさんがお世話をしてくれました。バンクーバーに着いて最初に行ったのは、バンデューセン植物園でした。

f:id:subetesuki08:20070502032948j:image:w350

40分ほどの見学時間をいっぱいに使って歩き回りました。大きな石楠花の木やチューリップなどが咲いていました。その後は市内観光、スタンレーパークに行ったりグランビルアイランドに行ったりしました。グランビルアイランドは、いろいろな店が集まったショッピング街のようなもので、その一角の生鮮食料品売り場でブラックベリーやいちごを買いました。一通りバンクーバーを見て回ってホテルに着くと、まもなく夕食の時間になりました。夕食は歩いて少し行ったところにある中華料理屋さんで食べました。人口の2割に達するという中国人の方が街を作っているだけあって中華料理は十分においしくいただきました。食べ終わった後、スーパーに行きました。スーパーではお菓子を見たり飲み物を見たりしました。こうしてバンクーバーの初日は終わりました。・・・続く

2007-05-12

母の日

明日は母の日ということで、今日の慰労をかねて近所のちょっとしゃれた洋食屋さんに食べに行きました。

f:id:subetesuki08:20070512192526j:image

白ワインをデカンタで頼んでみんなで飲みました。食事はみんな一緒でハンバーグステーキにしました。混んでいましたが小さな店なので落ち着いた雰囲気の中ゆっくりと食べました。お会計のときにマスターとちょっと話をしました。マスターは変わらずお元気そうでした。本当に久しぶりでしたが、ハンバーグステーキはいつもの通りおいしく、また機会を見て来ようと思いました。食事が終わった後スーパーに行って花屋さんで母の日のプレゼントとして山アジサイを買いました。なんと言う名前かわからないのですが、珍しい感じの素敵なアジサイでした。本当はそのあと晴れていたら星の写真を撮りに街明かりの少ないはずれのほうに行こうと思ったのですが、雲がだいぶ出てきたのであきらめました。かわりに家でこの間のカナダ旅行のビデオを見ようということになりました。もう9時を過ぎていましたが今からお風呂に入ってみんなで見ようと思っています。・・・

お風呂に入って横になっていたら眠くなったので、ビデオは明日になりそうです。自分で撮ったカナダのビデオ、見た後また報告します。

2007-05-10

カナディアンロッキー観光の日

カナディアンロッキー観光の日は晴れていました。大型バスに乗り一路コロンビア大氷原を目指します。途中、バーミリオン湖を左手にカナダ太平洋鉄道が走っているのを見たり雪をいただいた山々を見てアイスフィールドセンターを目指しました。

f:id:subetesuki08:20070501024449j:image:w350

街を出たときは視界は良かったものの空には薄雲がかかっていたのですが、バスで目的地を目指すうちに青空が広がり、ロッキー観光には最適の日和になりました。途中レイクルイーズやボウ湖などで下車して写真を撮りました。レイクルイーズでは凍った湖が雪で覆われている様子などが見られました。ビデオ撮影のカメラマンの人が今回のツアーではついていて、ツアーの人たちを撮影していたので、その方とお話をしたりしながら楽しく散策をしました。雪山をバックにいろいろな場所で家族の写真を撮りました。今回は、きっと役に立つと思って三脚を持っていったのが当たって大いに使いました。・・・続く

2007-05-09

カナダのこと

トロントで泊まった翌日は移動日となりました。朝早くの起床でトロント空港に向かいます。飛行機には四時間乗ってカルガリーに到着です。カルガリーについたらお迎えにあがっていたバスに乗ってカナディアンロッキーのふもとの町バンフに向かいました。2時間ほどのバスでしたが、あるところから急に両側に山が見えだし、カナディアンロッキーにきたことを実感しました。天気はあまり良くありませんでしたが、近くの山は多少見えてのバンフ到着となりました。泊まるホテルは、デルタロイヤルカナディアンロッジでした。3時過ぎの到着で夕食までだいぶ余裕があったので町の散策に出かけました。ちょうど散策に出た時分、雪が降り出しました。ですが迷わず町の中心部に向かいました。ホテルは中心部から多少離れた位置にあって中心部までは10分弱の道のりでした。中心部にはおみやげ屋さんを中心に、スポーツショップ、レストランなどが並んでいて、いろいろ店を見ている内にあっという間に夕食の時間になりました。夕食は、アルバータ州の名物アルバータ牛ステーキでした。硬いといっている方もいましたが、私は、味付けもおいしく肉も国産に比べれば硬いですが、なかなかいい味でした。カナダの牛肉は初めて食べた気がします。

f:id:subetesuki08:20070430093004j:image

夕食の会場はホテルの中だったのですが、ウェイターの人は日本人でした。カナダに来て10年経つということでした。食事の合間にその方とロッキーの動物について話しました。エルクという鹿の大きいのがいて、結構好戦的なので朝出勤するとき怖いと思うことがあるなど、話を聞きました。実はバスでバンフに来る途中、すぐバンフというというところでエルクの群れに会いました。私は遠かったのでなんとなく見ただけでしたが、近くで見たら鹿よりもだいぶ大きい体をしていて、威圧感があるということみたいですね。夕食をおいしくいただき、部屋に戻って少し休憩してからまた街に出ました。街の端のほうまで行くと橋がありました。ボウ川にかかる橋です。そのときはもう晴れていて山をバックに川の写真が撮れました。

f:id:subetesuki08:20070430111624j:image:w350

写真を撮った後町に戻りスポーツ用品店でフリースのジャンパーを見ました。日本ではあまり見かけない温かそうなフリースでした。ゆっくりと中心部に戻りながら途中スーパーによりました。スーパーでは、お菓子やジュース、水などを買いました。ホテルに戻ってから、その日は晴れていたので、かねてからやろうと思っていた星空の写真を撮るために10時まで待ちました。10時過ぎてやっと空は暗くなり、私は父とカメラと三脚を持って外に出ました。ホテルの裏側のほうに行くと街灯も少なくなりいい感じだったので、少し奥の方に行って三脚を立てました。空はだいぶ暗くなっていました。東の空に月がありましたが、気にせず太陽の沈んだ西の空を撮影し、そのあと北西の空を撮影しました。

f:id:subetesuki08:20070507194322j:image:w350

1分程度の露出をして10枚ぐらい撮りました。星の撮影は本当に久しぶりでした。カナダに来てタイミングよく晴れて撮影できたことがとてもうれしく感じました。上の写真は撮影したものを画像処理ソフトで白を浮き立たせて写っている星を良く見えるように処理したものです。ISO100で1分の露出でも意外とたくさん写るものだと思いました。カナディアンロッキーの星空の写真を撮ることができてよかったと思います。またいつか今度来ることがあれば今度は一眼レフカメラを持っていって写したいです。今回はコンパクトデジカメの星空モードで撮りました。星空の撮影も終わりホテルに戻ると11時近くになっていました。シャワーを浴びてゆっくりと睡眠をとって明日に備えました。・・・続く

2007-05-08

カナダのこと

オンタリオ湖を見た後は、ゆっくりと歩いてバスのほうに向かいました。道の反対側に結婚式を挙げている花嫁さんがいるというので、信号を渡って反対側にわたって花嫁さん姿を拝んで戻りました。白いレースのウェディングドレスが素敵でした。

f:id:subetesuki08:20070429031248j:image:w350

これは、赤カエデの花です。ちょうど今時分に咲いているということでした。一週間程度しか咲いていないということなので、とても貴重な花が見られてありがたいな〜と思いました。ここからは、バスで一路トロントに向かいました。途中、遠くのほうにウエランド運河という運河が見えました。微妙に水位が上がって続いているのがわかりました。一番上まで上がって向こうに行くとエリー湖だという説明でした。そうそう、少し話はそれてしまいますけど、前につっこみ力という本を紹介しました。どんなにいい話も面白くなければ価値がないという話です。私の話って、自分でも思いますが、結構事実の羅列でまじめ一点張りかな〜なんて思いますので、も少し面白くならないかなとも思います。時にはジョークなんかも交えたかったりしますが、まあおいおいということで、皆さんお願いします。さて、トロントの市内に着くとまずCNタワーが目にとまりました。

f:id:subetesuki08:20070429045121j:image:w350

つんととんがるそのタワーは東京タワーやエッフェル塔のような迫力はありませんでしたが、ハイテクな感じでかっこよかったです。そしてお買い物タイムになりました。ジェイムスモトの毛皮問屋です。私は、毛皮にはあまり興味がなかったので、店内を見て回っていると、ガイドさんの説明でもあった、世界三大オパールの一つカナダのアンモライトがありました。アンモライトは、化石のアンモナイトが何千万年も地中にあることでオパール化したものです。安いもので1万円程度高いものだと何十万円を超えるものもありました。私は、Aクラスのアンモライトが3万円程度だったので、母へのプレゼントにとじっくり見ていました。アンモライトって赤や緑青などの色があってとてもきれいでした。何千万年も地中に眠っていたアンモライトはとても神秘的な感じでした。私はこういう世界に二つとない感じのするものが好きで、例えば琥珀なんかも好きです。さて、アンモライトを品定めした後は、時間も遅くなったので、急いでバスに戻り再び観光をしました。ツアーの旅行って忙しいですしもっと長く見たいところで少ししか見られないこともあるけど、私みたいにいろいろな味をちょっとずつ楽しみたい型の人間にとっては向いていますよね。今回もしょっぱなから忙しくてのんびりしている場所はほとんどなかったけど、とっても楽しい旅でした。さて、バスはオンタリオ州議事堂で下車観光です。

f:id:subetesuki08:20070429063709j:image:w350

州議事堂は多分百年以上前の建物でしょう、重厚で立派な建物でした。両脇には大砲が据えてあったりして歴史的な建物にふさわしい門構えでした。ホテルには6時ごろに着きました。デルタチェルシーというホテルです。食事までは45分しかなかったので、部屋でのんびりくつろぎました。このホテルにもナイヤガラで泊まったときと同じように暖炉みたいなのがありました。このホテルの暖炉は、薪ではありませんがガスの火で薪をくべている風のデザインのところに火がついて目で見ても楽しめるガス暖炉になっていました。食事はチキン料理でした。カナダの料理は、イギリスやドイツなどよりも野菜が多く食べやすかったです。量もそう極端には多くないし、十分満足な食事が旅行中を通して続きました。食事後は、すぐそばにあるスーパーに行きました。ツアーでご一緒した方と6人で行きました。隣といいながら場所が良くわかっていないので、駐車場に降りてしまったり、もうしまっている入り口に行ってしまったりしながらずいぶん迷って着きました。迷っている間は結構不安になりましたが、スーパーについてみればそこはもう買い物に集中です。メイプルクッキーやジュースなどを買って帰りました。・・・続く

買ってきたワインをあけました。

カナダに行って買ってきたワインをあけました。完熟のブドウを使ったワインです。飲んでみると普通のワインよりははるかに甘いですが、甘ったるくはなく、舌に心地よい味でした。私はもともとたくさんは飲まないので、少しだけ飲んで、味を楽しみました。ワインをあけたのは、夕食にカナダで買ったサーモンを食べたからです。サーモンはスモークした生サーモンで、塩味もほどよく大変おいしく食べました。バンクーバーのサーモンビレッジというところで買ったサーモンです。無添加が売りのサーモンです。また今度楽しみたいと思います。

2007-05-07

カナダに着いて二日目の朝

朝は比較的ゆっくりの出発だったので、散歩に出かけました。アメリカ滝まで本の2分の所なので、歩いていくと、花が植わって公園のようになっているところがありました。

f:id:subetesuki08:20070428203139j:image

ちょうど桜が咲いていてソメイヨシノではありませんが、写真を撮影しました。他にもいろいろな花が植わっていました。公園の中を歩いていくと何種類かの鳥が地面を歩いていたり建物の上にいたりしました。

日本では見たことのない鳥です。カラスやハトのように見える鳥も居ましたが、いずれも日本の鳥とは少し違いました。滝の近くにつきましたが、あいにく霧が出ていて滝は見えませんでした。しばらく朝の涼しい空気を吸ってホテルに戻りました。

カナダについて二日目のこと

ホテルに戻った後、朝食をとりました。朝食はバイキングでした。そしてナイヤガラの滝のカナダ滝のほうにバスで向かいました。歩いても30分かからないでしょう、あっという間に到着しました。まずは、滝の裏側観光です。

f:id:subetesuki08:20070428231054j:image

ぬれないように配られた雨合羽を着ました。エレベーターは二基しかなく土曜日で混んでいたので、しばらく待ちました。いよいよエレベーターに乗って40メートルほど下ると到着です。

f:id:subetesuki08:20070428231953j:image

細い通路を通っていきます。しばらくいくと分かれ道があって滝の裏側を見られる場所に着きました。

f:id:subetesuki08:20070428232032j:image

小さいスペースでしたが、音がすごく迫力がありました。そこを見終わってしばらくいくと展望スペースに到着です。ちょうど滝を下から眺める形で見ることができました。

f:id:subetesuki08:20070428232746j:image:w350

滝の裏側観光が終わりエレベーターに乗って上に戻ってから、テーブルロックというところから今度は滝を上から見ました。ともかくすごい水の量で、流れる水を眺めていると吸い込まれそうな感じでした。

f:id:subetesuki08:20070428234500j:image:w350

テーブルロックで何枚も写真を撮った後、集合の時間になりました。おみやげ物屋さんで少し時間をとった後ブロックプラザホテルでバイキングの食事をしました。

f:id:subetesuki08:20070429010817j:image

食事が終わって一息つくと、バスに乗って隣町のナイヤガラオンザレイクに向かいました。ナイヤガラオンザレイクは小さな町ですが、一時首都がおかれたことがあるそうで、今でも古い町並みが残っている街です。

f:id:subetesuki08:20070429022450j:image

時計塔は町のシンボルになっていて、街の中心近くにありました街の中心近くにありました。そこで解散になったので、私たちは湖のほうに行きました。

f:id:subetesuki08:20070429023635j:image:w350

ナイヤガラ川の注ぐオンタリオ湖への河口です。湖は四国ほども大きさがあるということで、対岸は到底見えませんでした。川向こうに見えるのは、川の対岸で、アメリカ軍の砦になっているということでした。・・・続く

http://docs.google.com/Doc?id=dc2b6jp_852hgk9v5

もご覧くださいね

2007-05-06

カナダのこと

カナダへのフライトは、12時間近くかかりその間ずっと座りっぱなしなのは、けっこうしんどいものです。おしりが痛くなりましたが、トロント空港に着いた後は再びバスで2時間ほど乗ってナイヤガラの街に向かいました。ナイヤガラに着いたのは7:30でしたが、向こうは夏時間、まだまだ明るく配られたお弁当を食べた後は街の散歩に出かけました。街はだいぶ暗くなっていてナイヤガラの滝はライトアップが始まりました。

f:id:subetesuki08:20070428102257j:image

アメリカ滝はホテルからすぐ近くのところにありました。カナダは治安もよく夜も普通に出歩けるので、歩いて滝のところに向かいました。ナイヤガラの街はそれほど大きくはありませんが、娯楽施設などが並びちょっとした繁華街になっています。

f:id:subetesuki08:20070428095246j:image

滝の近くに行くと、ごーっという音がすごく、ナイヤガラという言葉が先住民族の言葉で雷の音というのもわかる気がしました。滝を見た後は、街の散策に出かけました。街にはショッピング街があり、そこでチョコレートなどを買った後ホテルに戻りました。明日はナイヤガラのカナダ滝見学です。時差13時間ということで、飛行機の中で睡眠をとった後の再びすぐの夜なので、目がさえていましたが朝まではベッドで目をつぶっていました。・・・続く

カナダから帰って

カナダから帰って、わたし的には果物が不足していたようです。ヨーロッパへ行ったときと違い、比較的果物も食事には出ていたのですが、普段食べていたよりはかなり少なかったらしく、昨日今日と調理した食事の食があまりすすみませんでした。今日の夜にオレンジ一つとイチゴ、キウイフルーツ、リンゴをいくつか食べて、再び食事を普段の食事に戻すべく食べています。旅行中はさして問題なく食事をクリアできたので、良かったですが、帰ってきて生系の食べ物が不足していたことがわかりました。程よく食べながらまた食べたいように食べられればと思います。

カナダのビデオを見て

カナダの旅行の中で、カナディアンロッキー観光の日にプロによるビデオカメラマンがツアーグループにつきました。タイミングよくはじめから終わりまで天気良く、山々はすべて見えていました。カメラマンの人は女性で、カナディアンロッキーズビデオ会社の人でした。みんなにコメントを求めながら撮影するという方式で撮影なさっていて、きっとプロフェッショナルな映像が見られるだろうと、少し高かったですが撮影していただいたビデオを購入しました。撮影当日の夜10時にはもう出来上がってホテルにもってくるという早業でした。帰ってからビデオを見ました。ビデオには当日写した山々がキャプション入りで映っており、たまたま通ったカナダ太平洋鉄道や飛行機雲なども入っていました。プロの映像は何を写しているのかがはっきりわかり、ビデオ撮影が好きな私にとってはとても勉強になりました。ビデオを撮っていただいてそのお礼にと、名刺をもらっていたのでそのメールアドレス当てにメールを送りました。私のほうでは、私が撮ったカナディアンロッキーの星空の写真を送りました。

f:id:subetesuki08:20070430133449j:image:w350

また機会があれば、今回撮っていただいたカメラマンの人とカナダの魅力やビデオ撮影のことについてお話ができればと思いました。

2007-05-05

昨日旅行から帰ってきました。

4月27日から5月4日にかけてカナダへ行ってきました。今日はもう寝るので、明日からカナダの旅行で体験したことを書きたいと思います。カナダ写真はもうアップしたので、興味のある方は、私のフォトライフをご覧ください。右側に最新の写真を含めリンクが張ってあります。

2007-04-26

カナダに行きます。

明日からカナダに行ってきます。何ヶ月も前から計画していたイベントです。8日間の旅行で、ナイアガラの滝とカナディアンロッキー、バンクーバーをメインに見てきます。カメラも充電して、ほぼ準備万端です。星もきれいみたいです。昔は天文部にいたこともある私にとって、星がきれいなところで、のんびり空を見上げられるかもとおもうと、ちょっとうれしくなります。ナイアガラでは、滝壺に突入する船に乗ります。帰ってきたらここで報告したいな〜と思います。

歓迎会

今日、職場の部署の歓迎会があります。店の名前は、春夏冬家(秋ない)と書いてあきないやと読むんだそうです。ウィットを効かせた楽しい名前だな〜と思いました。どういう料理が出るのか知りませんが、明日からの旅行に向けて栄養を付けてこようと思います。カナダってどんな料理なんでしょう。やっぱりイギリスとフランスの人が多いから、そういう系の料理なのかとも思いますけど、わかりません。カナダでは、料理も含めて写真を撮りたいだけ撮ってこようと思います。カナディアンロッキーとナイアガラの滝では、家族写真を撮って帰ってきたら引き延ばして飾りたいな〜と思います。