Hatena::ブログ(Diary)

自分勝手な海外放浪記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

March 22nd, 2007

イタリアイタリアダイエット

イタリアでは男性も女性もこれから春に向けて薄着の季節のため多くのイタリア人はダイエットや体作りを意識はしています。


イタリアでの一般的なダイエット法は本当のダイエットの王道なるものです。それはきちんと食事を取ることと適度な運動をすること。当たり前なことですがなかなかうまくいきませんよね。私も過去いろいろなダイエットをしてきましたし、難しさは十分知っています。だからこそ健康にかっこよくまたは美しくなりたい日本人皆さんのためにイタリアダイエットをご紹介します。


この時期は冬に蓄積された脂肪がまだ完全に元に戻っていない状況の方がたくさんいることと思います。平常の体重より1-2キロ増程度なら脂肪というより水分でむくんでいる状態も多いことがありますが、3-4キロとなると完全に脂肪も蓄積されてる状態です。食事として最初にお勧めすることは基本の食事として季節の野菜や果物をベースにすること。オーブンで焼いたもしくは茹でた魚、お茶は体を浄化するのを助けます。またそれらの食品だけに頼らず栄養バランスを考え、健康的な調理法で料理すること。実際のイタリアでの1日のダイエットメニューを紹介します。


朝食にはミルクとコーンフレークス(または蜂蜜で甘さをつけた紅茶とトースト)。午前中のおやつではフルーツヨーグルト1カップ(125g)または季節の果物1つ。ランチには最初にたっぷりのサラダ(空腹をとりあえず満たすことが出来る)から始まり、野菜ベースもしくはシンプルなトマトソースのパスタ(80g)に大さじ1杯のオリーブオイル。夕食では炭水化物からたんぱく質に移行して日替わりでカジキ鮪、ターキー、子牛肉または鶏肉(約150-200g)をメインに蒸すかグリルした野菜(例えばほうれん草カリフラワー、人参、ラディッキオやズッキーニなど)を大さじ1杯のオリーブオイルで味付けしたもの。それに胚芽の入ったパンを付けることも出来ます。そして寝る前にはフィノッキオのハーブティーが効きます。


これを1週間続け、その後の3週間は基本的に同じメニューですが、1週間に1回はピッツァパスタのチーズオーブン焼きやクリームなしのケーキ、フルーツのジェラートを食べることが出来ます。


またダイエットに関係ない人にもお勧めできることですが、季節の野菜や果物をたっぷり摂ること。例えば輸入物など時間が経って消費者に届くものは栄養素も少なめです。そしてオリーブオイル、できればバージンオリーブオイルがいいですね。塩分も控えましょう。パッケージされたり半調理されたものはなるべく避けましょう。なぜなら食品添加物が付加されてるからです。そして自分に理想的な体重を維持し続けること。それには適度な運動も必要です。1日30分ジョギングウォーキングを週3-4日は習慣付けることが理想ですね。そして健康的な食生活それによって体重計の前でのあなたの笑顔を作ることが出来るのです。


いかがでしたでしょうか?日本人の食生活にそのまま取り入れることは出来ないかもしれませんが、イタリアンレストランに行くときやうちでのディナーやランチを優雅にイタリアンにしながらダイエットしたいという方には何かのヒントになる筈です。そういう私も人のこと言ってられないので、体作りに励もうっと。



HOME

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close