飲み物だから太らない


Y.Sawaの日記と言うか、雑記と言うか。
(ちょっと)まじめなページ
この日記の内容は私及び第三者の意志に関わらず、私の所属するいかなる組織の意見・知識とは無関係です。

2010-02-22

クラウドはよくわからないけど、グリッドはわかるようになった件(JIS X7301について) 23:33

SWoPP Announceに小柳先生が投稿されたのだけど、JISグリッド定義されたっぽい。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

を開いて、JIS規格番号で JIS X7301 を入力してください。

この中で、グリッドという用語の説明が書いてある。

グリッドシステム (grid system)

コンピュータストレージおよびネットワークといった資源物理的位置やハードウェア意識することなく、必要な資源を必要なときに必要なだけ利用可能なシステムであり、異機種および/または地理的に分散した、複数のコンピュータ資源仮想化技術を用いて統合したシステム

注記: 提供物がグリッドシステムと一致する場合もあればグリッドシステムの一部に該当する場合もある。すなわち、複数の提供者が提供する複数の提供物が組み合わされてひとつグリッドシステムが構成されている場合がある。

これを読んだ素直な感想といえば、「これって世の中で言ってるクラウドじゃね?」ってところか。ちなみに、従来僕がグリッドという言葉解釈していたのはおおまかに以下のような感じ。

コンピュータストレージおよびネットワークといった資源を、必要な資源を必要なときに必要なだけ利用可能なシステムであり、異機種および/または地理的に分散した、複数のコンピュータ資源統合したシステム

資源の位置やハードウェア意識しないのは物にもよるけど性能出すのは無理なので、如何に活用しようか、というのがグリッドの主題だと思っていた。あと、仮想化がどのレベルの話かは微妙だけれど、グリッドというときにはその言葉はあまり意識していなかった。てか、このレベル定義だと広すぎてオンラインストレージとか該当するんじゃなかろうか。なるべく漏れなく、ということなんだろうけど。あと全体的にクラウドって言葉は排除されている。まあ当然か。

まあ、わかったことは、これから「グリッド」という言葉Buzz Wordじゃなくなるので気をつけて使いましょう、というくらいかな。個人的には世の中のクラウドサービスの半分以上はこの言葉定義に含まれると思うので、これからはグリッドを名乗ってほしいと思う。

なお、グリッドに該当しないのは以下の条件を満たすシステムのこと。

こんなのに該当するシステムってのは「プライベートPCクラスタ」位だと思うけど。

おrzおrz 2010/02/23 21:27 そんなことより普段仕事をしているのだったらその内容をレポートして欲しいのだが

おrzおrz 2010/02/23 21:31 所謂蔵独活は時間貸鯖だろ

succeedsucceed 2010/02/23 21:45 普段の仕事をここに書かないくらいには保身に走るようになった善良な市民ですが何か?
後クラウドに詳しいようなので、どこかで公演でもしてもらえるとありがたいのだけど。

おrzおrz 2010/02/24 21:31 そんなこと言わずうんこぶちまけたまえ

succeedsucceed 2010/02/24 21:35 大人になってしまったと思ってくれ。
ちなみに君がここでF社の事をぶちまけることについては止めたりはしない。