すえひろがりっっっっ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-08-28

Redmine Bitbucket Hook プラグインを fork して最新の Redmine で使えるようにした

Bitbucket に push したコミットRedmineリポジトリに取り込むプラグイン redmine_bitbucketgit_hook が Rails4 ベースの Redmine と最新の Bitbucket に対応していなかったので対応した。

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_bitbucketgit_hook

変更点

Rails 4 に対応

Rails 4 ベースの Redmine で動くように変更した。

Bitbucket の Webhook 設定に対応

Bitbucket では従来 Services という設定で他のアプリとの連携を行っていたが、ある時期から Webhooks という設定に変更になった。

この新しい設定に対応した。

git コマンドを Redmine の設定から取得できるように変更

もとの redmine_bitbucketgit_hook では git のコマンドにパスが通っている必要があった。

この修正では config/configuration.yml で git のパスが設定されている場合に、その設定を使うように変更した。

インストール

1. 以下を実行

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_bitbucketgit_hook.git
$ bundle install

上記を実行して Redmine再起動

使い方

管理 > プラグイン > redmine_bitbucketgit_hook の「設定」で Bitbucket から clone する先のディレクトリを指定する。(1度だけ)

f:id:suer:20170829005407p:image

リポジトリの設定で Bitbucketリポジトリ URL を指定する。

f:id:suer:20170829005402p:image

作成ボタンをクリックすると、またリポジトリの設定画面が表示されるが、ローカルのディレクトリパスに変換されているので、もう一度このまま作成ボタンをクリックする。

f:id:suer:20170829005357p:image

Bitbucket 側では Webhooks の設定を行う。

URL には https://{RedmineRoot}/bitbucketgit_hook を指定する

f:id:suer:20170829005353p:image

以上の設定により、

  1. Bitbucket に push
  2. Bitbucket が https://{RedmineRoot}/bitbucketgit_hook にアクセス
  3. RedmineBitbucket からもらった JSON を見て Bitbucket から fetch

という動きとなり、自動的に同期される。

2017-08-27

Excel から Markdownのテーブル形式で簡単に貼り付けられる Redmine プラグインを作った

誰でも簡単にテーブルが書けるように Excel からコピペでできるプラグインを作った。

元ネタは ReleaseNotes/2017/02/03/Excel等から簡単に表を貼り付けられるようになりました - docs.esa.io から。

仕事に使っている Redmine に導入したら評判がよく、たくさんテーブルを書いてくれるようになった。

この記事を書くにあたって macOS の Numbers にも対応した。

環境

Redmine 3.0 以降

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_paste_as_markdown_tables

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_paste_as_markdown_tables.git
$ cd $RAILS_ROOT
$ bundle install

2. Redmine再起動

機能

Excel や Numbers で表を作ってコピーして、

f:id:suer:20170827221651p:image

Redmine のチケットに貼り付けると Markdownテーブルにしてくれる。

f:id:suer:20170827221646p:image

2016-03-23

Redmine で Github のように絵文字を入力できるプラグインを作った

f:id:suer:20160323215745p:image

チケットの内容は簡潔に書くのがいいと思うが、簡潔に書きすぎると冷たい印象になったりしてよくない。

一方、同じような issue 管理機能でも Github では ":"(コロン) で囲った一定の文字列で絵文字が手早く書けるので、簡潔に内容を書きながら、ちょっとした感情を含めることができて冷たい感じになりにくい。

Redmine でも同じことがしたいのでプラグインを作ってみた。

環境

Redmine 3.0 以降

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_emoji

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_emoji.git
$ cd $RAILS_ROOT
$ bundle install

2. Redmine再起動

機能

Wiki 記法が効くところならどこでも :xxxx: 形式の Github の絵文字を認識し、画像と差し替える。

no title



また、先頭マッチでサジェストを行う。

f:id:suer:20160323215744p:image


似たプラグイン

当然同じようなことを考えている人はいるようで、同じ目的のプラグインは既にある。

https://github.com/tmy/redmine_gemoji

こちらは Textile のみの対応となっており、Markdown で使えないのと、サジェストする機能がなかったので新たに作った。

2015-07-13

Redmine で Github のように草を生やすプラグインを作った

f:id:suer:20150712204534p:image:w500

Redmine 内での活動を Github のように表示するプラグインです。

「活動」タブで見れる情報が対象となります。

プロジェクト全体の活動が見れるほか、担当者毎の活動も可視化できます。

環境

Redmine 3.0.x

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_glanceyear

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_glanceyear.git

2. Redmine再起動

2015-06-03

管理者権限でログインしているかどうかをひと目で分かるようにする Redmine プラグインを作った

Redmine の管理者と一般ユーザを分けていると、よくある失敗として、

管理者権限でログインしたままでいることを忘れたままチケットを作成・更新してしまう、

ということがあります。

そうすると、チケットの更新者が自分じゃなくて管理者ユーザになってしまって悲しい思いをします。

そういった事故を減らすために管理者でログインしているかどうかをテーマでひと目で分かるようにするプラグインを作りました。

環境

Redmine 3.0.0

ソースコード

https://github.com/suer/redmine_admin_class

機能

管理者ユーザでログインしている時のみ <body> タグの class に "admin" を追加します。

この class を利用したテーマを自作することで管理者と一般ユーザの画面の見た目を切り替えることができるようになります。

利用手順

テーマを作成します。

例えば、public/themes/admin/stylesheets/application.css を以下のように作成します。

@import url(../../../stylesheets/application.css);
body.admin #top-menu { background-color: #f0908d; }
body.admin #header { background-color: #f2a0a1; }

管理画面で作成したテーマを指定します。

f:id:suer:20150603232342p:image:w400


この例の場合は、一般ユーザでログインした場合は通常の画面

f:id:suer:20150603232344p:image:w400

管理者でログインした場合は別の見た目になります。

f:id:suer:20150603232345p:image:w400

これで誤ったアカウントでチケットを更新する事故をかなり防げるようになります。

まとめ
  • 管理者でログインしているかどうかを判別するために画面を切り替えるプラグインを作った
  • プラグインを作って class 属性を操作するのは簡単な割にできることが広がっていい感じ