すえひろがりっっっっ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-08-28

Redmine Bitbucket Hook プラグインを fork して最新の Redmine で使えるようにした

Bitbucket に push したコミットRedmineリポジトリに取り込むプラグイン redmine_bitbucketgit_hook が Rails4 ベースの Redmine と最新の Bitbucket に対応していなかったので対応した。

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_bitbucketgit_hook

変更点

Rails 4 に対応

Rails 4 ベースの Redmine で動くように変更した。

Bitbucket の Webhook 設定に対応

Bitbucket では従来 Services という設定で他のアプリとの連携を行っていたが、ある時期から Webhooks という設定に変更になった。

この新しい設定に対応した。

git コマンドを Redmine の設定から取得できるように変更

もとの redmine_bitbucketgit_hook では git のコマンドにパスが通っている必要があった。

この修正では config/configuration.yml で git のパスが設定されている場合に、その設定を使うように変更した。

インストール

1. 以下を実行

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_bitbucketgit_hook.git
$ bundle install

上記を実行して Redmine再起動

使い方

管理 > プラグイン > redmine_bitbucketgit_hook の「設定」で Bitbucket から clone する先のディレクトリを指定する。(1度だけ)

f:id:suer:20170829005407p:image

リポジトリの設定で Bitbucketリポジトリ URL を指定する。

f:id:suer:20170829005402p:image

作成ボタンをクリックすると、またリポジトリの設定画面が表示されるが、ローカルのディレクトリパスに変換されているので、もう一度このまま作成ボタンをクリックする。

f:id:suer:20170829005357p:image

Bitbucket 側では Webhooks の設定を行う。

URL には https://{RedmineRoot}/bitbucketgit_hook を指定する

f:id:suer:20170829005353p:image

以上の設定により、

  1. Bitbucket に push
  2. Bitbucket が https://{RedmineRoot}/bitbucketgit_hook にアクセス
  3. RedmineBitbucket からもらった JSON を見て Bitbucket から fetch

という動きとなり、自動的に同期される。

2017-08-27

Excel から Markdownのテーブル形式で簡単に貼り付けられる Redmine プラグインを作った

誰でも簡単にテーブルが書けるように Excel からコピペでできるプラグインを作った。

元ネタは ReleaseNotes/2017/02/03/Excel等から簡単に表を貼り付けられるようになりました - docs.esa.io から。

仕事に使っている Redmine に導入したら評判がよく、たくさんテーブルを書いてくれるようになった。

この記事を書くにあたって macOS の Numbers にも対応した。

環境

Redmine 3.0 以降

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_paste_as_markdown_tables

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_paste_as_markdown_tables.git
$ cd $RAILS_ROOT
$ bundle install

2. Redmine再起動

機能

Excel や Numbers で表を作ってコピーして、

f:id:suer:20170827221651p:image

Redmine のチケットに貼り付けると Markdown のテーブルにしてくれる。

f:id:suer:20170827221646p:image

2016-03-23

Redmine で Github のように絵文字を入力できるプラグインを作った

f:id:suer:20160323215745p:image

チケットの内容は簡潔に書くのがいいと思うが、簡潔に書きすぎると冷たい印象になったりしてよくない。

一方、同じような issue 管理機能でも Github では ":"(コロン) で囲った一定の文字列で絵文字が手早く書けるので、簡潔に内容を書きながら、ちょっとした感情を含めることができて冷たい感じになりにくい。

Redmine でも同じことがしたいのでプラグインを作ってみた。

環境

Redmine 3.0 以降

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_emoji

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_emoji.git
$ cd $RAILS_ROOT
$ bundle install

2. Redmine再起動

機能

Wiki 記法が効くところならどこでも :xxxx: 形式の Github の絵文字を認識し、画像と差し替える。

no title



また、先頭マッチでサジェストを行う。

f:id:suer:20160323215744p:image


似たプラグイン

当然同じようなことを考えている人はいるようで、同じ目的のプラグインは既にある。

https://github.com/tmy/redmine_gemoji

こちらは Textile のみの対応となっており、Markdown で使えないのと、サジェストする機能がなかったので新たに作った。

2015-07-13

Redmine で Github のように草を生やすプラグインを作った

f:id:suer:20150712204534p:image:w500

Redmine 内での活動を Github のように表示するプラグインです。

「活動」タブで見れる情報が対象となります。

プロジェクト全体の活動が見れるほか、担当者毎の活動も可視化できます。

環境

Redmine 3.0.x

リポジトリ

https://github.com/suer/redmine_glanceyear

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/suer/redmine_glanceyear.git

2. Redmine再起動

2014-03-03

Redmine に Webhook を追加するプラグインを作った

Redmine のチケット作成・更新にフックして、他のサイトに HTTP で POST する機能を追加するプラグインを作りました。

https://github.com/suer/redmine_webhook

機能

プロジェクト毎に POST する先を指定できます。

f:id:suer:20140303235052p:image

こんな感じの JSON が POST されるようになります。

{
  "payload": {
    "issue": {
      "author": {
        "icon_url": "http://www.gravatar.com/avatar/example",
        "identity_url": null,
        "lastname": "user",
        "firstname": "test",
        "mail": "test@example.com",
        "login": "test",
        "id": 3
      },
      "priority": {
        "name": "normal",
        "id": 2
      },
      "tracker": {
        "name": "bug",
        "id": 1
      },
      "parent_id": null,
      "root_id": 191,
      "closed_on": null,
      "updated_on": "2014-03-01T15:17:48Z",
      "created_on": "2014-03-01T15:17:48Z",
      "description": "I'm having a problem with this.",
      "subject": "Found a bug",
      "id": 191,
      "done_ratio": 0,
      "start_date": "2014-03-02",
      "due_date": null,
      "estimated_hours": null,
      "is_private": false,
      "lock_version": 0,
      "project": {
        "homepage": "",
        "created_on": "2013-01-12T11:50:26Z",
        "description": "",
        "name": "Test Project",
        "identifier": "test",
        "id": 4
      },
      "status": {
        "name": "new",
        "id": 1
      }
    },
    "action": "opened",
    "url": "https://example.com"
  }
}

環境

Redmine 2.4

インストール

1. 以下のようにプラグインインストールする。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone git://github.com/suer/redmine_webhook.git
$ rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

2. Redmine再起動